ロハス3ランで追いつくもそこまで

エラー、失点、拙攻、完封。無為に繰り返される日々。
この日もまたかと思ったが、5回ウラにロハス・ジュニアの同点3ランが飛び出し、強みであるリリーバー勝負へと持ち込んだ。
しかしもう1点は取れず、逆に9回守りきれず。
これで週全敗の6連敗。苦しい。苦しいところを苦しくやらないように。雨がやんだら暴れてやれよ。
今日もおしまい!


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

7 コメント

  1. 虎轍
    Posted 2022年8月15日 at 09:38 | Permalink

    6連敗かぁ‥
    9試合連続失策かぁ‥
    その失策が失点に繋がってしまうのが残念やね。
    矢野監督の柔軟性の無さが選手に伝播しとるんちゃうか?
    岩崎は休ませ過ぎたか?
    ブルペンから調子が悪いって報告は無かったか?明らかに調子が悪そうに見えてたけど、それでも使わんとアカンかったか?
    梅野の身長が2メートルやっても捕れてたか分からん球を投げるって‥
    スクイズやと判断して咄嗟に投げたとしても、あの投球は無理やわ。
    井上を起用したとこだけは良かったけど、井上も悔しさを胸に頑張れ!
    ロハスjr良かったよ!ナイスホームラン!GJ
    明日は勝てるように休養するなり、練習するなり、各自で調整してや!
    もう監督の采配に頼らなくてええから!
    立浪監督のスクイズのサインを見て、矢野監督は何を思うのか?
    疫病退散!
    頑張ろう日本!

  2. Akira28
    Posted 2022年8月15日 at 09:56 | Permalink

    やはり岩崎の9回はこの時期、しんどいですね。
    そろそろ浜地か湯浅、ケラーを検討すべきですが、人気球団だけに、矢野さんもいきなり9回の新守護神を登場させて、もし失敗でもしようもねなら袋叩きに会うので、昨日は周囲を敵に回さないように岩崎。
    休養明けでも、やはり岩崎では無理という雰囲気にさせて、新守護神を任命する手筈だったとは、いやはやお見それいたします。
    一昨日コメントしたようにやはりロハスは日本野球界に慣れてきてます。と、言うかロハスをさげてロドリゲスを使うなんざは、これまたやはりマスコミやファンの圧力を畏れての采配としか言えませんね。カープ戦のロハスの活躍みてたら横浜戦でスタメン外す意味がわからない。
    ほんと。
    さて、ここからは視点を変えて、平田二軍監督に「喝!」
    平田は二軍で何してる!
    今こそ、二軍の戦力を総動員して盛り上がるべきなのに、とりあえず戦力と言えるのは陽川だけ。
    昨日の試合、井上や板山のスイングみて、ガッカリ、、、
    井上なんぞ、箸にも棒にもかからないスイング。あれでは一軍の試合では通用しない。
    平田はいったいどれくらいの選手を育てているのか。
    掛布監督や矢野監督の時代の二軍はそれなりに選手の育成が出来ていたが、平田はサッパリ育成出来てないやんか!
    木浪しかり。
    コロナ禍による一軍選手離脱後のタイガース失速の主犯は平田だ!と言いたい。
    育成路線というなら、もっと育ててくれ!

  3. 西田辺 さんのアバター 西田辺
    Posted 2022年8月15日 at 10:12 | Permalink

    ここに来て、8月5日の試合から9試合連続でエラーが15個も続出し
    ついに失策数がリーグ1位に・・・。
    ホンマにアカン時は、何もかもが崩れてしまうチームですね。
    打てないならシッカリ守る、点を取られるならそれ以上に打つ。
    どちらかがやれないといけないはずなのに、どちらも出来なくなる。
    極めつけは9回の暴投。
    バットにもキャッチャーのミットにも届かない所へ放って、一体どうしろと。
    あれは、どんな言い訳も通用しませんよ。
    打線も打線で、追いついた後に勝ちパターンをつぎ込んで、その内に
    1点でも勝ち越そうという算段だったんでしょうけど、ランナーすら
    出せない(山本の掠った死球のみ)。
    結局選手の調子任せで、勝つ為の野球をここまでやってこなかったツケを
    払わされているだけなんです。
    序盤3回までに3本のヒットと2つの四死球で塁上を賑わせるも、3イニング
    連続の併殺で全部おジャン。
    3つのうち2つは外国人で、長打を期待してのものとは言え、策がなさすぎます。
    離脱組が返ってくるまでの我慢と思っているのかも知れませんが、他球団の
    主力でも帰って来てから未だに調子が戻らない選手が数多くいます。
    今このチーム状態で、やれる事を何でもやって行かないと、大山や近本が
    帰ったからと言って、すぐにチームが復調する保証はどこにもありませんよ。
    このチームの、この状態で勝ちに行くんですよ。

  4. こうさん
    Posted 2022年8月15日 at 10:23 | Permalink

    昨日も試合前にビビりながらの「スタメンスクロール」…なんか必殺技みたいだな。上位打線にいない糸原、まさかの6番。この数日、俺は「矢野さんがヤらないだろう」ということをコメントに書いてきた。糸原の6番しかり、勝ってない場面での勝ちパターン投入しかり。

    矢野さんは今ある手持ちのカードを全て切った。それでも勝てなかった。昨日の開き直りは読売がデーゲームで勝ったことも要因の一つだろう。ヤクルトの背中が見えてきたと思ったら下から引きずり下ろされる展開。けど今季のセ・リーグは、これの繰り返し。諦めたチームが沈む。

    それにしても試合後の両監督のインタビューの違いと来たら…。立浪監督は「苦しい時も、なんとかそういう形で点を取っていきたい」と言い、我らが矢野さんは一連のスクイズ劇場に対して「それは俺にはちょっと分からんなあ。その可能性はあると思うけど」…とうとうインタビューで「バッテリーに任せっぱなし」と認めてしまった。何度も梅野はベンチを見るが、なんの指示もないんだろうなぁ。ベンチと岩崎と梅野の意志が統一されていたら外にはずせたのかな。

    新井の兄ちゃんが言った「知らない。ベンチに聞いて。」を思い出してしまったが、それよりも重症だということが解ったインタビューだった。

  5. いわほー さんのアバター いわほー
    Posted 2022年8月15日 at 10:39 | Permalink

    ロハスのHRで追いついたところで普通ならチームの勢いが加速するはず・・・なんですが。
    エラーについては日替わりであちらこちら、たらい回しで守らされる野手に同情の余地もなくもないが。
    シーズン前から今年は入れ替わりで主力がコロナの一時離脱に遭いながら戦わざるを得ないことは想定内。それだけに選手層の厚みがものをいう。
    他チームが高卒2年目、3年目の野手をバンバン起用して活躍しているのを見ると、なんとも寂しい限り。
    投手陣の層の厚みはあっても、野手陣の層が希薄なのが如実に浮き彫りに。
    6月7月タイガースが好調だったのは、裏を返せば他チームの主力の離脱に助けられただけ。
    いまはその逆の巡りの時期が来ているようだ。

  6. ヒデボー
    Posted 2022年8月15日 at 12:11 | Permalink

    昨日、起爆剤求めるなら原口スタメンか?とコメントしましたが、井上でしたか。ファームで7月は調子良かった様ですが、打率2割1分の昇格、即スタメンは荷が重かったか?
    昇格させた以上は我慢して使ってやらないと…

  7. タクロー
    Posted 2022年8月15日 at 13:01 | Permalink

    同情するならカネをくれ!
     ー情けないゲームだカネ返せ!とはいわんけど。
    批判するならカチをくれ!
     ーカチをもぎ取る起用に采配振らないのは誰?
    併殺打つなら空を切れ
     ーいやいや上には上、6イニング連続併殺があるらしい
    ポジション替えるなら覚悟しろ
     ー糸原サードでぼやかせて セカンドに変わって 覚悟した(記録上、失策ではない、らしい)
    スクイズ外しは 上手くやれ
     ーいやいや江夏のようにはいかないわ
    4打席凡打 それがどうした 覚悟を決めろ来季のために
     ーそして輝明サード固定、小幡をセカンド固定(あれ?いつも間にかおらんやん)、すまんが糸原 代打固定 来季に向けてスッキリ

    お目覚めかい?ロハス
    ーD(契約満了・更改なし)からC(大幅減俸・代替選手と天秤)に格上げか?
    休み継続中か?ロドリゲス 
    ーこっちは CからD+に格下げか? 

    昨夜は予感が当たりストレス半減の自宅観戦。現地観戦の方々 謹んで同情申し上げます。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">