ボーア値千金弾で3連勝

できそうだった前日は試合前の集中豪雨で中止になり、予報が悪かったこの日はまったく影響なく試合終了までできた。今年の長雨は、わかりにくく、恐ろしい。

一応、今季最後の無観客試合となるはずの試合。録音の応援音声を流す演出はあまりいいとは思わない。少数の観客が入って、応援自粛の期間はどうするのだろうね。

読売坂本が脇腹の違和感で欠場。ひとりいるのといないのとでは大違いだった。

スアレスの投球内容は圧巻。160キロのまっすぐと140キロ台半ばのスライダー、フォーク。あんなん打てるわけないやん(笑)。

一方の藤川は命からがら今季2セーブ目。信頼を得たという内容でなかったのは事実。技術と経験でどこまで周囲を納得させることができるか。次の登板が勝負だ。

先発ガルシアは持ち味である的を絞らせない投球ができた。テンポよく、勢いよく球を動かす。梅野も「まとまりのなさ」を良い方向に生かした。1回、2回とボーアの拙守によりピンチを招くなど、4回までは毎回スコアリングポジションに走者を背負うものの、落ち着いていたし、メルセデスの投直などラッキーな面もあった。

安定感では相手先発メルセデスのほうが上だった。「阪神(だけ)キラー」と言われるが、日本で成長した、叩き上げのいい投手。ベース板をワイドに使う直球とスライダーのコンビネーションはなかなか攻略しがたいものがあった。

7回表、好投のガルシアに代えて岩崎をマウンドへ送る。中米出身外国人左腕どうしの投げ合い。ガルシア1安打、メルセデス2安打。球数はガルシアが91、メルセデスが92。まさに同じような状況だったが、矢野監督が先に動いた。岩崎は8番から始まる読売の攻撃を三者凡退に抑え、開幕直後であればことごとく裏目に出ていた継投策を成功へと導いた。

一方原監督は動かずメルセデスを7回のマウンドへ。ここで先頭の大山が手がしびれるほど詰まりながら一二塁間を緩いライナーで破るヒットで出塁。4回から6回まではスイスイと三者凡退に取られていただけに、岩崎の好投とこのラッキー&執念のヒットがメルセデスにとっては「ひっかかり」になったことだろう。

無死一塁、打席にはボーア。ここまで2打席ノーヒットだったが、前の打席の二飛は「ホームランの打ち損こない」。凡退するにしてもしっかり狙い球を振って、高いポップフライになるぶんにはOK。バッテリーを考えさせ、腕を縮こまらせて失投させるのに十分の打席だった。

初球144キロ直球が高めに浮いて1ボール。2球目、カウントを取りに来た127キロのスライダーを狙い打ち。いい音が球場にこだますると、すぐさまチームメートたちの叫び声が響く。高く上がった打球は無風の中どこまでも伸びて、無人の右中間スタンド中段で弾んだ。
興奮気味に速めの駆け足でグラウンドを1周。かめはめ波のポーズをしながらウォーと叫ぶ。
打席内で、相手バッテリーがどんな攻め方をしてくるかを読むようになっている。これまでのキャリアから導き出すものだけでなく、井上コーチの指導も生きているのだろう。

このために来てもらった選手が、ここぞの一発。試合の形勢を変える一発。やってくれた。
いま15試合目。早いとは言えないけれど、まだ105試合あるのだから、全然遅すぎではない。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

12 コメント

  1. 虎ジジィ
    Posted 2020年7月10日 at 07:45 | Permalink

    読売に勝つと格別ですね。
    最後はドキドキでしたが、勝てばいいんです。

    メルセデスはスピードもキレも申し分なく、一発で攻略するしかなかったと思います。
    2つのエラーをしたボーアでしたが、価千金弾で完全に帳消しにしてくれました。
    まさに「この為に呼んだ助っ人」!

    大山や糸原も良い仕事をしており、あとは近本待ちですが強い打球を打っていたので復調は近いと思います。

    勝ちパターの岩崎&スアレスは安心して観ていられ増した。
    特にスアレスvs好調岡本の3球三振はtoraoさんもおっしゃるように圧巻!
    160km 直後にあのフォークを投げられては打てる打者はいないでしょう。

    藤川は、スアレスの160kmの後で出て来ると150km弱のストレートは迫力がなく、打ち易そうなボールに見えました。
    状態が上がって来る事を祈ります。

    今日から観客を入れますが、5000人しかも「おとなしめの応援」が条件なので、録音より静かになるんじゃないですか?!

  2. 虎轍
    Posted 2020年7月10日 at 07:59 | Permalink

    昨日のガルシアは良く頑張りましたね。
    梅野もガルシアもストライクやと思った球が球審福家の手が挙がらずで、イライラはしてたでしょうが、良く持ちこたえました。
    キレて試合をぶち壊す事なく頑張りましたね!GJ
    ボーアも苦手左腕から右中間最深部の17段くらいまで飛ばすって凄いね(笑)
    どんだけ三振しても勝負所で決勝ホームランを打てるのはええ事ですね。ええホームランやった!GJ
    スアレスの球は速い!GJ
    球児は盛り上げんのが好きやね。もう観客が入るからビシッと終わらせたらええよ!
    敗け試合の無いタイガースは今日も継続なるか?
    頑張ろうタイガース!
    やっぱりコロナは第2波が来てるよ!若い世代は重症者にならんかもしれんが、気を付けて!
    頑張ろう日本!

  3. 西田辺
    Posted 2020年7月10日 at 08:01 | Permalink

    ホントどちらかというと昨日の方が絶望的な予報だったんですけどね。
    昼過ぎに鳴尾浜が試合開始。
    甲子園球場の予報を見ると、あら?これ出来るやん。
    7回までガルシアとメルセデスが0行進。
    両投手の踏ん張りや好守備もありましたが、球審福家のゾーンが広い広い(笑)
    サンズも1球ごとに首を捻ってました。
    ボーアのホームランはデカかったですね。
    試合展開的にも飛距離的にも。
    打った瞬間、ボールの下を擦ったかなぁと思ったんですが、昨日はほぼ無風の甲子園。
    センターバックスクリーン横中段まで飛んでいきました。
    すごいパワーですね。
    開幕してからおっかなビックリで打席に入ってた感じだったんですが、中日戦あたり
    から、構えて足を上げて降ろすまでの動きが段々良くなってきていました。
    少しずつタイミングの取り方がシックリ来ているのかも知れません。
    圧巻は8回のスアレス。
    160km/hを計測した真っ直ぐは、チョット打てそうにありません。
    9回の球児は、冷や汗ものの通算245セーブ目。
    スピードガンの数字ほどには、真っすぐが来てない感じがします。
    気になるのが、球児のフォームって元々左足を上げた時も、投げ終わった後もシッカリ
    一本足で真っすぐ立っているイメージだったんですが、今年は少し三塁側に傾いている
    気がするんですよ。
    バランスが悪いというか、軸がブレているというか。
    やっぱり、無観客なら無観客らしく純粋に球音を楽しませて欲しい。
    まぁ東京ドームほど下品にデカい音じゃないけど、録音した音をインプレー中に
    流すのは嬉しくないですね。
    今日からMax5000人入場で有観客試合。
    でも雨がなぁ・・・

    • 西田辺
      Posted 2020年7月10日 at 11:42 | Permalink

      あぁ、書き忘れてました。
      昨日の勝利で、昨年の8月31日から甲子園での対読売戦4連勝ですわ。
      2019年
      8月31日 T4-2G
      9月1日 T2-0G
      9月24日 T5-0G
      2020年
      7月9日 T2-1G
      東京ドームは・・・やめとこ(笑)

  4. いわほー さんのアバター いわほー
    Posted 2020年7月10日 at 08:59 | Permalink

    ボーアの放った打球音、気持ちよかった。
    これから何度でも聞きたいね。
    あの音をリッピングして着メロにしたい。(ちと短すぎるか・・・)
    コロナに雨に地震やらなにやらの日が続きますが、今日も一日頑張りましょう。

  5. 大和
    Posted 2020年7月10日 at 09:59 | Permalink

    これぞタイガースの勝ち方といったゲームでした。
    阪神ファンのサガで亀井に逆転スリーランを喰らうんじゃ無いかとヒヤヒヤしましたね。

    しかしあの応援歌を流すのはいただけません。どうも有観客になってもやりそうですが、ここは全球団申し合わせてプレー中の音楽はやめさせてもらいたいですね。

    あと、スコアボードの改悪も気になりました。特にチーム名の表記は伝統的にTとGだけでいいじゃないですか。
    そこはMLBの阪神タイガース的位置づけのボストンレッドソックスのフェンエイパークを真似ましょうよ。

    さて、せっかく調子に乗ってきたので今日も試合をやりたいですね。予報が外れることを祈ります。

  6. Posted 2020年7月10日 at 10:17 | Permalink

    よく飛びましたねぇ。三振し続けてもエラーしても(失点に繋がらなかったのが幸い)一発で帳消しにして試合を決めてしまうまさに期待通りの働きでした。ヒーインは真面目すぎて面白くなかった。観客がいないのもあったし初めてなので次からは通訳の方共々もうちょっと明るくお願いします。先ずは次呼ばれる活躍が先ですね。

    皆が触れてないので大山について一言。地味~なドン詰まりといい当りの二塁打だけど点に繋がらなかった2安打は良かったと思います。今年は右足の引きが随分マシになって外のボールの対応もよくなって来たように見えます。今は調子が良いので打ててるのかもしれませんが、落ちてきた時が勝負。それが4番を任されたものの使命だと思います。いつまで続くのか正直まだ不安な気持ちで見てますが終わってみたら「最後まで4番は大山やった」ってシーズンにしてほしいものであります。

  7. サヨナラ3ラン
    Posted 2020年7月10日 at 11:10 | Permalink

    仕事を終えて帰宅後にTVをつけたら
    ゲームやってたので途中観戦。
    静かな甲子園もいいね。
    ボーアの一撃のシーンは不覚にも
    居眠りしていて 起きたら点が入って
    たのでビックリした。それにしても
    甲子園の あんな深い所まで飛ばすんだから
    スゲーパワーだ。天敵メルセデスに
    土をつける一撃は まさに助っ人の仕事。
    しかしボーア以上に個人的に驚いたのが
    スアレス。初めて見たけど よく こんな
    選手が獲得できたな。ソフトバンクに
    いたらしいけど SB、どれだけ厚いんだ。
    最終回はハラハラだったけど 何とか
    勝ったし球児にセーブが付いてよかった。
    それにしても九回に巨人はウィーラーを
    下げたけど 個人的には下げてもらって
    ラッキーだと思ってみていた。
    ウィーラーは福留のライナーを好補して
    たし何となく怖かったので。

  8. なかっち
    Posted 2020年7月10日 at 11:53 | Permalink

    ボーアの打球はエグかったですね。
    後はストレートを打ち返せるようになれば完璧かな?

    スアレスのピッチングはエグかった。PJの穴がうら

  9. Akira28
    Posted 2020年7月10日 at 12:44 | Permalink

    昨日のボーアを見て思ったこと。
    優勝出来る。
    ヘルメットを被ったボーア、原口に似てる。
    以上、

  10. ジュビロタイガース
    Posted 2020年7月10日 at 13:25 | Permalink

    天気予報を覆す青柳の雨男っぷりじゃないですか。

    応援音声も、最後の♪かっとばせ〜◯◯だけ声が聞こえましたけど、無音で楽しみたいですねえ。

    ガルシアが良く粘ってくれました。ラジオでは狩野が、こういうときは1発が試合を左右する、言うてたら良い音が車内でも響きましたわ。信号待ちで拍手しっぱなし。

    その前の岩崎も良かったですからね。2人とも開幕戦でこれが出来てれば今頃・・・

    球児はまだまだのようですが、執念で抑えてくれました。ファームでは福留はじめ5人も出てましたからね。江越も出したって欲しかった。

  11. TJ風船
    Posted 2020年7月10日 at 22:45 | Permalink

    遅い時間にすみません。昨日のボーアの一撃が頭から離れなくて興奮して寝不足でした。色々違いがありますが、ディアーを思い出しました(ブラゼル似ですが)。巨人の星みたいにボールが楕円形になりながら右中間に…なんちゅうパワーやねん!あれなら4の1で納得です。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">