長坂攻守に活躍ウィルカーソン最長7回無失点

初回は近本がヒットで出て盗塁、マルテのセンター前タイムリーで先制。しかしその後一死一二塁のチャンスは大山が併殺打で1点止まり。続く2回は糸井の二塁打と相手エラーで無死一三塁の好機で、今季初スタメンの長坂が一塁線へ見事なセーフティースクイズが決まり2点目。野選となりなお無死一二塁だったが後続なくこの回も1点止まり。
リードしながらも流れを掴みきれなかったが、ウィルカーソンと長坂のバッテリーが読売打線を7回3安打無失点に抑え、ペースを渡さず。しかし追加点もないまま、8回は湯浅にスイッチ。先頭を四球で出すも代走増田大の二盗を刺して無失点。
2点差の9回に登板した岩崎は、いきなり三連打で1点を失いなお無死一二塁。しかし吉川のバント失敗で一死、岡本二ゴロで二死二三塁。代打中田に粘られて四球を選ばれて二死満塁とされるも、最後は代打北村を遊ゴロとして、薄氷を踏みつつ逃げ切った。

日中はソフトボールをしに行きアフターの飲み会まで楽しみ、痛飲→泥酔で、現時点で見たのはハイライト映像と記録のみ。こんな試合、生で見ていたらドキドキハラハラでヤバイことになりそう……っていうか、たぶん見ていられず、リモコンでスイッチ切ったり入れたりを繰り返していただろう。なので、あとはよろしくお願い!


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

7 コメント

  1. こうさん
    Posted 2022年5月22日 at 10:12 | Permalink

    今シーズン一番ハラハラドキドキした試合だった。一点差の敗けや僅差の敗けの実績が有りすぎるから連日の延長で敗けが頭を駆け巡った。

    原監督は「延長に持ち込めば押し込める。なんとしても同点にしないと。」と思っていたであろう9回。攻めてる読売が、原監督が焦っていたのが吉川のバント。あの岩崎の球をスリーバントはウチには助かった。

    スリル&サスペンスの岩崎劇場。なんとなくだが岩崎、「わざと一点を取らせたんじゃないか?」と思ってしまった。前のめりに焦らせる為に。新しい原監督の攻略法の誕生だ。

    捕手を8番に戻したな。ホッとした。

    一つ。もう矢野さんがインタビューで選手を下の名前で呼ぶの、不自然でしょうがない。矢野さんが思うほど信頼関係がないからこその現状。スグルよりもザキ…だよ。スグルは耳がデカイ人をイメージしてしまうから。

  2. 岩修
    Posted 2022年5月22日 at 10:13 | Permalink

    じゃない方を証明したウィルク。
    長坂のリードも良かったのだろう。
    初球スクイズは素晴らしかったけど昨夜も指示すればと思った。
    もう自分もハラハラドキドキだったが8回湯浅を助けた長坂のプレーでほっとした。ランナー増田だからか喜びも倍増。中野のタッチも良かった。
    しかし本当のハラハラドキドキは裏の 得点チャンスを逃してから始まった。
    岩ザキが3連打で1点差になり無死1、2塁。いつものネガティブ思想で多分同点か逆転されるかとテレビを消しかけたら吉川に送りバントのサイン。
    内の監督ならしないだろう凄い指示だけど助かったと思った。この流れ止めでバント失敗、さらに熊谷のファインプレー。中田との息詰まる対決もあったけど何とか逃げきりゲームセット。
    ザキ劇場を観て、抑えはちょっと辛いかなと、でも辛いさん嫌、新井さんはナイスゲームと褒め称えていた。
    でも正直疲れた1戦だった。

  3. 西田辺 さんのアバター 西田辺
    Posted 2022年5月22日 at 10:36 | Permalink

    どうも阪神タイガースと言うのは試合の序盤に点を取ると、気が抜けてしまうのか、
    なかなか追加点となる中押しダメ押しが出来ないですね。
    だから、こんな苦しいシーズンを続けてるんですけどね。
    心配なのは、金土で湯浅・岩崎が投げた球数。
    湯浅が金曜15球土曜が13球。
    岩崎が金曜28球土曜が32球。
    岩崎、今日はベンチを外してくるかも知れませんね。
    湯浅にしても、3連投は出来るなら避けたいところ。
    彼らの登板を回避しつつ、勝つには序盤から得点を重ねて中押しダメ押しを取り、
    先発投手が出来るだけ長い回を投げると言う理想のような試合運びをしなければ
    なりませんが、やってやれないことは無い。
    今日の先発は久しぶりの一軍先発の伊藤将。
    コロナ明けの登板で不安もあるかも知れないけど、他のブルペンメンバーと共同で
    ガッチリと試合を作って欲しい。
    攻撃陣も、2日連続2点というのは情けないので、序盤から相手先発高橋優を攻略
    して欲しい。
    たまにはスカッと勝ちましょうよ。

  4. サヨナラ3ラン
    Posted 2022年5月22日 at 10:38 | Permalink

    9回、熊谷が岡本の打球を処理
    したプレーが大きかった。
    あと3回?4回かなマルテとテルの
    連打で無死1,2塁で大山の場面。
    そこは送りバントで進めたかった。
    むろん送りバントが失敗するリスク
    もあるし送っても糸井と糸原で返せる
    可能性とのバランスもあるが。
    それでも得点する確率を考えたら
    大山にバントが正解だったと思う。
    1,2回で得点を取りこぼしていた
    だけに あの場面は1点でも良いから
    追加点を高確率で取りに行く采配が
    欲しいと思ったね。
    あと やはり近本と中野の並びは
    機能性が悪い。
    中野は自由に打ちたいタイプで
    自己犠牲する(させる)打者では
    ない。ケガがなければ本来2番は
    山本が最適解だろうね。
    投手力を最大の武器として戦う
    ために現状は熊谷を2番セカンド
    で起用するのが良いと思う。
    あと体調さえ問題なければ糸井は
    テルの後ろに入れた方が得点力は
    増す気がするけどね。
    個人的には中野3番、マルテ6番
    大山7番でもいいと思うよ。

  5. 虎轍
    Posted 2022年5月22日 at 10:55 | Permalink

    昨日の勝利は長坂が盗塁を刺したのと、熊谷の守備ですね。
    長坂が盗塁を刺した場面はヘッスラで先に手がベースに着いてたように見えましたが、アウトはアウト!セーフになってたら展開は変わっていたでしょうね。
    熊谷の守備も簡単そうに見えて、身体を目一杯捻っての送球でナイスプレーでしたね。
    岡本の脚の遅さも助かりましたね。GJ
    めちゃめちゃ痺れました!
    さぁ今日も勝って、交流戦に入っていこう!
    伊藤将頑張ろう!
    疫病退散!
    頑張ろう日本!

  6. タクロー
    Posted 2022年5月22日 at 12:05 | Permalink

    改心したかい?……会心までもう少し、頑張れ!長坂!

     ゲーム開始3分前、TVをつけると1塁ベンチで選手たちがハイタッチしている。ナニ?昨夜大山が同点ホームランを打った後の映像かな?と思ったら、LIVEだった。例の予祝?あぁ、いよいよ神がかってきたのかと案じる。
     スタメンはどうかとみると、ちゃうやん。 9番坂本ではなく、前日途中出場で2三振の長坂が8番。ヤノ・イノコンビ改心したか?その長坂に最後までマスクを被らせた。よし。それから、片山を登録してやっと捕手3人体制にした。よし。初回から近本盗塁で動く。よし。守りもよかった。4回、中野に続いて糸井もナイスプレーを見せてくれた。えらいちゃうやん。そして長坂の肩。ええやんか。マルテ、猛打賞。まだまだ物足りんが、戦力外はとりあえずお預けにしとこか。

     だけどやっぱり最終回、輝明をサードからライトに回した。もしも同点、逆転されたら、9回ウラは糸原からやから残しときたい、そやけどセカンドの守りはさすがに心配やからと、いつものようにサードに回したんやろけど、ちゃうやろ。そこには、勝ち切る意思も見えず、ビビる姿が見て取れる。何より輝明を中心選手に据える気も見えぬ。それが大ピンチを招いたんだ、招くんだ、たぶん。
     それにしても、最後は息が詰まり胸が早打ちする時間が長かったなあ。岩崎よく投げ切った。長坂、シビれながらよく耐えた。今日スタメン張ってヒットを打っちゃれ!
     ベンチはしっかり改心して、予祝なんてええから真っ当な采配を頼むわ。

  7. Akira28
    Posted 2022年5月23日 at 15:17 | Permalink

    1日遅れの投稿です。
    最終回は本当に痺れました。
    岩崎もそうだけど、長坂。良く耐えました。
    しかし、やっぱり中田を申告敬遠しなかった。
    何故⁈

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">