厳しさの中で「忍」育つ

私が子どもの時に夢中になったのは輪島、北の湖、貴ノ花の頃、巨人のV9も末期の頃だから、「子どもたちの好きなもの《巨人大鵬卵焼き》」と言われた「子どもたち」は、私より少し年上の方々だと思う。史上最多32回優勝した名横綱・大鵬の納谷幸喜さんが死去。

関連のお悔やみ記事を読んでいたら、それらとは別に最近されていたという森林保全活動についての記事を見つけた。

→「忍」を学んだ森へ恩返し(読売/ヨミドクター)

不世出の大記録は、森林仕事の厳しさで得た「忍」の心のおかげだった、今はその森林に恩返しがしたいという。若くして病に倒れ、引退後の苦難も多かったが、筋の通った生き方をされたのだと思った。

Aの道は、甘やかされた環境に育ち、それを当たり前だと思うこと。Bの道は、厳しい環境の中で、考えに考えながら「忍」の心を身につけていくこと。プロとして大成するためには、むしろ「Aの道」こそ「適さない環境」だと言える。阪神タイガースには、大横綱大鵬を生み出す森林がない。この日鳴尾浜の虎風荘で新人はじめ入寮者に行った講義で、金本が言いたかったのはそういうことだと思う。

→金本氏 藤浪ら戒める「結果も残していない 恥ずかしいと思いなさい」(スポニチ)

しかも一般論で片づけず、タイガース球団の具体例や数字を挙げて、いかにこの球団が若手選手にとって「厳しい環境」なのかをわからせたという。厳しいこと、イヤなことを言って嫌われるより、ニコニコと当たり障りのないことを言っていればカドも立たない。しかしそれでは若い選手たちのためにならないということがわかっている。金本氏は将来の指導者として、なかなか見事な手腕を見せた。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿 and tagged . Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

6 コメント

  1. Posted 2013年1月20日 at 10:21 | Permalink

    私も北の湖や輪島(輪湖時代)に相撲に夢中だったので大鵬さんの現役時代はよく知りませんが、大鵬さんのご冥福をお祈りいたします。
    余談ですけど「巨人・大鵬・玉子焼き」は子供の頃によく聞いたフレーズですが、五年後には「阪神・白鵬・イカ焼き」が定番化していると信じています!

    金本は一見ヘラヘラしているようにも見えますが、自分に厳しくしっかりした信念を持った人間、なるべく早期にタイガースのコーチとして復帰して貰い、野球の厳しさ(忍)を若手に叩き込んで欲しいです。

  2. 虎蜂
    Posted 2013年1月20日 at 10:32 | Permalink

    ここまで突っ込んだコメントをしてくれる人はなかなかいなかったので、記事を読んだ時に、金本はやっぱり違うなぁと改めて思いました。

    周りにチヤホヤされても流されることなく、しっかりと自分を持って、若い選手には頑張って欲しいと思います。

  3. 西田辺 さんのアバター 西田辺
    Posted 2013年1月20日 at 11:53 | Permalink

    大横綱大鵬さん。
    現役時代の記憶は残ってないんですが、一相撲ファンとして残念です。
    ご冥福をお祈りいたします。
    >金本氏の教訓
    確かにルーキーにとってもズシリと来る金言ですが、本音の所では
    彼らの後ろにいる球団へのメッセージにも聞こえました。
    勘違いさせる環境を作ってるのはお前達球団なんだぞ!
    しっかりチーム作りして育ててやってくれよ!と。
    それが球団に届いたかどうかは、何とも心許ないですが(笑)
    何せこの特殊な環境を理解して対処するなんて、ルーキーには無理なんですよ。
    お願いしますよ、ホント。

  4. ken3953 さんのアバター ken
    Posted 2013年1月20日 at 13:02 | Permalink

    同じ言葉であっても口にする人が違うだけで、重みが異なるという事があります。

    自らに厳しく、阪神という特殊な環境で素晴らしい結果を残してきた
    金本氏が戒めを説いてくれた事は、新人達にはプラスだと思います。

    ついでにバット持って球団社長室に乗り込んでくれると嬉しいんですがw

  5. Yoshi
    Posted 2013年1月20日 at 15:17 | Permalink

    久しぶりに投稿します。
    昨日の結果重視ということに関してですが、為末大さんが素晴らしい記事を書いているので、シェアしときます。「敗者たちよ 君たちは素晴らしい」という文章です。
    http://london2012.nikkansports.com/m/column/tamesue/archives/p-cl-tp0-20120811-998905_m.html

  6. 梅虎
    Posted 2013年1月20日 at 23:46 | Permalink

     西田辺さんのコメントに思わずうんうんと頷いてしまいました。選手が大成しないのは、本人の問題でもあるでしょうが、それと同じかそれ以上にコーチ・監督球団首脳の姿勢にも原因があるんじゃないかと。もちろん、我々ファンを含めた阪神球団に係わる人間全員の責任でもありますしね。
     …まあ、それが届いたかどうかは甚だ不安。
    「せやせや。やっぱ金本君はええ事言うなあ。藤浪も北條君もそれと……えーと、あとの四人も勘違いしたらあかんでww」って、うんうん頷いてるだけのような……

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">