チャンス生かされチャンス生かせず

藤浪の投球内容は思っていたとおり。「病気」はすっかり癒えて、「リハビリ」も完了。気力も体力もすっかり戻って、「社会復帰」も成し遂げたのが今。次に必要なのは社会に貢献したという実感による「自信」だ。

だから、社会も良くならないといけない。まさか「自分たちはいつでも20点取れる打線だ」なんて勘違いはしていないだろうが、戦略的な相手投手の攻略、打線のつなぎ、機動力の活用の3つくらいはメインテーマにして考えてほしい。確かに去年との違いはホームラン数の増加だが、そこに期待すると安定感を欠く。

思ってたんと違う2試合。でも本当のことを言うと心のどこかでは、思っていた通りの2試合。
つまり、オレたちの心の弱さのせいなのか。そうなのか。だったらゴメン。でもそうじゃないだろう?
どうか遥人が世の中のすべてを浄化してくれますように(もはや信心レベルの心境)。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

10 コメント

  1. Posted 2020年8月6日 at 08:54 | Permalink

    まぁ私の中でもどこか思ってた通りの試合ではありましたが(笑)水曜だめでしょう。やっぱり勝てんかったか。悪いジンクスはなかなか崩せないですね。今シーズン未だ水曜白星なしとは。

    藤浪は3シーズン前の状態に戻ってきましたね。カット、フォークの制球はまばらでしたが昨日はストレートが良かった。球速がありシュート回転せず威力抜群で相手打者を押しまくってました。今までありとあらゆる策を試してきましたがクロスステップに戻したことが功を奏したように感じます。以前とは違って一塁側のプレートを踏んでますが、このクロス度合いが体のひねり角度や打者・ミットの見える角度が藤浪本来のしっくりくるものなのかと。昨日は半数が右打者でも抜け玉はなかった。もう不安はないでしょう。あとは打線との兼ね合い、次はリズムよく投げる事を意識すればいいと思います。

    打つ方は絶賛下降中ですね。大山、ボーアのスイングが波打ってる様に見えます。ちょっとお疲れ気味なのでしょうか。ここ数試合相手投手がいいってのもありますがあまりに打ててない。それならば策でなんとかと思うのですが動かないですね。ヒットの数は一昨日が共に8本、昨日がG4本にT5本。さほど変わらないのにこの惨敗ぶり。監督は返す打順の差と言ってますが、それはチーム力が同等ならばの話であり、残念ながら現状は読売には及びません。それを色んな策を巡らせ戦い勝利を目指すのが今のタイガースではないでしょうか。

    昨日は足を使った作戦もないように思います。海の打順も8番では足を活かしきれない。打力はまだまだですが2番で使うのが一番相手が嫌がると思うのですが・・・あと、代走のタイミングはどうして次打者のカウントが1~2球進んでからなのでしょうか。カウントの状況?それとも出すの忘れてるだけ??

  2. 熱血虎キチ
    Posted 2020年8月6日 at 09:01 | Permalink

    我がチームの中軸は、チャンスになると相当力むのか、低めのボール球に手を出してカウント悪くなり、甘いボールを仕留め損なう場面を何度も見させられましたね。
    センター前にちょこんと打ち返すのは、プロレベルでもそんなに難しいものなのでしょうか。
    初球から振りにいくのも大事ですが、向こうがアップアップなら四球を取りにいくために、じっくりと見るのも必要かと。
    まさか、満塁の時はいつでも外野の頭を越す事ばかり考えていないだろうに。
    4対3で勝つためのプランとして、1点を4回取りに行くための繋がりが欲しいです。

  3. こうさん
    Posted 2020年8月6日 at 09:11 | Permalink

    タラレバ…例えば昨日の藤浪がタイガース相手に投げたとする。間違いなく完投、もしくは完封したはず。なぜならタイガースが試合中に「攻略する技術がない」から。

    藤浪は一点を取られたが読売の4番を抑え込んだ。今のタイガースに、あそこまで岡本を撃ち取れる投手はいない。じゃあなぜ藤浪は勝てなかったのか。野手が打てないのはもちろんだがベンチ首脳陣に攻略する技術がないから。読売の6回の攻撃は敵ながら見事。3回に1回打てば野手の勝利と言われる野球だが岡本は3回目で結果を出した。もしかしたら読売首脳陣が「結果を出させた」のかもしれない。

    いよいよ打席に立つボーアから「雰囲気」が消えた。沈むボールに「勝負してくれよ」と不貞腐れモード。これも手を差し伸べる力がベンチ首脳陣にない。

    北條が「試合終了の合図」になっている。精神状態が心配。

  4. 西田辺
    Posted 2020年8月6日 at 09:58 | Permalink

    もうここ何年も、読売に対して分が悪い。
    球団も首脳陣も選手も、そしてファンも「今日も勝てないんじゃないか」と
    心のどこかで観念しているように見える。
    チャンスにおけるバッターの表情や仕草を見ていると、読売の選手は決して
    大きいのをとか綺麗なヒットを望んでいない。
    結果として良い物が出れば最高くらいに思っている(ように見える)。
    対するタイガースは、とにかくこの打席での最高の結果を求めて打席に入って
    いる(ように見える)。
    今現在冷静に打席に入れているのはサンズくらいか。
    大山も良い時はガンガン飛ばせるんですが、スイング軌道が振り上げるのが早く、
    低目の変化球には合うけど、真ん中あたりのボールだと球の頭を擦ってしまったり
    ヘッドが下に潜ってポップフライになったり。
    昨日の最大の山場の8回の二死満塁の場面でも、ど真ん中の甘い球を頭を擦って
    ショートゴロ。
    もう少しレベルで振るレンジを長くしないと、ミートゾーンが狭いままになって
    しまいます。
    現状糸井も同じような状態ですので、二人を見ていると左右鏡のように感じます。
    藤浪は段々良くなってます。
    でも6回とか7回にドドッと取られるのは、バッテリーとして考えて行かないと。
    球速そのものは落ちてないけど、相手から見て何か攻めやすい隙が生まれてるの
    かも知れない。
    失点した回はいずれも先頭を出してますので、そこも反省材料。
    3回と6回以外の6イニングは三者凡退で抑えているんですから。
    もう一つ気になるのが、読売戦になると矢野監督の表情がさえないんですよね。
    まぁ、対戦成績考えると負け試合が多いですけど、監督自身がもっと戦う姿勢
    を出してもらわないと。
    最初っから読売には敵わないと思っているなら、オーダー票を書いた後に帰宅して
    下さい。
    星野さんだって岡田さんだって、読売戦になれば目の色を変え大将自ら闘志を
    前面に出してましたよ。
    ベンチの奥で暗い顔をして、淡々と選手交代を告げるだけなら清水ヘッドにでも
    出来る仕事です。
    相手に舐めらてちゃ勝負師として終わりですよ。
    だから読売の公式Twitterにあんな舐めた動画が公開されるんですよ。
    (さすがにマズいと思ったのか、もう削除されましたが)
    甲子園で3タテとか赤っ恥ですよ赤っ恥。

    • いわほー さんのアバター いわほー
      Posted 2020年8月6日 at 12:07 | Permalink

      ここがメジャーならあの声出しの張本人、次の打席でブラッシュボール2,3球かまされてますね。
      日本は平和だ。

  5. ガク
    Posted 2020年8月6日 at 10:05 | Permalink

    藤浪は失点した3回と6回以外はすべて3者凡退のナイスピッチング、だからこそ失点した回のベンチの危機管理不足が悔やまれます。
    3回は先頭打者に四球がダメですが、6回表大阪ABCテレビの解説岡ぼんが懸念した通りの展開になってしまいました。1死1塁ランナー投手の戸郷で打者坂本の場面「ランナーが投手なんだからボーアは1塁につく必要はなく、もっと12塁間詰めなあかんよ、坂本は必ず右打ちしてくるから」といった矢先まさにライト前へヒット打たれてピンチ拡大。ボーアが定位置だったらゲッツーだったかもしれません。
    さらに岡本にタイムリー打たれた後、「3点なら何とかなる、4点目は絶対防がなあかん。ここは左で相性の悪い大城は敬遠してウイラー勝負よ」といった途端大城に致命的なタイムリーを食らってその後ウイラーは抑える結果に。
    結果論もあるかもしれませんが岡田さんの慧眼はさすがだなと思いました。
    矢野監督も攻撃面の采配は積極走塁等なんとかがんばっていると思うのですが守りに対する采配はまだまだな気がします。的確な状況判断で防げる失点は防がないと借金は返せません。
    悔しいですが今の原監督に対抗できるのは岡田さんくらいかもしれません。

  6. 星の輝き
    Posted 2020年8月6日 at 10:17 | Permalink

    表情で野球をするわけではありませんが、テレビ観戦をしておりますと、どうしても選手の心理状態を如実に表す表情が気になって仕方ありません。
    少し失礼な表現ですが、相手投手戸郷は若干ハタチのニキビ面のくせに、その太々しいこと太々しいこと。投球内容も相まって、とても高卒2年目のそれとは思えないような表情をしていました。
    対する藤浪はけっして悪い内容でもないのに関わらず、どこか不安げでまだ確たる自信が持てないように見えました。
    格から言えば藤浪の方がずっと実績はあるのですし、敵チームファンからすれば小生意気なガキが何調子こいとんねん、と腹の立ち様も数倍に加増してしまいます。
    ただ、8回に無死一、二塁となって降板した戸郷が見せた表情は少年が青年になりかけている、そこら辺の若者と何ら変わらないものでだったので、そのギャップに感心もし、思わず好ましくも感じてしまいました。
    間違いなく戸郷は恐れを知らない若者です。
    恐れを知らないかもしれませんが、開き直りと覚悟は阪神の若手投手とは比べものになりません。
    技術やポテンシャルにそれほど差は無いはずなのに、どうしてこうも差が出来てしまうのでしょうか?
    私には理解出来ません。

    大山にはやはり四番は無理なのでしようか。
    その積極性は理解できますが、それは結果が出て初めて評価できることです。
    何ですか?あの「パヒュッ」って力ない打球音は?
    甘い球を何球打ち損じれば気が済むのでしょうか。
    タイミングが取れないのか何なのかよく分かりませんが、それ以前に試合展開や状況を良く考えた上で狙い球を絞るとか、もう少し頭を使って野球をして欲しいです。
    自分が一番悔しいでしょうけど、福留に教えを請うとかもっと考え方自体を変えていかないと勿体ないです。

    ボーアは目が泳いでますね。
    迷って迷って頭の中がゴチャゴチャしてるんでしょうね。
    重症だと思います。

    藤浪は大丈夫。次回はもっと自信を持って投げれば勝ちは付きますよ。
    でもなぁ打線がなぁ・・・。

    遥人君、故障上がりの君に無理は禁物だが、今日は何とか頑張って下さい。
    (何故か遥人のヒーインは許せるけど、先日の馬場のヒーインは許せませんでした。一体お前何歳なんだよ?あぁいうところから社会人らしさを身に付けないとアカンと思いますよ。)

  7. タクロー
    Posted 2020年8月6日 at 10:17 | Permalink

    4番、ココ一番、この差

    藤浪くん、よくなった。よく立ち直ったよ。
    昨季、一度だけ甲子園のマウンドに立った夏の日。ライスタから見たときとは格段に違う。マウンドで跳ねる姿が蘇った。
    もう大丈夫だ。今季はこのまま突っ走れるさ。
    昨夜のゲームは時短過ぎて、自宅でTVをつけた時は既に8回。藤浪はまだマウンドに立っている。この光景を待ち望んでいた。

    17時半になるとネットでスタメンをチェックするのが日課。ガッカリしたなぁ。
    前夜快勝の読売は若手を入れ替え、おまけに丸と坂本の並びまで替えている。
    こちらは投手以外は昨日のコピペ。いや昨日どころかあの20点取ってからほぼ変わらず。
    なので、これがベンチが描く、最も点が取れるであろうベストオーダーなんだろう。
    相手投手が左なら何故か陽川1番、近本2番。これもどうかと思うけど。

    ガッカリオーダーやけど、祈る思いでradikoに耳を傾ける。
    藤浪、三者凡退に退ける。近本、ヒットで出塁。ええやん。揺さぶれ!立ち上がりを攻めろよ!期待は膨らむ。糸井、無策の三振。期待はしてないから、ここは気にしない。
    さあ、サンズ、大山。radikoはいかんね。ワーワーしてる間に終了。
    あとはもう、、負の流れ。

    大山くん、チャンスに毎回打てないことはわかっているけど、チャンスで凡打したらもっと悔しがれよ。自分に怒れよ。ヘルメットを叩きつけるくらい怒れよ。

    数日前のスポーツニュース。
    第一打席で本塁打の鈴木誠也が次打席の2回2死満塁のチャンスで凡打したときの悔しがる姿は強烈なインパクトがあった。それは日曜の読売戦だった。広島、ここから巻き返してくる予感。
    嫌やなあ〜京セラ3連戦に行くんやけど、、

    大山よ、タイガースナインよ、自分たちが喜ぶ姿を見せてくれるのもええんやけど、ファンを共感させる姿を魅せてくれ。

    今日はちょっと遅れてきた期待の髙橋遥人。それほどの援護は期待しないけど、足を引っ張るのだけはやめてください。

    さて、1番陽川なんかな?近本であって欲しい。祈

  8. 虎轍
    Posted 2020年8月6日 at 10:21 | Permalink

    藤浪は良かったんですが、なにぶんエラーからの失点がねぇ…
    打線の援護が無いと勝てんよ!
    ボール球を振って、ストライクを見送って…
    好球必打!
    出来てるのはサンズだけか?
    今日は高橋遥人に援護したってや!
    頑張ろうタイガース!
    大変暑いですが、コロナ、熱中症に気を付けてくださいませ!
    頑張ろう日本!

  9. ジュビロタイガース
    Posted 2020年8月6日 at 11:24 | Permalink

    エラーがもったい無かったが、それ以外はナイスピッチングでした。

    糸井のバッティングは酷く、何故2番で出続けるのか。右投手でもベンチで良いでしょ。梅ちゃんもお疲れか。

    遥人頼みます。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">