青柳快投、岩崎雪辱で2020初星

順位表に、阪神1勝3敗でリーグ同率最下位と見ると、これからけわしい道のりが続きそうだと思う。
でも同じようにソフトバンク1勝3敗でリーグ同率最下位と見ても、きっと一瞬で上がってくるとしか思わない。そんなもんよのう。

1回表、二塁打の1番近本を2番糸原が三塁に進めて、3番糸井が適時二塁打、さらに4番マルテが2ラン本塁打と速攻で3点を奪う。その後追加点が取れず重い試合展開になるも先発青柳が内外を広く使う好投、6回表に梅野のタイムリーで待望の追加点が入り4-0。7回ウラ、青柳が先頭の青木に死球を与えると、打者村上で岩崎にスイッチ。岩崎は、ピンチを拡大されることなく打者3人をピシャリと抑えて、逆転弾を浴びた開幕戦の屈辱を晴らした。先発青柳は結果的に6回3分の0を1安打無失点に抑える殊勲。2020必勝パターンのスアレス、藤川で逃げ切った。
12安打しながら中盤で突き放せずもたもたした試合運びだったが、近本の敗走キャッチなど、バックもしっかり守って3連敗の呪縛を吹っ切った。
矢野監督としても、岩崎へのスイッチが勝利のキーになったこの試合で、仕切り直せる手応えを掴んだろう。

今日の相手先発は、スアレスのお兄ちゃん。こちらは「スイスイかボコボコか」のガンケル。チャンスを確実に得点に持って行くいやらしい攻撃でリードを奪い、破綻のない守りと鉄壁の継投で連勝、勝ち越しを決めたい。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

9 コメント

  1. 虎轍
    Posted 2020年6月24日 at 08:07 | Permalink

    マルテ追加点のホームランありがとう!
    青柳好投ありがとう!
    マルテの背番号31と青柳の背番号50で3150サイコー!
    今日はガンケルがええガンケルでありますように!
    打線が援護してくれますように!
    頑張ろうタイガース!
    コロナの第2波に気を付けて!
    頑張ろう日本!

  2. 虎ジジィ
    Posted 2020年6月24日 at 08:22 | Permalink

    「先制→先発が(最低でも)6回は投げきる→勝ちパターンリリーフに繋ぐ」
    今できる範囲のタイガース野球で
    素晴らしい今季初勝利でした。

    相手イノーアは、NPBデビューの緊張からか鼻血を出しており、その出鼻をしっかりくじき初回に3点取れた事で、青柳も攻めの投球が出来ていました。
    7回、青木への死球は青木の方が変化球を振りに行って当たったので仕方ない。
    あそこで躊躇なく岩崎にスイッチしたのはベンチのファインプレーでした。

    満を持して出てきたスアレスは158㌔を計測するなど昨年のPJの穴を十分に埋められそうな内容を見せ、藤川も4点差を考慮しての貫禄の投球でした。
    慣れぬリリーフなら「一点を失う」を恐れ逆に大量点を失う事もありますが、勝ちパターンISFはそれぞれ場面に応じた経験値を見せてくれました。

    課題の守りも、近本の「背走」キャッチなど、解説の若松さんも「打球に一直線、しかも速い」とベタ誉めでした。

    ボーアは長いトンネルが続きますが、当てに行かず持ち前のフルスイングは続けて欲しいです。今日あたり一本欲しいところ!

    やっぱり野球は楽しいです。

  3. Posted 2020年6月24日 at 09:06 | Permalink

    初星が出てよかった。とは言え確かにまだ同率最下位になっただけ。これからも険しい道のりが続くのか?いや、そうではないと自己暗示かけて前のめりに観戦していきます!そうでも思わないととても平常心では観てられない、です。

    青柳は落ち着いてました。さすがベテラン(笑)7回無死で交代にはちょっと驚きましたが、矢野監督の中では想定通り既定路線だったのか。ボーアや近本の打順変更、先発捕手のとっかえひっかえなどブレブレ采配とやゆさ開幕戦の継投も論議されてますが、ブレイクタイムなしの120試合を突っ走る為には先発を引っ張らないと決めている様に思いました。これは後ろが厚いタイガースならではの作戦であり少し層の薄い先発をなるべく中6日で回して離脱者を少なくする、そんな意図があるように思います。たった4試合しか消化してないので私の想像に過ぎませんが・・・

    昨日は結果として岩崎がやりかえしスアレス・球児が初登板を無事にこなした。今季を戦う形を示せたいい勝利だったように思います。マルテの選球眼は素晴らしい(鳥谷級ではないか?)し甘い球も見逃さない。いつまで続くかが心配だけどあの選球眼があれば相当いい成績を残しそうですね。あとはボーア待ちなんだけど代わりに大山が頑張ってくれてもぜーんぜん構へんのやで。

  4. 西田辺
    Posted 2020年6月24日 at 10:03 | Permalink

    何年か前、やしきたかじんがやってたCMのセリフ
    「これやがなぁ」って言う今のタイガースの理想の勝ち方。
    贅沢を言えば、もう少し早めに追加点が欲しかった。
    狭い球場だと、点差が少ないほどピッチングに制約が生まれ、
    窮屈な展開になりかねません。
    バレンティンが抜けたとは言え、村上も成長してるし
    投手にとっては、重圧のかかるヤクルト打線でしたが
    青柳は球も走っていたし、丁寧な投球に終始してましたね。
    梅野も集中力は高かった。
    何処ぞの球場のように、大音量で試合妨害紛いの音声を
    流すこともない神宮球場にも感謝。
    さぁ今日もスアレス兄ちゃんには悪いけど、「これやがなぁ」
    って展開で勝ちたいですね。

  5. 正ちゃん
    Posted 2020年6月24日 at 11:20 | Permalink

    今朝は気持ちよい朝を迎えられました。懐かしい~この感覚。
    ボーアがヒットが出てないとの事(昨夜は試合を見れませんでした。。)
    誰よりも本人が悩んでいるはず。でも、プロなのだから結果が求められる。
    まぁ、目の前の壁を乗り越えていこう!
    私は応援するだけ!頑張れ、ボーア!

  6. こうさん
    Posted 2020年6月24日 at 12:12 | Permalink

    欲を言えば「読売相手にしてほしかった」戦い方。…いや戦い型か。やれなかったのか?出来なかったのか?させてもらえなかったのか?目指すのが昨日の戦い型なら「どうすれば近付けるのか」を日々、悩まなくてはならない。

    静かでいいねぇ。読売ファンはあの「乾いた声援」に合わせてテレビの前ではしゃいでるのか。タイガースベンチからチャンスの時に音を出す訳にもいかない。こうなったらスター誕生の指名みたいにタイガースベンチのコーチ、選手全員が「お静かに」という札を掲げるしかないか。…なんてことを考える余裕があった昨日の神宮の夜。

  7. いわほー さんのアバター いわほー
    Posted 2020年6月24日 at 12:37 | Permalink

    マルテがいいね。
    キャンプでの早出特守の心意気からして、今年のマルテは一皮むけたよう。
    ソフトバンクを自由契約になったスアレスもこれまた儲けもの。
    やはり日本の野球を経験しているというのは大きいんやね。
    「阪神・ボーア、バース超え」というある意味悪意を感じるフレーズは止めてほしいな。
    ボーアにも日本の野球に慣れる時間的猶予をみてあげないと。
    (とかいって来年に期待というのではちょっと困るけど)

  8. ジュビロタイガース
    Posted 2020年6月24日 at 14:18 | Permalink

    青柳はナイスピッチングで、昨年の実績は伊達では無い。マルテも同様。
    ボーアは徐々に外野は飛ぶようになってきたかな。
    近本も昨夜の守りは良かったようで何よりです。さらには先頭打者が合ってるのかな。
    岩崎スアレスも問題無く、球児だってゆとりですね。
    今日のどっちのガンケルか。

    せっかく静かな野球楽しんでるんだから、チャンスといってマーチを流すのは興醒めですね。
    小林ごめんね

  9. 餓或家笑太
    Posted 2020年6月25日 at 00:00 | Permalink

    50年の阪神ファンです。谷あり谷ありのファン人生ですが、辞められへんのが阪神ファン。今年は還暦、1985年に結婚して日本一。きっと35年ぶりのビールかけ、嫁と二人夢見る今日この頃です。まだ始まったとこ、バースも1年目は苦労しましたよねぇ。明日から期待しましょう。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">