中谷逆転3ランで久々のカード勝ち越し

ボールが高くなってしまったのは、濱口が気落ちしていたからだろう。4回表、下位打線で無死一二塁のチャンスを作った阪神だったが、8番植田がバント、バスター失敗で走者を進められず、9番青柳のバントも三塁封殺。走者釘付けでアウトカウントが増える。そして近本の打球も決して会心の当たりではなかったが野手の間を抜けて右前に達し、2人のバント失敗を救うタイムリーになった。
1点差に追い上げられ、なおも走者一二塁のピンチ。しかし濱口はそのことよりも、あと1アウトが惜しくも取れなかったことを引きずり、ボールに気迫を乗せられずにいた。

初球のフォークはワンバウンド。中谷はここのところ打席の内容がいい。カウント球を狙いにいって、ヤマが外れて気のない空振りもあるが、あれはあれで自分への攻め方を予測し、「タイミングの幅」を狭めて勝負してのこと。ひとつひとつのスイングに納得している様子が見て取れた。

2球目、チェンジアップ。そこそこの落差はあったが、変化球を待っていた中谷にとっては、ボールを手放した瞬間、「甘い!」と判別できるコースと高さだったから、失投というに十分なボールだった。

中谷はホームランを打つつもりで振ったのだろう。何回かの代打でいい内容を見せ、結果も出した。今か今かと待っていたスタメン起用がこの日ようやく回ってきた。自分の持ち味は一発長打だが、かといってもろさを感じさせる打席はひとつも許されない。今この打席に何を求められているのか、考え、形にしなければならない。
1点差に迫ってなおも一死一二塁。追い込まれるまでは長打にもなるような強い打球を。もしも追い込まれてしまっても、甘い球が来るまで粘り、なんとかヒットを。

狙いは変化球。そこにかなりの確率と想定していたチェンジアップが打つべき場所に来た。あとは思いっきりひっぱたくだけだ。しっかり踏み込みながら、頭を後ろに残して、ヘッドを走らせる。思いっきり腕っ節の強さで持って行ってやろうというフォロースルー。
低く飛び出したライナー性の打球は垂れることなく左中間スタンドに届いた。最高の結果となる逆転3ランホームランが飛び出した。

横浜3連戦は、1試合目からスタメンでも不思議ではなかった。この試合の打順は下位打線に置かれるのが「普通」だ。でも実際は、このカード3試合目までスタメンで使われることはなかったし、自身でも経験のない2番という打順だった。その巡り合わせで「気落ちしたチェンジアップ」と「起死回生の逆転3ランホームラン」が出会った。いや、ホームランを20本打ってから、「約束された未来」を見失って、二軍で泥にまみれてきたからこそ、今この1球、この1打に邂逅した。
打者中谷が新たな局面に入った瞬間――のちのちそう振り返られるような1本になることを願う。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

18 コメント

  1. 虎ジジィ
    Posted 2020年8月13日 at 09:12 | Permalink

    「魔の水曜日」vs 「 青柳+雨パワー」の興味深いマッチアップでしたが(笑)。

    スタメン中谷が、魔の水曜日を破った!
    待望の高卒大砲、長い年月をかけ開花かな!?
    2番中谷、なかなか面白いじゃないですか。
    もともと守備上手(初回のポロリはご愛嬌)、脚も早いしバントもできる上、最大の魅力「一発」もある。
    1番近本も絶好調な今、1近本→2中谷は相手には脅威であり、これは相手投手の左右関係なく続けて起用しても良いかも知れませんね。

    中谷、4回起死回生のスリーランは、toraoさん解説通り無死1、2塁で植田(バスター失敗)、青柳(送れず)のランナーすら進められなかったミスの最悪な流れを全て帳消しにする大きな意味のある一発でした。

    先発雨柳さん、いや青柳は中4日、前回も球数は多かった為かなり苦しいピッチングになりましたが、雨のおかげ?で指のかかりも良く最低限の仕事はできたと思います。
    リリーフ投手の信頼性を考えると6回終了までは投げて欲しかったけど、やはり中4日限界だったか?

    それにしても継投が下手くそでしたね。
    ガンケルを満塁で打席に立たせなければならない状況って事は、今のところ監督の脳内で勝ちパターン投手はガンケル→馬場→スアレスの3人しかおらず、とても残りのシーズン3分の2をこの形態で乗り越えられるとは思えません。
    勇気を持って、若い望月や尾仲に場数を踏ませ、出来れば最終回を(劇場無しで)任せられる投手に育てて欲しいところ。

    追伸、宮崎の死球は不運な事故になりましたが軽傷である事を祈ります。

  2. こうさん
    Posted 2020年8月13日 at 09:32 | Permalink

    9連戦、勝ち越しが決まっているベイと負け越しが決まっているタイガースの戦い。外国人の監督と日本人選手のチームなのに、とてつもない信頼感が感じられる。その関係性には「忖度がない」から選手は試合に集中できる。「結果が出なけりゃ出番なし」という明快さ。どうすれば勝てるか、どうすれば選手に勝つ喜びを感じさせられるか、どうすれば選手から信頼される監督になれるか、どうすれば強いチームを作れるか。監督、ベンチ首脳陣、選手、チームが一丸となっているのが伝わる。本当に225が抜けたチームか?

    タイガースの矢野監督は「借金1が精一杯」という感想だった。この違いはなんなんだ?「スタメン替えてみた。やってみた。ダメだった。」…そこに信頼感は生まれるか?井上コーチは中谷に「簡単なアウトが減った。」とコメント。そこには結果を出してくれた喜びよりも、打席で工夫をしている中谷への信頼感が生まれ始めている。

    矢野監督が拘る「打者の上がり待ち」…そこには「高い年俸なんだから」という黒い拘りしか感じられない。あのボーアの焦っている表情から矢野監督は何も感じないのだろうか。

    勝ったのに、そんなことを思った昨日の試合。

  3. なかっち
    Posted 2020年8月13日 at 09:46 | Permalink

    勝つには勝ったがすなお

  4. なかっち
    Posted 2020年8月13日 at 10:04 | Permalink

    勝つには勝ったが、素直に喜べない自分がいます。
    継投の下手さ。送りバントを決められない植田。
    今、植田は我慢して使い続けるに値する選手なのか?
    正直懲罰ものですよ。バッティングは勿論ですが、送りバント、エンドラン、進塁打etc.
    細かい事が出来なければ生き残れない選手。それが打てばフライを上げる。送りバントは出来ないでは正直話にならない。
    2遊間の層が薄すぎますが、上本は何をしてるんですかね。熊谷は使えないの?
    正直この先不安です。  
    継投も何故ロペスの場面で能見を変えたの?その後左が続いてたのに。
    はっきり言ってよう勝ちましたわ(笑)

    中谷は良かったですね。ようやくチャンスをもらえて結果が出ました。外野でもファーストでも使えます。ボーアの調子が上がらないなら、休ませながら使うのもありやと思います。
    この9連戦一つ負け越しで済みました。ある意味ラッキーでしたね。週末カープ戦は西、藤浪、秋山かな?勝ち越したいですね。

    • なかっち
      Posted 2020年8月13日 at 16:17 | Permalink

      球児が抹消されました。今回は余程の事がない限り10日で帰って来ることはないと思う。
      ブルペンはどうするつもり?
      去年頑張ってくれた岩崎、島本、守屋、PJがいない。そこに球児も抜けた。
      こんな事態誰が想像しました?緊急事態宣言ですわ。
      タイガースアラート発令ですわ。
      先発投手もへばる頃。非常に厳しい戦いを強いられそうですね。

      • Akira28
        Posted 2020年8月13日 at 16:58 | Permalink

        なかっち様、
        朗報です。
        先程、岩崎復帰のニュースが入って来ました。併せて、岩貞がリリーフに配置転換が決定とか。
        岩貞の場合、懲役とも感じらますが、遥人に合わせて藤浪も計算が立ちますし、ガルシアもそこそこですから、かえって岩貞の配置転換は現状では良い判断に映ります。
        岩貞、岩崎がリリーフ陣に加わるなら、能見も惜しげなく投入出来ますから、少し層が厚くなる感あり。
        どなたか桑原の状態に詳しい方いらっしゃれば、情報お願い申し上げます。

  5. 大虎真弓
    Posted 2020年8月13日 at 10:08 | Permalink

    トラオさん素敵な解説ありがとう!
    まさに中谷の心の叫びが聞こえてきそうな素敵な解説でした!
    相手ピッチャーの心理もズバリこんな気持ちだと推察していました。
    ランナーがいるときに自分に課せられた役は何か?
    バッターの永遠の課題と言える場面で強引に引っ張る姿を何年も見てきたファンも最近外スラはライトに流す中谷を見て掴んだ?と半信半疑で感じていた所でした。
    願わくば他の選手も強く打つことと引っ張ることは別物だと理解できれば繋げる野球が出来ると思います。
    江越、陽川、板山続け!

  6. yalkeys
    Posted 2020年8月13日 at 10:36 | Permalink

    解説の大魔神、佐々木主浩氏が語って居られましたが、近本の活躍が大きい内容でした。彼の打率も.286までアップしました。
    とにかく辛勝でした。まだ5割以下ですがAクラスです(笑)。ガンケルに代打を送れなかった事実に、タイガースの現実があります。個人的感想ですが藤川登板を回避したことが、勝利に結びついたと思います。

  7. 西田辺
    Posted 2020年8月13日 at 10:37 | Permalink

    過去にも杉山や藤浪など「雨男」言われた投手はいましたが、これほどの頻度で
    登板ごとに雨が降る投手は記憶にありません。
    また微妙に野球できる程度に降るんですよねこれが(笑)。
    こうなると逆に、雨が降ってないと調子が出ないんじゃないかと思ってしまう。
    4回の攻撃。
    梅野ヒット、木浪四球で無死一二塁。
    植田はバントの構えからのバスターでしたが、キャッチャーファールフライ。
    おそらく叩きつけようとしたんでしょうが、逆にボールの下を切ってしまう。
    まぁ、気持ちは分かるんですが技術不足としか言いようがありません。
    丸いボールを丸いバットで打つ場合、ライナーを打つ感覚で打ちに行くと丁度
    ボールの上半分を叩ける。
    しかもバスターって一旦バットを引くから、どうしても上から下へ切る軌道になって
    しまいます。
    7回にガンケルを打席に立たせるほど、現状の阪神のブルペンは窮しているんですね。
    左は能見1枚だし、守屋・島本・エドワーズは目途が立たないし、本来なら
    最大のストロングポイントであるはずのブルペン陣が、今最大の懸念事項になって
    しまってます。
    昨日は8月12日。
    1985年に日本航空123便墜落事故で亡くなられた中埜肇球団社長(当時)に、
    追悼の白星を捧げられて良かった。

    • 星の輝き
      Posted 2020年8月13日 at 13:41 | Permalink

      多分前世はカッパだったんですよ、青柳はw

  8. いわほー さんのアバター いわほー
    Posted 2020年8月13日 at 11:07 | Permalink

    魔の水曜日にやっと勝ったということですが、昨日の試合は厳密にはカード3戦目。
    調べてみるとカード1戦目7勝6敗1分、2戦目4勝10敗1分、3戦目が10勝6敗。
    要するにカード2戦目の勝率が悪い。特に裏ローテの2戦目にあたるのが水曜日ということ。
    とはいえ当初は表ローテに比べて裏ローテがやや見劣りしていたということもありますが、ここにきて徐々に先発の陣容も整ってきたので、表裏の差異も薄まってきたので、徐々にこのアンバランスも解消されるかもしれません。

    チームとしてはカード1戦目を確実に勝てる戦いが望ましいし、カード3戦目に勝つのもその後に移動があるだけにムードよく次のカードに臨める。
    ならば2勝1敗の勝ち越しパターンでいうと2戦目の敗戦がまだしもマシなのかもね。

  9. ジュビロタイガース
    Posted 2020年8月13日 at 11:23 | Permalink

    中4日とローテを崩したのに雨柳でした。

    ガンケルについては、正解は何だったでしょうか。能見さんの降板が誤算だったのか。青柳降板時、次の攻撃はサンズからだしまだ中盤。投手のところに投手を入れるのは仕方が無い。ガンケル登板が早かったのか。馬場が先ではダメだったのか。打席に立たせたのは、悪いと思いませんでしたね。その前に点が入りましたし、代打は原口か福留でしょ。

    植田もあそこで転がさなきゃ。疲れもあるだろうし、熊谷でも使えば良いのに。青柳もスリーバント失敗しても、サードを狙わなきゃ。自分がランナーで残るなんて、ゲッツーの次に悪い。

    それをカバーした上位の調子の良さ。ありがとうございます。

    スアレスも佐野にストレートで押さなきゃ。

  10. ヒデボー
    Posted 2020年8月13日 at 11:52 | Permalink

    昨日はハマスタ三塁側FA席で現地観戦でした。先々週に行った甲子園と比較して、外野席を開放してない分か密でしたね。現地観戦される方は出来る限りのコロナ対策を!

    試合の方は中谷、サンズの連続ホームラン!見事な放物線!初回からフラフラの濱口をようやく仕留めてくれました。裏に打順が回る濱口は連続ホームランの有無に関係なく、この回までだったと思ってます。
    六回裏以降、しんどい展開でしたが、何とか逃げ切り勝ち!しんどい思いして勝っても、六甲おろしの合唱が出来ないので、しばらく現地観戦は止めときます(笑)

    明日から中継ぎ待機の岩貞、注目してます。

  11. 夢 さんのアバター 寿
    Posted 2020年8月13日 at 12:45 | Permalink

    ヤノノマスク

    デザイナーのセンスがいいのか悪いのか ヤノノマスク!!
    選手はつけてないから役員専用なんだね・・・きっと ホッ!!
    マツダでもつけるのかな~ベンチが映ったら気が和む~~Ww

    がんばれ中谷 立ち直れ球児 休めボーア がんばれ阪神!!

    • yalkeys
      Posted 2020年8月13日 at 20:30 | Permalink

      寿さま 昨夜のテレビ放送では、タイガースの横浜の宿舎からチーム全員にマスクが提供されたようでしたよ。監督、コーチ、選手に背番号入りでプレゼントされたとのことでした。確かに北條が背番号入りマスクの映像を見ました。

  12. タクロー
    Posted 2020年8月13日 at 13:23 | Permalink

    大きいぞこの1勝。

    9連戦の最終戦、負ければ3勝6敗、勝てば借金一つ。よくぞ逆転、逃げ切った。

    中谷、待望のスタメン。
    2番とは驚いたけど、値千金の逆転3ラン見事だった。つかみ取ったチャンスだ、ここぞ!で決める打者になってくれ!
    ガンケル、二死満塁で打席に立つ。
    常識外れだけど、想定内。代打原口、でも7回の男がいない。わかる。岩崎の帰りを待つ。
    陽川、決死の押し出しデッドポール。
    打点1。これが効いた。次はバットで決めろ!
    近本、全開だ。
    潰れかかったチャンスをよくぞ引き戻してくれた。あのリクエスト盗塁、惜しかった。どんどん切り込んでくれ。
    馬場、落ち着く。
    下位とはいえ三者凡退。よくぞ退けた。
    スアレス、ハラハラ劇場継続中。
    代わりなし。155キロもはじき返される。ほしいのはキレ。
    植田、役割果たせず、ポップフライ。
    チャンスを逃して、代走、守備固めに戻る気か?
    サンズ、風格漂う。
    期待に応える集中力。NPBでも狙え打点王。
    ボーア、簡単見逃し、腰引け、何狙う。豪快に振り抜けよ。
    梅野、気を吐く、攻守の要。
    あとは苦しい投手陣をリードしてくれ。
    木浪、ツボにくれば飛ばす、まだまだ線が細い。守り安定。

    さて、これから、
    髙山、中谷併用の道。
    髙山を使ってよ、井上コーチ。中谷と一緒に。中谷1塁、髙山ライトで、ボーアを追い込め。
    代打、神様候補はだれ?原口、福留、糸井、陽川、北條、、、
    この日も失策プラスワン。これで34失策、12球団ワースト、これが失点につながるんだよね。
    上本、ファームでもたもたしていないで早く帰ってきてよ。

  13. 虎轍
    Posted 2020年8月13日 at 13:58 | Permalink

    勝てない魔の水曜日と言われてましたが、なんとか勝てましたね。
    植田海、青柳の失敗を近本、中谷で取り返しての逆転!虎は失敗を許さない!
    守備で失敗をしてた中谷が連続失敗を逆転ホームランの倍返ししてくれてありがとう!GJ
    継投ミス、二死満塁でガンケルが打席に立たないといけない状況は能見が抑えてたら無かった訳ですが、おっさんズの活躍が目立ちませんね…
    タイガースのアラフォーは夏バテか?
    おっさんズの活躍無いですが、ホームランの活躍、得点圏打率の高いおっサンズは元気なんで、明日からは得点圏でサンズに打席を回す事に拘ろう!
    酷暑、突然の雷雨、豪雨と大変ですが、熱中症対策、コロナ対策に気を付けてくださいませ!
    頑張ろう日本!

  14. Akira28
    Posted 2020年8月13日 at 14:12 | Permalink

    この3連戦、矢野の采配がデタラメでなければ、3タテできたはず。
    逆にいうとよくこんなデタラメの采配で勝ち越せたものだ。やはりベイスターズは相性が良い。特に横浜球場は尚更。
    私が遺憾に思うのは、初戦である。岩貞はベストの状態ではなかったにせよ、粘投はしていた。
    ピッチャーの国吉にタイムリーを打たれ、あの場面2点を失ったと言えど、まだ4回で1-3の段階。充分先発の仕事は出来ている。後、2イング6回まで凌げばクオリティスタートとしての評価はなされるし、勝利投手になれたかもしれない。
    それを矢野は岩貞がピッチャーに打たれたから、士気にかかわるというのである。
    本当にそうであろうか。
    あの国吉の当たりは、ライト高山が普通に守っていたら何でもないライトハーフライナーで打ち取っていた当たりであろう。
    まだ回も浅いのにバカみたいな前進守備を敷かせ、かつラインぎわを固めていた。
    ベンチの指示であり、明らかにベンチのミスである。
    それを岩貞一人に責任をなすりつけ、戦犯にした。
    先発・岩貞以上の強力なリリーバー達が手ぐすね引いて、引手数多に控えているならそれでも良いだろうが、これでは岩貞の成長が無い。萎縮してしまう。これまでの岩貞への扱いを見ていると、矢野は岩貞のことが嫌いなのかとさえ思ってしまう。
    ましてや、リリーバーが弱い状態である。案の定、望月は1イニングで2失点し、その後打線も追い上げるが2点差で負けた。
    2試合目は先発・ガルシアが頑張ったから勝てた。およそベンチの采配で勝てた訳では無さそうだ。
    そして、昨日は青柳を5回で変えたことで苦しい展開になった。
    植田の送りバント失敗も、ベンチのミス。
    中谷の一撃がなければ、ベンチ采配が責められても仕方ない程のミス。
    ガンケルに代打が出せない程のリリーバー状態のタイガース投手陣。初戦・岩貞の4回降板の是非を問いたい。
    矢野と福原は上手く行っているのだろうか?

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">