宜野座打ち上げと「投手番付」

宜野座キャンプ打ち上げの様子を中継で見る。情報では前日夜にホテルで打ち上げ(飲み会)をするそうで、最後の投内連携など声は出ているが体の動きはイマイチの選手が多く、まあそんなもんなのだろうという感じ。メリハリつけてやるのは悪いことじゃない。

オオトリは今年も全員声を揃え、足並み揃えてのランニング。去年ダメだったからと簡単に変えなかったのはいいと思う。気持ちを合わせていくことは何より大事なのだ。去年はそれを阻害するようなことを首脳陣自らがしていたからいけなかっただけ。自分の考え、主張を強く持ち、それを周囲から順に波及させ一つの方向を向かせる。今季はそうあって欲しい。

安芸の方も順調のようだ。今季はもっぱら岡本育子さんの取材で平田二軍監督の勇ましい声を聞いた。藤浪効果で投手力の押し上げがきっとある。楽しみだ。

投手のデプスチャートはこんな感じになっているんじゃないかな。「層が薄い」と思った時が層を厚くするチャンスなのかもね。

(先発型投手)
1 能見L
2 メッセンジャー
3 スタンリッジ
4 岩田L
5 岩本
6 藤浪
7 小嶋L
8 鶴
9 秋山
10 榎田L
11 安藤
12 二神
13 [育]島本L
14 伊藤和
15 玉置
16 歳内
17 清原
18 金田

(救援型投手)
1 久保
2 福原
3 加藤L
4 渡辺
5 筒井L
6 鶴
7 藤原L
8 小嶋L
9 白仁田
10 松田
11 高宮L
12 二神
13 歳内
14 [育]島本L
15 伊藤和
16 玉置
17 田面
18 川崎L
19 久保田
20 榎田L
21 [育]林
[+]西村
[+]ザラテ


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿 and tagged . Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

6 コメント

  1. 大虎真弓
    Posted 2013年2月23日 at 10:44 | Permalink

    安芸のレポートを聞くと体が疼いてくる!(笑)
    島本くんがずっと調子が良いようでそこに清原、再試験の二神、などが俺だってと
    ライバルに嫉妬して実力をさらに付ける。
    こんなキャンプだったら毎年見に行きたいものです。
    ケガや故障者が最低限で済んだ事と新しく入団した選手が新鮮な風を起こしてくれた事は
    間違いない事実だ。
     このムードで開幕迄のオープン戦も突き進んで欲しい。

  2. 西田辺 さんのアバター 西田辺
    Posted 2013年2月23日 at 14:30 | Permalink

    報道では、まるで能見、岩田、メッセ、スタンの4枚は盤石のような書き方。
    能見だってWBCで調子がどうなるか分からないし、それ以外の投手も
    去年は負け越しの成績。
    援護が〜とか、キャッチャーが〜とか言い訳しても現実は現実。
    5番手6番手を探すのも良いけど、不調者に取って代わる存在の
    準備は常にしとかないと。
    ここ何年も、ここで後手を踏んで最後の踏ん張りが利かなくなってますからね。
    第二列目の台頭が今年の課題になるでしょうね。

  3. 虎蜂
    Posted 2013年2月23日 at 17:28 | Permalink

    先発も層が厚いわけではありませんが、もし鶴が開幕ローテに入れないのであれば、中継ぎに回して欲しいです。きっと、首脳陣もそのつもりだと思いますが。

    あとは一軍を争う中継ぎ陣がパッとしないので、島本をオープン戦で使ってみて欲しいです。駄目なら駄目で課題を見つければ良し。結果が出て、支配下登録となれば他の投手の目つきも変わるのではないでしょうか。

    野手の補強に対する若手の奮起に改めて競争意識の大事さを感じました。

  4. ken3953 さんのアバター ken
    Posted 2013年2月23日 at 19:13 | Permalink

    先発と中継ぎ・抑えでは必要とされる能力が異なります。

    先発だと常に全力で投げる訳にはいかず、力のぬき所が必要になります。
    ある程度の失点を覚悟した上でイニングを跨ぎつつ、長時間投げては
    数日休むという筋力・スタミナが要求されます。
    中継ぎ・抑えだとほぼ全力で投げる一方、連投があり、予想外の登板があり、
    精神面の強さや性格なんかも影響してきます。
    当然レギュラーについての話となりますが。

    抑え予定の久保はこちらで適正はありそうって感じで
    以前議論されてたと思いますが、榎田は先発転向がマイナスに
    作用してなきゃいいんですが。

    昔は先発でイマイチなら中継ぎみたいな風潮がありましたが、
    今は中継ぎレギュラーってのがきちんとあるべきだと思います。
    7・8・9回を1イニングずつ任せる3人と、あと左右1人ずつ位は
    計算できる投手が必要です。残りの枠に敗戦処理や緊急登板、
    ビハインドで使う為に若手等を使って欲しい所。

    toraoさんの番付を見る限りでは救援型の方が、どうも安定しない
    印象です。期待の若手!は一杯居るのですけど・・・。

  5. Posted 2013年2月23日 at 22:21 | Permalink

    (ちょっとフライングですが)エース能見は心配無さそうですね、素晴らしい!

    toraoさんのこの並び、個人的には先発型の岩本の次辺りに秋山かな!

    一番の誤算は、藤浪と共に「今年の目玉」と思っていた先発転向の榎田の不調ですかねぇ…、実に残念。

    キャンプ締めのランニング、やはりデカくて目立つ藤浪に目が行ってしまいました。関本の最後の「噛み」はお約束か(笑)!?

  6. 梅虎
    Posted 2013年2月23日 at 23:38 | Permalink

     いやー、今日のOP戦初戦は大勝でしたねぇ。侍ジャパンに勢いを分けてやりたい…いや、やっぱやめとこwということで明日のOP戦は生で見られない(ちくせう!)ので、今日のうちに感想おば。

     上本・大和の1・2番が練習試合から内容・結果ともに充実してますねぇ。12球団でも随一のコンビになれるんじゃなかろうか…。WBCから鳥谷が帰ってきても、崩すのがもったいない!いや、ほんと。そんなこんなで固定ではなくとも色々パターンを試してでも彼らを使っていって欲しいですねぇ。

     投手陣は岩田が順調なようでよかよか。逆に伊藤和・髙宮あたりは今後OP戦で結果を出し続けなきゃいけないかな…。ただ、今年は二軍が投手に関してはある程度バックアップと、立て直しの機能を担ってくれそうなので、そこを期待してみるのもおもしろいかもしれませんねぇ。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">