井上、小幡らは鳴尾浜へ

阪神井上広大が2軍調整 新人2人に小幡、小川らも(ニッカン)

井上はケガにかかわらず予定どおりだろう。主力になる選手だから、代打要員として一軍のベンチに代打で置いておくくらいなら、二軍の4番で守備走塁含めて場数を踏ませたほうがいい。特にこの春から、輝明を「我慢してでも使っていく」ことになる。そう遠くないうちに、「我慢してでも使っていく」順番が井上に回ってくる。

控え選手として十分使えるレベルの小幡を二軍に下げたのも同じ理由だろう。我慢しなくてもいいレベルの選手がいることで、一軍レギュラーに向けてまだ二軍でもできる経験をさせる。小幡は反骨心があるタイプなので、ここで落とすのは効果的かもしれないし、遠藤、高寺への刺激にもなる。

本当に優勝するつもりなら、一二軍の効果的な入れ替えも今季の重要な課題になる。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

11 コメント

  1. Posted 2021年3月4日 at 08:44 | Permalink

    小幡はより多くの実戦経験を積ませたいってのと、反骨心を期待してのファーム合流なのでしょうね。実力的にはさほど差のなさそうな山本・中野の実力をもう少し近くで見極めたいって矢野監督の思惑でしょうが、小幡には理由と課題をしっかり説明してやれてるのかな。この辺の言葉の掛け方次第で選手のモチベは大きく変わると思うので、出来れば監督自らの口で伝えてやって欲しいと願います。

    佐藤輝はまだ肌寒い甲子園に帰っても飛ばしますね。「センターの距離は変わらない」ってなんて頼もしい!プルヒッターばりの飛距離なのに広角に打てる彼ならではの強みだと思います。浜風で戻されるシーンも多く観てきましたが、センター方向へ意外に伸びるのも結構観ました。甲子園のバックスクリーンにブチ当たる特大HRを観てみたいものです。今年も賞金出るんかな?

  2. 虎ジジィ
    Posted 2021年3月4日 at 08:53 | Permalink

    井上と小幡の鳴尾浜行きは、全くtoraoさんの仰る通りだと思います。

    年上の佐藤輝の入団で井上を焦って一軍ベンチに置く事はないし、小幡も同じく中野や山本の加入で焦る事はない。
    二軍で成績を残せば長いシーズンの中で必ず彼らが必要になる場面も出てくるのでしっかり準備しておいて欲しい。

    小川に関しては、ダブつく右腕投手の中で、現状矢野監督は加治屋&石井大の方を見てみたいという事でしょう。
    ここの競争にはいずれ実績の守屋や桑原、荒削り佐藤蓮も加わるので厳しいサバイバルになると思います
    (個人的には、守屋や伊藤和はトレードで他球団に出してあげた方が本人の為に良いような気がしています)。

    さて、先日ドラゴンズをボコボコにした強いソフトバンクとのオープン戦は、好調選手やルーキーたちがどれぐらい通用するのか楽しみです。
    「二軍のイチロー」江越は当たるのか?!
    ワクワク。

  3. 岩修
    Posted 2021年3月4日 at 09:36 | Permalink

    小幡は残して、終盤打席も与えて起用するものと思っていましたが。嫌、まだその可能性もありますね。
    中野も良いし、巨人から移籍の山本も同じ元巨人田口と開幕カードであてたいし悩みそう。
    木浪がもう少し目立ってくれたら木浪で決まりなんですが…
    井上は後1年で必ず出てくるので納得です。しかし、江越や板山、中谷がさっぱりだと呼ばれるかも。

  4. 西田辺
    Posted 2021年3月4日 at 10:15 | Permalink

    井上も楽しみな選手ではあるけれど、焦って使うまでには至ってない。
    ファームで場数を踏む方が重要との判断でしょう。
    小幡も、昨年の動きと宜野座での成長を見てのもの。
    決して脱落じゃない事だけはフォローしてあげて欲しい。
    目指すべきは、今年だけ強いチームじゃなくて、近本の言った「黄金期」を
    築くチーム。
    現役の首脳陣にしてみれば、5年後10年後を見据えるというのは難しい仕事。
    結果が出なければ、その座を取って代わられることを考えれば、どうしても
    今の強さを求めてしまう。
    金本時代から始まった「先を見据えたチーム作り」。
    今まで散々そこをサボってきたタイガースですから、まだまだ時間はかかります。
    桃栗三年柿八年じゃないですけど、実りを得るまでにはそれなりの時間が必要です。
    ファンもそれを待てるようになりたいですね。

  5. なかっち
    Posted 2021年3月4日 at 10:33 | Permalink

    今回の小幡の降格は出場機会を増やす事が目的のような気がしますが。
    二遊間レギュラー候補の選手が多い現状、出場機会を得るには下に落とすのがベスト。
    ここで結果を残せば、開幕前に1軍昇格、更に結果を残せば開幕スタメンもあると思います。
    反骨心の強い選手。今回のこの選択は正解やと思います。

  6. ジュビロタイガース
    Posted 2021年3月4日 at 12:06 | Permalink

    みなさんの書かれている通り。キャンプ中と違い、鳴尾浜甲子園はすぐですし、人数バランスも取れるし。

    井上は怪我の影響もあるでしょうし、ベンチにいるより、守りも多く付かないとね。

    何と言っても小幡遠藤高寺の競争が面白い。先輩の意地を見せるか、下級生が追い抜くか。

  7. いわほー さんのアバター いわほー
    Posted 2021年3月4日 at 12:24 | Permalink

    ビギナーズラックならぬニューカマーズラックか。
    よくわからない新顔の可能性の方が想像力が膨らむのは仕方ない。
    それもまあ、あと数ヶ月の効果だろうけど。
    明日から昨年の覇者ソフトバンクとの三連戦。
    今年の日本シリーズの前哨戦だな。
    強さを見せつけて相手をビビらすか、弱いふりをして相手に油断をさせるか。
    決戦は秋!(知らんけど)

  8. 星の輝き
    Posted 2021年3月4日 at 14:44 | Permalink

    巨人から移籍の山本について、川上と井端がYouTube上で話していますが、結構やらかしてくれる天然系とのこと。
    不動のショートストップ坂本の陰に隠れて巨人で芽は出なかっただけで相当の実力がある選手とおもわれたのですが、二人の話を聞いているとちょっと心配になりました。
    決まったことはしょうがないので小幡には二軍で誰もが文句を言えない成績を上げて再び一軍に上がって欲しいですね。

  9. 虎轍
    Posted 2021年3月4日 at 15:09 | Permalink

    そら新顔を手元に置いといて、見たいもんよ。そらそうよ。
    って聞こえてきそうですけどね(笑)
    小幡は去年見てきたから、二軍でも普通に結果は出してくれるとの思いでしょうね。
    疫病退散!
    頑張ろう日本!

  10. 大虎真弓
    Posted 2021年3月4日 at 21:26 | Permalink

    ホウライ

  11. 大虎真弓
    Posted 2021年3月4日 at 21:40 | Permalink

    失礼しました!
    北條と糸井が一軍に残っているのが吉と出るかな?
    北條は守備も投げるまで二歩多いし外角をライトに流すバッティングも陰をひそめている。
    糸井ははっきり言って守備も走塁も下手だしバッティングも何でも引っ張る様なら不要だ。
    板山が上がってきそう?だがもう同じ繰り返しは無しで定着してほしい。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">