4連敗…和田監督頑張れ

ナゴドで消化試合モードのドラゴンズに連敗、4連敗。

思いと結果が連動しないタイガース。でもそういうことは本当によくあることだ。監督のキャラクターによって、そういう時の態度に違いがあるのが面白い。

星野監督は怒りを隠さなかった。自分が怒りを表すことで何が起きるかを知っていた。原監督は代える。求めていることをやろうとしない者は外され、好機を待っている者に順番を回してやる。落合監督は達観して見せた。うまくいかないのが当たり前で、その中で成長するものだ。自分の苦しみをひた隠し、我慢してやるから努力しなさいと促した。岡田監督は任せた。実力上位と決めた者が力を出せるようにすることに集中した。他の多くの監督はそういったいろいろな監督のタイプをバランス良く配合しているのかもしれない。

そういった監督たちと比較した時、和田監督に対して非常に不満を感じる。面白くない。自分の人間性をすべてぶつけて対処しよう、意欲や熱を感じない。
「自分の精神力のせいでこの結果がもたらされている」という意識が決定的に欠如しているように感じるのは、己に対する厳しさが足りないからではないかと思ってしまう。

星野監督は、自分に対してもっと集中しろと求める。原監督は自分に対してもっと勇気をと求める。落合監督、岡田監督はもっと辛抱しろと自分に求める。まず自分に向けられた要求が、波及するようにチームへの要求になっていく。それが監督の色であり、熱量だ。

和田監督の行動、コメントは常に、どこか別のところに責任者がいるかのように聞こえる。「責任は自分にある」といった類の言葉を聞くことはあるが、そんなのは口先だけのものだ。チームの精神と、その精神がもたらす結果は、すべて「自分の中身そのもの」であるという認識が感じられない。他の監督たちはだからこそ必死で自分に厳しくしている。逃げ場のない商売だとわかっているから。和田監督が心のどこかで「親会社がアホやから」と思っているとしたらそれは逃げでしかない。星野監督はアホをも動かしたんだからね。

焦り、不安、いらだち。首脳陣も選手たちも、他者のせいにしている限りは成長もしないし、結果も得られない。真正面からぶつかっていけば、たとえ押し崩されたとしても力はつく。

頑張れ和田監督。人間性のすべてを今このチームにぶつけて!


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

16 コメント

  1. Posted 2013年9月30日 at 09:46 | Permalink

    和田監督が今シーズンで一番感情をあらわにしたのは、始球式を終えた松田聖子に藤井捕手が握手を求めた時の「オイっー(*`Д´)ノ!」でした(笑)。
    あの闘志を野球でも見せて欲しい!
    頑張れ和田監督。

  2. 虎風
    Posted 2013年9月30日 at 10:58 | Permalink

    残念ながら昨日のコメントも『5番以降が全く機能しない』って・・・。機能させるのが仕事でしょ!!
    そもそも前半戦どうやって勝ってきたのか、思い出してほしい。福留、西岡がどんな走塁意識を植え付けたのか。ひとつでも先の塁を。相手の隙を油断なく突く。みたいなしたたかさが、今は全くありません。残塁とため息の山々。
    そりゃ右の大砲欲しいです。でも今はいません。現有戦力で有効な戦術、戦略を駆使して『1点をどうやって取るのか』を実践して欲しいです。
    ブルペン陣はシーズン当初から年齢的なツケが後半に回ってくることはある程度予想できたはず。それを見越した育成をできなかったことは反省点ですが、1イニングなら松田、久保田が良い仕事をしてくれるはず。その間に安藤、加藤をリフレッシュさせて、CSへ。
    なんて言うのは簡単ですね。すいません。
    とにかく頑張れ!!阪神タイガース!!

  3. れいん
    Posted 2013年9月30日 at 11:24 | Permalink

    秋の行楽シーズンで仕事がバタバタで最近試合が全く見れず、細かい内容は全く分からないのだが最近は負け続けているみたいですね。

    捕手も育てている状態だしこちらの勝手な予想よりはまだ勝ち星上げているとは思う、まだ調子の良かった頃にも捕手変えるなら、変更後6勝20敗で貯金0まで任せるのも1つの手と書いたが、これより随分ましやから健闘しているとは思う。

    同点の終盤に簡単に盗塁許して決勝点与えるのも想定内で来季の課題だね。

    個人的には責任者がどうのこうのと言うよりは現場の人間の気持ちと能力と言う風には考えているが、こう言う壊滅に近い状況になった時こそ指揮官の出番だね、本当に頑張ってよ和田監督。

  4. ガク
    Posted 2013年9月30日 at 11:32 | Permalink

    昔ノムさんが監督だった時のコメントが「このチームは・・・」とか言って冷めた感じでした。
    ノムさんは一生懸命チーム意識を変えようとはしていましたけどね。

    和田監督もコーチ時代の「虎の意地」は結構アツイことが書いてあっのに、監督になってからは発言もなんか周囲に気を使ってる感じがして残念です。

    がんばれ日本のプロ野球!「こんな和田監督が見たかった」感じではっちゃけてくれませんかね。

  5. ハマトラ親父
    Posted 2013年9月30日 at 12:25 | Permalink

    監督やベンチの仕
    事は選手の実力以
    上のパフォーマン
    スを引き出してチ
    ームの戦力以上の
    成績をあげる事だ
    と思います!それ
    は積極的な走塁だ
    ったり若手の抜て
    きや戦前、誰もが
    注目して無かった
    新戦力の活躍だと
    思います。

    和田監督はただ実
    力が有るとされる
    給料の高い選手を
    起用してたまに打
    順を変えたり相手
    投手によって左打
    者を右打者に変え
    るだけでチームに
    勢いを与える采配
    、チームを鼓舞す
    る言動が無いです
    ね!

    今年のチームのスローガンは何でしたっけ?熱く?

  6. いわほー さんのアバター いわほー
    Posted 2013年9月30日 at 12:32 | Permalink

    toraoさんのそれぞれの監督に対する的を射た比喩、納得しました。
    付け加えるなら星野さん、ノムさん、岡田さんは時にコーチに対しても檄を飛ばして、間接的に選手を鼓舞することも忘れなかった。
    例えば星野さんなら、今の状況に際し、打撃コーチ、ヘッドコーチを罵倒したおしていることでしょう。
    これはマネージメントとしてとても重要な術。
    年上に対する遠慮なのか、和田監督の口からはコーチ陣に対する「檄」が聞こえてこない。
    選手の不甲斐なさを監督、コーチ陣も引き受ける姿勢を見せることも必要なんじゃないですかね。

  7. さら
    Posted 2013年9月30日 at 12:36 | Permalink

    開幕前に予想したのが今の状態。広島は活躍し、阪神は僅差に弱いと。
    でも蓋をあけたら広島は出だしこそよかったけれどエラー続出。阪神はリリーフが素晴らしく、僅差に勝っていった。
    ところが、今の状態は「なーんだやっぱりカープ強いじゃん、阪神やっぱり弱いじゃん」です。今の姿が本当で、前半戦は去年の借金過多がこたえての意地と名誉挽回に燃える団結力がなせる業だったのかも。前半戦が不思議だったというか。

    ノムさん、星野さん、落合さん、原さんは目に見えない所ですごく努力する人ですから、俺がこれだけやってるのにお前逹はなんだ、と怒れる人ですね。和田さんは今監督として命懸けにならないといけない時ですね。ノムケンに負けないくらい。
    昨日のメッセはちょっと試合前から不安があったかもしれませんね。

  8. ken3953 さんのアバター ken
    Posted 2013年9月30日 at 13:30 | Permalink

    メッセさん、「もうよく分からない、もうこりごりだ」と
    試合後おっしゃったそうです。ヤバイですね。

    今成は二軍から戻されたばかり。馴染むには
    少し辛抱が必要です。坂も状態次第ですが
    成長を期待するなら我慢して使う必要があります。

    オープン戦の頃の閉塞感漂うチーム状態に
    なりつつあるんじゃないでしょうか。広島とは
    いつの間にかゲーム差3。
    前向きな流れだけでもなんとか作りたい所です。

  9. 金沢の虎
    Posted 2013年9月30日 at 14:11 | Permalink

    去年の5位だった事で序盤は積極的に二軍から来た若手を使っていたんですよね。今年の和田監督は違う。マネジメントの力が育ってる。と思ったんですが。

    中日、ヤクルトが怪我人続出でコケていって、ずっと2位をキープ出来たもんで勘違いしたんじゃ無いですか?

    『ウチは強い!』と言う風に。

    去年ドラフトで藤浪を当てた時に、『チームを建て直すんでなく作り直す』と言っていたのに…。

    人間は基本的に勝っている時は変化をしたがらない。プラス現在の2位の地位に固執し過ぎていますから、変化を求めるのは難しいでしょうね。

    いっそカープに逆転されても良いのに。

    目の前の一勝に拘るあまり、将来の若い芽を自ら摘んでしまう。昔からの悪い癖ですよ。このチームの。

    んで、折角一軍に上がって来た森田が悩んでいるこの時期に新外国人の話ですか?

    若虎を潰す気なのか?マスコミまで一緒になって。

    タイガースに居る若虎達よ!こんな状況に負けるな!

  10. トラ11 さんのアバター トラ11
    Posted 2013年9月30日 at 14:42 | Permalink

    和田監督、連勝、勝ち越しゲームをやっていた頃を振り返って考えて欲しい。
    足で掻き回す野球がができなくなっている。
    物言える、チームを引っ張れる、腹くくる男になれ! と言いたいです。

    CSを甲子園でやるということ等考えたらプレッシャーになるばかりです。
    よけいな焦りばかり出てきます。
    今季は和田監督に任せています。
    最後まで頑張れ!

    中村GMは、このような時期に新外国人の話など出さないで欲しい。
    GMは出しゃばらないで引っ込んでいてください。

  11. Posted 2013年9月30日 at 15:24 | Permalink

    今ごろになって何を…と嗤われる話ですが、CSファーストステージは1勝1敗1分、または0勝0敗3分となった場合、2位チームが勝ち進むのですね。
    やはり2位と3位の違いはデカい!
    2日に広島をしばきあげて2位を確保して、その後はCS対策特別強化週間です。

    とか何とか言っている間に、レギュラーシーズンはあと6試合のみ。
    負けが混むのも辛いですが、ゲームがないほうがもっと辛いです。
    11月まで楽しませてほしいです。

  12. トラ好きおばちゃん
    Posted 2013年9月30日 at 15:30 | Permalink

    >己に対する厳しさが足りないからではないかと思ってしまう

    だから前監督が事実上の解任された時でも、本来なら一蓮托生で
    潔く身を引くべきところ「出世」をとったのでは?!
    井の中の蛙では必ず行き詰ります。是非、外から距離を置いて
    冷静?にタイガースを見つめてみては!
    自分では穏やかに綴ってるつもりですが、相当ハラワタ・・・(苦笑)
    選手は応援するが監督にはとても「がんばれ」とは言えない。

  13. TJ風船
    Posted 2013年9月30日 at 19:11 | Permalink

    そうなんですよね、現役時あれほど頑張れ〜と声を枯らしたものですが…生え抜き監督も善し悪しですなあ。まあ、どこを向いて野球をしているのかなと生え抜き監督達にはそう思って来ました。岡田はんだけは貴重なよその釜の飯を食い、人に出逢い帰ってきましたね。上にも下にもはっきり意見も言っていたように思います。
    今からしてみると岡田はん魅力ありますね。

    私もメッセさんのこりごり発言が気になります。あの審判はこりごりだ…と言う解釈を無理矢理にして自分を落ち着かせています。

    GM氏の現役時…俺の小林 繁 初登板(G戦)に決勝弾を放ってくれたので少なからず恩義はあるのですがもう目立たんでエエからしつこいようですが暗躍でお願い致します!黒子ですよ!

    和田ちゃん遠慮せずに自分のやりたい野球をやろうぜ!

  14. 虎見
    Posted 2013年9月30日 at 19:39 | Permalink

    モヤモヤがドンドン、ドンドンどうしようもなく大きくなり、どうにか自分を成長させる為の物と思い込み消化していた昨今、今日のトラオさんのコメントに勇気を得て投稿させて頂きます。
    最近は試合結果を負けた中でも誰が頑張ってくれたんかなと文字で見る試合が大半です。勝ってくれてた頃は勝ち負け共詳細追いかけ、各々の傾向を素人ながら掴み読んでいました。そこから、起用と選手の頑張りで折角生み出した波に乗らずわざわざ断ち切る、そうこうしてる内に好調選手が減少してくるや試合運びにボロが出始め、現在とてもチグハグな試合をされていると素人ながら感じます。
    うちの選手はみんな優秀なんです。素晴らしい素材をどう他者を凌ぐ力、試合にしていくかはやはり、全体をみる人の役割であり責任ですよね。

    03年当時、金本さんや球児投手達を中心に選手達で、勝つ為に何をやらないといけないかと良く話し合いをされていたと聞いています。福留・西岡選手にキャプテン鳥谷選手、そして優勝したくて阪神にきてくれた新井選手、遠慮などせず!選手達からも勝利へ向けて動いて欲しいです(されているとは思いますが)。
    最後まで、打たれ強く一生懸命応援しているファンがいる事を忘れないで欲しいです。

    • 虎見
      Posted 2013年9月30日 at 20:35 | Permalink

      選手会長関本選手も能力あるのに控えが続き歯痒い毎日だと思います。
      春のサンTV阪神公式戦3千試合記念特番(録画)で、吉田さんが85年を振り返り「中でも、一番若かった選手会長の岡田がみんなを一生懸命まとめてくれたのが大きかったですな~!」と岡田さんはじめV戦士の方々に向かって選手達に感謝してますと仰っていました。

  15. 西田辺 さんのアバター 西田辺
    Posted 2013年10月1日 at 02:24 | Permalink

    暗黒時代、阪神の光と言っても良い存在だった和田選手。
    かなりここに来て批判が目立つようになりました。
    色々と考えてみると、結構思い当たる節があるんですが、
    まぁ誹謗中傷と捉えられてもいけないので、以下省略(笑)
    監督になるまでに、あらゆる段階を省略し過ぎましたね。
    例外はあるものの、外の世界を知らないならば、
    せめて二軍監督の経験は必要だったのではないか。
    「人を動かす」事の難しさはコーチ経歴では補えない。
    これは球団にも大いなる責任がある。
    和田豊と言う男を評価してたのならば、敢えて球団が責任を持って
    段階を踏ませるべきだった。
    前任の真弓氏同様、二軍ですら監督経験のない人間を据えた球団トップの
    責任は重い。
    一度キッチリタイガースの体制と言うものを整理する必要があると思う。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">