かっこいい1枚

ベイスターズとの練習試合。勝利捕手清水、敗戦捕手小宮山のような展開になってしまった。まったくストライクが入らなくなってしまった歳内が悪いのはもちろんだが、小宮山も若い歳内がグズグズに崩れていく過程で、まったく何もしてやれていないように見えたのだが、そうではなかったのだろうか。自分が止められなかったバッテリーエラーが絡んで、気が引けたのかどうかはわからないけど。

秋山は暫定5位かな。岩本もよう頑張ったね、暫定6位。清水、今成、緒方、その他ナイスバッティング。あ、そうそう緒方、試合前ノックの送球素晴らしい。洗練された感じはまだないけれど、やっぱり素材抜群だ。福留が焦るワケだ。

でも今朝一番インパクトが強かったのはこの写真。

阪神D6・岩崎、3回6奪三振「学ぶことが多かった」(サンスポ)

イワザキ。ブルペンでお尻の重さを使ってどっしり良い形で投げてるなあ、楽そうにスイスイ投げてるなあとは思っていたのだけど、西武二軍との練習試合で3回無安打6奪三振だったことを伝える記事のこの写真にホレた。いや、これが本当にいい投げ方なのかはよくわからない。でもかっこええやん!下をこれだけ粘って我慢して、体のずっと前の方でリリースして。最速139キロというから機械ではたいしたことないけど、この投げ方ならきっと体感はもっとずっと速く感じるのだろう。早めに出てくるかもね。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿 and tagged . Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

11 コメント

  1. こうさん
    Posted 2014年2月17日 at 09:21 | Permalink

    やっぱり他球団との試合はワクワクしますなぁ!
     
    和田監督の目に清水は、どのような印象を残したのかな
     
    頭の中にある「固定観念」をブチ壊す破壊力のある打球でしたよね?和田監督
     
    まるで侍のようなバットスイング
     
    あの低めをレフト後方に飛ばされたら期待せずにはいられない!
     
    イワモ君には悪いけど2者連続フォアボールの後にマウンドに集まった内野守備陣…
     
    あのシーンが俺の中で最大の盛り上がりでした
     
    そう遠くない未来の阪神のスタメンを見ているようで…!!
     
    イワモ君じゃなくて藤浪だったらなぁ…って思わずにはいられない場面でしたわ
     
    清水に浮気しそうでしたが、やっぱり注目は森田!
     
    ファーストからベンチに帰る時のダッシュ!
     
    もう「早く打ちたい!」って気持ちが全身から漲ってるわ!
     
    子供の頃、チェンジの直後の自分の打席を待ちきれなかった気持ちを思い出しました!
     
    焦れ焦れ!ベテラン選手たち!

  2. ガク
    Posted 2014年2月17日 at 09:54 | Permalink

    清水猛アピール!に今後どうこたえていくのか見ものです和田監督。
    歳内はランナー出してクイックになって崩れましたね、満塁なのにクイックやったりテンパっちゃいましたか。
    この時期だからまだまだ修正できます!岩本とともにもう一度見てみたいです。

    岩本の後だったからか三嶋には敵ながら惚れ惚れさせられました。
    スピードもコントロールも全然違う、今年も手こずりそうです(;´Д`)

  3. 大虎真弓
    Posted 2014年2月17日 at 10:20 | Permalink

     一人のキャッチャーによって試合をぶち壊されたのをまた見た。
    四国で2後逸で試合と榎田をぶち壊し一体今まで何を反省していたのか?
     ピッチャーがコースに行かない時に外角低めばかり構えるお気楽さ!        後逸もありピッチャーが動揺しているのに一度もマウンドに行かないのでは
    キャッチャー失格なんてもんじゃない。

    • 大虎真弓
      Posted 2014年2月18日 at 14:41 | Permalink

       皆様誠にすみませんでした。
      ワシのコメントが原因で皆様に火を付けてしまったみたいで
      小宮山のいい加減なキャッチングや後逸更にはリードに至るまで何の進歩も見られず
      腹たってしまったためにこの場を汚してしまった次第です。
       歳内が何故コースに投げられないのか?キャッチャーだったら分かるはずです。
      クイックが全然ダメでもマウンドに行き「俺が刺すから安心して投げろ」位言って欲しい
      外にばかり投げさせてもピッチャーは成長しないのですから。
      最後にワシは小宮山選手に個人的な恨みなど無いことをお伝えしておきます。
      素人の戯言でみなさまにの気分を害してしまったならばお詫び申し上げます。
      トラオ様始めコメントを読まれた皆様へ
                                 大虎真弓

  4. トラ好きおばちゃん
    Posted 2014年2月17日 at 11:26 | Permalink

    松山での一件以来、小宮山本人と言うより
    ファンの方がナーバスになっているのが
    小宮山の耳に届いているのか?否か?
    このチームのファンはキッツいからね(^^;)
    良い意味でも悪い意味でも・・・
    でも彼には他にはない良さもあるのでね。肩とかね。
    日々反省と鍛錬を怠ることなく精進あるのみ!
    甘いか?

  5. なかっち
    Posted 2014年2月17日 at 13:42 | Permalink

    小宮山があんなふうになってるとは・・・・。
    キャッチングもリードも1からやり直しやないですか?

    逆に清水はバッティングでもリードでもいいアピール出来たんやないですか?

    順調にいけば開幕スタメンでもおかしくないかも!



    歳内は2イニング目は修正出来てましたし、次回の登板に期待したいです。

    秋山、岩本もまずまずの投球で、二神含め、右投手の開幕ローテ争いのレベルが少し上がってきた印象を受けました!


    岩崎も西武の2軍相手に好投しました。左は岩田、榎田がグズグズしてるので、岩貞と共に開幕ローテ争いに加わってほしいですね!

  6. 九州虎
    Posted 2014年2月17日 at 17:10 | Permalink

    メールアドレスの変更等がありまして、久しぶりです。
    清水、なかなかいいですね。
    問題は小宮山。
    前ヘッドコーチの有田さんが、実況解説の中で、今のDeNAでなら小宮山は頑張ればレギュラーにもなれるとおっしゃったそうです。
    タイガースでは、清水や梅野という生え抜きの捕手が順調に育っていますので、もし高崎や国吉
    レベルの先発投手が取れるのであれば、小宮山本人の為にも地元に帰してやるのもありかなあと思いました。
    岡崎も含めて、矢野や城島の陰の存在扱いされてきた「鳴尾浜の申し子」たちが、スタメン捕手として相交える、そんな夢のような光景がみられる日を楽しみにしています。
    そうなったら、小宮山のバズーカ砲に魅せられてファンになった者としては、一抹の淋しさを禁じえないのですが、もうこれ以上持てる力を発揮できないままずっと二軍にくすぶらせておくのは何としても惜しいし可哀想に思います。

    • Posted 2014年2月18日 at 00:12 | Permalink

      こんばんは、捕手難のベイと捕手過多タイガースでのトレードに賛成です。
      しかし、我々ド素人が見てもキャッチングに変な癖があり、実績も少ない小宮山と交換で高崎や国吉クラスは獲れないんじゃないかと…

      • 九州虎
        Posted 2014年2月18日 at 02:22 | Permalink

        虎ジジイさん、コメントありがとうございます。
        やっぱり、そんなもんですかね。
        高崎や国吉は、今やや伸び悩んでいますが、一時は将来のエース候補と言われていた位ですから無理でしょうね。
        金銭トレードで、第二・第三捕手を狙うのが現実的でしょうが、タイガースとしても、そう簡単に敵に塩を送るようなことはしないでしょうからね。

  7. トラ11
    Posted 2014年2月17日 at 18:15 | Permalink

    有田さん、ベンチでは眠りのヘッドコーチと思っていましたが、解説は辛口ですね。
    歳内もまだまだ頑張って欲しいです。
    練習試合ですが、横浜は今年も手強そうです。

    しかし、若い選手の躍動感は感じます。
    掛布DCの選手との愛情あるコミュニケーションが見ていて楽しい!

  8. 西田辺 さんのアバター 西田辺
    Posted 2014年2月17日 at 21:42 | Permalink

    小宮山ボロカスやなぁ(笑)
    相変わらず、捕球の瞬間に目を瞑る悪癖も直ってなかったし、
    横着なキャッチングも改善の跡が見られない。
    応援してきた選手だけに残念で仕方ないです。
    メンバーは違えど、昨年のベイスターズ戦とやられ方は同じでしたね。
    点は取るけど、隙を作ってドドドっと押し込まれて、萎縮して負ける。
    どうも試合前の監督インタビューを聞いても、何で去年やられたかが
    分かってないような感じでした。
    もしかして、まだ「足下を掬われる」位にしか考えてないのでしょうか?
    昨日の試合、芽生えかけている阪神のベイスターズに対する「苦手意識」、
    ベイスターズの阪神に対する「お得意様意識」を払拭する
    絶好の機会だと思ってたんですがねぇ。
    今年も苦戦の予感がします。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">