ナゴド先勝 熱いバトルで4連勝

下位打線の繋がり、ゴメスの一発で、今季好調の山井から序盤で4点を奪い優位に進めるも、制球に苦しみながらなんとかピンチを切り抜けていた藤浪が7回に連続四球とバント処理エラーで自滅。リリーフを仰ぐも出した走者をきれいに返されて同点に。しかし相手もまたセットアップ田島が自滅でピンチを作り、代打新井、上本のタイムリーで勝負あり。9回にもダメを押して終わってみれば大差でナゴド今季初戦をものにした。4連勝。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
対中日 4回戦 ナゴヤドーム

神 | 0 2 2 0 0 0 0 3 3 | 10
中 | 0 1 0 0 0 0 3 0 0 | 4

勝:加藤3勝0敗0S
敗:田島2勝2敗0S
HR:ゴメス ツーラン3号
阪神:藤浪 – 安藤 – 加藤 – 福原 – 筒井
中日:山井 – 高橋聡 – 又吉 – 田島 – 祖父江
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

練習では良いという福留がスタメン復帰。試合で良かった人より、練習で良い人を起用する理由は、普通はないのだけれど、世の中には普通じゃないこともある。おそらく和田監督は言葉通り、どうしても福留に調子を上げて欲しい、それが今シーズン勝つために必要だと考えているのであろう。ひょっとしたら我々にわからない特別な事情(誰かに責任が及ぶとか)で起用せざるを得ないのかも知れないが、それはもう知る由もないこと。ともかく福留にとってもおそらくこれがレギュラーキープのラストチャンス。入れ替え戦だと思って勝負を賭けるしかない。

2回表、四球で出た一走マートンと、好調期に入った打者今成のコンビで見事に決めた右前へのヒットエンドランで一死一三塁。福留の第1打席は、距離十分のライトフライ。二塁打コースだったがライト平田の好守に阻まれた。この日福留は5回打席に入って2打数、ショート右への内野安打で1安打、2四球、1犠飛。打席内容はその結果ほどは充実していなかったが、まずはNNYMK選手(何が何でもやってもらわないと困る選手)として、起用した和田監督の期待に応え、この日の勝利に貢献した。

二死一塁となって8番鶴岡。ここで切れるのが当たり前のところ、どんづまりのポテンで繋ぎ、さらに藤浪がショートオーバーのレフト前タイムリーで2点目。不調マートンへの四球でくよくよ→すかさずエンドランで傷口を拡げる。この「崩し」によって、ここまでグラグラが続いたと言って良い。作戦によって効果的に投手を崩した好例だ。

3回は一死から鳥谷がセンターへクリーンヒット。続くゴメスへの初球、谷繁の構えはインハイだったが、気の抜けたようなシュートが真ん中高めに吸い込まれるところ、ゴメス見逃さずバックスクリーン左にドカン。開幕からの連続試合出塁(出塁するやいやな帰ってきちゃったけど)を22に伸ばした。

先発藤浪はスピードガンこそ150km/hをゆうに越えているものの、まったく速そうに見えないストレート、変化球のキレも感じられず、思ったコースにも決まらない。でも打者は打ち損じたり、タイミングを外されたり。見た目と球のギャップなのか、怖さを感じるのか。岩崎とは逆の意味で不思議な感じ。

球数100球で崩れるというのもまた不思議。突如ストライクが入らない、イージーなバントの一塁送球まで「大暴投」というのは普通じゃない。握力や脚力という体力の問題とはとても思えないので、意識過剰、責任感じすぎ、そういったメンタルの問題だろう。なんとか越えさせようと引っ張った意図はよくわかる。ただ逆効果が続くようなら、もういっそのこと逆に消化不良なくらい早めに降ろしてしまうという手もある。この日で言えば5回終わって75球、ここで降ろしちゃう。問答無用。「今のお前じゃ信用ならん!」と。で、なんなら中5日、中4日でガンガン回すけど、5回80球で降ろすの繰り返し。なんとなく「怒りパワー」で克服できちゃいそうな気がするけど、専門家の意見も聞きたい(笑)。

7回ウラ、藤浪が残したピンチ。2点リード、無死二三塁、打者谷繁で投手は安藤。ここで内野守備は「1点どうぞ」の通常隊形。谷繁はすかさず二ゴロを転がし、1点差で一死三塁。代打小笠原が出てきて、投手を加藤にスイッチしたが、距離十分の中犠飛で同点とされた。結果的にこの回、ノーヒットで3点奪われたワケだが、同点までは良しと、アウトカウントを取りに行った陣形の選択はとても良かったと思う。これまでの「貧打前提」の作戦選択だと、「絶対にやれない」「絶対に進めたくない」絶対に絶対に…と気負った挙げ句に、簡単に裏目が出るのが当たり前。いつでも点を取れる。足でも取れる。後ろの投手でも負けない。

いいよいいよ、大丈夫大丈夫、また取り返すからという楽な心理になれば、アウトを取ることに集中できる。思うように同点止まりとことが運べば、その後も思うように点を取り返すことができるし、継投も決まる。この試合のポイントになる「谷繁に二ゴロを打ってもらおう」だったのではないかと思う。

とはいえ8回表、田島の自滅でもらった好機は一死満塁。谷繁監督もまた若きリリーフエースに壁を越えさせようと、続投指示。ここで登場した代打が新井。好機に弱く、併殺打が多いというレッテルを貼って4番を、スタメンを外した打者をここで起用する。これは驚いた。先日はチャンスメークの場面で関本、今日は絶対にここという場面で新井。そしてともに成功。三遊間のゴロは、決して会心の当たりではなかったので、ほんの少しの違いで5-4-3の併殺になってたが、でも結果は大成功。この判断のウラに何があり、どういう根拠に基づいたものなのかはわからないが、この一手が勝利を決めたのは紛れもない事実。

おそらくは和田監督に指名させるだけの練習をし、胸に訴えかけるだけの気を発していたのだろう。オレは勝負弱くなんかない。チャンスが来れば必ず結果を出してやる。ヒーローインタビューで声を張ってはいたが、怒りのパワーは鎮まることを知らぬようだった。

その後の上本2点タイムリー、9回二死からの粘り強い攻撃、良太押し出し、藤井2点タイムリーはもうお見事というのみ。スタメンで猛打賞の今成、グッジョブ。不調マートンにクリーンヒットが出たのも良かった。このチームの活性化は、厚さだけじゃなくて、熱さも加わってきたね。今度は、投手陣、先発にもリリーフにもそれが必要だ。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿 and tagged , , , , . Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

19 コメント

  1. Posted 2014年4月23日 at 09:36 | Permalink

    藤浪、実にもったいない。

    >メンタルの問題
    また課題の7回に自滅してしまった訳ですが、昨日の場合身体的なスタミナもそうですが、大阪桐蔭の先輩・平田に死球を与えてしまい怒鳴られた事で、精神的なスタミナも磨り減らせてしまったような気がします。
    残念ですが藤浪に勝ち星が付かなかった事は「自業自得」、更なるステップへの授業料と考えるべきでしょう。

    しかも週の頭に安藤・加藤・福原を使わざるを得ない展開になった事は、ちょっと今後に響きそう!(メッセか能見が完投してくれると助かる)


    打線は相変わらず好調、新井さんのみんなの期待を裏切る!?w素晴らしい一打が決勝点になりました。

    坂がレフトに入るなど、まさに全員野球での勝利!ナゴドでの勝利は気持ちいい!

  2. 虎一筋50
    Posted 2014年4月23日 at 09:57 | Permalink

    首脳陣には藤波の扱いにもう少し配慮が欲しい…まだ高卒二年目の投手…プロの打者に立ち向かう為の本当の決め球がまだない状態だから僅差の打者三巡目位になるとプレッシャーに潰される事もたびたびあると…たぐいまれない素質の持ち主だが投手としての指先感覚がまだまだ未熟…それでも六回位までは抑える球の威力はあるのだから今は自信を付けさせる為早めのリリーバーへの交代が妥当だと…本当の意味での決め球が見つかった時には試合終盤の精神的にきつい場面も任していいのでは!

  3. ガク
    Posted 2014年4月23日 at 10:14 | Permalink

    昨日の新井さんの代打で私を含め何人の虎ファンがツラゲを予想していただろう?
    守備位置を見て打ったのかわかりませんが見事タイムリー!新井さんすいません。
    怒りのお立ち台が頼もしい。でもぜひ今度は笑顔の新井さんお立ち台が見たいです。

    昨日のマートン今成のエンドランは見事です!今成は復調してきましたね。
    藤浪は残念でしたけどこればっかりは自分で克服するしかない。

    最近は和田監督も少なからずいい采配もしています、昨日の野村監督のような熱いものが出せればもう一皮むけるんですけどね。あ、9回は伊藤ではダメだったのでしょうか?

    今日の新聞でサンテレビのテレビ欄見て「あぁ自分のことやなぁ」と笑ってしまいました。

  4. トラ好きおばちゃん
    Posted 2014年4月23日 at 10:15 | Permalink

    一死満塁。デジャヴか!と思った瞬間速攻で逆転!
    いいよ、いいよ。貴ちゃん。甘い球、早いカウント、代打の鉄則。
    同点、ビハインドでもワクワクさせてくれるその後の攻撃。
    夢じゃないよね?本物だよね?(笑)

    能見、メッセが警鐘を鳴らしてたことが現実になりつつある藤浪。
    「情熱大陸」で食欲増進のサプリ飲んでたけどもっと体力つけなきゃね。
    (↑出演ちと早かったんじゃない^^;)
    それもそうだけど、やっぱり制球力磨いてほしいわ。四球から崩れるの。
    球史に名を残すエースたちはみんな制球力良かったですよね。球速だけじゃなく。
    近年でいえばダルしかりマー君しかり。

    今日はおじちゃんたち休ませてあげられると良いな!

  5. こうさん
    Posted 2014年4月23日 at 10:24 | Permalink

    昨日は、たくさんのコメントをしてしまいました
     
    不快に感じた方がいたら、ごめんなさい
     
    さてナゴド初戦!
     
    藤浪は「大谷のことは意識していない」と冷静に言ってた時があったけど、少なからず彼の活躍や成績にプレッシャーを感じているように思う
     
    向こうは二刀流で勝ち星も付いて来て(今年はピッチャー重視かな)るのに、なかなか結果が出ないウチの未来のエース
     
    5回までで交替は良いと思う
     
    6・7回で崩れるのが多すぎる
     
    荒れ玉を振ってくれてる一巡目は良いけど、慣れてくると振ってくれないしね
     
    キャッチャーは和田氏の中で「このピッチャーには、このキャッチャー」って決まってるのかな
     
    ピッチャーからしたら、毎回キャッチャー、決まった人が良いのかな
     
    福留は変わらずキツい状態だけど和田氏には「結果を出した」になるんだろうな
     
    阪神ファンの上司と「福留論争」になるんだけどw、上司は「1年を通して使い続ける」を譲らない
     
    マイナス要素を並べて論破しようとすると「今年で最後だからな、たぶん…」って必殺技を出してきて論争が終わる
     
    もしも和田氏が福留の気持ちを聞いていて使い続けてるのならチームには良くない
     
    シーズン終戦の責任を選手の引退で濁すのは、もう見たくない
     
    昨日は午後から玉置のピッチングだけギリギリで観れたが、なんだ!あの2軍には似合わない雰囲気は!!
     
    全くあてにならないスピードガンwが128kmと表示されていたが、145kmでも全然おかしくない直球だった
     
    2三振、立派!
     
    育ってますよ、和田氏
     
    ベテランの負担を減らしてみませんか?

  6. 大虎真弓
    Posted 2014年4月23日 at 10:24 | Permalink

    福留頑張っていましたが足に来ているようではバッティングも守備も望めない。
    一軍に残りたい気持ちはわかるが、それこそ大怪我でもしたら選手生命に関わる
    年俸が高いから使い続けるとか下らない発想で使っているのなら止めてほしい。
    浪花節も結構だがそれにより若い選手の芽を摘んできた過去の例もあるので
    首脳陣にはご一考を願いたい。
     福留だけでなく藤浪も足に来ていましたね!
    投げ終えた後左足が伸びる癖が影響しているのかな?もったいないね。

  7. Posted 2014年4月23日 at 10:29 | Permalink

    ノーヒットで3点取られて同点になった時は、これって鬼門?
    いやいやすぐに突き放し、鬼門なんてもう存在しない。

    福留さん、2回の犠牲フライ、ナイスバッティング。もうちょっとで抜けるところ。
    打たぬなら打つまで待とうホトトギス

  8. トラ11 さんのアバター トラ11
    Posted 2014年4月23日 at 11:14 | Permalink

    毎度のこととは言え、今日のトラオさん読み応え十分で、YMKから進化したNNYMKには大笑いしました。

    藤浪は自業自得とは言え、しょんぼりした姿が残念でたまりません。
    6、7回に崩れるのは精神的なものなのか身体的なものなのか解りませんが、良い素質を持っていることは確実なのだから、克服して成長していって欲しい。

    ここは代打関本と思った時の新井には驚きましたが、結果オーライで良かったです。
    新井のヒーインは自分自身への怒りが出ているように思います。頑張れ!

  9. 西田辺
    Posted 2014年4月23日 at 11:23 | Permalink

    みんな藤浪に優しいので、あえて小言親父に(笑)
    やっぱり、シーズン前に能見が危惧してた練習不足と言うか軽さが露呈してるのが
    今シーズンの100球肩なんじゃないですか?
    単純な生物としての体力と言うより、投手としての持久力に欠けてます。
    フォームも安定感を感じないし。
    キャンプ時の投げ込み数の少なさが徒になってます。
    連日心配されるくらい投げ込んだ能見とは対照的。
    今年はこんなもの、と思って起用するしかないでしょうね。
    冷たいと思うかも知れませんが、現実問題として積み上がったものが少なすぎて
    多くを望んでも可哀想です。
    残念ながら、現時点では。

  10. 虎風
    Posted 2014年4月23日 at 11:35 | Permalink

    藤浪はなんかタメがないというか、ふてぶてしさや余裕がないように感じました。
    まだまだ勉強する事が沢山あるということです。この先長いんですから、次にどう活かすかですよ。適応力の高い選手なので期待しています。
    さて打線は相変わらず好調ですが、中日も投手陣が厳しいですね。昨日も8回に浅尾が出てきて、ピッシャリ抑えられていたら・・・たら、ればは要りませんね。
    今日は現地観戦です。と言っても甲子園のファーム。今年は一軍の観戦は0なのに、ファームは早3度目です。ちょっとジャンキーの気配があります。

    • 虎風
      Posted 2014年4月23日 at 18:50 | Permalink

      秋山、玉置はファーム卒業です。
      一軍で使ってください!

  11. 熊虎
    Posted 2014年4月23日 at 12:10 | Permalink

    藤浪、試合のたびに状態が悪くなっているように感じるのですが、いよいよコントロールが定まらない感じですね。踏み出す足をホームへ真っ直ぐに変えたのに、重心移動は踏み出し足を超えて左に流れるのは何かが根本的に間違っている気がします。細いだけに故障しそうに見えて怖いんですよ。
    ステップをもっと楽な幅に変えて上から投げ下ろす投法が向いてるし無理がないフォームになると思うんですが・・・。
    ところでドラゴンズの平田選手、デッドボールで吼えていたというより、その前からずいぶん下品に藤浪を威嚇していましたよね。平田は威嚇によって外角にストライクゾーンを狭くして、打ち方も速球に遅れないようにライトヒッテイングだけを考えて打席に立っていましたが、アレに対して鶴岡・藤浪バッテリーが徹底して内角攻めした上でのデッドボールだったし、しかも明らかにデッドボールになるコースだったとはいえ平田も全然避けていないし・・・。まあ、見ていて気持ちのいい勝負ではないにせよ今後は藤浪が精神的に優位に立ったと思います。おとなしそうな顔して、マウンドでは王様なんですね。

    福留問題は金本氏の解説以来「足が弱って・・・」説が流れてますが、多少は衰えたとは言え、福留問題はそこではなくてボールがバットに当たらないことなんで、寧ろ実戦感とか目の衰えとか、フォームそのものの狂いや、現実の実力と狙いのギャップに適応できていないか・・・だと思います。
    昨日の出場で数字上はまだ批判されるレベルでしょうが、内容的にはボールが見えて鋭いライナー性の打球が打てるバットと体の回転のコントロールができていた・・・という意味では悪くない状態だと思いました。

  12. みややっこ
    Posted 2014年4月23日 at 12:13 | Permalink

    藤浪に立ちふさがる100球の壁なのでしょうか。
    これから何枚でも壁は藤浪の前に現れるでしょうが
    次々と乗り越える過程を楽しみにしたいです。
    昨日の試合では、ゴメス、上本、今成、筒井、
    37歳にしてまだ壁を乗り越えようともがく新井に拍手や!

  13. なかっち
    Posted 2014年4月23日 at 12:33 | Permalink

    藤浪に関して色んなコメントがありますが、練習不足というか練習が出来ないのでは?と思ってしまいます。やはり高卒1年目。シーズンほぼフルにローテーションを守った疲れがとれてないのでは?
    自分では疲れてないと思ってても意外と疲れって残るもの。
    本人は一生懸命自分を追い込んでても周りからは、練習不足に見えてしまう。


    松坂しかり、まーくんしかり、1年目活躍したからといって2年目いきなり調整を任せるなんてことはなかったと思います。首脳陣のミスかも!
    去年あれだけ過保護みたいに大事に使い続けたのなら、今年もはじめは球数制限を設けて徐々に球数を上げて行った方が良さそうな気がします。
    オールスター明けから球数制限なしにするとか。


    中継ぎ陣に負担が増えるのは今年に限ってはわかりきってたこと!

    中継ぎ陣の使用方法にかなりの疑問は残りますが、今シーズンはそれで乗り切るしかないと思います。

    勝ち試合ではオッサンリリーバー!ビハインドの試合は伊藤和、金田、筒井でまわせば多少の負担軽減にはなりますから。

  14. TJ風船
    Posted 2014年4月23日 at 12:58 | Permalink

    ナゴドの阪神じゃないみたい(笑)

    新井さん!レッテル剥がすの大変だけど頑張ろう!応援してるで!

    晋太郎は残念でした。
    性急な要求はしませんが、プロの体力作りをしておいた方がエエで♪
    あの練習嫌いで有名な江夏さんでさえ、並みの投手の倍は走ったと聞きます。3〜4年後に20勝してくれたらええねんで。頑張れ晋太郎!
    平田選手、痛かったろうなあ…でも怒っちゃヤーヨm(__)m

  15. 英くん
    Posted 2014年4月23日 at 13:22 | Permalink

    藤浪は投球数が100球を超えたあたりから、また崩れてしまいましたね。
    しかし、この壁は超えなければならない壁で、まだそこまで望むのは早いや阪神だけではなく球界を代表する投手になるには早く壁を超えてほしいと意見は分かれると思いますが藤浪本人と首脳陣が話し合い、どうするか決めた方が良い様に思います。
    同点で、一死満塁で代打で新井のお兄ちゃんが打席にむかいましたが先に関本じゃないのと思ってしまいましたが良い意味で期待を裏切ってくれました。

  16. やんちん
    Posted 2014年4月23日 at 14:04 | Permalink

    御無沙汰しております。以前ちょこちょこコメントさせて頂いてたやんちんです。
    いつもtoraoさんの記事と皆さんのコメント楽しませてもらってます。

    全く流れと関係ないですが、ファンタベをtoraoさんの記事を見て始めてみました。
    で、なぜかtoraoさんがライバルになってるwww
    全然関係ないtoraoさんかも知れませんがお近づきになれた気がしてうれしいですw

  17. ミツルハナガタ2000 さんのアバター ミツルハナガタ2000
    Posted 2014年4月23日 at 15:50 | Permalink

    弱冠二十歳。
    たっぷりの伸び代を持つ藤浪は、長~い目で見守りたいです。
    ゆっくり育ってくれればいいのだヨ(身長197cm。もう、十分育っている?)。

  18. トラビトー
    Posted 2014年4月23日 at 16:46 | Permalink

    久しぶりの生観戦、久しぶりのナゴドでした。
    鬼門ジンクスをぶっ飛ばすような試合で存分に楽しめました。
    しかし、点差の開いた最後は、筒井でなく伊藤を登板させ一軍に慣れさせる絶好の機会だったと思います。

    シーズン後半のへばりという毎年のように繰り返される失敗を繰り返さないように、今から強力リリーバー第2陣を育てておいてくれ〜!

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">