リード保てず優勝消える

初回に2点先制されるも、2回表に梅野のタイムリーで1点を返し、3回ウラに坂本の本塁打で1-3と突き放されるも、直後の4回表に相手が申告敬遠をしてきたところでスパッと先発岩貞に代打鳥谷を送り、今季得点圏初安打となる右前2点タイムリーで同点。さらに木浪も中前タイムリーで続き4-3と逆転。守屋、島本で4回、5回を抑え、6回は岩崎が四死球を重ねて無死一二塁、一死満塁のピンチを作るも無失点で切り抜ける。追加点が欲しい阪神は、7回表に先頭で出塁した近本を糸原が返して5-3、相手バッテリーのミスにも乗じて引き離した。しかし7回ウラも続投した岩崎が石川にソロホームランを打たれて5-4と1点差に迫られると、8回ウラには、7回二死から登板していたジョンソンがゲレーロに逆転2ランを被弾し、リードを守りきれなかった。これで数字の上でも優勝の可能性が消滅した。

序盤、中盤、終盤で加点した攻撃陣は良かったと思う。先発を早く代えて苦しい継投になった。1回、また1回ではなく、打順の流れを見ながら投手を代えていくというのがこれまでも行われてきた矢野スタイルだが、この日に限っては失敗に終わった。
7回岩崎、8回ジョンソン、9回藤川という「必勝ベルトコンベアー」を、あえて型として使わずに、「臨機応変」で対応したが、結局岩崎のところに無理がかかった。

ドリスも鳥谷も、来季の戦力ではないかもしれないが、今季の戦力ではある。こう言っちゃなんだが高い年俸をもらっている限り、チームにとって必要ならばどんな仕事でもきっちりやってもらわなきゃ困る。だから、今季を戦っている限り、代打で鳥谷を使い続けるのは(期待値が高い限り)正しいこと。
ドリスも同様で、他の投手との比較の中で期待値が高いから一軍に置いているのだろうから、浅いところでも投げてもらわなきゃ困る。現在の調子の中で4回からの1イニングだけでも食ってくれていれば話は違っていた。
もうこの時期になれば今季と来季の「両方を戦う」ことが求められている。だから、その折り合いのつけかたには絶妙なものが求められる。この試合の敗着は「ドリスの使いどころ」であり、今季を戦いきれていない矢野監督の逡巡にあったと見た。

さて、今日は(おそらく)今季ラストの東京ドーム。鳥谷にお礼を言いに行ってくるよ。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

6 コメント

  1. 虎轍
    Posted 2019年9月16日 at 10:09 | Permalink

    救援陣の前倒し、イニング跨ぎが敗戦に繋がった試合でしたね。
    しょうもない試合の次の仕事は勿体無い試合でしたね。
    菅野キラーの木浪が勝ち越しタイムリーを打ったのも良かったし、近本も確実に1安打を打ったのも良かったと思うんですがねぇ…
    やっぱり継投は難しいとは思いますが、来年はそこを頑張って采配しよう!
    打撃コーチに井上一樹氏の名前が出たりしてますが、守備走塁コーチも代えて守備力の向上も先決やで!
    思えば鳥谷を遊撃手から外して三塁手としてGGを獲得したにも拘わらず内野陣を若くした事によって守備力の低下があったように感じますね。
    今日はtorao様が現地観戦なら勝てますね!
     

  2. 西田辺
    Posted 2019年9月16日 at 10:12 | Permalink

    まぁ、きっちりと負けましたね(笑)
    岩貞も、相手菅野も決して本調子でなかったのは確か。
    4回にその岩貞を下げて代打鳥谷が同点タイムリーを放ったのは良いんですが、
    やっぱり継投に皺寄せが来ましたね。
    岩崎・ジョンソンがともに回跨ぎ。
    その跨いだイニングで失点というのは、いかにも流れが悪すぎます。
    8回のジョンソンは、ゲレーロに対し勝負を急ぎ過ぎましたね。
    確かに逆転のランナーになるので、ゲレーロ勝負と行きたい気持ちは分かる
    んですが、次の田中まで考える余裕はなかったのでしょうか。
    勝った負けた以上にどうにも気になる点が。
    5月の大型連休までは、「矢野ガッツ」と称されるようにベンチから選手を
    鼓舞するように例え戦況不利であっても、笑顔で盛り上げていたのに、最近は
    ベンチの監督の顔も暗いし、選手がヒット打っても邪魔くさそうに拳を挙げる
    仕草が目立つ。
    やるんならシーズン最後まで貫いて欲しかった。
    勿論、チーム成績が振るわない中で満面の笑みでガッツポーズも気乗りがしない
    でしょうけど、監督自らブスッとした顔で「あ~はいはい」って感じでやられても
    選手も戸惑うだけ。
    やるのなら最後までやり抜いて、やらないのなら最初から仏頂面でベンチに座れば
    良いじゃないですか。
    これじゃ単なる気分屋ですよ。
    残り10試合。
    気分のいいガッツポーズを見たいですね。

  3. とし虎
    Posted 2019年9月16日 at 10:54 | Permalink

    昨日のG+の解説が赤星氏だったので、思わず音声を消して音のみradikoのABCラジオ(解説は下柳氏)にしたがかなり音にタイムラグがありました。ここで対策がテレビを録画し、少し遅らせて追っかけ再生してラジオの遅延に合わせました。ABC放送/中邨雄二のコミカルな実況で試合内容とは別に楽しませてもらいました。

  4. タクロー
    Posted 2019年9月16日 at 11:53 | Permalink

    1点差の完敗。

    鳥谷が同点タイムリーを放って後継者木浪が逆転タイムリーで続く。理想的な逆転劇。それが4回表。期待に応えられない先発岩貞を見切ってつかんだ逆転だった。こらもリーグ随一の誇れる救援陣がいる安心感からの勝負手。
    でも残念ながらこの早過ぎた救援が少しずつ歯車を狂わせた。守屋が2イニング踏ん張ってくれたら。。6回、読売の中軸に岩崎投入。指揮官は2イニングを岩崎に任せるつもりだったんだろうと思う。1点差やし、ドリスじゃ危険だ。誤算は3個の四死球。ここは何とか切り抜けたが、球数が増えいつもとは違ったんだろう。やむなくジョンソン投入。やむを得ずのイニング跨ぎで防戦したが、次の回にやられた。自慢の救援陣、岩崎、ジョンソンが1発に沈められた敗戦。やむなしの完敗だった。ノーノーをやられた攻撃陣からの負の連鎖か。7回に2点差をつけたときにドリスは出せなかったか。3点差ならば、、
    その攻撃陣。福留が打たねば迫力なし、やっぱり福留頼みなのか、チャンスでは相変わらずの淡白攻撃。一番残念だったのは、7回の髙山。糸原がタイムリーを放ちバックホームの間にセカンドまで進んだ。さあもう1点と期待は膨らむ。相手も危険を察知したか投手交代。頼むぞ髙山と思った瞬間、初球を打って弱々しいピッチャーゴロ。相手を救う打撃。これじゃ福留の後釜には程遠い。大山も相変わらず。このまま平凡な選手になってしまいそうだ。中谷のように。
    一方で、鳥谷復活だ!向上心をもって代打の生き様を習得したかのように、狙いすましたタイムリー。代打での登場も仕方ないけど、そのままサード鳥谷でええやん。

    よそ事ながら、、、7回代打が岩崎から打ったホームランはよく飛ばしたもんだ。看板上の壁にぶち当てた。阪神ならレギュラーか。ジョンソンから逆転ホームランを放ったゲレーロ。喜びを爆発させることなく、目頭を押さえてすぐにベンチ裏に下がった。あの涙?は何だったんだろうそええけど。

    今日は久しぶりのガルシア。ピシッと決めようぜ。読売にやられ放しじゃあかん。惜しかった、あと1本やったじゃあかん。残りわずかだ、勝ちに行け!今季最後の東京ドームでホームラン花火を期待していぞ!

  5. こうさん
    Posted 2019年9月16日 at 12:00 | Permalink

    原監督と比べたら可哀想だが矢野監督に足らないのは「非情さ」だ。そこが矢野監督の良さかもしれないが勝負には邪魔でしかない。原監督は言葉にして自ら反省し、次の試合から活かしている。矢野監督は言葉にはするが次の試合には反映されない。選手からすれば不信に繋がっているはず。原監督は辞めるとき阿部慎之助と坂本に試合後のグラウンドで告げた。その二人がいるチームに戻るのは相当な覚悟があったはず。「結果を出す」という覚悟。

    今シーズンは「来季に繋がる一年間」なら俺は納得できた。中途半端な順位で中途半端にCSを諦められない位置にいて中途半端な選手起用を続け中途半端なチームを作り上げて中途半端に反省して中途半端に…。

    星野さんはタイガースという球団、タイガースの選手に愛着が湧く前に大手術を敢行した。そこには「ファンが喜ぶためには」という想いしかなかったはず。矢野監督は「ファンを喜ばせたい。ファンに申し訳ない。」と繰り返すが、本気で申し訳ないと思えるチームを作り上げたのか?作り上げてないから口先だけに聞こえるのは俺だけか?

    アホみたいに大山を推してた俺だが「気が付けば中堅選手」になるのがタイガースは早いから焦ってしまうのだ。大山には悪いが「いかにもな中堅顔」だと思う。上本が、中谷が、江越が移籍したら大活躍するんじゃないか?と、いつも思う。ということは「土台は作れてる」かもしれないのだ。ただ「そこから」伸ばせないし伸びない。上本は「なんで病院に来たんですか?」と思っているかも。

    内野手の登録、タイガースだけは「ポジションでの登録にしなければならない」と、できないかな。そうすればベンチは頭を使わざるを得ないし育てなければならない。選手もポジションに執着できる。キャンプから意識が変わるはず。近本みたいに、打撃で結果を出せば固定されるとチームで決まっているなら別だが。

    「ファンに申し訳ない」…選手に申し訳ないと思ってくれ矢野監督。

  6. ジュビロタイガース
    Posted 2019年9月16日 at 12:23 | Permalink

    岩貞に代打は仕方無いけど、岩貞のピッチングには問題があるかな。
    早めの継投に岩崎とPJに皺寄せが来ましたが、岩崎は調子が悪いのに跨がせたのがいただけない。
    ドリスに信頼が無いのなら、入れ替えて欲しいし、能見を登板過多で出さなかったのなら、便利に使いすぎ。

    打線の長打力の差もあるか。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">