同じような逆転劇でベイに連勝

先制するも先発が踏ん張りきれず逆転を許すも、リリーバーたちがつないでしのいでいるうちに追いつき追い越し、最後はスアレスで締める。前日と同じような試合展開でDeNAに連勝。
欲を言えば先発投手に勝ちがつくよう、早めに加点したいところだが、逆に言えば救援投手たちの投球のほうが先発投手たちをしのぐ、チームに流れを持ってくる投球ができているのだろう。
頼みのサンズが少しお休みモードだが、日替わりで他のメンバーが活躍してカバーできているのはいいこと。前日はボーア、この日は糸井がポイントゲッターとして機能した。ただ、ひざの具合はかなり悪そうだから、あまり頼らないほうがいい。

逆転した8回ウラはベンチメンバーがいい仕事をした。まずは先頭の代打陽川。回またぎとなったベイ石田に簡単に追い込まれたが、粘って粘って最後にヒットで出た。もちろんタイムリーを打った人たちも偉いが、チャンスを作ってリリーバーを動揺させた人にはそれと同等、それ以上の価値がある。
続く近本の送りバントは投手正面への失敗バントだったが、陽川の代走に出ていた江越のスピードに打球を処理した投手がビックリしてワンバウンド送球、野選となった。さらに糸原のバントもハーフライナー気味でお世辞にも良いバントとは言えないものだったが、ここでも江越の好判断、好走塁で難なく進塁できた。2人がお膳立てした決勝点だった。

最後の木浪のファインプレーは文句なし。遥人の足を引っ張りかねないエラーもあったが、これはそれを取り返す好守備。さらに言うとそのグラブトスを受けてからの切り返しの一塁送球で、流れるような素早い動作で、しかも鋭い球を投げた小幡にもしびれた。あれを併殺にできるセカンドは頼もしい!

月曜みたいな水曜日、関東は台風接近中だが甲子園は大丈夫そうかな。雨柳さん改め晴柳さん、いいピッチングしたいね。
あとよろしく!


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

12 コメント

  1. 虎ジジィ
    Posted 2020年9月23日 at 08:10 | Permalink

    ラミレスの早すぎた継投に救われた感はありましたが、
    後半の同点〜逆転、そして鉄壁の岩岩スアリレーは相手の心を折るほど安定感がありました。

    toraoもご指摘どおりサンズが小休止状態なので、こんな時こそ4億円プレイヤーの糸井はあれくらいやって貰わなければ困る!
    マルテもそろそろ戻るので、打線はこれから上向きになると信じています。

    エラーをした木浪も最後はファインプレーで取り返し最後もスッキリしたゲームでした。
    それにしても最後のプレー、木浪ばかりが話題になっていますが小幡のターン〜送球の速い事に私も痺れました。
    この選手は線は細いけどタッパもあるので、今オフに身体をつくり打撃をパワーアップすれば本当に楽しみな選手!来季はレギュラー定着を狙って欲しいです。

    今日は湿気が多いので、前回はドームでダメダメだった雨柳さんに期待します。

  2. Akira28
    Posted 2020年9月23日 at 08:31 | Permalink

    小幡の送球、スピンが効いた伸び上がる素晴らしいストレート。まるで藤川並みで、痺れました。守備で金が取れる選手です。
    糸井、よく頑張りました。有難う。

  3. Posted 2020年9月23日 at 08:35 | Permalink

    連日似たような展開での勝利。挑戦権だけは手放さないぞって、こんな戦いをG戦でもやって欲しいものでありますが・・・

    私事ですが昨日はサイクリングで宮津の方まで行って「糸井頑張れよ~」って叫んでたら本当に頑張った!俺効果が効いたのか?(そんなこたない)三週間のヒットは良かったけど、右中間二塁打は浅めの守備隊形とオースティンだったからでしょうね。よっぽど踏ん張りがきかないのか飛距離が極端に落ちてます。昨日は打ったけど3番で使うのはどうかな。

    糸原の背走キャッチと木浪のダイビングからのGトス併殺打には痺れました。糸原のは初回から失点してたら試合展開は苦しかったし、最終回に一死一二塁で佐野はヤバいケース。プレー自身もグッドでしたが状況的にも最高のプレーでした。もちろん小幡の大事に両手キャッチからのピボット送球もグッドでした。

  4. こうさん
    Posted 2020年9月23日 at 08:53 | Permalink

    小幡が代走で出てからホームインするまで約37秒。…厳しいなぁ大山。

    活躍は嬉しいが、これで「糸井3番」で固まるだろう矢野監督の思考が不安。糸井への神頼みはチームの循環を阻む。

    あの二人がヒーインで出て来た時思わず「ヤバい、おとぼけコンビだ。」と呟いてしまった。岩崎のボケを上回ることにスベリの危機を察知した糸井が真面目なヒーイン。矢野監督が選手を名前で呼ぶよりも岩崎が「貞」って呼ぶ方が重みがある。

    サンズ、大山、ボーアが同時に活躍する日って今まであったかな。少なすぎるわ。増えてほしいな。

  5. 西田辺
    Posted 2020年9月23日 at 09:47 | Permalink

    初回から無死満塁の大ピンチ。
    6回まで投げて三者凡退のイニングは2つだけ。
    前にも書きましたが、投げるたびに内容が悪くなってくる。
    5回のオースティンへの配球も不用意と言うか、理解に苦しむもの。
    初球インサイドへのカットボールを、大きなファール打たれて2球目も同じ
    コースに同じ球種。
    無死一二塁を早く切り抜けたくて、おそらく詰まらせてサードゴロ併殺辺りを
    想定して投げさせているのだと思いますが、余りにもこちらの都合だけで
    配球を組み立てている。
    直前に見た球が少しでも甘くなれば、そりゃ打たれますよ。
    配球と言うのは、あくまで相手の目の錯覚を利用するのと、相手の狙いを外す
    のが大きな目的。
    バッテリーや守る側の都合を、相手打者に押し付けるものであってはいけません。
    高橋遥人と言う投手。
    投げている球は素晴らしいものがあって、評論家や他球団の評価も高い。
    ただ見ていると、1番から9番までずっと同じ力の配分で投げている。
    一生懸命投げるのも良いんですが、どんなに良い球を投げていても次第に慣れが
    生じてくる。
    だから2巡目3巡目になると、捕まる傾向が何時まで経っても直らない。
    古い言い方ですが、ピッチングに強弱がないから、打たれ出すと止まらなくなる。
    打力の弱い打者には、わざとバットに当てさせて少ない球数で料理するとかの
    モードの切り替えが出来ないから、回を追うごとに対戦が重なるごとにピッチングが
    苦しくなる。
    もうこの辺は、本人の意識を変えるしかないのですけど。
    勝ち越した8回裏。
    代走に出た江越の走塁が凄かった。
    近本のバットに当たる瞬間にはスタートを切っていて、石田にFCが付いていると
    いう事は悪送球でなくてもセカンドはセーフだったという事。
    おそらくバットに当たる瞬間に、ボールがバットの真ん中より下に当たる事が見えて
    いたからあのスタートが切れたんだと思います。
    続く糸原のバントはハーフライナー。
    でも一塁ソトの動きと打球の軌道を見て、まだ打球が浮いている段階で三塁に向かって
    ダッシュしてました。
    二つの素晴らしい判断が、勝ち越し点を奪ったと言っても過言ではないでしょう。
    最後の木浪-小幡の併殺は芸術点の高い守備でした。
    捕って正確に二塁ベース上にトスした木浪も凄かったけど、トスを受けてからの
    一塁送球の切り返しが美しい。
    一塁への送球も迫力満点のスピード感。
    あの守備を見せてくれるだけでも、小幡を一軍に置いておく価値があります。
    せっかく連勝で勝ち越したんですから、もう一つ取って3タテと行きましょう。

    • いわほー さんのアバター いわほー
      Posted 2020年9月23日 at 12:12 | Permalink

      西田辺さんをヘッドコーチにしたいな

      • 西田辺
        Posted 2020年9月23日 at 17:28 | Permalink

        いわほーさん、毎度です。
        ヤジに耐え切れず、1週間で入院ですわ(笑)

  6. 熱血虎キチ
    Posted 2020年9月23日 at 10:23 | Permalink

    勝利おめでとうございます。甲子園では貯金出来る雰囲気がありますね。ロードを何とか五分五分でいければと切に願います。

    とらかっぱ様の仰られる通り、G戦でも同じ内容の試合をしてほしいし、出来るはずなんですけど気負い過ぎてしまうのでしょうか。

    小幡のセカンド守備、かつて名守備でならした平田ミッキー二軍監督が、タイガースで一番上手い内野手との評価をしていましたね。
    守備で1点を防ぐ事は攻撃の打点1と同じ価値ですね、どんどん使って頂いて成長が楽しみな選手です。

    torao様も、現代野球はセカンド重視論でしたよね、まずセンターラインの守備からチーム作りをとここ数年間思っておりましたが、そこそこまでは来ているのではないでしょうか、梅ちゃんケガちょい心配ですが。

  7. ジュビロタイガース
    Posted 2020年9月23日 at 11:36 | Permalink

    まずは遥人、初回を何とか切り抜けたけど、70球辺りから、ストライクとボールがはっきりしだすかな。ボールゾーンから曲がったり、ベルト付近のボールが多くなる。オースティンの2球目はねえ。
    同じ球が来ないと思わせての配球って気になるんですよね。分かってても打てない球や、手が出てしまう球があるならば、予想していなくても打てる球があって、同じ配球はこのリスクがあると思う。

    糸原の背走キャッチは笑顔がカワイイ。木浪のゲッツー取り損ねは痛いけど、最後のプレーは良かった。みなさんも書かれているけど、小幡が凄かった。あのターンと球の強さとコントロールは高卒2年目とは思えない。

    江越の走塁も価値があった。砂田が取った時は、アウトかもと思ったけど、そこからのスピードがものすごかった。糸原のバントも怪しかったけど、判断が良かったし、ファーストも躊躇したんだろうね。

    糸井の決勝打は良かったけど、三塁打にならないのは、状態が悪いんだろうね。あまり無理させずにして欲しい。

    6ー3の試合は、得点もそこそこ入って、内容も締まりセーブも付く、理想的かな。

    岩崎のヒーインは持ってくねぇ。トラッキーにマスクさせとるし。

  8. 虎轍
    Posted 2020年9月23日 at 11:44 | Permalink

    陽川がよく粘って出塁してからの代走江越がええ仕事をしましたね。二人にGJ!
    陽川は2球で2ストライクと追い込まれてからボール球を見極め、ファールで粘っての出塁は流れをタイガースに持ってきてくれましたね。
    江越も代走で流れを手繰り寄せましたね。ありがとう!
    木浪!9回は梶谷のハーフライナーを下がって捕って出塁を許しましたが、ダイビングキャッチからのグラブトスは良かったよ!
    小幡!ええ肩しとんなぁ~(笑)
    糸井!やっと引っ張れたね!ありがとう!GJ!
    今日は聖地甲子園に行ってきます。私が行けばサンズがホームランを打ってくれるジンクスが継続される事を祈るだけです!
    雨は降らないように雨柳さん(笑)
    頑張ろうタイガース!
    マスクとコロナ対策を頑張ろう日本!

  9. 大虎真弓
    Posted 2020年9月23日 at 13:08 | Permalink

    昨日糸井の事を書いたら活躍出来るのだからこのトラオさんのコラムを見ているのかしら?(笑)
    さて連勝はしたものの先発に勝ちが付かないのはあまり気分が良くない。
    これはキャッチャーの責任でもあり今一度バッテリーとして一人一人考えてもらいたい。
    特に左打者相手に対する攻め方はあまりにもワンパターンだ!梅野だとまず外の低めを8割方投げさせるが、青柳のスライダー?を各打者が読んでおり
    逆にインコースにくい込むシュートやストレートを使わず今まで騙せたのだから驚く!
    坂本は内角を良く使えるが、シツコイので(ハルタがホームラン打たれた配球!)要注意して欲しい。
    青柳は投げ急ぐためか?溜めが失くなるとコントロールが悪くなるので気にかけてもらいたい。
    まあ一言で言えばソトや外人には内を意識させボールになる球を打たせる様に努力して下さい。
    楽しみに待ってます。

  10. タクロー
    Posted 2020年9月23日 at 16:51 | Permalink

    踏ん張る

     ベテラン糸井が踏ん張っています。3番スタメンのここ2試合、7打数5安打4打点。9月のスタメン10試合は32打数12安打.375。やるやん。本領発揮か、上り調子か。守りは近本、糸原に思いっきりカバーしてもらって、今夜もう1試合頑張ってもらいましょう。
     ホームラン王になるために、そろそろ大山の1発が欲しいなあ。台風はそれて甲子園の空は大丈夫のようです。さあ踏ん張りどころだ。今夜は3塁ベンチ上から念じてきます。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">