Depth Chart 2014その2

「デプス・チャート」の2回目は投手陣とスペシャリストについて。

【スターター】
メッセンジャー
能見
藤浪
榎田
岩田
筒井
秋山

白仁田
岩貞
歳内
岩本
二神
小嶋
吉見

昨年の実績、特に投球回数をベースに並べて、それに二軍戦での実績と報道の内容などを絡めて適当に序列を作ってみた。榎田以下の「第4位集団」はほぼダンゴのサバイバルレース。

【ブルペン】

福原
加藤
松田
安藤
筒井

久保田
渡辺
藤原
玉置
金田
山本
吉見
小嶋
歳内
二神
高宮
西村

こちらも昨年実績と報道などからテキトーに。バラエティ豊かにタレントが揃っているので活用の仕方に改善の価値がありそう。

【左代打】
今成
日高
田上
福留

森田
柴田
伊藤隼
緒方

たとえ守備走塁は期待できなくても、打席だけのためにベンチに入れたい選手の枠。レギュラー落ちの可能性がある選手を対象に、昨年の実績(主にOPS)をベースに並べる。左は楽しみな若手打者が多い。昨年の数字は全体に良くないので、春に序列が大きく変わりそうだ。

【右代打】
新井
大和
高山
関本
上本
黒瀬
新井良
俊介
狩野

右はベテランが多い。こちらは左に輪を掛けて低調なので、存在感を示せば一気に順位が上がる。

【代走守備固め・内野】
上本

黒瀬
大和
荒木
関本

比較的代打・代走を出す場面が少ないチームだったが、今年はメンバーも流動的で、総合力で勝負するようになりそうな予感。よってこの枠の選手たちのチャンスが拡大する。数多くのポジションを守れる選手が有利だ。もちろん打も良ければレギュラーだ。

【代走守備固め・外野】
大和
俊介
田上
緒方
柴田
狩野
福留

前回から大和はどこにでも出てくる(笑)。こういう選手の価値がいかに高いかがわかる。最後の枠をめぐっては、代打、リリーバーとの兼ね合いになったりする。緒方はまずここでどれだけ存在感を出せるかだろう。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿 and tagged . Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

4 コメント

  1. 阿倍野区 ケイ
    Posted 2014年1月29日 at 19:26 | Permalink

    改めて見るとたくさんいます(^-^;)

    今年どんどん入れ替えて、一軍経験全員有りっ!てしてくれへんかなぁ\^o^/

    それやったら監督がフリーズしても許す(#^.^#)

    いよいよ土曜日からですよー\^o^/

  2. トラビトー
    Posted 2014年1月29日 at 19:50 | Permalink

    毎日、楽しみに拝見しています。
    皆様のコメントも。

    外野手編はないのですか?

  3. トラ11
    Posted 2014年1月29日 at 21:02 | Permalink

    代走守備固め.内野の6人の中に関本が入っていることに笑ってしまいました。

    私のスマホでは、今日ここに繋がらなくて今やっと読むことができました。

  4. Posted 2014年1月29日 at 21:44 | Permalink

    上からの順番が背番号小さい順じゃないところが面白い。
    toraoさんの構想がチラチラ見えます!

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">