鳥谷攻守で大活躍連敗止める

投手はいいけど打撃が弱い。似たようなカラーの阪神とオリックスらしい試合。

久々ドリスも、キレいまいちの桑原も1点差をしっかり守りきってくれた。

糸原を1番、植田を2番にした。これはそのほうがいいと思う。技術不足で併殺打も打ってしまう植田だが、基本的には出塁率が高い糸原を、植田の一二塁間のゴロで二塁へ進める、最悪でも一塁に植田が残って仕掛けられる。そんな形を期待できるから。
加えて、糸原、福留、糸井と期待値の高い打者を並べてしまうのではなく、異質のものを間に挟むことで投手にあれこれ思わせる効果がある。

3回の先制機、一死一三塁で植田という場面など、その典型ではなかったか。ピンチではあるが、あまり打てそうに見えず、前の打席でもタイミングがとれていなかった植田を打席に迎えて、なんとしてでもこの打者で2アウトと投手は思う。お得意のセーフティースクイズもありそうだ。
いらんことを考えると、指先にいらん力が入って四球になる。結果的に植田が2アウト目にならなかったことで点が入った。

だったら植田を8番なりにして、上位には期待値の高い打者ばかりにすればいいかというと、そうでもない。この二人を遊間に固定していくのはいいと思うので、糸原・植田でうまく役割が果たせるよう、機能を高めていってほしい。

今季初めてサード鳥谷。そして三塁線を抜ける「二塁打」を併殺打にする超ファインプレーと、決勝の右中間二塁打で勝利を生み出した。
打撃の調子も上がっているし、守るのは現実的に二塁なら三塁。起用に一発で応えたことにより、スタメンサードが増えていきそうだ。

秋山は7回1失点。先発投手として文句なしの結果だったというのに、失投を失点に繋げられたことや、好守に助けられた内容に「ちょっとした不満のようなもの」さえ感じる。これはつまり、私の中で秋山に求めるものがものすごく高くなっているということだ。もっともこんなに点をとれない打線なんだから、もっともっとレベルを上げなきゃ勝てないんだよ……という嘆きでもある。
まあしかし普通に考えれば、苦境にあるチームを救うエースらしいピッチングだ。助かったよ。

さて今日からロッテ戦。相手は移動ゲームの厳しい状態、容赦なく「元気の差」で圧倒しておくれ。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
虎バカ秘密基地
~私の大切なあの試合~
6/23(土)19:00スタート

ただいま参加者と
「あなたの大切な試合」を募集中
詳しくはこちら↓
https://bit.ly/2KS37pD
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

12 コメント

  1. こうさん 
    Posted 2018年6月8日 at 09:43 | Permalink

    3回だったか、梅野の内野安打。ファーストコーチ(名前は出さず。敢えて。)が残念そうな表情をしたら審判が「セーフ❗」。コーチは「ウソ⁉」って顔。頼むから諦めずにセーフのジェスチャーをしてくれ。悔しそうな表情が微笑ましかったが。

    記録が途切れた鳥谷なら大歓迎。もう「ヤるだけ。怖いものなし❗」のオーラがビンビン。1日に3~4回ある打席が鳥谷からプレッシャーをなくす。大山の追い上げに立ち塞がってほしい。

    秋山は「去年よりバテるのが早い?去年の疲労か?」とも思うけど、勝つのがさすが。来季は更に大きくなると思わせてくれた。

    植田が心配。「守備はミスできない。」という気持ちがミスを招かなきゃいいが。乗り越えて躍動してほしい。

    7~11位に固まるセ・リーグ。広島が停滞している間に追い付きたいがヤクルトが出てくるとは。後半戦は更にダンゴ?

  2. 虎ジジィ
    Posted 2018年6月8日 at 09:48 | Permalink

    なるほど「2番植田」そういう考え方もありますね。
    もっとも金本監督がそこまで深く考えて並べたかは?ですがww

    ゲームの方、以前にもあった「こんな勝ち方しかない」、素晴らしい投手戦での快勝でした。

    秋山は相手の打球がジャストミートする当たりが多く、決して絶好調ではなかったと思いますが、球審が低めにワイドだった事や、味方の固い守りにも救われ、7回1失点は立派でした。
    特に 3回、金子の送りバントを梅野の素早い守備でゲッツーにしたプレーと、 4回ワンアウト1塁から、抜けていれば二塁打で一死二三塁になる当たりを飛び込んで捕球→素早い送球でゲッツーにした鳥谷のプレーは「試合の流れを大きくコチラに傾けた」プレー!

    昨年一年間守ったポジションを守り、少し楽に打席に入れたであろう鳥谷は、第一打席こそランナー三塁のチャンスに、金子のチェンジアップを当てただけのバッティングで残念な結果でしたが、
    決勝打は、その1打席目に「当てただけ」で悔しい思いをした同じようなボールを読みきり、引っ張り込んだベテランらしいバッティング、同級生糸井も素晴らしいベーランでした。

    鳥谷の攻守の活躍は、サードでレギュラーを争う大山にも良い刺激になったでしょう!
    現状の(ショボい)打線において「セカンド糸原」は外せないので、サードを「ベテラン鳥谷と 若手大山でフラットに争わせる」、もう少し早く気づいて欲しかったよ金本監督!

  3. yalkeys
    Posted 2018年6月8日 at 10:16 | Permalink

    最近鳥谷に高い評価をしなかった私ですが、昨夜に限れば殊勲甲(古い表現!)の働きでした。秋山→桑原→ドリスのリレーもはまりました(某大学アメフトのはまるとは違います)。出かけていましたので、スマホをチラチラの段階では、セは阪神だけが勝利か・・と思いましたが、結果は3勝3敗でしたね。ロッテ戦も先発鳥谷かもわかりませんが、長期的視野として、大山メインの基本路線は堅持するべきだと思います。

  4. Posted 2018年6月8日 at 10:33 | Permalink

    いろいろオーダーを変えて臨んだ一戦でしたが、内容は大きく変わらず凄く良く言えば投手戦のワンチャンスものにしたもの勝ちのお馴染みでした。そのワンチャンスを活かせたのがタイガースで良かった。これでセ2位浮上♪ってどんだけセリーグ弱いねん。

    植田は疲れが目立つしtoraoさんの仰るように2番で03年の赤星的役割を担ってほしいです。その前に元気を取り戻してから、とも思うので少し休みを挟みつつで使いたいですね。糸原は疲れ知らずで守備はどこでも起用されたところで頑張っているしバットもよく振れている、この辺りが監督好みの要因でしょうね。足はありませんが選球眼もそこそこで出塁率380なら、現状のタイガースでは1番打者として適任だと思います。本来は勝負強さもあるので6・7番あたりに据えられたなら攻撃力は上がると思いますが、それはロサリオ4番で糸井が1番に固定出来たらって話ですね。

    秋山の出来はかなり良くない部類だったと思いますが、貧打と好守に助けられてよくぞ7回まで1失点で凌ぎました。先制後追いつかれて勝ち越しての展開でしたが、7回は監督も絶賛の通り素晴らしいピッチングでした。それまでの投球を見てると交代がベストと予想していましたが、見事に抑え切り桑原ドリスにバトンを渡せた。もうエースの風格がどんどん大きくなってきてます。監督も信賞必罰で責めるのと同じかそれ以上に他の選手も褒めてあげたらヤル気は全然変わってくると思います。秋山やベテラン以外にも頑張った選手はもっと褒めてあげて欲しいと思う次第であります。

  5. 西田辺
    Posted 2018年6月8日 at 11:18 | Permalink

    もう少し点が取れたら言うことなしだったんですが。
    今はそんな贅沢は言っちゃいけないのかな?
    でも、こう毎試合点が取れないのを見ると、各個人以外に
    何か要因が無いかを考えてしまう。
    攻撃手順とか打順の組み合わせとか。
    実際問題、2点や3点で毎試合投手にどうにかしろと
    言うのも酷な話ですよね。
    阪神投手陣の防御率が3点台。
    そこまでは投手の責任。
    それ以上取って勝てるかどうかは攻撃側の責任。
    お互い持ちつ持たれつの関係であるべきで、どちらかだけに
    負担が一方に偏るチームにしてはいけない。
    長いシーズン、攻守の天秤はあっちにこっちに振れるけど
    トータルでイーブンのチームが理想ですよね。
    これから暑くなって投手の負担が高まる前に、攻撃陣の
    奮起を期待したいですね。

  6. ばるにい さんのアバター ばるにい
    Posted 2018年6月8日 at 11:58 | Permalink

    現地観戦でした。
    4回の鳥谷による見事な併殺時、一瞬間を置いてからの猛烈な悲鳴と雄叫び。6回打撃音から必死に走る糸井がホームに滑り込むまでの地鳴りのような声援。ほんっとに物凄かった。もうナミダ止まらんかったですよ。
    前日の中止もなんの、この二つだけでも観に行った甲斐がありました。
    「鳥谷、お帰りっ!」

    • 虎轍
      Posted 2018年6月8日 at 12:29 | Permalink

      ばるにい様こんにちは。
      糸井のベーランは速かったですね。
      鳥谷の打球がフェンスに到達する前にライトが捕ったのに、高代コーチも腕をぐるぐる回して加速してましたね。
      ライトスタンドから見てて、回れ!って思ってたら素晴らしい走力でした。
      今季初の鳥谷のヒーインも、ちょっぴり皮肉混じりのコメントで良かったような気がしますね。
      勝てて良かったです。

      • Akira28
        Posted 2018年6月8日 at 12:44 | Permalink

        ばるにい 様、虎轍 様、

        いゃ〜、昨日の鳥谷の雄叫を生で聞けたとは、羨ましいですね〜ぇ、

        これから、鳥谷もタイガースも波に乗って行きたいですね!

        • ばるにい さんのアバター ばるにい
          Posted 2018年6月8日 at 18:07 | Permalink

          皆様遅れてすみません、そうなんですよ、糸井が2塁を回るか回らないかってところから高代さんはちぎらんばかりにぐるぐるやってるし、糸井は下向いて全力疾走で(@o@)。鳥谷のヒーインも安定の「おもんない」、でもちょっとだけギャグ挟んでとウルウルゲラゲラワイワイ忙しいのなんの。
          いやぁ、ホントにえぇもん見してもらいました(*≧∀≦*)

  7. ジュビロタイガース
    Posted 2018年6月8日 at 11:59 | Permalink

    植田の調子が落ちているので、糸原と打順を入れ替えるのは当然でしょう。
    昨日の鳥谷を見るとサードでもっと使ってほしい。肩の荷が降りたのかな。
    そうなるとセカンド大山も見たい。セカンドの深い所やゲッツーでのスローイングが楽しみになる。
    ということは、糸原がショートに回り、植田は少し休養も必要と思う。

  8. 虎轍
    Posted 2018年6月8日 at 12:18 | Permalink

    昨日は聖地甲子園で現地観戦でした。
    スタメン発表で1番糸原、2番植田となった時には、やっと気付いてくれたか。と思ってたら、6番にサード鳥谷。
    このスタメン発表だけで、勝てるんちゃう?って感じました。
    前から私が提唱してた布陣になったからだけなんですけどね(笑)
    鳥谷は去年ゴールデングラブを獲得したポジションで、6番打者で3~4打席立たせたら、結果を出すんですから。
    秋山は何か重い感じに見えてましたが、勝ち投手になれて良かったです。
    頑張って投げてても勝ち負けが五分では可哀想ですがね。
    今日も調子に乗って、甲子園に行くつもりです。
    雨が心配ですが、雨天やから打てんだけは止めていただきたい。
    勝とうぜ!タイガース!

  9. 33
    Posted 2018年6月8日 at 13:49 | Permalink

    自分は1番植田、2番糸原の方が好き。
    植田は自由に打って走ってというスタイルが合うと思うし、糸原の場合は走守に特徴が無いので繋ぎの打撃も必要になっていくと思う。

    でも今は植田の調子が落ちてるのは確か。
    ただ打てないだけでなく、選球眼に狂いが出てるように見えます。

    植田の守備走塁が良いのはわかってたが、選球眼の良さには驚かされた。
    それを生かすには少々休養が必要な時期でもある気がします。

ジュビロタイガース に返信 返信をキャンセル

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">