藤川球児一肌脱ぐ

BPに藤川球児が登場。チームの主力となる外国人打者や福留らにストレートばかりを投げた。仕上がりは順調そのもので、振ってもほとんど前に飛ばないという内容。
昔は寒い冬を越えると投手のほうが早く仕上がって、打者は目が慣れないからなかなか打てないと言われたものだが、そんなものは過去の話。オフの間もマシンは動くし、冬だからとバットを振らないなどという選手も少ない。投手も打者も「小休止」から立ち上げ直しという感覚だろう。
そんな中で藤川のリラックスして投じる真っ直ぐの伸びは格別で、打者たちのバットは遅れるか、球の下をかするか、かすりもしないかだった。意識を次の段階に上げなければいけないと思っただろう。
各打者がなんとかタイミングを修正しようとしていたが、サンズが上からかぶせるようなスイングで対応しようとしていたのが面白かった。ボールの軌道を見極めて、スイングプレーンを適合させようという発想が見て取れたからだ。

それも含めて、この時期にちゃんとした日本の投手らしい直球を見せてやろうというのが藤川の狙いだったとか。福留とともに、チーム全体のことを考えている「プレーイングマネージャー」がいるのは心強い。

久保田氏もかけつけて、JFKでの記念撮影良かったね!

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

(お知らせ)こちらの連載記事、構成を担当しております。よかったら読んでみてください!

髙木大成・球団職員の世界 第1回「プロ野球選手だった私が、球団フロントに入った理由」(NewsCrunch)https://wanibooks-newscrunch.com/articles/-/149


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

9 コメント

  1. Posted 2020年2月11日 at 10:13 | Permalink

    JFK揃って懐かしい。toraoさんの声が聞こえたのかな?そんな中でも球児の充実ぶりは素晴らしい。トミージョンを経たからなのか、たゆまない努力の賜物なのか。クローザーは任せて安心出来そう。

    あとはその前に投げる人が誰になるのか。左は岩崎か島本、右は…誰なんでしょう?まだまだこれからの競争次第で変わりそうですね。谷川が化ける可能性も大いにあり得ますね。

  2. 西田辺
    Posted 2020年2月11日 at 10:22 | Permalink

    今時の選手は、ほとんど身体を休ませませんね。
    1日何もしなければ、元に戻すのに何日かかるかという医学的根拠は何も
    持ち合わせてはいませんが、その作業が大変なのを身を以て知っているのでしょう。
    球児クラスになると、もっとゆっくりと仕上げたいはずなのに、こうやって
    外国人が適応しやすいようにフォアザチームを実践してくれる。
    福留と並んで有難い存在です。
    チームもそれに応えて結果を出して、彼らに大きな花道を作ってあげないとね。
    久しぶりにJFKの揃い踏みで、ブルペンで写真撮影に応じていましたね。
    それぞれがライバル心をむき出しにし、それぞれが助け合う奇跡のユニットでした。
    もうあんな、出てくるだけで安心できるリリーフユニットは現れないでしょうね。

    急な訃報が飛び込んできました。
    野村克也さんが亡くなったそうです。
    今更その経歴を並べるまでもありませんが、日本球界に大きな足跡を残した
    まさしくレジェンド。
    謹んでお悔やみ申し上げます。

  3. 大虎真弓
    Posted 2020年2月11日 at 10:33 | Permalink

    野村元監督がご逝去されました。
    暗黒時代の阪神を指揮され野球の別の視点を教えていただいただけでなく私の企業経営にも多大な影響をあたえて下さりました。
    ご冥福をお祈り致します。

  4. 虎ジジィ
    Posted 2020年2月11日 at 11:00 | Permalink

    球児と福留、投手と野手に一人ずつプレーイングマネージャーがいるのは心強い。

    球児が全盛期に劣らぬボールを投げる事にジェフも驚いたようですが、本人の努力の賜物でしょう。
    久々のJFKスリーショットにはノスタルジックを感じました。
    「阪神には6回までにリードしないと勝てない」と対戦相手を震撼させたあの3人の活躍は、それぞれの投手能力と矢野捕手の的確なリードあってのモノだと思います。

    で、その矢野捕手(中日当時は外野手兼任の伸び悩む2番手捕手)を完全なレギュラー捕手に育てたのが、まぎれもなく当時の野村克也監督でした。

    「タイガース監督時代が人生の汚点」などとふざけて仰っていましたが、野村監督が「種まき」をして、それを星野監督が「開花」させた事は誰もが心の中では分かっている事。
    野村克也氏のご冥福をお祈りすると共に、野村監督時代は「最下位請負人」とまで言われていた矢野監督を胴上げする事で、ノムさんの供養として欲しいものです。
    合掌。

  5. DAN
    Posted 2020年2月11日 at 11:18 | Permalink

    ファンには堪らないまさに一時代を築いたJFK揃い踏み。ジェフが来るという話が出た時から実現して欲しいなと思っていたので、非常に嬉しかったですね。
    しかしまあ、15年も経って未だに現役やっているだけで充分すごいのに、その時と同じ役割を、パフォーマンスの質を保ちながらやれているというのは凄すぎますね。既に引退した2人の「化け物だ」「スーパーマンだ」というコメントもおだて抜きの偽らざる本音でしょう。
    今年は名球会入りでしょうし、きっと優勝決定の時にマウンドに2回ほど立っているでしょうから、記念すべき年になりますね。

    ノムさんが亡くなったとのこと。優勝するとこ見せたかったから残念ですね。合掌。

  6. いわほー さんのアバター いわほー
    Posted 2020年2月11日 at 11:34 | Permalink

    球児がメジャーの夢破れて故郷の高知ファイティングドッグス入りを決めた時、もう甲子園のマウンドに上がることはないんだろうなと思ったものでした。
    彼なりの甲子園やタイガースに対するリスペクトが四国IL入りを決断させたように思いました。
    その球児のルーキーイヤーが、くしくも野村克也さんのタイガース監督一年目の年。
    突然のノムさんの訃報には驚きました。
    監督三年間はすべて最下位だったにもかかわらず、なぜか楽しめたんですよね。
    ご冥福をお祈りいたします。

  7. ジュビロタイガース
    Posted 2020年2月11日 at 12:55 | Permalink

    JFKのスリーショットが見られて良かった。球児のファンに向かって、撮れた?はさらに良かった。
    ふと思ったのが、何故バース掛布岡田をBKOと略さなかったのだろう?使ってる?
    ONとかKKコンビとかAK砲とか、まだ2文字の時代?

    ノムさんの訃報にはビックリ。タイガースや楽天でノムさんが種を撒いて、星野さんが花を咲かせたと言われました。
    昨年は叶いませんでしたが、タイガース対楽天の日本シリーズを見たい。
    ご冥福をお祈りします。

  8. Akira28
    Posted 2020年2月11日 at 14:48 | Permalink

    野村克也さんの御冥福をお祈りします。偉大な選手であり、監督でした。
    愛する江夏豊の運命を大きく変えてくださった方でした。
    野村監督の提案を受け入れた江夏がリリーフに転向したことで、野球界に革命が起こり、やがてストッパー・藤川球児が誕生したんですね。
    タイガースの優勝を阻んだのもタイガース優勝の基礎を築いたのも野村克也!
    有り難うございました。どうぞ安らかに。

  9. 虎轍
    Posted 2020年2月11日 at 15:28 | Permalink

    JFKが肩を並べて記念撮影。
    懐かしいと言うか、老けたね。って言うか(笑)
    球児が現役を続けてるから出来た訳でしょうから、改めて球児の凄さがわかりますね。
    野村克也氏が逝去されたようですね。弱いタイガースを掘り起こして更地にして種を蒔いてくれましたね。
    ありがとうございました。合掌。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">