七試合で二度目の三連敗

計算外。それは誰の目にも明らかだ。
しかし、それを単なる計算外に見せないことも勝負師の力。
「見せる」という外見だけ、形式だけのことではない。
目論見が外れてしまったときには、苦境という厳しい現実に直面するが、それは試練という成長への糧でもある。
計算外だけれど、それも計算の内。勝負事は、目が表と出れば効果絶大の結果を得られる。でも、裏が出たときに何を得るか。その質を高めることをどこまで計算に入れられるか。それによって、巧みに死地を脱出し、成長した上で反攻につなげられるか。敵にも、配下の者にもそれを意識させることが将の役目。
ごちゃごちゃ言ったが、言いたいのは「もっと上手いこと強がれ」だ。
矢野監督の強みは、伸びやかで勢いのある戦い方と、実直な人柄による人身掌握にある。しかし、今はその裏にある「ずる賢さの不足」が表出している。
西、ナイスピッチング。一平、ここからが勝負だ。なんとかみんなで乗り越えよう。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

11 コメント

  1. yalkeys
    Posted 2020年6月27日 at 09:07 | Permalink

    西が不憫でなりません。上本、陽川、もっと安定感あるバッティングが出来ないものでしょうか。Gの吉川や重信、ヤクルトの西浦などのここぞの一発を見るにつけ、我がチームの非力さ加減が情けないです。愚痴のひとつも出て来るという今日この頃です。12球団で打率1割台は阪神のみ、ハマスタは得意の球場だったハズ、7試合は無かったことにして(笑)、今日からの巻き返しを信じましょう。

  2. こうさん
    Posted 2020年6月27日 at 09:14 | Permalink

    読売相手の3連敗が他のチームに「タイガース恐れるに足らず」を植え付けてしまった。原監督のにやけた顔が浮かんだ敗戦の夜。

    梅野の配球がやらかしたようにも映るが(要因の一つではある)一番の敗因は「打てないこと」…これに尽きる。1点差でも追い付けないのに6点差になったら選手の心は折れるし観ているファンの心も諦めの境地に達する。正直、俺は諦めた。読売の敗けを願う夜が、こんなにも早く始まるシーズンは初めてだ。自分が思っているよりも物凄いスピードでシーズンが終わるぞ。

    数年前のコメントに「俺は今日から『梅ちゃん』とは書かない」と書いた。それは柱となるであろう梅野の成長に賭けて梅野の成長を信じているから。

    信じてるよ、梅野。

  3. 尼崎のひでさん
    Posted 2020年6月27日 at 09:46 | Permalink

    毎年シーズンの何処かでは来てしまう、心が折れかけ、スポーツニュースから逃げまくり、やる気減退し、愚痴りまくりが開幕早々訪れるとは思ってもいませんでした。
    開幕3連戦後はまだまだ始まったばかり、これからこれからの気持ちだったし、今もそう思いたいところではあるんですが・・・。

    将いわく 練習試合の後半から状態が上がっていなくて と言われてもね。
    状態が上がっても、急に強力打線になるわけでもなく、相手がエース級になると沈黙するのはいつもの事なので、この打撃陣でやらなしょうがない。

    何か良いところを見つけないと。
    ここまでの試合でも、先発陣一回りは頑張ってますやん。
    (もう少し打っていれば)

    去年にくらべ、しょうもないエラー少なくね。(記録に残らない中継ミスは多いぞ)
    走塁面で全力疾走の選手が多いぞ(一部の選手を除き)

    ちょっと流れが変われば動き始めるでしょう。
    まだまだ勝てる要素も残しているし、チーム打率が2割を切るなんてあり得ないので、これからどこかのタイミングで変わって来るでしょう、気長に見守りましょうか。

  4. 西田辺
    Posted 2020年6月27日 at 10:01 | Permalink

    矢野監督にどれほどの「勝負師」としての才があるのか分かりませんが、昨日の
    西は確かに好投報われずを絵に描いたような黒星が付いてしまいましたが、監督
    たるものそれを以て「西が可哀想」などと言ってはいけない。
    そんなのはファンの感想であり、可哀想な目に遭わさないためにチームを制御
    するのが監督の役目。
    情が深いのも矢野監督の特徴かも知れませんが、打者だって誰も好き好んで凡退
    を繰り返している訳ではありません。
    余り選手起用に口は挟みたくはありませんが、一つアレ?っと思った点が。
    1点を追う7回、先頭の大山がレフト前ヒット。
    そこですかさず代走荒木。
    続く打者はマルテ-福留。
    牽制の上手い今永から単独スチールも考えづらいし、マルテや福留で何かを
    仕掛けると言うのも過去の矢野采配からすると確率は低い。
    どうせと言っては聞こえは悪いですが、マルテ福留をフリーに打たせて彼らの
    打力に賭けるしかない場面。
    9回にもう一度大山に打席が回る可能性を捨ててまで取る策だったのか。
    去年あれだけ4番に拘り続けた大山を、こういう扱いにまで落とせるものなのか。
    ぶっちゃけて言うと、大山も荒木も走力は大して差はありません。
    出番を増やすためにと外野をやらせるのなら、ここまで打席の半分が三振のあの選手と
    入れ替えればいいじゃないですか。
    テレビ画面で見ていても、どの真っ直ぐにも振り遅れて変化球が見えていないのが
    明かですよ。
    そんな選手を開幕からずっと5番に置いて、点が取れない、西が可哀想と嘆くのは
    お門違いもいい所。
    ベテランや外国人選手のプライドを優先するなら、そんな野球をすればいいけれど、
    それなら優勝なんて言葉は口にしない方が良い。
    YMKなんて何の役にも立たない事は、先々代の監督で十分身に沁みて分かってる事。
    守屋・エドワーズと故障で戦列を離れたのは致し方ないにせよ、1点差の2番から
    始まる8回にルーキーはまだ荷が重すぎたんじゃないですかね。
    期待してる一平ちゃんには悪いけど、中には「あれ?監督試合捨てたの?」って
    思った選手もいたかも知れない。
    真っ直ぐに滅法強いソト・オースティンに、現時点で真っすぐを一生懸命投げるのが
    武器の一平ちゃんでは如何にも分が悪かった。
    あの時点で点差が開いているなら、勉強兼てとも言えるんですが、競ってる展開で
    ルーキーの経験値を積む登板はハッキリ言ってないと思います。
    日程を睨んで、使えそうなものはドンドン使って、使い潰して次々循環させるつもり
    なのでしょうか。
    何か、1つ負けた以上に色々考えさせられる敗戦でした。

  5. 虎轍
    Posted 2020年6月27日 at 10:27 | Permalink

    西が可哀想。
    確かに可哀想ですね。
    西が投げた試合で打点をあげたのは西勇輝の本人だけなんですからね。
    1勝6敗。
    スタメンをコロコロと替える。
    まだ競争心を煽りますか?
    昨日も梅野の配球は良かったですよ!そこに投げきれ無かった一平ちゃんは、これから成長するための試合やったと感じよう!
    プロで飯を食っていくなら、一つの投げ間違いで大量失点に繋がる事に気付けたでしょう。
    まだ7試合。矢野監督は自信を持って選手起用してください。競争心を煽る紅白戦や練習試合では無いですよ!
    頑張ろうタイガース!
    自粛解除にはなってますが、まだまだ不要不急の外出は控えてコロナ感染に気を付けて!
    頑張ろう日本!

  6. いわほー さんのアバター いわほー
    Posted 2020年6月27日 at 10:40 | Permalink

    あれやこれや300字以上書いたけど、書いてるうちにむしゃくしゃしてきて全部消して無観客試合に一言。

    そうか、君たちの燃料はファンのヤジやったのか。

    • 虎轍
      Posted 2020年6月27日 at 11:23 | Permalink

      いわほー様こんにちは。
      その気持ち解ります(笑)
      書いてるうちにイライラがマックスになり、自暴自棄になり、消してしまいますね。
      西田辺様のように的確な長文やとええんですがね。
      たまに関係無い話や思い出話をと思いますがタイガース愛が故にイライラが募ってしまって消してしまいますね。

      • Akira28
        Posted 2020年6月27日 at 16:49 | Permalink

        私も今日は短いコメントしか書けませんでした。

  7. ジュビロタイガース
    Posted 2020年6月27日 at 11:15 | Permalink

    西は自分でもっと打つしか無いね、悪いけど。

    またもや1点差で一平ちゃんて。野手は若い者を使わないけど、ドラ6推しは凄いね。

    ボーアや糸井を外すなら、福留を外して江越で良かったんちゃう。なんなら、近本でなく植田も。北條に代打で糸原もねえ。

  8. サヨナラ3ラン
    Posted 2020年6月27日 at 11:51 | Permalink

    矢野監督は今年は優勝することが
    決まっていると言っていたようだけど
    なんで言い切れるのかな?
    俺は阪神の優勝は 2026年。その後はと
    言えば2044年だと予言する(笑)
    ちなみに2026年は日本一になる、2044
    年の後は2年後の2046年に優勝する。
    数少ないサンプルから法則性を考えると
    そうなる。
    従って、あと6年は優勝はないから、
    今まで通り負けたら負けた楽しみ方で
    時間を過ごせば良いと思っている。
    それこそ西純とか井上、及川などが次の
    優勝メンバーになるね。

  9. Akira28
    Posted 2020年6月27日 at 14:27 | Permalink

    ボーアをスタメンから外す?何の為の大型補強?
    去年のソラーテの扱いも酷かったが、これはアカン!

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">