対DeNA練習試合で輝明大活躍

「ホームランの打ち損じがヒット」ごくまれにそういう状態の打者がいるが、今の輝明はそんな感じ。ボールの見極めもできているし、ファウルで逃げることもできている。普通にチームで一番頼りになる打者の内容だ。
輝明を開幕スタメンで使うのか使わないのか、ポジションを与えるのか奪わせるのか、みたいな議論があったが、もう遠い昔の話だ。あとは新外国人同様、ぶつかるようなインハイ食い込みと落差のあるアウトロー逃げのコンビネーションばかりなってくる。それにどう対応するか。なんなら練習からそこにシフトしていったらいい。もうモノが違うのは十分わかったから。
あとよろしくおねがいします!


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

12 コメント

  1. 虎ジジィ
    Posted 2021年2月19日 at 08:40 | Permalink

    「素材型」「荒削り」などの評価だった佐藤輝の立ち位置は既に「大山の次」ぐらいに到達したような感じです。

    得点に絡む3安打して、正直「もう無いやろ」と思ったら、軽く振って140mダメ押しツーラン!
    50年近くタイガースを観ていますが、新人打者でこれほどの衝撃を受けたのは初めてです。
    本当に「とんでもない選手」を引き当ててしまったようですね。

    刺激を受けるように髙山の状態まで上がっているのも相乗効果か?!

    佐藤輝、当然他球団は警戒し研究して来ると思うし、かつての「松井に遠山」のように「テル専投手」をぶつけて来られるかも知れないけど、それを打ち破って頂点まで行って欲しい。

    「荒削り」が削られた時、どこまで研ぎ澄まされるのか楽しみは尽きません。

  2. 虎轍
    Posted 2021年2月19日 at 08:40 | Permalink

    ライトから三塁ベースに向かって強い風が吹く球場で右中間寄りのバックスクリーンを越えるホームランって…(笑)
    凄いを通り越してまさしく「エグい」やね(笑)
    得点に絡んでるのもええですね。
    最初は6番くらいで開幕三塁スタメンでええかもしれませんね。
    大山は4番一塁でどうでしょうか?
    青柳は左打者を並べられて嫌やったんかな?
    榮枝が盗塁を刺してくれたから大ケガにはなりませんでしたが、雨対策と左打者対策を頑張ろう!
    初回以外は抑えてたし、修正は出来たんかな?
    期待してるよ!
    疫病退散!
    頑張ろう日本!

  3. 西田辺
    Posted 2021年2月19日 at 09:49 | Permalink

    見てて、思わず笑ってしまう打球でしたね。
    他の3つのヒットもシッカリ振れているし、打球も生きていた。
    もう少しすると、ルーキーという先入観を取っ払った攻めになって
    来るんでしょうね。
    今は「打てるボールを打つ」に徹した方が良いように思います。
    いずれどこかで、プロの厳しさを知る事になると思いますけど、そんな
    物は現在活躍中のスター選手にだって何度でもあった話。
    それを突き破ってみんな大きくなったんですから、佐藤輝にだって出来るはず。
    陽川が宜野座で居残り練習している間に、佐藤輝がウホウホとゴリラポーズ
    やってましたね。
    チームメイトから「やれ」と言われたらしいですが、結構ノリノリでウホウホ
    やってましたよ(笑)。
    陽川とのWウホウホも見せてくれ!

  4. Posted 2021年2月19日 at 10:28 | Permalink

    我々ファンの色んな杞憂を超越した活躍ですね。思ってた以上に対応力・修正力があってクレバーなイメージ。何よりメンタルが強そう。今現在でも注目度が高くマスコミが付きまとい、多くの人から数知れない助言や提案があるのだと思いますが、上手く受け流せているのでしょうね。いい意味での太々しさを感じます。この先楽しみしかないです。

    小野がよかったようですね。映像は観てませんが脱力した腕の振りでいいボールを投げてたとの事。この2年まるで戦力にならずフェードアウトするのかと心配していましたが何か掴んだものがあったのかも知れません。元々ローテで回っていた投手なので先発として復活してくれれば心強い。あとは昔からの特徴でもある良い時と悪い時の差を縮めて行ければ信頼度は上がります。遥人の穴を埋めて欲しいですね。

  5. ジュビロタイガース
    Posted 2021年2月19日 at 12:36 | Permalink

    夕方のネット記事では佐藤健3安打。夜のネット記事では140m弾、いつのネタやねんと思ったら、今日の話!ビックリですね。

    期待しすぎはあかん、持ち上げすぎはあかん言うても、もう無理。

    よくある新外国人と違うのは伸び代があるとこ。シーズン入って打たなくても、ファームで鍛えれば良い。

  6. いわほー さんのアバター いわほー
    Posted 2021年2月19日 at 12:39 | Permalink

    最終回、ツーアウト。木浪がつないでテルにまわしせと願ったら、風にも助けられたヒットでつないでくれた。
    そして巡ってきた5打席目、追い込まれながらも伊勢投手の球になんとかファールで粘って粘って7球目、やや甘く入った球を一閃、フェン直かと思ったその当たりは、強風なんかなんのその、あれよあれよでスコアボードの上を超えていった。
    いやはやすごいルーキーが現れたものです。
    今後は同一リーグの各チーム、スコアラー交えて本気で佐藤の分析にかかることでしょうな。
    まだプロに入って実戦数試合目で他球団を本気でビビらせたタイガース選手、私は初めて目にしましたよ。(眼福眼福ルルルルルー)

  7. 熱血虎キチ
    Posted 2021年2月19日 at 12:48 | Permalink

    佐藤クン、ここまで打つなら勝つために使うでしょうが、ポジションは外野?サード?ファースト?
    内野エラーを減らすためならファーストの守備力も重要なので、誰がファーストとして一番上手いのかですね。

    ケガした貴重な左腕先発ピッチャーや、まだ日本に来さえしていない期待の新外国人を、あまり心配にならないのは、投手も打者も戦力に厚みが出来てるという事でしょうか。

    ここんとこの高山の張り切りぶりには、本番でも期待していいのではないでしょうか。
    競争させる事が一番の戦力あっなんですね。

    • 熱血虎キチ
      Posted 2021年2月19日 at 12:49 | Permalink

      アップ、です!

  8. 岩修
    Posted 2021年2月19日 at 14:29 | Permalink

    超長距離砲佐藤輝明。
    とんでもない選手を手にいれた阪神。
    さらに大山、近本、サンズ。そして糸原に高山。おっと糸井に陽川も梅野もいる。井上、原口も…
    今年から打ち勝つ野球が見れそう。

  9. 大和
    Posted 2021年2月19日 at 14:41 | Permalink

    正直なところ今のタイガースの補強ポイントに左打ちの内野手の佐藤輝はどうなんだろうと思ったのですが、これほどの地元の逸材を手に入れられて本当に良かったと思います。
    もしもどんでんが金本の後か今年から阪神の監督になっていたら間違いなく早大の早川に行ってたでしょう。
    何とも凄い縁を感じずにはいられません。

    皆さんは反対されると思いますが、高山はもうトレードに出してあげた方が良いと思います。
    高山のことが嫌いだからトレードに出せというのではなく、せっかの逸材が埋もれて全盛期を逸してしまうことが球界の大きな損失になると考えているからです。伊藤隼や俊介のようにはなって欲しくありません。
    佐藤がどう考えても使うしかないぐらいの大器の片鱗を見せ、近本も不動の1番を掴み井上も順調に育っています。左打ちの外野手の巧打者としてタイガースには今マッチしにくい状況です。
    キャンプで評価も上げてますし、売り時としては旬だと思います。

    首脳陣やフロントには勇気ある決断を期待します。

  10. hi64
    Posted 2021年2月19日 at 14:59 | Permalink

    榮田が、盗塁を刺している場面を見ました。
    おそらくショートは木浪だったんだと思いますが、去年より格段にタッチが上手くなっています。
    去年までは送球を捕って上から足にタッチにいっていましたが、昨日見たのは、送球を受けた左手の肘を上手く後ろに抜いて、送球の勢いのまま流れるようにタッチが出来ていました。
    これは数日前のキャンプの映像で、川相さんを囲んで二遊間の選手が練習していた動きです。
    早速臨時コーチの教えが活きているようで、嬉しくなりました。

  11. 大虎真弓
    Posted 2021年2月20日 at 00:35 | Permalink

    だからね!
    サンデーなんちゃらの翁の話など気にしなくて良いって言ったでしょう!
    テルは貴方が現役の頃75メートル打てばホームランの頃とは違うのです。
    倍の距離打つのだから今までの常識で計らないで貰いたい!
    変化球への対応はかなり出来たので次は高めのストレートと外に逃げるボールの捉え方でしょうね?
    一方でマスクを被った栄枝君自慢の肩を披露してくれました!
    梅野と違い積極的に内角を使えるのは大いに評価できるがピッチャーとの配球の相談や持ち玉の把握がまだ出来ていなかった為の失点が悔やまれる。
    でも2失点で押さえたのだから自信になった筈。
    石井くんも変わらずコントロール良く抑えたし楽しみだ。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">