コツコツやらないと時間は過ぎる

新年会でも痛感したが、年月が経つのは本当に早い。おそらくまた明日痛感する。

歴史ある阪神は、歴史があるからこそボケボケしていると何の変化もないまま時間だけが過ぎる。

それがわかっている人は、常に時間経過を頭に入れて、計画的になりたい姿へと変わっていく努力をコツコツと継続し、実現していく。

野崎社長時代の2004年に、阪神は「球団の基本姿勢」を制定し、今日も掲げている。球界再編のあの時期、これを定めたことには大きな意義があったが、ここには「忘れてはならないこと」が書かれているだけで、さらに踏み込んでいく姿勢につながっていないのが残念だ。

19年あればもっと変われた。そう我が身をさしおいて思う。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

6 コメント

  1. こうさん
    Posted 2023年1月16日 at 08:35 | Permalink

    誰かが言っていたが大人になって時の流れを早く感じるのは同じことを繰り返しているかららしい。子供の時は全てが初体験でドキドキするから記憶にも残り、とてつもなく長い時間を過ごしている感じという。なるほどねぇ…と思いながら介護に費やした13年を振り返ると同時に「早かったなぁ」と思う。

    矢野さんの「やり方」が成功して優勝していたら新しい監督像として崇められていたはず。矢野さんは早すぎたのか、時代遅れだったのかは分からない。だからこそ岡田監督に期待してしまう。完全分業制の確立を目指しているように見える岡田監督。矢野さんは分業制ができなかったからこそ当時の部下が告発めいたことをしたのかな…なんて思った。

    優勝してくれれば全てが成功となる…言ってみたいねぇ。

  2. 虎ジジィ
    Posted 2023年1月16日 at 08:38 | Permalink

    前に虎バカ会に18歳で出席した甥っ子も今年で28歳。
    可愛いかったウチの娘も今ではろくに口も聴いてくれない反抗期の受験生になりました。
    toraoさんが全く老けないのは不思議ですが(toraoガールズ美女軍団に囲まれてるおかげ?)、時の経つのは早いモノです。

    川尻さんも仰っていた「この球団は基本的に勝とうとしない(当時)」の言葉がものすごく説得力がありました。
    現在は、コラムにもある「球団の基本姿勢」も変わり、強くなる事を目標にやる方針でやっているので本当にコツコツ積み上げてテッペンを目指して欲しいです。

    個人的には、新外国人選手が全員「大ハズレ」じゃない限りは優勝争いに参加出来るとは思っています。

    川尻さんも仰っていたDeNA(オースティンが万全な)には警戒が必要!

  3. 西田辺 さんのアバター 西田辺
    Posted 2023年1月16日 at 09:41 | Permalink

    我が身に置き換えると、胸が痛い(笑)
    確かに、タイガースとして「常に強いチームを作る」努力はしてきたと思う。
    ある時は他球団から主力を集めたり、ある時は若手主体に鍛え上げたりと。
    でも、テッペンを取ることは叶わぬまま今日に至っている。
    今やろうとしている事は決して間違ってはいないけど、何かが足りずに
    日本一から38年、リーグ制覇から18年が経過している。
    戦力として不足はないはずなので、戦術や戦略、チーム全体の意識といった
    目に見えない所にどうしても原因を求めてしまう。
    今季、大目標である「優勝」と言う文言に「アレ」と言うマスキングをして
    戦う岡田阪神。
    余計な事に意識を飛ばさず、一戦一戦に集中させる狙いが見えてきます。
    競走馬で言うブリンカー効果のように。
    さぁ、今年歴史のページを書き換えられるのか。
    楽しみに見守りたいと思います。

  4. いわほー さんのアバター いわほー
    Posted 2023年1月16日 at 12:40 | Permalink

    私の知りうる限り確実に足跡を残したと思う阪神球団社長は野崎さんと小津さんのふたりだけ。
    野崎さんは球団組織にはびこる悪しき伝統たるものの一掃に真剣に取り組まれた唯一の社長。
    小津さんは「空白の一日」の江川問題での不透明な決着含め「オヅの魔法使い」などと揶揄されましたが、初の外国人監督としてブレイザー招聘や田淵・古沢と真弓・若菜・竹ノ内のトレードを敢行するなど、思い切った策をいとわない社長でした。
    1985年日本一の前年に小津さんは社長を退任してますが、少なからず優勝寄与した一人と思っています。
    野崎さん以降これといって「あ、あの球団社長が・・・」と名前が浮かぶ方がいないのは残念。
    そういえば一時期NPBに出向された沼沢さん、その後電鉄に戻られたと聞いてますが、いずれは球団社長と期待してたんですがね。

  5. 虎轍
    Posted 2023年1月16日 at 12:55 | Permalink

    球団の基本姿勢として弱いチームを作る。万年最下位を目指す。とは言えませんからね(笑)
    05年の優勝から18年が経過しましたが、その間に最下位も経験して、矢野監督になって、なんやかんやで4年連続Aクラスですからね。
    一昨年は勝ち数は断トツでしたが勝率に泣き、去年は開幕戦で躓き不協和音でした。
    今年は岡田監督がアレの方向を示して、一緒に向いて行ければええかなと思いますね。
    向いて行くより、向かせる采配をお願いしたいですね。
    疫病退散!
    頑張ろう日本!

  6. 岩修
    Posted 2023年1月16日 at 14:23 | Permalink

    2023年になり、普通の神頼みじゃ足りないと思い地元の神社を複数参拝しました。これ、人生初めての試み。
    コツコツ働きコツコツとタイガースを応援してきましたが、流石に大転換しないとアレは無理と思う。
    どう転換させるかですが、4年連続Aクラスの実力があるのだから優勝しか無いという思いで戦うだけで充分なのでは?

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">