完璧な試合でリスタート決める

追い込みへの大事なカード初戦、完勝。
西勇が7回94球、被安打4、無失点の丁寧な投球で試合を支配すると、8回は加治屋、渡邊と小刻みに繋ぎ、9回は岩貞で完封リレーを決めた。
攻撃も初回からヤクルト先発小川を攻略。いきなり中野、島田の連打で一三塁とし、近本も続いて1点先制。さらにダブルスチールを決めて二三塁にするなど自慢のスピード三連星が勢いをつける。一死後、大山がつまりながらも中前に運んで2点目。糸原の投ゴロが併殺崩れとなり3点目。鮮やかな速攻が決まった。
中押しが欲しい4回は先頭のロドリゲスが追い込まれた後の曲げ球が真ん中に入る失投を完璧に仕留め、レフトへ文句なしの一発で4点目。
ダメ押ししたい8回は、先頭大山が調整登板の5番手今野の代わりばな、初球の低目直球をもののみごとにとらえ、高々とレフトへ放り込むホームランで5点目。
糸原もライトフェンス直撃の二塁打で続くと、もはや「恐怖の7番」と化したロドリゲスが外角低めボール気味のカットボールを長いリーチを活かして強引に引っ張り込みレフトへライナー性のヒット。ライナーストップした代走植田が俊足飛ばして生還し6点目でダメのダメを押した。
得点には繋がらなかったが7回には代打北條がバスターを決めるなど、終始阪神が技を仕掛けてペースを握り、最後まで相手に渡さなかった。
守備でひとつ小さなミスがあったが、それ以外は投走攻守完璧な試合で、ついに今季初の貯金ができた。気負わない投球、気負わない采配、リラックスムードでの連勝。シーズン最後まで続けていきたいね。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

9 コメント

  1. 虎ジジィ
    Posted 2022年7月30日 at 08:41 | Permalink

    まさに「完璧な試合」。
    どちらが首位チームか分からないような横綱相撲でした。
    初回から西勇は6球3分で相手の攻撃を終わらせリズムを作り、
    裏の攻撃で先頭打者から連打あり、重盗あり、そして全力疾走のゲッツー崩れありでヒットの走者を3人共帰しての3得点は
    通常援護の少ない西勇に大きなプレゼントになりました。
    右の大砲二門に「撃った瞬間」の完璧弾が出た頃には勝利を確信出来ました。

    ただ、相手は1度着火すると花火を連発するチームなので、投手リレーも石橋を叩きながら見事に決まった。
    6-0の最終回は石井あたりでも…と思いましたが敢えて「準勝ちパ 岩貞」で完璧にねじ伏せておく事で、今日にも繋がるゲームになりました。

    浜風を計算した梅野の配球も素晴らしかった。

    ただヤクルトにはまだまだゲーム差に余裕があり、今日のゲームがめちゃくちゃ大切。
    数字的には(逆転Vは)厳しい数字ですが、とにかく直接対決でたくさん勝ちながら、ヨソのチームにも2勝1敗ペースを崩さなければ「ドラマ」はあるかも知れない。

    是非3タテして、また「絶対大丈夫タオル」(人間はあんまり大丈夫じゃない時に絶対大丈夫と声をかける)を掲げさせるぐらい追い込みたい。

  2. 岩修
    Posted 2022年7月30日 at 09:01 | Permalink

    甲子園夏初出場社高校OB近本率いる虎スピードスターズ。彼らによるいきなりのスピード三連走で掴みはOK。
    見事なタイミングで飛び出したロドリゲス、大山の豪快弾。二人共にバスター北條を称える余裕も。
    大山なんて、田淵、アリアスに次ぐシン.ホームランアーティストに違いない。ヤクルトにとっては嫌なスタートだったと思う。
    ありがとう、西勇初め投手陣と梅ちゃん。さあ、じっくりと困らせましょう全員で…。

  3. こうさん
    Posted 2022年7月30日 at 09:47 | Permalink

    やはり初回の大量得点(ウチには3点は大量)はデカイな。西はリラックスして自分のペースで投げれたし「2点、取られてもまだ勝ってる」と優位に立てていた。昨日みたいな試合を観たら「キャッチャーにも勝ち星が付かないかな」と思ってしまう。先発投手は途中交代しても試合に勝ったら勝ち星が付く。キャッチャーは途中交代しても最後までグラウンドにいても変わらない。もちろん球団の査定に影響するだろうけど梅野と坂本を比べる「目に見える評価」も必要に思う。梅野と坂本、お互いに「足りないものを補い合う」という性格ではないはずだ。だったら目の前に評価を突き付けた方が更に熱くなると思う。

    ピンチは6回かな。村上に一発が出れば…だったがフォアボール。結果こそフォアボールだが主力に仕事をさせないことが大事。

    大山の綺麗な放物線、ロドリゲスに待望の一発…苦しむサトテル。けどサトテルの良いところは打撃の不調を守備には影響させない強さだ。サードやライトを守りながら、いろんなことを考えているはず。ファーストからレフトに行った大山が結果を出し続けていることも内心は悔しいだろう。矢野さんは意地でもサトテルの4番を動かさないはずだ。それに応えるのはサトテルにしかできない。あ…、糸原の打球が野手の頭、いや外野手の頭を越えた。点差も影響しただろうが、あの打席はタイミングが取れていた。開き直った糸原は怖い…かも。

    まだまだ余裕の高津監督。「まあ負け越さなければ」という表情。けど5ゲーム差まで迫れば貯金を数え始めるはず。

    甲子園で負けないチームになれば奇跡を起こせる。星野さんは甲子園のファンを味方に着けるのが上手かった。「ファンの為に勝ちたい。ファンに申し訳ない。」…口先だけの言葉はいらない。勝ち星こそがファンへの言葉だ。

    昨日の一番の収穫は「選手が楽しそうに野球をしている」こと。残り48試合。「俺たちの野球の正体」が見えるかもしれない。

    今日も「北條ヘッドコーチ」の為に勝とう。

  4. 虎轍
    Posted 2022年7月30日 at 10:50 | Permalink

    昨日は聖地甲子園に現地観戦でしたが、文句無しのええ勝ち試合でしたね。
    初回から連打、タイムリー、重盗と立ち上がりに難のある小川を攻めたのも良かったですね。
    A・ロッドの移籍初ホームランに大山のホームランに誕生日北條のバスターで村上の困った顔。
    全てが大好物な試合でした。
    強いて苦言するなら佐藤輝明の無安打かな。
    今日は打ってくれるハズ!
    村上のライトへの大飛球も聖地甲子園やから入らへんのを解らせたのも良かったです(笑)
    神宮ではホームランやったでしょうが、聖地甲子園は広いし、浜風には勝てんよ(笑)
    今日も明日も勝って焦らせましょう!
    去年やられた事をやり返しましょう!
    疫病退散!
    頑張ろう日本!

  5. なかっち
    Posted 2022年7月30日 at 10:51 | Permalink

    久しぶりのコメントです。
    あれだけ開幕戦から転けたのに良くここまで持って来ましたね。
    それもこれも投手陣の踏ん張りに尽きます。蒸し暑い時期に試合数が少なかったのも幸いしたかもしれないですね。
    (6月23試合で7月ここまで18試合しか試合してない。)

    8月は6連戦が続き、投手陣の消耗が顕著になります。そこをどう戦うか。如何せん1年フルに投げきれた投手が先発では西勇と青柳と伊藤将の3人だけ。ガンケルは夏場にバテました。中継ぎも岩崎以外はフルに活躍した投手はいません。

    まあネガティブな事を書きましたが、逆にそこがタイガースの伸び代なんですよね。
    若手投手の台頭。勢いづくと一気にいきそうな気がします。

    ここまで良く投手陣を整備出来ましたよね。これは本当に首脳陣の手腕です。もちろん結果を残した選手も立派ですが。

    7月の先発防御率は驚異の0点台。(29日現在)
    タイガースは3点取れば勝率がぐんと上がるのは皆様よくご存知やとは思いますが、これからはそれが課題になります。
    投手陣の整備が出来る首脳陣です。どうすれば点を取れるのか考える事が出来るはずです。

    この2ヶ月で27勝13敗1分。7割までとは言いませんが、凄い勝率です。しかし、私は今のタイガースが強いという印象を持ってません。

    本領発揮したらまだまだ強いんじゃないのか?と思ってます。

    まだまだ輝も調子が上がりません。ロドリゲスもまだまだ未知数です。
    この2人が計算出来るようになれば、末恐ろしい。
    ヤクルト村上の今年のピークは6月でした。(あそこまでの無双は今シーズン考えられない)

    開幕9連敗とプロ野球の新たな黒歴史を作ったタイガースがプロ野球史上最大の下剋上を成し遂げるのか?注目です。

    • なかっち
      Posted 2022年7月30日 at 10:59 | Permalink

      追記
      来月あたりに
      いける!絶対いけるで!
      のタオルとか販売しないですかね。
      選手、フロント、ファンが一体になれば何かが起こるかも。

  6. いわほー さんのアバター いわほー
    Posted 2022年7月30日 at 11:30 | Permalink

    リスタートのヤクルト戦、理想は三連勝、できれば三連勝、最悪でも三連勝、なにがなんでも三連勝で、とりあえず一つ取ったどー!
    週末カードにシフトした西も文句なしだし、打線さえ機能すれば無敵じゃん。
    今日は才木の3試合目、ここはひとつ同級生佐藤輝のバッティングに期待したい。
    ただ、オールスターゲームあたりからバッティングが少々雑になになりつつあるのが気になる。
    去年の二の舞いはごめんねごめんね。

  7. 西田辺 さんのアバター 西田辺
    Posted 2022年7月30日 at 14:20 | Permalink

    年に何度あるかどうか分からない「美しい試合」でした。
    初回から相手エースを足を絡めて3得点。
    そして長打での中押し・ダメ押し。
    投手陣も、先発西が7回を100球未満でキッチリお仕事。
    序盤から球数を使わされての苦しい投球が多かった今期だけに、昨日の
    内容は西も納得のものでしょう。
    オールスター組の湯浅・岩崎を使わずに済んだのも大きい。
    あまり大きな声では言えないんですが、5月5日の4回以降、24イニング
    連続でヤクルトは阪神戦で点を取れてないんです。
    セ・リーグでも屈指の打線に対してこれは素晴らしい。
    今日も油断せず、一人ひとり丁寧に打ち取って行きましょう。
    ロドリゲスは、阪神での初ホームラン。
    やっぱりパワーがあるって良いですね。
    変化球に弱点はあるものの、バットに届く所に行くと昨日ような結果が
    あるというのを見せられれば、相手も今後警戒レベルを上げて来るでしょうね。
    そんな中、心配なのが佐藤輝の状態。
    オールスターでも余り良い結果は残せなかったし、正直良い状態とは思えません。
    まず目につくのが、真っ直ぐに押されている事。
    横からの映像を見ていただけるとよく分かると思うんですが、ポイントが余りにも
    近すぎます。
    本人は本当にあんなポイントでボールを掴まえようとしているのか。
    逆方向を狙ったって、あんな近いポイントではボールは飛びません。
    変化球を捉えてる時はもう少し前で掴めてますから、あのポイントは本意では
    ないのでしょう。
    ほぼ静止状態からピッチャーに合わせて始動を起こしているから、どうしても
    速い球やクイックに対応できていません。
    大山のようにある程度動作を入れながら始動するとスムーズに体が動くんですが
    本人は目線がブレるのを嫌って今のフォームにしているのかも。
    去年後半、変化球に苦しんだのがまだトラウマになっているのか。
    彼のバッティングが戻ってくれば、本格的にヤクルト追撃態勢が出来上がるはず。
    選手や指揮官が「まさか」を信じてやっている以上、ファンも信じて応援
    したいですね。

    • 虎轍
      Posted 2022年7月30日 at 18:00 | Permalink

      西田辺様こんばんは。
      5月19日にタイガースはヤクルトに完封負けをしてますよ。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">