藤浪奪三振10四球1自責点1で7回投げきる

貯金と借金。プロ野球では、勝ち数から負け数を差し引いたものを家計に例えてそういう。勝ちが入るお金で、負けが出るお金。
企業活動なら、売り上げが勝ちで、仕入れや経費が負けか。ペナントレースは、その差し引きたる利益の大小を争っている。
実際はというと、ほとんどの負けは、勝ちを目指した上での意図しない「失敗作」だから、仕入れでもなければ経費でもない。それでも、負けを「将来の勝ちにつなげるための投資」にできるかどうかは重要だ。その意味では、負けは利益を生み出すための仕入れであり、どうしても避けられない必要経費でもある。

前の試合に引き続き思うように得点できず、好投する味方の先発投手を援護できなかった。それどころか、度重なる守備の乱れによって足を引っ張った。
この悔しさで得たものが、野手たちの気持ちを変え、行動を変え、今後の試合の結果を変えるになれば、負けにも価値が出る。
藤浪にとっては「勝てる投球」を思い出し、内外に復活をアピールするのに必要十分な登板機会になった。バックとの信頼関係も、これまでとは違うものになった。悔しい敗戦だが意味はある。

ずいぶんと久しぶりの連敗、カード負け越し。手負いのスワローズは、チームワーク良く、若手の伸びが著しく、確かな戦略・戦術を駆使するチームだった。次、やり返そう。

今日は移動ゲームで梅雨明けしたらしい甲子園へ。首位読売に勝ち越して意気上がるベイスターズと相まみえる。「表ローテ」できっちりと止めて、もう一度連続勝ち越しを始めよう。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

11 コメント

  1. Akira28
    Posted 2020年7月31日 at 06:46 | Permalink

    おはよう御座います。朝早くから落ち込んでる全国の虎ファンへの激励を有難う御座います。
    久々にカード負け越しになりましたが、昨日の藤浪のピッチングは嬉しかった。
    次は勝てる。
    長いペナントレースにはこんな試合もあります。
    勝っても負けてもタイガース。
    今日からまた前進だ!

  2. 虎轍
    Posted 2020年7月31日 at 07:48 | Permalink

    悲しいし、悔しい負け試合でしたね。
    頑張って投げてても勝てない。
    藤浪は頑張って投げたし、10奪三振は立派やったと思いますね。
    北條は藤浪の事が嫌いなのか?って思ってしまうくらい空回りなのか、気負いなのか、北條独特のヤラカシなのか?
    3連戦トータルではタイガースの方が得点が多いから、タイガースの2勝とか、なんとかならんの?
    気持ちを切り替えて、今日からの聖地甲子園で勝ち癖を取り戻そう!
    雨柳さんが先発なんで天気が心配ですが、試合が始まれば青柳のナイスピッチングを期待してるよ!
    頑張ろうタイガース!
    コロナが確実に忍び寄ってます。感染しない!感染させない!を肝に命じて!自己防衛、自己管理に気を付けてくださいませ!
    頑張ろう日本!

  3. 虎二
    Posted 2020年7月31日 at 10:34 | Permalink

    今日からの北條の変化に期待します‼️
    しばらく試合には出れないかもしれないけど、藤浪とのツーショットヒーイン待ってるぞ‼️

  4. 正ちゃん
    Posted 2020年7月31日 at 10:50 | Permalink

    藤浪投手、まずは一つ階段を昇りましたね。
    昨日は悔しい負けだったかもしれません。きっと北條選手もチームもそう思っているはず。
    でも藤浪選手を信じていてくれた、いや今も信じてくれているチームメイトが次は必ず打ちます!どうか、藤浪選手も心を切らさずに剣難の山を登り続けてください!何があろうと、どんな時でもファンは声援を送り続けています!

  5. こうさん
    Posted 2020年7月31日 at 11:14 | Permalink

    本当に意味のある悔しい敗戦だった。いつかのタイガースのようにミスを連発し得点を取れない。けど今のタイガースには、それさえも意味がある。

    ただの敗けではない。どうしても「藤浪を勝たせたい」という想いが空回りした上での敗戦。北條に対して「切り替えよう」というポーズをマウンド上でした藤浪。絶対に余裕がないのに仲間を気遣った。何度も俺がコメントに書いた「謙虚さが必要な藤浪」が、そこにいた。

    大丈夫。次は勝てるよ藤浪。

  6. Posted 2020年7月31日 at 12:22 | Permalink

    正直、北條の顔は二度と観たくないって思いますが、それでは人は育ちません。今日も使って汚名返上って実力は残念ながら今の北條にはないと思います。しばらくファームで自分に足りないものを見つめなおしそれを補えた時に又借りを返しに上に上がってきたらいいと思います。

    藤浪は良かった。徐々に本来の力を出しつつあると思います。特にフォークのキレは3年前より良くなってるんじゃない?ってくらいスワローズの打者がポール球振ってました。今回は相手の高橋がそれを更に上回っていただけです。右手に打球を受けながら必死に倒れこみながら一塁へ投げる姿、相当痛かっただろうに応急処置のみでマウンドに戻ってきた姿には、オッサンの目にも熱いものが・・・次は勝てるよ。

  7. なかっち
    Posted 2020年7月31日 at 12:27 | Permalink

    ネットには北條不要論も出始めてる昨今、北條は立ち直れるのか?
    私個人的にはかなり厳しい状況に追いやられたと思ってます。
    出場するたびにエラーをし、送りバントのミスを犯す。
    鳥谷を干してまでチャンスを与えた選手がここ数年で全くといっていいほど成長出来てない。
    気持ちだけが無情に空回りして焦っているようにしか見えない。本人ももう立場がないのは理解していると思います。
    ちょっと頭を冷やす意味でも下に落として這い上がってくるのを待つのもありやと思いますが。

    今になりやっぱり鳥谷を残しておくべきやったとならなければ良いのですがね。

  8. いわほー さんのアバター いわほー
    Posted 2020年7月31日 at 12:37 | Permalink

    24時間の謹慎期間が明けたので晴れて投稿いたします。
    くやしいよー!
    うれしいよー!
    以上

    般若の形相でベンチに腰掛ける北條に肩に手をおいてねぎらう藤浪。
    同期だもんね。いいシーンでした。

  9. yalkeys
    Posted 2020年7月31日 at 13:41 | Permalink

    藤浪は次回もチャンスを与えられると思います。心配は北條ですが、個人的に好きな選手です。信頼を取り戻すべく一層の奮励努力を信じています。

  10. セサミ
    Posted 2020年7月31日 at 16:04 | Permalink

    右肩脱臼する直前は、エラーはそれなりにあったけど、それでも球際が強くなった印象でレギュラー確定かな、と思ったんですが、復帰後スローイングが安定しないので、結構怪我の後遺症ってあるのかな、と思っていました。
    だけど今年はそもそもグラブの然るべきところに球が収まらないケースが多いですよね。
    これって一体何なんでしょうか。
    打席で結果が出ない焦りなのか。

    バッティングフォームも以前摺り足ステップにして、頭が動かずにミート力が上がり、
    しぶとい、しつこい選手になったな、と。
    で、元来野球脳レベルは高い選手だったので
    こういう選手が主力にいると良いよな、と
    思っていたのですが、ちょっと迷走している感じですね。

    でも、期待しています。どこかで突き抜けて欲しい。

  11. 源氏
    Posted 2020年7月31日 at 23:00 | Permalink

    糸井さん今日もノーヒット
    それでもスターティングメンバーで出場するなら8番でお願いします

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">