AWLの若虎たち

台湾で行われているアジアウィンターリーグ。阪神からは馬場、牧、片山、熊谷、島田と新井コーチがNPB WHITE(日職白隊)として参加している。現在6チーム中最下位。読売中心の編成で、出場機会もあまり多くない。大人の事情が働いてるのか、いないのか、知らん。
成績をざざっと眺めると、片山がOPSは1.000オーバーと打ちまくって、じわじわと出場機会を増やしているようだ。熊谷も出場機会が少ないのに現在、単独で「盗塁王」。
国内連合チームだと、異国で武者修行という感じでもないかもしれないが、人より多く野球ができるメリットを生かして、何かをつかむべし。
ちなみに阪神からリリースされた歳内がウィンターリーグ限定の契約で味全ドラゴンズの投手として出ている。こちらも何かを掴んでほしい。


http://winter.cpbl.com.tw/cpbl.html


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

2 コメント

  1. 虎轍
    Posted 2019年12月8日 at 09:57 | Permalink

    海外出張で多くを学んで、自分の技量、引き出しの多さを修得して帰ってきて欲しいですね。
    単身修行では無いんで、仲良しでするより、自分の足りない物を多く吸収出来ればええですね。
    来年は絶対に一軍で活躍したる!って気持ちで頑張って欲しいですね。

  2. 西田辺
    Posted 2019年12月8日 at 11:15 | Permalink

    知らない土地(しかも海外)で、余所のチームの選手たちと野球をやる。
    小さい頃から「○○選抜」とかには慣れてるでしょうが、やりにくさを感じ
    ながら不便を感じながら野球をやっている。
    若い時の苦労は云々じゃないけれど、この不便な環境はきっと選手にとって
    どこかで役に立つ。
    牧あたりはSNSでしょっちゅう画像を上げて、結構楽しくやってるみたい
    ですけどね(笑)
    馬場は来年、私的に非常に楽しみにしてる投手。
    ブレイクして欲しい。

    契約継続交渉が難航しているPJですが、どうも交渉の期限をあちらのウインター
    ミーティング終了までと区切ったようですね。
    例年より今年のWMは1週間遅いのが、結構阪神の来期に影響しますね。
    あくまで決定権は向こうにあるので、阪神としては待つしかないのですけど・・・。

西田辺 に返信 返信をキャンセル

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">