4位5位が混ぜっ返す

阪神D4・遠藤、3000メートル走トップ「絶対に1位とってやろうと」(サンスポ)

阪神ドラ5藤田 12発!初のロングティーで快音連発 “田淵2世”へ猛アピール(デイリー)

「甲子園5人衆」は互いを意識しあっているだろうな。特に下位指名になるほど、プロではオレが一番になるという強い思いですべての練習に臨んでいるだろう。遠藤の負けん気、いい。

藤田には英才教育を施してほしい。阪神が高卒捕手を主戦クラスに育てきったという記憶がまったくないのだが、世代トップクラスを預かったからにはやらねばならない。やらなきゃならないことがいっぱいあるキャッチャーだが、一軍の試合に出しちゃいけないという法はない。1年目でスタメンマスクを含む何試合かを経験すれば、それ以後の二軍戦や「やらなきゃいけないこと」の反復練習でも意識が変わる。早く、しかも大きくするための工夫を、優勝を目指す中でしっかり盛り込んでいってほしい。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

4 コメント

  1. 虎轍
    Posted 2020年1月22日 at 08:48 | Permalink

    ドラ4遠藤、ドラ5藤田が甲子園5人衆を盛り上げ、底上げしてくれると、この世代も末恐ろしいですね。
    同い年がドラフトで大卒で入ってくる4年後ではなく、2年後、3年後に「タイガース高卒甲子園5人衆」が活躍してくれてたらええですね。
    今年のタイガース85周年優勝のあと、タイガース90周年で優勝の主力になってくれてると願いたいですね。

  2. 西田辺
    Posted 2020年1月22日 at 11:56 | Permalink

    どうしても、マスコミも首脳陣もドラフト上位に目が行ってしまいます。
    それはまぁ、仕方のない事。
    逆に言えば、必要以上に注目される事なく自分の成長に時間がかけられる
    強味があるとも言える。
    キャッチャーは難しいポジションですからね。
    投手のように、今の力がストレートに成績に反映できない。
    経験と知識と言う目に見えない力が必要になる。
    今の梅野でも大学から入ってきて、色々回り道をしながら今の立ち位置にいる。
    もしかしたら、野球以外の経験と言うのも必要になっていくのかも知れない。
    高校生から、日本を代表する捕手になった例は多くはないがなくはない。
    そんな数少ない例に藤田がなってくれると良いですね。

  3. DAN
    Posted 2020年1月22日 at 13:23 | Permalink

    甲子園5人衆は私の中では、
    西純は田中将大くらいに
    井上は鈴木誠也くらいに
    及川は菊池雄星くらいに
    遠藤は立浪和義くらいに
    藤田は谷繁元信くらいになる予定なので、
    その日を楽しみに待ちたいと思います。

  4. なかっち
    Posted 2020年1月22日 at 18:25 | Permalink

    ドラフト4位5位が混ぜっ返す。
    2014ドラフト4位の守屋。
    もし報道が事実ならば
    【何しとんねん】
    と言いたい。
    入団前から妻子があり、ようやく去年芽が出てきて、今年が勝負の年やと言うのに、その奥さんに対してDVって。
    書類送検されたとの記事も出てますが、本当なら残念でしかたありません。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">