詰め甘く連勝止まる

痛い競り負けだったが、西純と湯浅の学びになる試合だったと思うことにする。

早々に相手守備にミスが続出し、西純の2点打、坂本タイムリーで3点先制したときは、しめしめ今日ももらったと思ったが、世の中そう甘くなかった。
衰運のきっかけとなったのが、まさにその8番9番で望外の3点を取れた後。さらに一死一三塁とチャンスが上位につながって、ここで少なくともあと1点、できれば2点かそれ以上という局面で点を取れなかったこと。
ここは素人目にもわかる大きな分岐点だっただけに、その意識共有とやるべき仕事の共有はやってほしかった。得点するために現実的な可能性の高い方法はなんだったのか。

連勝が止まり、結果が出ていたから触りにくかった部分を修正するのもいい。少しのことでも5番では大山の打席が遅い。当たりが出ていない長距離砲は7番当たりで調子を整えるのもアリ。ちょこまかした駒ばかりでも、それぞれの個性を活かせる仮説を立てて、工夫を重ねていきたい。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

7 コメント

  1. こうさん
    Posted 2022年6月20日 at 08:50 | Permalink

    もちろん勝てれば「西、投打に大活躍」となっていただろう。何度も「西を9番に落ち着かせろ」と書いてきたが昨日も8番スタート。

    西のタイムリーが出た瞬間、イヤな気持ちになった。この大観衆、大歓声、西にだけ向けられる視線…。西の興奮は最高潮、アドレナリンは大爆発、顔は紅潮している。そんな湿度の高いグランドにランナーとして立ち続け、ランナーとしてリードを繰り返し、チームの為に自分の為にホームベースを踏みたいという緊張感を持続させなければならない。

    フォアボールから崩れた西。勉強というには辛く厳しい敗戦。青柳でさえも疲労が見え始めている。6回まで投げてほしいなら投球に集中させてやってほしい。リラックスして打席に入らせてやらないと投球にリズムが出ない。

    なぜ連勝できたのか。投手は投手の、野手は野手の役割を果たしていたからだ。まだまだ西の打撃は博打の段階。西に期待するより他の野手が確実に点を取ることに集中しなければならないし、させなければならない。ミスは生まれるけど、生み出してる時もある。

    たかが1敗、されど1敗。若さは勢いでもある。だからこそ、しっかり手綱を引いてやらないと。

    来週こそは「9番・西」を願う。

  2. 虎ジジィ
    Posted 2022年6月20日 at 09:31 | Permalink

    仰るように若い二人の投手の糧にして欲しいゲーム。

    先発西純矢、せっかく自らの打撃で先制したのに直後の3回は2死から急変し、すっぽ抜けたり力んだりで自滅してしまい本当に勿体ない登板になりました。

    休養十分のリリーフ陣が待機していたので、4回先頭打者へ四球の時点での継投はベンチの好判断。
    ただ2番手の浜地は抜群だっただけに結果的にはもう少し引っ張りたかったところ。

    珍しく湯浅が失点しての敗戦ですが、これまで良く頑張ってきた湯浅が撃たれたなら諦めもつく。

    打撃陣は、予想通り大山とはまともに勝負してくれないので、他の選手で何とかするしかない。
    これからも「大山には臭いところで勝負(四球OK)」が続くと思うので対策を考えなければいけませんね。

    連勝してたのに、スタメン(四番の守備位置)を変更したのはどうだったのか?

    いろいろと考えて明日からの未だ全敗のカープ戦に挑んで欲しい。

  3. 西田辺 さんのアバター 西田辺
    Posted 2022年6月20日 at 09:32 | Permalink

    2回の一死一三塁からの島田然り、6回の糸井の代打山本のバント失敗然り。
    やれる事をやれないと、勝つのは難しい。
    偶然なのかどうかは知りませんが、西純の甲子園での投球内容が余りよろしく
    ありません。
    ボールを上から叩きつける投げ方ですので、マウンドの傾斜が緩やかな
    甲子園と合わない可能性もあるのですが、そこは本拠地でもあるし、プロの
    投手としては何らかの工夫が欲しい所。
    若干、湯浅にも同じことが言えるのかも知れませんが。
    2人とも、一軍でこれほど長くやるのは初めての事ゆえ、一度崩れると修正や
    立て直しに時間がかかるのは仕方のない事。
    西純は明らかに上半身が突っ込み過ぎているので、まずはそこの修正からに
    なるでしょうね。
    湯浅は、牧を三振に取ったものの宮崎・桑原にはストレート、神里・嶺井には
    落ち切らないフォークを叩かれた。
    どちらの質も、良い頃に比べて良くないのでしょうね。
    打つ方は、西純の2点タイムリーがありましたが、大山が3四球(敬遠含め)。
    おそらく、これからも大山との勝負を避けてくるチームが出てくるでしょうね。
    そうなると、前後の打者が点を取って行かないと苦しくなるのは明白。
    大山も、これにイライラしてボールに手を出すようだと、せっかくの好調も
    崩れてしまう。
    相手が勝負してこないのなら、そこは割り切って塁を一つ貰うくらいの気持ちで
    後ろにチャンスを回して行かないと。
    明日からは、今季まだ勝ち星のない広島戦。
    もう一度、チームを真っ直ぐ立て直す意味でも丁寧な野球で、シッカリ戦って
    欲しいですね。

  4. 大和
    Posted 2022年6月20日 at 10:48 | Permalink

    それぞれのターニングポイントは皆様が書いているので自分か思った点について。

    6回の攻めが消極的過ぎました。
    無死一、二塁で糸井にバント代打山本。
    シーズン序盤の0点地獄の時ならアリですが、最近は結構点が取れているので糸井でイケイケで行って欲しかった。
    無駄に右の代打を使い込む結果になりました。
    そして島田にこそ右の代打でしょう。初球のストライクのカーブを仰け反ってる姿を見てこりゃ駄目だと思いました。

    雰囲気は三タテだっただけに何とももったいない試合でした。

  5. 虎轍
    Posted 2022年6月20日 at 11:49 | Permalink

    昨日も現地観戦でしたが、負けてしまいました。すんませんm(__)m
    昨日の試合で気になったのは、濱地をイニング跨ぎした時に8番に濱地をそのまま入れた事なんですよね。
    跨がすも跨がさないも決めてやってへんなら、8番に梅野、9番に濱地とバッテリー事代えんとアカンと思いましたね。
    どんだけ坂本が好きで、どんだけ梅野の事が嫌いかは知らんけど、西純の制球もストレートが上擦ったり、フォークは手前でバウンドするし坂本の配球も悪かったよ。
    ちゃんとした野球をすれば勝てるんやから、ピンチバンターとかも要らんのよ。
    明日からは大瀬良、森下、九里でヤクルトに勝てへんかった広島と戦いますが、ちゃんとした野球をやったなら勝てるよ。
    疫病退散!
    頑張ろう日本!

  6. いわほー さんのアバター いわほー
    Posted 2022年6月20日 at 12:44 | Permalink

    西純、打撃がピッチングに影響したのか?
    だとしたらピッチングに影響及ぼす打撃は考え直さなければ。
    さすがにDeNAも投げて打っての若造になめられてたまるかと。
    やはり3タテ食らわすのは難しい。(食らうのは容易いけどw)
    それでも勝ち越しでひとつずつ借金返していけばよろしい。
    とはいえ明日からのカープ戦、0勝7敗だけに3タテ食らわせたいな。

  7. 熱血とらきち
    Posted 2022年6月20日 at 13:02 | Permalink

    浜地、凄!もう一回投げてもいんじゃないかー?と思ってた矢先にプーさんにボコン。次の打席のプーさんのピッチャー返しを取れなくて湯アレス悔しがってたけど、も少し二遊間を締めて守ってもいい気がするなー。あと、島田が不甲斐ないならオレがいるぜって目がギラギラして代打ヒットの高山、結果残してスタメン勝ち取れるようにね。その真逆、ロハスさんは無惨にも三球三振。バットにかすりもしない。これは二軍に落とさないと士気に関わります。新外国人が来る前に、ゴシゴシ25番が二軍で最近調子良さそうですからここで上げて旬を逃さず使わないと。西純、甲子園のマウンドに合う合わない以前に、打者に向かっていく気迫が足らんかったように見えました。来週はオリャアーみたいな感じでいきましょ。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">