WBCとARE

【阪神】岡田監督、中野拓夢のWBCでの遊撃起用を了承 青柳晃洋と近本光司は予備メンバー(ニッカン)

小さく産まれたWBCも少しずつではあるが大きく育ってきた。この大会によって世界における野球の存在感が高まったとまではまだまだ言えないが、少なくとも野球が普及している国にとっては「価値ある国際大会」と捉えられるようになってきているし、野球の楽しさが広まり始めた国にとっては、「目標の大会」になってきた。

見たいのは阪神の日本一であるから、WBCや五輪は「障害物」と感じる部分もある。しかし、野球の隆盛あってこその日本一の喜び。頂は仰ぎ見られる尊いものであってほしい。日本野球がいつまでも続いていくために、国際大会は重要だ。

岡田監督も言動から同様の考えだと思われる。本メンバーとして発表された湯浅、中野、予備メンバーに入っていると伝えられる青柳、近本。栗山監督には、「世界一」に向けて必要なパーツを存分に活用してほしい。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

7 コメント

  1. とらかっぱ
    Posted 2023年1月24日 at 08:39 | Permalink

    未だ参加国でしか興味を持ってはないと思いますがMLBからも派遣されるようになってくるなど存在感は大きくなってきています。選手によってはMLB移籍への踏み段と捉えてる様にも見えますが、日本のトップメンバーのチームに入って揉まれたり交流する事で生まれる効果は計り知れないと思います。特に湯浅のような若い選手には野球人生に影響を与える何かがあるかもしれません。アレを成し遂げる障壁になるかもしれませんが私はタイガースからも数多く選ばれて欲しいと望んでいます。

    とは言え中野には心配が残ります。チーム内での連携練習を経ずシーズンを迎えるのは怖い。特にショートが誰になるにせよ昨年とは違う選手が守る事となるので二遊間とも今季からのコンビとなるだけに尚更です。ここだけはデメリットが大きく感じます。

  2. 虎ジジィ
    Posted 2023年1月24日 at 08:51 | Permalink

    今回のWBCはメジャーも積極的に協力し、サッカーW杯のように「真の世界一決定戦」という意気込みを感じます。
    一流選手が出場する事で過去イチの盛り上がりを見せる事でしょう。

    本当なら今季からセカンドへコンバートとなる中野には、セカンドの練習をガンガンやらせたいのが岡田監督の本心だと思いますが、WBCメンバーを観るとセカンドには山田哲人と牧秀吾という超スラッガーでダブつき、ショート専門の選手は源田だけと手薄。
    本来なら坂本勇人や今宮を入れたいところですが、諸事情でメンバー入りしそうもなく、源田にトラブルがあった時のスペア&代走枠としては中野が適任であり、岡田監督も快く?ショート起用を承諾したという事でしょう。

    ついでに言えばセンター専の選手も現状ヌートバーしか居ないので、同じような理由で近本も選出されるかも知れません。

    タイガースの絶対的開幕投手の青柳も「宙ぶらりん状態」なので、栗山監督には代表に決めるなら決めるでナルハヤでお願いしたいところ。

  3. 西田辺 さんのアバター 西田辺
    Posted 2023年1月24日 at 09:06 | Permalink

    MLB主催のWBCではありましたが、初期の頃は選手を出し渋るメジャー
    球団もあり(未だに一切出さない球団もありますが)、本気度が疑われたりも
    しましたが、各国ともトップクラスの選手を出場させるようになり、徐々に
    その意味合いも変化しているように思えます。
    大会前は所属するチームやリーグが優先だよと言っていた選手も、いざ大会が
    始まれば国の威信をかけた戦いに身を捧げる姿が見られます。
    MLBの品評会だの、システムが歪だのと言う声は消えませんが、サッカーや
    ラグビーのワールドカップもそうであったように、実績を積み重ねて誰もが
    目標とする大会となります。
    熱い戦いで盛り上げて欲しいですね。

    昨日、毎年恒例の「ウル虎の夏」ユニフォームが発表になり、今年の着用する
    ユニフォームが揃いました。
    ホーム用は昨年とほぼ同様で、左胸に「Joshin」マークが追加されるようです。
    ビジター用も上下は昨年同様で、帽子が黒一色からホーム用と同じく庇が黄色に
    なるようです。
    ウル虎ユニは・・・また奇抜なデザインで(笑)
    まぁ、企画もののユニフォームですから、これくらいケッタイなものも「アリ」
    かと。
    ユニフォームサプライヤーのミズノも、こんな機会に色んなデザインにチェレンジ
    したいのでしょう。
    なんか戦隊ヒーローものみたいに見えました。
    アレに向かって突き進め!
    戦え!我らの猛虎戦隊!AREレンジャー!

  4. こうさん
    Posted 2023年1月24日 at 10:52 | Permalink

    もちろんセカンドも守ったが中野の野球人生では圧倒的にショートを守った比率が高い。監督から「セカンド」と言われたら中野に、選手に拒否権はない(嫌とは言えないわな)。「言われたポジションを守ります。」という言葉しか選手は言えない…中野の「本音」って読んだ記憶がないな。もしかしたら今回、世界相手にショートを守り、改めて「ショートの楽しさ」を知ってしまっても中野はセカンドを守るのだろうか。

    中野がいない間に「最強のセカンド」を作ってみてもいいと思う。もちろん最有力候補は中野。誰が「中野のポジションを奪う!」と思ってくれるキャンプになるかな。

  5. 岩修
    Posted 2023年1月24日 at 11:25 | Permalink

    タイガースのAREが1番の目標だからその為だけに時間を費やして欲しいのが本音。
    しかし、6年ぶりの国際大会での1ヶ月。しかもどの国も今回は本気モードで来るならばこっちも本気て挑まないと勝てないと思う。サッカーで証明されてる様に、たかが1ヶ月と言えども選手達には人生で最も尊い経験の1つになるかもしれない。
    近本、中野はタイガースの誇るスピードスターでありヒットメーカー。
    僅か一年の実績しかない湯浅に栗山、岡田会談では抑えもという話にはちょっと怖いけどワクワクする。
    青柳に至ってはオリンピックの頃と違い、史上初2年連続最多勝利、最高勝率獲得投手。メンバーに入らない方がおかしいのでは?
    AREにとっては障害かもだけど選ばれたならばしっかりと戦力として起用して欲しい。どの選手も所属チームの宝なのだから突き詰めた采配お願いします栗山監督。

  6. いわほー さんのアバター いわほー
    Posted 2023年1月24日 at 12:33 | Permalink

    野球がパリ・オリンピックの競技種目に外された現実。
    オリンピックはどこまでも欧州文化を引きずっているもんな。
    欧州でWBCに参加するのがオランダとイタリアの2か国だけですから。
    その昔、よっさんがイタリアに野球指導に行ってたように欧州やアフリカに野球文化を広げていく努力が必要。
    求ム、よっさんの後継者!

  7. 虎轍
    Posted 2023年1月24日 at 15:20 | Permalink

    タイガースの選手は出し惜しみする事なく使って貰って、国際大会でもアレの一員になって貰いたいですね。
    選手を出し惜しみする球団もあるとか‥‥
    選ばれるのは勲章やと思ってね(笑)
    疫病退散!
    頑張ろう日本!

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">