大山一発を秋山守って3連勝

秋山ナイスピッチング、ガンケルはナイスリリーフ、スアレスは余裕だね。
大山もよう仕留めた。

でも追加点とれないのはアカン。元気ない広島だからすんなりだけど、他だったらこうはいかんよ。

「あのガンコ監督、言われれば言われるほど意固地になってノーアウトの走者は全部バント。おもんない」
「試合のたんびに●●のせいで負けただの、勝ち試合でも●●が打てばもっとラクだっただの、責任者は自分だろ!ムカつく」
と、自らすすんで「無能者」「嫌われ者」になって、対首脳陣への怒りのパワーでチームを活性化し、団結させる。……だとしたら逆にアリ(笑)。

藤浪、頑張れ。反撃のストーリー、楽しみにしてる。

あとよろしくです!


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

10 コメント

  1. 虎ジジィ
    Posted 2020年9月13日 at 09:25 | Permalink

    全く元気のないカープ打線相手とはいえ、秋山ナイスピッチング!
    本当に7回までは前日の西同様全く危なげない素晴らしい投球、8回に突破的に制球が狂いましたが、
    いつもは継投が遅れがちな矢野監督がスパッとガンケルにスイッチしたのは大きな勝因、まあそれもこれも前日にリリーフ陣を全休させた西のおかげかも知れませんが。
    そして9回まで行けば「無双スアレス」で何の心配もないのは強み!
    今の彼は余程の失投がない限り打たれる事はないでしょう。

    攻撃陣は初回こそ、「サンズがダメでも大山が打つ」理想的な得点でしたが、
    あとは近本出塁→梅野バントの完全ワンパターン攻撃も実らず「スミ3」は寂しかった。
    せっかく器用な梅野の2番、一発でバントを決める梅野自身は素晴らしいけど、せっかく塁上に最高のランナーがいる状況なので、ベンチからの作戦は「一捻り」が欲しかった。
    バントだけなら江越でもできるでしょ!?

    あとは代打中谷のシーン、あそこはどんな手を使ってでも一点取らなければいけなかった。
    あの場合で外野フライもボテボテゴロも打てないなら中谷は原口と入れ替えた方が良いと思います。

    さて、今日は背水の登坂になる藤浪。
    元気のないカープ打線を相手に復調の手がかりを掴んで欲しいです。

  2. こうさん
    Posted 2020年9月13日 at 09:39 | Permalink

    「梅野の2番は負担が有りすぎる」と思っていたが「一発でバントを決めれば、すぐにベンチで座れるよ」という矢野監督の優しさ…なのか?けどランナーを2塁にはやれるけど「あとは神頼み」になっているのが気に入らない。バントでアウトを一つ与えるなら、しっかりと点を取らないと。相手に「怖いバント」と思わせないとね。

    秋山は久しぶりにいい顔をしていた。今日は藤浪のいい顔、期待してるよ。

    どっかでの岡田さんのインタビュー、本心なのかなぁ。藤浪、今日のピッチングで答えを出してやれ‼️

  3. セサミ
    Posted 2020年9月13日 at 10:24 | Permalink

    近本が一塁にいて二番梅野の打席なら
    作戦の選択肢が増えて、相手バッテリーや野手陣が色々考えなければならなくなる。
    それにより精神的疲労を与えることで、相手の集中力やスタミナを奪うことが
    この打順の目的だと思っていたのでドッチラケでした。
    二回目以降は、確かに「あと1点欲しい」場面ではありましたが、
    相手からしたら初球バントは切り替えも準備もしやすいと思います。
    試合中盤で揺さぶられたら、相手は嫌だと思うんだけどなー。

    理想的に駒を進めて点が取れれば気持ちはいいでしょうが、
    監督の自己満足+自己保身のように見えてしまうのは私だけでしょうか。

    勝負強いとはいえ、糸原、サンズにかかるプレッシャーも増え、
    必要以上に選手個人の力量に頼る作戦と思います。
    和田監督以降時々揶揄されるYMK(やってもらわなければ困る)野球みたいなのは
    野球が重くなるし、見ていて面白くありません。

    精神修養の場みたいな側面もある高校野球で染みついた野球観の呪縛から
    逃れられないのか。発想力豊かな野球で楽しませてもらいたいと願います。

    まあ、阪神ファンでいること自体が精神修養みたいなもんですが。

  4. スーパーエリーバ
    Posted 2020年9月13日 at 10:50 | Permalink

    矢野監督、1アウト2塁から実際得点に至ったケースは今年、何回有ったのか、ご存知でしょうか?笑
    と問いたい。
    冗談ぽく書きましたが、もしこの数字を知らずに送りバントをさせているのなら大問題だと思います。
    ちなみに私も知りませんが笑
    かなり少ないのは間違いないところ。
    誰か教えて下さいね笑

    • hi64
      Posted 2020年9月13日 at 13:32 | Permalink

      今シーズンのタイガースの数字は分かりませんが、
      以前から得点確率という考えで作戦の効率は説明されています。
      得点確率とは各シチュエーションごとの1点以上取る確率のことですが、
      バントの場合だと、無死一塁と一死二塁の得点確率を比べて、作戦の良し悪しを判断できます。
      詳しくは下にリンクを貼った日経新聞の記事が読んでいただければと思いますが、なかなか面白いですし興味深い内容です。
      簡単に言うと、バントする打者が打率1割3厘以上であればバントは非効率な作戦ということになります。
      チームで2番目に打率の高い打者にバントさせる作戦は、非効率でムダな作戦であることがよく分かります。
      https://r.nikkei.com/article/DGXMZO54338470T10C20A1000000?s=2

      • スーパーエリーバ
        Posted 2020年9月13日 at 13:59 | Permalink

        hi64さん有り難うございます。
        なかなか興味深い記事ですね。
        矢野監督はこういうデータは持っていないんでしょうか笑
        やはり毎回毎回送りバントではおかしいですよね。
        さらにバントには失敗というリスクも有ります。
        特にタイガースでは笑。
        判で押した様なバント策は、併殺打を怖れた萎縮した采配に見えますね。

  5. DPS
    Posted 2020年9月13日 at 11:55 | Permalink

    半を押したようなバントに皆さんフラストレーション溜まっているのは同感です。

    燃費の良くない矢野野球で優勝するにはOPS900相当の打者がもうひとり必要で、3人揃えて戦術の稚拙さを補う形が求められる。

    となると今年もオフには外国人ガチャに挑むか、FAで中田翔or山田哲にトライするのでしょうかね。

  6. ジュビロタイガース
    Posted 2020年9月13日 at 12:29 | Permalink

    こうさんさんと同意見で、梅野を休ませるための打順?糸原は粘れるし。

    秋山が良いのか、リードが良いのか、相手打線が不調なのか、2試合続けてナイスピッチング。ゲッツーを取るとみんな嬉しそうだね。

    サンズが打たなきゃ大山が打つと、上手く先制できたけど、2人とも打ってもええんやで。

    ヒーインで2人並んでたけど、秋山はデカい。貯金4つも作ってくれて、もっと投げても良いと思うんだけど。

    藤浪は梅野リードに従って、打たれたら梅野のせいと割り切って投げたら。

  7. 虎轍
    Posted 2020年9月13日 at 13:02 | Permalink

    秋山は休養ばっちしで投げた瞬間によく声が漏れてましたね。
    鈴木誠也を見逃し三振にしたアウトローのストレートは見てて痺れましたね。
    球数は多くはなかったですが四球、四球となれば交代はしゃあないね。
    次回は完封、完投目指してや!
    2番に梅野を入れてるのは、バントでええって事か?
    近本を走らせてからバントとか采配は無いのか?
    ちょっと解らないですね。
    バスターエンドランとかサインは無いのか?
    なんか残念やね。
    今日は藤浪の完投が見たい!
    頑張ろうタイガース!
    頑張ろう日本!

  8. タクロー
    Posted 2020年9月13日 at 13:17 | Permalink

    スミ3、でも3連勝

    大山、ここぞでよく打ってくれたよ。ナイスホームラン。次の打席の併殺打はまあいい。よくあることだ。8回の右中間2塁打。追加点につながらなかったけど、今日につながる一打だ。

    バント、バント、バント、梅野2番はバント屋だったのか。近本、走らせてもらえないなあ。この期に及んで、何でこんな弱気に映る采配しか出来ないのかな。積極野球は口先だけだったか。
    2安打陽川を7回で中谷に交代させた。守備固めなら江越だろうが、次の回に打席が回ってくるので早すぎる。ならば中谷は陽川より守備が上手いし、1打席くらいは打たせてやろうという温情から代えたのかな?この結果、1死3塁で犠牲フライどころか内野ゴロすら打てず、あえなく三振。何故、陽川を最後まで使わないのか。どうも矢野の選手起用、采配には意気が上がらない。

    クラッシックスタイルの1塁手、誰だ?と思ったら……ボーア、イメチェンかい。そろそろスタンドにぶち込んでくれ。浜風に負けぬよう。
    藤浪、気楽に行こう。どん底広島やし。どうしちゃったのかな、広島。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">