新庄を楽しみにする

ニッカンの新庄連載終了。うまくオリジナル記事を探し当てられなかったので、ヤフー配信記事にリンク。

<みなさん、夢はあるかい!?(1)>
<みなさん、夢はあるかい!?(2)>
<みなさん、夢はあるかい!?(3)>
<みなさん、夢はあるかい!?(4)>
<みなさん、夢はあるかい!?(5)>

とても楽しみにしている。日本全体に新庄が与える影響はどうかわからない。もうさすがに……とは思う。
でも、私ひとりに限っていえば、たったひとりの新庄のおかげで明るくなれるような気がする。
今は国を渡ることさえ大変だけれど、待ってるよ!


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

6 コメント

  1. 虎ジジィ
    Posted 2020年5月22日 at 08:54 | Permalink

    正直、動体視力の衰えはどんなに努力しても補えず(あのイチローもダメだった)、
    常識的に考えると新庄のチャレンジは無謀としか思えませんが、
    この新庄という男は「常識」を超えた何かがあるように思えるから不思議。

    先日、TVでも里崎氏が「(新庄の現役復帰は)99%無理」と言っていましたが、1%に懸けて懸命に頑張る新庄の姿は、今の暗い世の中に光を照らしてくれますよね。

    せっかくなら亀山も30㌔ダイエットして亀新フィーバー復活も見てみたいなぁ(笑)。

  2. Posted 2020年5月22日 at 09:01 | Permalink

    私も新庄が大好きです。さすがに今からは・・・と思う反面、新庄ならってかすかな期待もあります。こんな辛い状況の中一筋の希望となってくれたら・・・

    直感的に動いたり発言するので誤解されやすいのでしょうが野球の話を聞いてるととても考えながら理解してプレーしてたと思います。もう少し上手く話すことが出来ればと思いますが、それも新庄の魅力ですね。ただフライをジャンプしながらキャッチする理論が「飛んだら方が転んだりよろけたりすることがないから安全」ってのは理解不能だったけど(笑)気合の入ったバッターボックスでは素手でバット握って登場したり分かりやすくて面白かったし、まさに暗黒時代のヒーローでした。

  3. こうさん
    Posted 2020年5月22日 at 09:24 | Permalink

    メジャーから帰って来るときセ・リーグを選ぶと疑わなかったが新庄が選んだのはパ・リーグ。「自分が目立つのは」という理由で選んだと当時は思ったが、結果論だが「俺が盛り上げたいのはパ・リーグ」だったのかな。「嫌い」と言うかもしれないがノムさんに生き方が似ている。

    やっぱり最後には「そんなノムさんがスゲェ‼️」になる。

  4. いわほー さんのアバター いわほー
    Posted 2020年5月22日 at 11:13 | Permalink

    「おれって、ず~っと青春なんですよね」
    こんなセリフさらっと言って違和感感じない人って新庄以外に思いつかないな。
    アフターコロナの日本を勇気づけてくれるとしたら彼が適任かも。
    もうちょっとコロナが落ち着いたら日本に戻ってきて、元気届けてほしい。
    令和のアマビエとして。

  5. 虎轍
    Posted 2020年5月22日 at 12:17 | Permalink

    新庄は宇宙人ですからね(笑)
    メジャーだろうが、NPBだろうが打率は2割5分。
    4回に1回はヒットを打てるんやからね(笑)
    突出した打率では無いですが、どこに行っても2割5分(笑)
    現役復帰しても2割5分なら打ちそうやなぁ…
    江越もこれでええんやで!
    守備力、肩の強さ。脚の速さ。新庄と変わらんよ!
    頑張ろう江越!
    頑張ろう日本!

  6. 泰彦
    Posted 2020年5月23日 at 00:32 | Permalink

    今から30年と少し前、掛布さんに勇気をもらって
    20年くらい前には新庄さんに楽しませてもらって
    10年経つのかな、あの時の藤川さんをいってらっしゃいと送り出して


    それから今年になっての今、その掛布さんに文句を言ってみたり、藤川さんに勇気をもらったり、新庄さんを楽しみにしていたりする自分が、自分の仲間たちがいます

    10年後、20年後、30年後のことは全くもって想像できない今年の始まりですが、生きている分にはきっと
    きっと、やっぱり阪神タイガースの事柄に一喜一憂している自分がいるのでしょう

    なんて思う5月の少し涼しい夜。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">