あと一人からの暗転また明転

守護神として申し分のない働きをしているスアレスが、「あとひとり」からまさかの逆転サヨナラ本塁打を被弾する。これ以上はないという悔しい敗戦の直後ではあるが、これが最後のナゴヤドームとなる藤川球児にセレモニーの時間が割かれた。
熾烈な2位争いを繰り広げる両チーム。本来の戦いとは明らかに関係のない1枠が引退する藤川にあてられるのは、普通であれば「生ぬるい」ことだろう。
しかし、藤川球児は普通のピッチャーではない。どのチームの選手たち、元選手たちにとっても、どのチームのファンにとっても。
藤川球児がブレークしたのは2005年。以後、2012年シーズンを終えて海外へ渡るまで、リリーフエースとして虎のブルペンを支えた。その「藤川時代」と、落合博満監督による「中日黄金期」はほぼ丸かぶりする(落合監督の在位は2004~2011年)。
荒木、井端、立浪、ウッズ、福留、谷繁、森野ら、手強い相手に剛球で立ち向かう藤川。「絶対」を誇ったJFKに対して一歩も退かない岩瀬、浅尾ほか多彩な中日リリーフ陣。
藤川球児にとって、ナゴヤドームは勝たねばならない場所でありつづけ、中日ドラゴンズは越えねばならない相手でありつづけた。
だからこそ、中日黄金期を支えたメンバーがグラウンドを去るときは、阪神タイガース戦が選ばれることが多かった。藤川球児が花束を渡すこともあった。
名古屋のタイガースファンはもちろん、ドラゴンズファンからも尊敬と親しみのこもった拍手と、抑えてほしくても抑えることができない声援に送られた。
拙守、拙攻の連続で残念な試合内容であり、3タテを食らう悔しい結果であったが、その間は素晴らしい時間だった。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

9 コメント

  1. 虎轍
    Posted 2020年10月16日 at 08:19 | Permalink

    天国から地獄に突き落とされるのは昨日の試合の事を言うんでしょうかね。

    忘れた頃にやってくる「やらかしの植田海」を忘れてました…
    練習しとるんか?イニング間の外野に出向いてしっかりキャッチボールをしろ!ボールをずっと握りしめてボールに馴れとけ!

    スアレスは頑張ったと思いますが、忍コーチはマウンドに行って、どんな指示を出したのか?
    1点差の最終回二死2.3塁で高橋と勝負を選択したのか?
    最近のタイガースあるあるは忍コーチがマウンドに行ったら、得点されるのが頻繁にある!
    はっきり指示をしてるのか?
    なんとなくの指示で時間だけをかけてるだけか?
    なんなんやろね。

    藤川球児に中日ファンから盛大な拍手を送られたのは、球児の強さがあったからでしょうね。

    今日は聖地甲子園に行って、井上のプロ初安打、初ホームラン、初打点と大山のホームランキング独走のホームラン×3本、サンズの20号ホームラン、西勇の二桁勝利を見届けたいと思います!
    覇気を出せ!タイガース!
    気合いを入れろタイガース!
    頑張ろう日本!

  2. こうさん
    Posted 2020年10月16日 at 08:48 | Permalink

    「2位ぐらいが当たり前」のタイガースと「Aクラスを渇望している」ドラゴンズ。来季への自信を手に入れたのはどちらか明らか。

    「この人気なら藤川コーチ…いや、監督⁉️」なんてことはやめてくれ。休ませてやってくれ。

  3. ジュビロタイガース
    Posted 2020年10月16日 at 09:04 | Permalink

    ヒットを打たれれば逆転、敬遠押し出しがあっても同点、どっちとる?

    球児は投げられないのかな?ただ一軍同行でも良いような。投げられるなら、藤浪の跨ぎはいらんかったような。

    西勇対歳内はオモロそうや。

  4. タクロー
    Posted 2020年10月16日 at 09:07 | Permalink

    不可解。怒りモードで…

     敬遠せずして、逆転サヨナラ3ランで撃沈。こんな日もある。スアレスだって打たれることはある。仕方ない。三遊間安打で2塁ランナー、ボーアが何故か3塁に行かない。呆れるけれど、腹も立たない。エラーも3個。またか。今季70個目。もう諦めている。同一カード3連敗、勝率5割に逆戻り。今更勝ち負けはどうでもいい。ズルズルとBクラスに落ちようとも。

    そんなことより、矢野・福原は藤浪を潰す気か?

    何故、イニング跨ぎをさせなきゃならなかったのか?果たして無理を強いる場面だったのか?

    その答えはこうだった。
    —————-
    --藤浪は2イニングを先頭を出しながら粘った
     「球数増えたらね、(2イニングは)無理やなってふうには思ってたけど、球数も少なかったし。粘りながら投げてくれたので、そういう2イニングというか優(岩崎)やサダ(岩貞)も帰ってきたんでね、そういうところで晋太郎(藤浪)はそういうようなバリエーションっていうところでいけるんで、これからそういうことはありえるかなと思ってます」
    —————-
    何を言っているのか、訳がわからない。
    腹立たしい。憤りすら覚える。選手にはまだまだ未来がある。人生を賭けているんだ。

    これからもありうる?  何を言っているんだ?
    行き当たりばったりの采配でゲームを壊すのは、もう慣れた。諦めている。もう期待なんかしてはいない。だけど、チームが置かれた今の状況で、選手を伸ばすどころか、意味もなく無茶を強いる采配しかできない指揮官、指導者ならば、選手を潰す前に、潔く身を処してもらいたいものだ。

  5. 西田辺
    Posted 2020年10月16日 at 09:48 | Permalink

    序盤からミス連発の試合。
    更に解説の権藤博翁の小言がイライラに拍車をかける。
    それだけに原口の逆転タイムリーには胸のすく思いだった。
    これで中日の6回以降リード時の連勝記録もストップさせ、解説者の過ぎる口も
    塞げると。
    毎度のことながら思うんですが、捕手の原口ってそんなに信用なりませんかね?
    原口先発マスクで、試合終盤リードしていると必ず坂本なり梅野に交代してますよね。
    そんなに信用がないなら、初めからキャッチャーとして使わなければいいのに。
    何より監督自身が解説者時代に「途中からマスク被るって精神的にもイヤだし難しい
    んですよ」って言っているのに。
    キャッチャー出身の癖に、キャッチャーの扱いが一番雑なんですよ。
    梅野の脇腹の状態が万全でないのなら、尚更昨日のような使い方はするべきではない。
    結局サヨナラ喰らった梅野も精神的に重くなるし、信用されてない原口もモヤモヤ
    するだけで、何にも良い事はないんですよ。
    そりゃよっぽどの失態を犯したのならいざ知らず、打つだけ打ったらハイ交代ではねぇ。
    昨日の9回も代わった選手が全て絡んでの事(島田・植田・スアレス)
    本当に交代した選手が、試合に入って行けているのかが疑問です。
    外野からの声が日に日に大きくなりますが、それでも野球に集中させてあげるのが
    首脳陣の務めでしょ。
    近年マシになってきましたが、またナゴヤドームを鬼門にするつもりですか。

  6. Posted 2020年10月16日 at 10:07 | Permalink

    やらかし祭りでは勝てません。今に始まった話ではありませんがミスが多すぎる。岩田は気の毒でした。原因は何なのでしょうか。技量が低いのは周知の事実ですがそれだけでなくモチベーションもあるのでしょうか。それとも疲れ?個人々々の目標設定をしっかり持って試合に臨まないとダラーんとした昨日のようなゲームになってしまいます。矢野監督がここでもう一度締め直し、コーチ陣は選手に課題と目標を与える。ここで再確認して欲しいものであります。

    藤川が予告通り上がってきましたが起用法法はどうするつもりなのでしょうか。大義名分として優勝を諦めていないって事なのでクローザーはスアレスのままで行くのでしょうか。あと5セーブ取らせるって考えはないのでしょうか。本人にその気がないのでしょうがファンは球児の名球会入りを望んでます。調子が戻っているのならクローザーとして使って欲しいものであります。

  7. 夢 さんのアバター 寿
    Posted 2020年10月16日 at 10:38 | Permalink

    あ~~ぁ悔しい悲しい情けない恥ずかしい!!

    やっぱりエラーで敗戦、負け方がスッキリして阪神らしく漫画チックでよかった!!

    ナゴヤドーム最終戦、球児の為に中日球団とファンに御礼と共に感謝したい。
    またJFKと共に落合中日と数々の激戦の球場。荒木守備コーチから
    花束を贈られ速足で場内一周、きっと感慨深いものがあったでしょう。
    でも3塁側ベンチには阪神の選手は誰一人として残っておらず、ファンとして
    悔しかったし恥ずかしかったし悲しかった。もし福留がいたら監督の意に
    反しても選手達と共に温かく迎えたでしょう。
    矢野ってそんな情のない監督なんですかね~~。

    今夜はスマイル西、守備陣しっかり守って下さいよ!!

  8. いわほー さんのアバター いわほー
    Posted 2020年10月16日 at 12:42 | Permalink

    アンガーマネージメント風に言えば怒りがあったら10秒数える。
    それでもおさまらなければ文句は次の日に持ち越す。
    私の場合、お昼休みにこちらをのぞくことが多いのですが、今朝、まだ怒りが残っていても、お昼にtoraoさんや皆さんのコメント読むのが私のアンガーマネジメントになるんですよ。
    皆さんの怒りに同調しているうちに、こちらの怒りは収まって、あとは「まあ、そこまで言わんでも」と哲人モードに変身。
    段田安則さんが雑誌の対談で語ってたんですが、タイガースの試合を見るのが唯一の趣味。その心持ちはいつも「負けやがれ!」と思って全試合みているんだとか。
    負ければ思っていた通りの納得感、勝てばなんだか得した気分になりますわね。

    • 虎轍
      Posted 2020年10月16日 at 14:18 | Permalink

      いわほー様こんにちは。
      段田安則様はタイガースファンの悟りの境地を切り開いた感じですね(笑)
      いつか私もそうなりたいもんです…
      試合を見てると一喜一憂しか無いです…
      現地観戦に行けば勝てば祝勝会と言って呑み、負ければ反省会と言って呑むだけです(笑)
      達観者になりたいですね(笑)

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">