藤浪旅立つ

頑張れ藤浪 甲子園に別れ 「全部ひっくるめて、阪神タイガーズの藤浪晋太郎で良かった」(デイリー)

藤浪へ阪神ナインがサプライズ動画 北條「一緒にお立ち台が心残り」梅野「良い時も悪い時も」(デイリー)

《本当にいい経験とつらい経験とかいろいろありましたけど、全部ひっくるめて、阪神タイガースの藤浪晋太郎でしか経験できなかった。阪神タイガースの藤浪晋太郎で良かったなと思ってます》

移籍の手順、時期からして、チームを去るにあたって「節目」をつくるのが難しかったが、いい形で送り出せたと思う。

「お前が生まれた時、父さん母さんたちはどんなに喜んだことだろう」で始まる歌が昔あったが、「阪神藤浪」が誕生した時の喜びは今も忘れない。

その中心にずっといたわけではないけれど、少なくとも藤浪が在籍していた間、阪神投手陣はずっと強かった。強い投手陣を構成する一人であった。

おそらく藤浪のいない阪神投手陣は、変わらず強くあり、優勝争いをするだろう。それをずっと気にしていてほしい。そして、優勝したら一緒に喜んでほしい。
思いっきり暴れて来いよ。元気でな。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

6 コメント

  1. 西田辺 さんのアバター 西田辺
    Posted 2023年1月22日 at 09:06 | Permalink

    高校時代、大阪桐蔭のエースとして甲子園を春夏連覇。
    その年のドラフトで4球団競合の末、和田監督(当時)が指名権獲得のクジを引き当てた。
    あの瞬間、和田さんが客席のファンではなく背を向けて球団関係者に向かって拳を
    振り上げたのも、今となってはその気持ちも分かる気がします。
    あの時、私も飛び上がりそうになりそうな気持を抑えるのに必死でした。
    でも、そのとき同時に「やがて海を渡ってしまうんだろうなぁ」という気持ちも心の
    隅で湧いてきたのも偽りのない気持ち。
    10年経って、思い描いた形とは違ってたかも知れないけど、結果的にメジャーの門を藤浪が
    叩くことになったのは違いない。
    投手としてのポテンシャルは、誰もが認める図抜けたものがあります。
    だから色んな人が彼の手を差し伸べたし、色んな投手が何とかしてあげたいとアドバイスを
    与えてくれた。
    そこに至るには彼の人間性の部分も大きいと思う。
    どこまでもポジティブだし、誰からも愛される性格。
    甲子園のビジョンに映し出されたチームメイトのコメントを見ていると、彼がチームメイトから
    どれほど愛されていたかが窺える。
    彼が最後に言った「阪神タイガースの藤浪晋太郎で良かった」と言う言葉。
    それを聞けただけでファンとしては幸せです。
    胸を張って堂々と行ってらっしゃい!

  2. 虎ジジィ
    Posted 2023年1月22日 at 09:37 | Permalink

    個人的には井川や藤川のように「優勝に貢献してから」と思っていたので、藤浪のメジャー挑戦は快く思っていませんでしたが、今日のtoraoさんのコラムや西田辺さんの愛情溢れるコメントを見て、心から応援しようと思いました。

    やるからには思いっきり暴れて来て欲しい。ガンバレ「フジ」!

  3. いわほー さんのアバター いわほー
    Posted 2023年1月22日 at 10:08 | Permalink

    ♪親の心配見向きもせずお前は出てゆく
    あの時のお前を止めることは誰にもできなかった
    息子よお前は今、悪の道へ走り
    すさんだ暮らしをしてると聞いた

    唄のつづきにはこうありますが、もちろん彼の成功を信じて応援したい。
    甲子園のグラウンドでファンに向けた惜別の言葉もとても良かった。
    クレバーな投手なだけにメジャーにもすぐ溶け込めることでしょう。

  4. 岩修
    Posted 2023年1月22日 at 10:12 | Permalink

    昨日のtorao様メンバー構成予想に当たり前ですが藤浪の名は無かった。
    その寂しさをタイガース全ナインが吹き飛ばしてくれた。最高の形で彼を送り出したなんという素晴らしいチームとファンの誰もが思っただろう。
    やるなぁ阪神タイガース。 
    週末には田淵さんが福本さんに佐藤輝はもっとグリップ下げて身体の回転で打たんかいと珍しく声が激しかった。
    何だか皆が熱い。
    ふと野球界のみならず様々なドラマが生まれそうな年かなと思ってしまった。十両優勝で復活の朝の山。幕下付け出し全勝優勝19才落合。
    岩手の怪物佐々木麟太郎も高校最終年。そしてワールドカップ後の久保建英。何らかのスイッチが入ってそうな彼等だが、藤浪を送り出したタイガースの選手達もアレスイッチが入ってることを願うしかないですね。
    あ~早くキャンプが来ないかなぁ。

  5. 虎轍
    Posted 2023年1月22日 at 12:53 | Permalink

    確かに藤浪と北條がお立ち台に上がり、ヒーローインタビューをしてるのが見たかったです。
    ドラフトで1位で抽選を引き当てた時は飛び上がって喜びましたし、2位で北條を獲れた時はガッツポーズをしました。
    高校野球で優勝、準優勝と活躍した選手がドラフトの上位で獲れたんですからね。
    チームに残った北條はベンチの盛り上げ役もええですが、代打の切り札的存在でやっていくのか?スタメンチャンスを伺いながら勝負をするのか?藤浪に心配をかけないように頑張ろう(笑)
    藤浪が居なくなってしまうのは寂しいですが、フジ頑張ってこいよ!
    疫病退散!
    頑張ろう日本!

  6. Posted 2023年1月22日 at 13:57 | Permalink

    去年の出来なら間違いなくMLBでも通用します
    「MLBでこの活躍ができる投手が一軍に割り込むのも大変な阪神タイガース投手陣」と世に教えてやってください
    行ってらっしゃい

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">