打点と得点を足してみた

単純に今季の打撃成績より打点と得点の合計で羅列してみた。
datentokuten
あらためて言うまでもないが、中軸の大山、上位の近本は十分な合格点。サンズも後半失速はしたが最終成績としてギリギリ及第点。下位を担った木浪と梅野は良しとするが、まあ他はケガ、故障、コロナ、不振……いろいろな理由で不本意な成績に終わった。

低いポイントの選手たちは、結局代走で生還した得点に頼っている。控え選手が代走ばかりになってしまう、いびつなチーム構成に由来している。
おもいつきでやってみたが、他球団でも同じリストを作ると、もう少し「点に絡む選手」に層の厚さがあるのではないかと想像する。
すんません。ほんと思いつきだけで時間切れ。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

6 コメント

  1. 西田辺
    Posted 2020年11月28日 at 10:03 | Permalink

    ホームランの場合、打点と得点が被ってしまうので、ホームラン数を引くと
    絡んだ点の実数(?)になるかも。
    数字遊びですけど、50打席以上の選手で(打点+得点)÷打席数を出して
    みると、1位大山(0.32)、2位原口(0.31)、3位中谷(0.30)以下サンズ近本陽川
    となります。
    まぁ、原口・中谷は得点圏での代打が多いし、こういう数字になってしまいますかね。
    ちなみにボーアは、379打席で45打点27得点でした。

    昨日はフェニックスで、注目の奥川が阪神戦に登板。
    見事に7回をピシャリと抑えられました(笑)。
    対する及川は、課題である変化球の制球がままならず、4回途中で降板。
    負け惜しみではないんですが、高校3年生の時の状態を考えると、よくぞここまで
    戻してきたなと言う感じ。
    ホント去年は酷かったですから。
    3年くらいはファームで体鍛えて、制球を整備して一軍のマウンドにって入団時から
    思ってましたから、及川本人も焦らず着実に階段を上がってきて欲しい。

    日本シリーズも終わり、各チーム移籍と来年度の契約交渉の話題がメインになって
    きましたね。
    何やら、スアレスが今月末に提出期限の保留者名簿から外れるとの報道が。
    去年はPJとドリス、今年はスアレスがMLBの網に引っかかったようですね。
    せっかく今年クローザーとして活躍したのに、外国人選手はこれが怖い。
    セットアッパー・クローザーの供給元としてメジャーからもタイガースは注目されて
    いるのでしょうか。
    ソフトバンクはキューバ選手を多く抱えてますが、あれは国から派遣の形を採って
    いるので、MLBは手を出せないんですよね。
    本人がより大きな成功を望んでいるのなら、到底太刀打ちできる相手ではないけど、
    こう毎年のように主力投手を掻っ攫われて行くのも癪に障る。
    スアレスが抜けて、来年すぐクローザーを任せられる投手が現状いるかと言われても
    ウ~ンと首を傾げるしかありません。
    なるようにしか、ならないんですけどね・・・。

  2. ジュビロタイガース
    Posted 2020年11月28日 at 10:30 | Permalink

    2番3番打者が固定されると、得点や打点が増える打者が出てくるのかな。

    周東選手は50盗塁しても得点が48しか無いです。チームの総得点は37しか違わない。日シリでも活躍していません。

    やっぱり勝つためには失点を少なくしないとですかね。短期決戦なら尚更か。

  3. 虎番地
    Posted 2020年11月28日 at 10:41 | Permalink

    上本が戦力外で荒木が更改とはこれ如何に?の疑問が抜けません。
    数値を見ても期待度(何かやってくれるんじゃないか?)も断然上本なのに、戦力外。。
    ケガが多かったのは分かりますが、使いやすさで更改なのかな。。

    中田もおそらく更改でしょう。能見が戦力外なのに。。
    どちらがチームに貢献してきたかは明らかだと思うのですが。。

    • 33
      Posted 2020年11月28日 at 11:23 | Permalink

      同感です。
      能見は手薄なリリーフ左腕、上本も希少な右の二遊間。
      上本は二遊間の選手の中で打撃は1番上だったんじゃないかな?

      そして阪神の当落線上から更改した選手とソフトバンクの戦力外を比べると断然ソフトバンクが上のような…。

      外国人がまだ流動的で、才木と島本は育成に回るような気がしてるが枠は余裕がない。
      他球団の戦力外選手が意外と魅力的に見えてしまいます。でも枠の関係上手は出しにくいんですよね…。

      • 虎番地
        Posted 2020年11月28日 at 12:43 | Permalink

        ご返信ありがとうございます。
        おっしゃる通り同感です。

        燕の山中が引退しなかったら欲しかったんですけどね。。

        マルテは必要無く、内川やソト獲得に動いてはどうですかね。福留を戦力外にしてるので、矛盾してますが。。

        GMが必要です。

  4. 虎轍
    Posted 2020年11月28日 at 13:05 | Permalink

    打点と得点の数値を出してしまうと、打点は勝負強さが、得点は出塁率が高い選手になりそうですが、得点は代走で出た選手もホームに還ってくれば得点にされますね。
    内野ゴロでも1点が入る状況でポップフライや三振でチャンスをモノに出来ないタイガースには厳しい数値ですね。
    タイガースの選手はおいしい場面をおいしいと思って気負わずに野球をして欲しいですね。
    失策を減らして、得点を増やせば勝てる!
    それだけ考えて野球をしてくれるとええんですけどね(笑)
    疫病退散!
    頑張ろう日本!

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">