大山快振中野会心で後半逆転勝利

まだまだ残り試合はたくさんあるとはいえ、このホームでの3連戦で引き離されでもすればあまりにも苦しくなる後半戦大事な首位決戦だ。定刻通りに試合開始となったグラウンドはところどころ土の色が違う部分があり、前日のグラウンドコンディション不良から立て直した園芸さんの「仕事」がありありと伝わってくる。
その初戦の先発を任されたのが、ここのところ序盤に大きめの失点をする試合が続いていた西勇。しかし、この日は左右への曲げに加えて、まっすぐとチェンジアップの緩急もうまく使って中盤までゼロで来た。しかし、5回にシングル2本と三塁打を集中されついに2点を先制される。
一方、相手先発戸郷はその上を行く投球を見せる。好守備や正面をつく打球もあり、試合が動いた5回ウラも三者凡退。なんとここまでパーフェクト投球。2番に島田、3番に近本を置くなど大きくオーダーを変えたのがかえって裏目に出たような試合展開となる。さらに6回表に追加点を奪われて0-3となり、いったいどんな負け方になるのだろう、大差でも完全試合でも何でも来いと絶望感に覆われていた。
ところが勝手に絶望していたのは私(と多くの阪神ファン)だけだったようで、選手たちは全然違っていた。6回ウラ、7番スタメンの大山がセンター前ヒットで完全試合とノーヒットノーランを阻止。さらに続くスタメンマスクの坂本への代打糸井が右中間をあっというまに抜けていくタイムリー二塁打でシャットアウトも阻止した。しかし西に代えた輝明は三振、1番に入れた中野は右飛、島田も三振で1点止まり。追撃ムードは遠のいたが、せっかく園芸さんが整えてくれたこの舞台、やられっぱなしで終わらなかったのはよかった。
西はこの日も100勝ならずで二番手岩貞。先頭をストレートの四球で出し、一死二塁、二死一二塁のピンチを招くも切り抜ける。
7回ウラ、毎日マルチと絶好調だった近本が先頭で凡退。裏目打線を恨みかけたそのとき、突如として打線が繋がる。4番マルテが逆らわない打撃でライト右へのヒット、スライス回転のかかった打球が水を含んだ芝で不規則に跳ね、ラッキーな二塁打になる。このあたりから戸郷の心理が乱れはじめたか、5番ロハスにはストレートの死球。6番糸原はスピードで抑えにきた外角直球をピッチャー返し、鋭いセンター前で一死満塁。糸原の打撃は戻ってきたね。
ここで何番に入ろうとその日のキーになる打席が回ってきてしまう7番大山。初球、カウント球のフォークが内に来たのを引っ叩く。三塁線への鋭い打球が横っ飛びするサード岡本のグラブの先を抜ける。まさに右強打者の実力を証明する打球で3-3同点。前の試合、パーフェクト阻止の前の打席、そしてこの打席。大山もゆっくりと戻ってきている。
ここで戸郷に代えて高梨。よく引きずり下ろした。
なおも一死二三塁と勝ち越しの好機、矢野監督もここで勝負をかける。三走糸原に代えて代走小幡、変則左腕に対して、前の打席で殊勲打の糸井に代えてサンズを送る。ボールがふたつとなったところで申告敬遠で一死満塁。岩貞への代打原口を送ると原監督は右の鍵谷にスイッチ、ボール球に手が出て捕邪飛で二死満塁(代走小野寺)。
打順が1番中野に還ると、今度は左の大江にスイッチ。原監督得意のWBCばりの変則投手に次ぐ変則投手への継投でしのぎにかかる。しかし、そこをルーキーが打ち砕いた。甘いまっすぐをふたつ見送り、スライダーは見切ってカウント2-2。内へのまっすぐをファウルで逃げ、同じく内のまっすぐを見切ってフルカウント。迷いがあるのか、変化球狙いだったのか、狙いが見えないまま、フルカウントまで持ってきた。こうなると押し出しを意識する分、投手のほうが苦しい。7球目スライダーが高目に抜ける、ボールだ……と思うまもなく中野が腰を切り、肘をたたみ、遅らせて体に巻きつけるようにしたバットの芯をボールにかぶせた。打球は力強く高々と舞い上がる。ライトが慌てたように後退するが、打球はその頭を越えてフェンスダイレクト。一走小野寺まで生還する勝ち越しのタイムリー三塁打! うぉー中野ー!
この回、一挙5点。難攻不落の先発戸郷をノックアウトし、原監督自慢の左右変則継投を撃ち破る。振り返ってみれば、組み替えた「裏目打線」が大当たりだったといえる。
8回は岩崎がピシャリ。そのウラには二死から小幡のヒットなどによるチャンスメイクと大山のセンター前タイムリー、さらなる追加点にはならなかったが小幡と大山にダブルスチールが出るなど、阪神得意の「走塁で勢い」も復活した。
7-3となり、セーブはつかなくなったが最後はスアレスがきっちり締めて終わってみれば爽快極まりない大逆転勝利。絶望的な境地から脱出したからには、迷うことなく希望の地へと突っ走ってほしい。それができるような気にしてくれる1勝だった。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

11 コメント

  1. 虎ジジィ
    Posted 2021年9月4日 at 11:02 | Permalink

    素晴らしいコラムに全て詰め込んでありほぼ書く事もありませんが、
    ある意味、お互い8、9回の必殺リリーフにどんなカタチで繋ぐかがカギになるゲームであり、先手を取る事が大きく勝負を分ける試合でした。
    そういう意味では敵に先手を取られ、
    1〜3番に虎のスーパーカートリオを入れるも、
    戸郷に5回までパーフェクトに抑えられ、
    塁に出られない分には足絡めなど何の策も出来ずとても苦しい展開でした。

    6回にやっと大山のヒット〜代打糸井の長打で1点返すも後続が倒れ「これぐらいの反撃が精一杯か?」とも思われましたが、
    7回ランナーが溜まったところで「チャンスに回る男・大山」の同点打〜原監督得意のマシンガン継投が見事に裏目、中野が今岡ばりの悪球撃ちで5得点のビッグイニングで逆転し、岩崎〜スアレスの必殺リリーフに繋げられた理想的展開に持って行けたゲームでした。

    欲を言えば、せっかく2番に抜擢された島田にバントヒットでも四球でも良いから出塁〜盗塁が見たかったけど、仕方ない。
    今日は左腕相手なので、小野寺が入るかも知れませんがチャンスの少ない選手には必死に食らいついて欲しいです。
    個人的には、実は左腕に強い佐藤輝をスタメン復帰させて欲しいのですがどうでしょう?!

  2. 西田辺
    Posted 2021年9月4日 at 11:12 | Permalink

    試合前のスタメン発表。
    中野-島田-近本の上位。
    いつも苦労させられる戸郷に、足でプレッシャーをかけたいという意図だったのか。
    タイガースの先発は99勝で足踏み状態の西勇輝。
    5回まで阪神打線は戸郷にパーフェクトに抑えられる。
    威力のあるストレートと、同じ軌道から来る抜き球に手玉に取られる。
    西は5回に2点、6回に1点奪われる。
    そこまで、上手く巨人打線を抑えていた縦変化(フォークor SSF)の変化が甘く
    なった所を捕まった形。
    今年の西は、縦にしろ横にしろ特定の変化球に頼る傾向が強くて、そこが崩れると
    一気に多くの点を失うパターンが目立つ。
    ところがところが、この辺が野球の面白い所なんですが、3点の援護を貰った戸郷の
    投球間隔が短くなったです。
    早くこの試合を終わらせたかったのか、この調子で行けば阪神打線に打たれることはない
    と油断が出たのかは分かりませんが、投球テンポが明らかに変わりました。
    大山-糸井の連打で1点を返し、次の回もマルテの2ベースから大山の同点打を許してしまう。
    一度緩んでしまった慎重さは簡単に元には戻らない。
    戸郷以降、原監督もお得意のマシンガン継投で凌ごうとしたけど中野の満塁走者一掃の
    一打でG・エンド。
    今まで散々苦しめられた戸郷・高梨・大江にここで傷を負わせられたことは大きい。
    次の試合から、原監督の采配に迷いが生じればしめたもの。
    勝った日にこういう事を言うのも何なんですが、昨日のスタメンで今後のシーズン残りを
    戦うつもりですか?
    私的には、一日も早く開幕メンバーをベースにしたスタメンに戻して欲しい。
    特に1番近本・3番マルテ・4番大山でライトに佐藤輝は変えないでいただきたい。
    これが開幕の時に監督が示した、今年のタイガースの姿ですから。
    刹那的なスタメンで勝っても本当の勢いは付きません。
    シッカリとした根拠の元でのスタメンで勝ってこそ、本当のチームの力になります。

    今年巨人戦は今回で6カード目なんですが、カード初戦は全てタイガースが取っています。
    その後1勝1敗が2回、2連敗が3回(どちらかの3連勝は無し)。
    さぁ、今回はどうなりますやら。

  3. こうさん
    Posted 2021年9月4日 at 11:28 | Permalink

    一昨日に書いた希望的スタメンに近い形に舵を切ってくれた矢野監督。それだよ矢野監督❗近本は3番なんだよ。左右関係なく打席に立つまでに成長したんだから次のステージに行かせないと。金本、鳥谷に続く最強の3番打者を作らなきゃ。助っ人に頼らないで不動の3番を作れれば10年は安泰。川藤さんは「近本は、やっぱり一番」と言っていたが変えていかないと。

    大山は上がってきたが4番に戻すのはやめてくれ。それは悪手。

    いつだか西田辺様が言っていたが西のボールを受ける梅野のミットの音。昨日の坂本のミットは良い音してたなぁ。大甲子園で山田がミットから綿を抜いて渚の球に自信を持たせたことを思い出した。西は自分を信じて自分のリズムを保とうとしていたが…負けなかったけど勝てなかった。あと一回りさせていたら…という不安が残る。

    文字通り矢野VS原となった一戦目。矢野監督が積極的に動いたから勝った。逆に言えば積極的に動かないと勝てないのだ。昨日の矢野監督、全てに自信をもっていた。原に、読売に甲子園で、ホームで好き勝手させないためには動かないと。

    近本、簡単に1番に戻さないでくれ。読売相手、初の3番だから近本も緊張していたはず。けど絶対にポジションが人を育てる。近本はホームランがほしくなる。そうすれば身体を鍛えるはず。

    最後に満員ではないが久しぶりに甲子園が埋まる光景が見れた。最高の外野席を演出してくれたタイガースファン、読売ファン、野球ファン、ありがとう。

  4. 虎轍
    Posted 2021年9月4日 at 11:38 | Permalink

    torao様が全部書かれたので、書き込む事がございません(笑)
    大山は中日戦の決勝打がキッカケになってくれたのかな?
    中野は見送れば押し出し四球の1点やったが、打ちにいっての3点打…なんだかなぁ…
    結果オーライ!GJ
    岩貞もいきなり四球やけど、抑えたから結果オーライ!
    勝ったから結果オーライ!って事にしときましょうか?(笑)
    疫病退散!
    頑張ろう日本!

  5. Posted 2021年9月4日 at 11:54 | Permalink

    素晴らしいコラムありがとうございます。試合展開については何を語っても蛇足にしかならないので割愛しときます。

    大幅変更した打順に異論を唱える方は多いかと思いますが私は昨日に関してはあれがベストだとおもいます。サンズが低調な現状呼ばんを打てるのはマルテしかいないし一番当たってる近本を三番に据えるのは当たり前の思考。その前に足のある中野、島田が出塁すれば得点チャンスは多いかと。ただずっとこれは無理があるので大山、サンズが復調してクリーンアップに戻るのが一番だとは思います。

    選手起用については相手将のお株を奪うような矢継ぎ早の交代でしたが、少しやり過ぎ感が拭えません。とくに捕手が7回裏で三人出しきってしまう起用については?です。現に梅野は足にファールチップを受けて大怪我寸前でしたが無理を押したのか軽傷だったのかは解りませんが最後まで出ざるを得ない状況。原口の打撃も低調だし、陽川を右代打に上げ三人目の捕手として榮田をあげるとかすべきと感じました。

    まだまだ先に最終盤が待ってるので今はまだ落ち着いて戦い、ムチを入れるのは残り30試合を切った時でいいと思います。

    • Posted 2021年9月4日 at 13:05 | Permalink

      ○ 榮枝
      × 榮田
      スミマセン

  6. いわほー さんのアバター いわほー
    Posted 2021年9月4日 at 12:05 | Permalink

    負け癖の付いた西勇の先発だけに、無難なスタメンでは勝てないと思ったのか、矢野監督が大幅な打線の入れ替えを行ったにもかかわらず、戸郷相手に空振りか、と半ば諦めかけてただけに、その後の逆転劇に胸すく結末。
    意外に強気な中距離打者然のバットスイングをする中野を見て、所詮いい当たりしても外野手の頭を越せない程度なら、いっそコツコツ単打指向でいいのではないかと思ってただけに、予想外の長打にはびっくり。良い仕事してくれました。
    戸郷につづいて高橋も叩いてカード勝ち越しを決めて、心地よい日曜の朝を迎えたいわ。

  7. hi64
    Posted 2021年9月4日 at 12:39 | Permalink

    矢野監督の采配が変わったように感じました。
    スタメンの変更もそうですが、野手を8回で使い切ることは今まであったでしょうか。
    そして、特に代打原口。
    これは2つの意味で驚きました。
    1つは糸井への代打であったこと。
    前の打席でタイムリーを打っているベテラン糸井に代打を出した。
    そしてもう1つは7回で捕手を使い切る用兵だったこと。
    これはたしかにリスクはあります。
    ただそれだけに相手も予想できない手ではなかったでしょうか。
    結果は出ませんでしたが、攻める気持ちは選手に伝わったと思います。
    現状2位ですが、まだ守りに入って勝ちきれるチームではないと思います。
    昨日のように、攻めに攻めて、相手を気持ちで圧倒するような試合をもっと見せて欲しいと思います。

    • hi64
      Posted 2021年9月4日 at 13:20 | Permalink

      失礼しました。
      糸井への代打はサンズでした。
      興奮して混乱してました。

  8. 岩修
    Posted 2021年9月4日 at 13:31 | Permalink

    toraoさん渾身の長文に大満足。7回の大逆転劇の時、大歓声と観客の多さにびっくり。久々の興奮だったけど7回オーロラビジョンでも良いから名物風船飛ばしの過去映像流したらと思ってしまった。狙い球最後まで変えなかった中野に赤星さん、流石と。
    追い込まれても、初球でもタイムリーの大山は秋の大山一歩手前かな?
    サトテルは寝たふりと思っときます。
    素晴らしいゲーム。西勇も含めて皆ありがとう!

  9. タクロー
    Posted 2021年9月4日 at 14:21 | Permalink

    驚・驚・驚

     前日雨天中止になってから天候も回復せず、大阪市内では、お昼を過ぎても強めの雨が降り続いていた。てっきり今日も中止だろうとキメツケていたら、驚いた。やっぱり阪神園芸さん。半端ない。雨さえ上がればリクエスト通りに仕上げてしまう。
     スマホでスタメンを確かめる。ん? また驚かされる。快速トリオが1,2,3に並んでいる。あの手この手か、手を変え品を変えか。一夜限りのお試しなのか。順番は2番に慣れてきた中野が1で抜擢の島田が2。これが勝利のキーになるとはねぇ。

     5回まで相手先発に手玉に取られて一人も塁に出られず。こちらは、100勝目前で右往左往の西が今日こそはと奮闘するも、やっぱり先行を許す。あーー無理して試合をしなくてもよかったのにと、ボヤク。ゲーム前に膨らんでいた期待は、せめて誰かヒット打ってくれ、に変わってしまった。ところが、9月の大山がその願いを叶えてくれて、続く坂本に代打糸井。いつになく早い仕掛けに驚く。そして、フルカウントから糸井の打球が右中間を抜けていったのに驚かされる。とりあえず、1点取った。よし。
     そしてラッキーセブン。マルテとロハスを塁上に、この日7番大山が初球を叩き同点2塁打。ようやく目覚めたか。信じていいのか?8回にもタイムリーを放ったし、信じてもいいみたいだ。でも4番復帰はもうちょっと待ったほうがいいかな。
     仕上げは、中野。うわぁ、ボールやんか、押し出しやんか、軽い外野フライやんか、と思ったら、驚いた。なんと、フェンス直撃。走者一掃。右手を突き上げはじける笑顔がよかった。今日も見せとくれ。 最近すっかり見ることもなかった鮮やかな逆転劇。気分爽快。

     あとは、輝明。やっぱり彼は代打の1打席だけじゃだめだ。今日は7番ライト佐藤輝明でお願いしたい。もちろん、ヒーローインタビュー付きでね。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">