落合竜コンプレックス

福留、高橋聡文、山本昌臨時コーチ、井上コーチ、中田賢一と来て、チェン(興味)か。どんだけ落合ドラゴンズにコンプレックスがあるのかと思ってしまう。もういっそ落合監督を招聘してしまったほうが話が早いのではないか。これはそのための布石なのか?まあ、それはないか。それだったらまだ岡田監督復帰のほうが100倍ありえそうだな。

ただ私が思うに、阪神球団に決定的に欠けているのは「なにがなんでも勝つ」「勝つことだけに集中してくれたらいい」という姿勢であるのは間違いない。現状の球団は、ファンのウケを気にしすぎだし、何かというと商売を優先させる。選手の売り出し方、球場での演出、タイムリーなグッズ販売、オリジナル弁当の企画、旬の選手のCM出演……まあ確かに人気商売だからそれも大事。しかし、そっちの優先度はずっとずっと後でいい。需要を作り出すみたいなあざとい考えを持っていると、それに現場が引っ張られておかしなことになったりもする。ファンにまだかまだかと求められても、「まだ早い」と見定めて、よやく重い腰を上げて商品化するくらいのことでいいのだ。
極論すれば、勝つために邪魔なら、マスコミへのウケとか、マスコミへのサービスもいらない。パターン化した情報提供に気を配るヒマがあれば、「一軍で大して活躍もしていない選手を大げさに取り上げないでほしい」と取材規制のひとつもしたほうがいい。

今現在、力を発揮できる状態でそれができる人といえば、確かに落合博満が一番だろうと思う。ほかのことはどうにでもなるが、勝つことだけがままならぬチームなのだから、よそではその商売っ気のなさが理由で勝っても煙たがられる落合のような「単機能」がほしい。
そんな風に思ってしまう。きっと私も相当な落合コンプレックスなのだろう(笑)。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

12 コメント

  1. 虎番地
    Posted 2020年12月3日 at 09:21 | Permalink

    前に某番組で「勝つだけで良いなら引き受ける」と言っていたあの言葉をいまだに信じてる小生としては、落合氏の縦縞采配は観たい1人です。

    勝つ事、勝つ為にはどうするか?という徹底的に欠けてる首脳陣フロント選手に、叩き込んで欲しいと思います。

    強ければファンは付いてくるし、「大丈夫。今日も勝つよ!」と自信を持って言える日が待ち遠しいです。
    03年の様な……

  2. Posted 2020年12月3日 at 09:32 | Permalink

    昨日の記事では鈴木翔太まで調査しているのだか。ドラゴンズ色が更に強くなってきそう。これは単なる人脈での繋がりで落合の影響はないと思いたいです。私は落合がタイガースの監督になるならばファンをやめます(笑)

    勝つことに執着するって事は球団は昔からしてないし矢野監督も出来ていないと思います。だからと言ってそれじゃダメとも私は思いません。落合流なら極端に言って勝てば官軍、勝てば何やってもいいと感じてました。功労者の年棒をバッサリ切ったり戦力外にする、故障者が出ても自軍の不利益情報として内容を公表しない等、感情論やエンタテイメント的なものは不必要であり、勝利が何事においても優先される。こんな野球なら見たくありません。矢野監督が目指す楽しみながら勝つ、これが出来れば最高だと思います。ただし球団はもっと勝つ事に執念を見せて欲しいですね。

  3. 西田辺
    Posted 2020年12月3日 at 10:31 | Permalink

    商売としての戦略として、売り出したい選手を色んな媒体に露出させるのは
    アリでしょう。
    私のような年間大して球場にもいかない、売り上げに貢献しないオッサン相手に
    するよりかは、若年層や女性へのアピールの方が数倍球団は潤うはず。
    選手も、それがステータスと奮起するのならそれも構わない。
    まさか、球団がプッシュしてる選手と言うのが起用に影響はしてないとは思い
    ますが、それは本末転倒な話。
    あくまで、勝ってナンボのプロスポーツの世界。
    それがコントロールできるのは、球団しかありません。
    野球で勝つために何をやらせるべきか、練習時間を削ってまでもやる事なのかを
    シッカリ見極めてあげて欲しい。
    選手だって球団から要請されれば、カメラの前でニッコリ笑顔も作るだろうし、
    気の進まない要件にも顔を出す。
    選手に悪影響を及ぼして、ホークスを羨んでるのは何か違うでしょ、と思ってしまいます。

  4. 虎轍
    Posted 2020年12月3日 at 10:37 | Permalink

    虎番地様の仰有る番組は私も見てました(笑)
    勝つだけでええなら落合氏の登用も有りですね。
    タイガースは優勝したら金がかかるから優勝しなくてええって事なんですかね?
    昔、そんな話があったような…(笑)
    来年、大山の本塁打王のタイトルが入ったTシャツが売り出されたら買いますよ(笑)
    疫病退散!
    頑張ろう日本!

    • 虎番地
      Posted 2020年12月3日 at 16:30 | Permalink

      ありがとうございます。
      どうすればそんな事が言えるのか、実際に確かめたい気持ちもあるので(笑)

      • 虎轍
        Posted 2020年12月3日 at 19:21 | Permalink

        虎番地様こんばんは。
        とりあえず練習ばかりになるでしょうね。
        下手クソは練習!(笑)

        • 虎番地
          Posted 2020年12月4日 at 09:21 | Permalink

          虎轍さん
          おはようございます。それくらいやらないとセ界制覇日本一は遠いですよね(笑)

  5. 岩修
    Posted 2020年12月3日 at 11:38 | Permalink

    V9時代の川上巨人に今の原巨人、そして落合中日。3人とも顔も見たくないぐらい憎い存在でした。原は継続中ですが…ここにどう勝つかなのですがもう1つビジョンが見えないのは何故か?とそこから突き詰める必要があるのでは。15年前、落合竜を沈めるきっかけとなった2005年9月7日?竜虎戦のトラオさんの記事が見たい。(当時は見れませんでした。)そこにヒントがあったりして…

    • いわほー さんのアバター いわほー
      Posted 2020年12月3日 at 12:24 | Permalink

      これですね。
      The Game (2005年9月8日投稿)
      http://torabaka.jp/torao/archives/3622

      アーカイブからだと探しにくいのでブックマークしておきましょう。
      この試合を見た次の日、この記事を目にしたときは魂が震えました。

      • 岩修
        Posted 2020年12月3日 at 14:51 | Permalink

        いわ繋がりでいわほーさんが送ってくださるのではと思ってたら本当にそうなりました。ありがとうございました。あの日の虎戦士全員の目を思い出し涙しました。トラオさんの記事は凄すぎですね…

        • うっちー
          Posted 2020年12月3日 at 22:18 | Permalink

          岩修さん、いわほーさん、ありがとうございました。
          この試合のことは記憶していますが、改めて、こんなに壮絶な試合だったんですね。
          トラオさんの魂を込めた文章、解説に感動しました。
          トラオさん、本当にありがとうございました。

  6. ジュビロタイガース
    Posted 2020年12月3日 at 13:33 | Permalink

    翔太、チェン、加冶屋もいいけど、松田はどう?
    新外国人も獲るだろうけど、支配下枠空いてるかな。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">