北條バウムクーヘン論

阪神・北條、巨人・坂本から金言「技術を磨け」 レギュラー奪回へ異例の弟子入り実現(デイリー)

二遊間を守る選手には敏捷性が求められる。打力を犠牲にしてでも守備力の高い者を置かなければならないのがセオリーだが、すばやく動けて、なおかつバットコントロールや長打力があればなおけっこうに決まっている。坂本、浅村、山田のような率も長打も期待できる選手がいてくれたら、打線を組む上で大きなアドバンテージになる。
ひとけた背番号を取り上げられた北條だが、今までぼーっとしてきたとは思わない。ある程度なんでもできるタイプだけに、何かに特化して一点集中突破という形にならず、全体に薄く層を積み重ねるように成長してきた。すべてのことでカベにぶち当たりながら、すべてのことをじわじわとレベルアップしてきた。だから目立ちはしないが、ある時、閾値を超えてくれば目覚ましい進化を遂げる。26への背番号変更がその敷居を越えるのに必要な爆発エネルギーになるだろう。
……と、未来ノートに書いておこう。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

6 コメント

  1. 西田辺
    Posted 2021年1月16日 at 09:30 | Permalink

    坂本や浅村までとは言わないまでも、攻守に中心となれる選手の予定だった
    んですけどねぇ。
    よく分からない不振があったり、ケガがあったりで持っている力の半分も
    出せていないんじゃないでしょうか。
    そもそも、タイガースと言う球団は、この北條と言う選手の未来像をどのように
    描いていたのでしょうか。
    3期連続甲子園準優勝校の中心選手を、まさか便利屋で育てるつもりはなかったと
    思いたいですが。
    北條自身も、いつまでもベンチ内での声を評価される選手でいたくないでしょうし
    最激戦区の二遊間で、数多く使われようとすれば何か他とは違うものを見せなければ
    誰かの二番手三番手に甘んじてしまう。
    今年また、中野・高寺というニューフェイスも参入してきますから、ますます
    普通にやっていては「おっ!北條エエやん」とはならない。
    どんな北條を見せてくれるのか、キャンプから楽しみにしておきます。

  2. 岩修
    Posted 2021年1月16日 at 10:57 | Permalink

    北條と高山。どちらもアマのトップ選手であり主力になるのは当然と考えてました。
    昨年の総安打数、北條17本に高山7本…。
    何が悪いか、何をどうしたら良いかは素人の私には分かりません。
    しかし、期待の陽川でも生涯安打数は139本で北條290、高山320の方がかなり多いのです。彼等も覚醒する力は十分ある筈。
    特に北條は背番号が26になったので前の2の13倍活躍してくれたら…。

  3. ジュビロタイガース
    Posted 2021年1月16日 at 12:18 | Permalink

    北條はこうなったら曲者になることを期待してます。
    何でも出来て何をしてくるか分からないタイプでも良いじゃないですか。
    関本もそんな感じだったかな。

  4. いわほー さんのアバター いわほー
    Posted 2021年1月16日 at 12:42 | Permalink

    本日のお題、北條バウムクーヘン論ですか。
    ほんにバウムクーヘンは手間がかかる。
    一枚、また一枚と時間をかけて年輪まとって焼きあがる。
    北條も今年で6シーズン目。
    そろそろ焼きあがるころですかね。

  5. 虎轍
    Posted 2021年1月16日 at 14:31 | Permalink

    北條は鳥谷からレギュラーを掴みとれたと思ったら、打球に飛び込んで怪我をした事が誤算やったかなぁ…
    怪我をせずに成長出来てれば今もまだ背番号2のままやったでしょうね。
    今までサインをしてた2の横に6を書き加えんとアカンから、6を書き足した時に悔しさを感じて精進して貰いたいですね。
    まだまだ伸びしろはある選手やと思うし、活躍出来る選手やと思います。
    頑張れ北條!
    疫病退散!
    頑張ろう日本!

  6. 大虎真弓
    Posted 2021年1月17日 at 01:41 | Permalink

    北條はインコース低めのバッティング上手くなりましたね!
    あのハンドファーストが何故他のコースで出来ないのか?が不思議でならない!(笑)ヘッドを効かせるバッティングが一番難しいインコース低めで出来るのだからあとは高めのボールでもヘッドが寝ない様にスイングできれば大山とホームランを争える位のバッターなんだが!
    高山も大山も外角高めが下手!
    ホウライ(蓬莱)スイングのビデオを是非参考にキャンプでモノにして貰いたい。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">