岩田のこと桑原のこと

顕著な社会貢献活動を行ったプロ野球選手1人に贈られる「ゴールデンスピリット賞」、今年は岩田が受賞。自らも患う1型糖尿病患者支援活動が評価された。
今年が19回目で、阪神の選手の受賞は赤星憲広、藤川球児に続いて3人目だという。なんで12球団しかないのに阪神は1回しか日本一になったことがないんだろうと思うことしばしばだが、19回のうち3回とは素晴らしい。阪神の揚塩球団社長のコメント、「この賞を狙う人はいないですが、優勝より確率が高いですね」は、まさに同じ気持ちからだろうね。社会貢献と同じように、シェアを獲得しようね。

桑原がこれまでの歴史にないほどアップしたのだとか。それでも5千万円に満たないそうだ。バランス的に妥当なのかもしれないが、印象としては安い。
まあ1年くらいの活躍や不調で、上げたり下げたりしないほうがいいという考え方もあるけれど、阪神は伝統的に中継ぎ投手の評価が低すぎる傾向があるのは気になるところ。中継ぎは調子が良ければ登板過多を強いられる運命にあり、もちろんそれは本人も望むところではあるものの、そんな状況で翌年もまた同じように活躍できるかというと、その保証はない。
加えて、登板がない日でも、いつ呼ばれるかわからないまま練習をしているわけで、必ずしも登板したときの成績だけで評価されるべきものでもない。
だから、野手よりはもっと振り幅を大きく、「1年の内容」で評価してやるべきだと思う。査定のときには、「もし今FA宣言したら」という観点、そのものズバリではないにせよ、「市場価格」を意識しながら年俸を決めるのも必要だろう。大和の反省からも。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

5 コメント

  1. 西田辺
    Posted 2017年12月8日 at 08:41 | Permalink

    自らも高校時代から1型糖尿病を患い、苦しみながら大学・プロと歩を進めた。
    なかなか生活習慣病の糖尿病との区別が一般的には付けてもらえず、誤解を
    受けることもしばしばであったと想像できる。
    未だにインシュリン投与の注射を手放せないと聞く。
    そんな病を理解してもらおうと始めたプロジェクト。
    次第に世間の理解も得られるようになってきたと思う。
    勝負の世界にそんな病に対する同情が挟まる余地はないけど、それでも同じ
    苦しみを抱えた選手が活躍する事で、世間の認知や治療への関心も高まる。
    自分の事で手一杯なはずだけど、素晴らしい心意気だと思います。
    iPS細胞で有名な京大山中教授も、何とかこの治療に一役買おうと参加されてます。
    タイガースの他の選手も、小さなことからで良いから一歩踏み出して欲しいですね。

    桑原大幅年俸UP。
    確かに昔から中継ぎ陣への評価は低いですね。
    ドドンと上がったのは藤川球児くらいか。
    継続的な疲労は先発の比ではないし、一度の失敗が勝敗を大きく左右すると言う
    点でも精神的疲労は大きい。
    恐らく何年も中継ぎに対する査定が変わってないんでしょうね。
    全体的なバランスもあるでしょうけど、市井の野球ファンだけでなく、プロ野球
    選手にとっても夢を与えて欲しいものです。

  2. 虎ジジィ
    Posted 2017年12月8日 at 09:41 | Permalink

    「ゴールデンスピリット賞」、まだ岩田が貰ってなかったのが不思議なぐらいです。
    来季は崖っぷちになると思いますが、岩田はこのままで終わる選手ではないと信じています。
    心の底から「活躍して欲しい」と願える選手!
    同じ病の子供達の為にもガンバレ!!

    桑原の件は先日も書きましたが、今季の働きだけで考慮すれば「1億以上の働き」、ほぼほぼ毎日肩をつくり出番を待機している中継ぎの過酷さを考えると、個人的には少なくとも「10倍8000万円」でも他の選手からは不満は出ないと思います。
    3割打ってない鳥谷の4億(この5年で20億)を考えると、全般的に投手の評価が低いように感じます。

  3. こうさん 
    Posted 2017年12月8日 at 10:22 | Permalink

    来季の桑原は今季を越えられるだろうか?今回の査定を「こんなもんか…」と感じてはいないだろうか?今季以上の働きをしないとUpしないなら、どうやって桑原はモチベーションを保つのか?虎ジジィ様が仰るように1億査定を決めれば「後に続く中継ぎにも」夢を与えられたのに。金の遣い方が下手だなぁ。

    来季、「金本監督の為に」ではなく「メッセの為に」の方がいい。その方がチームが1つになれる気がする。日本人よりも日本人らしいメッセのピークは来季だと思う。ラミレス監督に続く外国人監督…見たいなぁ。選手として燃え尽きてから…ね。

  4. 虎轍
    Posted 2017年12月8日 at 10:43 | Permalink

    桑原の金額が高いか安いかについては、阪神に来て、今年1年だけの活躍ですからねぇ…
    去年までのベースが低すぎたから、妥当なとこやと思いますね。
    来年も今年と同じような活躍をすれば、それこそ1億円プレーヤーになるとは思いますね。
    岩田が今までゴールデンスピリット賞を受賞してへんかったのが不思議でしたね。
    かれこれ500万円くらい寄付してるらしいですがね。
    タイガースの選手が社会貢献活動で表彰されるのは、ファンとして誇らしいですね。
    酔って暴れるとかはもってのほかですからね。

  5. なかっち
    Posted 2017年12月8日 at 12:20 | Permalink

    桑原が球団至上最高のアップ率で契約したらしいですが、選手ってアップ率で考えてるのか、金額で考えてるのかわかりませんが、個人的には桑原には最低5千万円と思っていただけに少ないなというのが印象です。


    岩田は社会貢献度はナンバー1やと思います。来季優勝の為には岩田の復活は不可欠です。まだまだやれるはず。同じ病気の人達を勇気づける為にも頑張り続けてほしいです。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">