岩崎が救い、岩崎を救う

阪神は2回、一死から6番福留がヒットで出ると、続く7番鶴岡との間でヒットエンドラン成功。一死一三塁と好機を拡げると、8番大和のセーフティースクイズで1点先制。先発岩崎は初回から緩急と制球が冴えて三振を量産していたが、点をもらった直後3回表にはバント処理を誤り(記録は岩崎の送球エラー)、一死一三塁とすると、梶谷に犠飛を上げられすぐさま同点とされる。しかしタイガースはすぐそのウラにゴメスのソロでふたたび勝ち越す。岩崎はその後も強打者が並ぶベイスターズ打線に対し真っ向勝負、5回までに8三振を奪う好投だったが、6回二死からブランコに逆転2ランを食らってしまう。だがこの日のタイガースはめげなかった。ゴメス内野安打、マートンの浅い中飛を桑原が落球し無死一二塁、福留が三塁前に絶妙の犠打を決めて、一死二三塁、代打新井敬遠、代打関本三振の二死満塁から岩崎への代打坂がショート左への内野安打で同点、続くこの日3三振だった上本が三遊間を破る2点タイムリーで勝ち越し、これが決勝打となった。7回以後は安藤、福原、呉昇桓が無失点リレーで繋ぎ、岩崎に白星をプレゼント。首位攻防東日本3連戦はジャイアンツが3連勝し、タイガースは2位に浮上。首位との直接対決を多く残すベイスターズが敗れ、ジャイアンツに優勝マジック22が点灯したが、そんなもんすぐ消したるわ。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
対DeNA 19回戦 甲子園

デ | 0 0 1   0 0 2   0 0 0 | 3
神 | 0 1 1   0 0 3   0 0 x | 5

勝:岩崎4勝4敗0S
S:呉昇桓1勝3敗34S
敗:三浦5勝5敗0S
HR:ゴメス ソロ23号、ブランコ ツーラン14号
DeNA:三浦 – 長田 – 国吉
阪神:岩崎 – 安藤 – 福原 – 呉昇桓
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

好調の三浦は素晴らしい投球内容だったが、守備に足を引っ張られた。先制のセーフティースクイズは、見送ればファールだったし、マートンの中飛を普通に捕っていれば、展開は全然違っていただろう。タイガースにとってはラッキーだったし、守りの意識を高めていく必要性を再認識するいい機会になった。

それはそれとして、和田監督が重い腰をよっこいしょっと上げて、ムチとまではいかないが、多少の号令を発したことでチームに動きが出た。大和を8番に下げて、2番今成、6番福留、7番この日はスタメン捕手の鶴岡とオーダーを変えた。それにより、6番福留を「クリーンアップの底」という位置付けだけでなく、「下位への起点」とか「二次攻撃への繋ぎ」という役割を与えることができた。

まずは2回の先制の場面、一死から一走福留&打者鶴岡で決めたエンドラン、これが試合を動かした。福留はセンターを守るなど、試合に出ている中で足も若返ってきた感じ。軽やかにスタートし、鶴岡は巧みにバットコントロールして広く開いた一二塁間に転がした。スタメン捕手はできるだけ梅ちゃんに修行させたいという気持ちはあるが、これをやるつもりがあるのなら、外角球のさばきが上手い鶴岡がいると攻撃の幅が広がる。梅野もそれほど差はないけれど、一二塁間に転がす練習はまだ足りていないだろう。それと勝負所で代打を出して、終盤の守りを鶴岡にするより、俊敏な梅野に守らせた方がいいし、試合の勝ち負けを最後まで背負わせるのは、途中で代えられるより修行になる。

大和のセーフティースクイズは先述のとおり相手の「ミス」もあったが、1ボールからのエンドラン、直後初球の急襲という勢いに乗った攻撃が、相手を慌てさせ、判断を狂わせたといえる。やると決めた時の和田監督は実に鋭い。やると決めないのが問題。

中盤で2点のリードを奪った後、7回ウラの攻撃なども、鳥谷が盗塁を決め(これも良かったね)、マートンがヒットで続いて一死一三塁の形を作った。打席にバントの上手い福留。和田監督はセーフティースクイズが本当は大好きなのだ。確かに走者に走力と判断力があり、打者にバント技術があれば確実に1点取れるし、三走をスタートさせるホンモノのスクイズよりリスクが少ない、バランスの良い攻撃だ。この場面でも和田監督は絶対に考えたはず。だったらやれば良かったと思う。流れを変えてしまったらとか、福留にバントばかりとか、消極的&中途半端な戦術と言われないだろうかとか、いろいろ考えて止めたのだと思うが、「オレはこれが好きなんじゃ。この試合、この1点で決まるんじゃ」と、気迫もろともサインを出せば良かったのだ。たぶん福留も鳥谷もサインを待っていた。なぜならそれがキャンプからやってきた和田野球だと知っているから。もしそれでミスしても、たぶん流れは変わらない。むしろ加速できたと思う。

話戻って、6回の逆転の場面は福留のバントが素晴らしかった。岩崎が逆転の一発を食らったが、すぐに相手のエラーもあって無死一二塁の好機。ここで福留は三塁線に綺麗に転がし、もう少しで自分もセーフになりそうな最高のバントを決めた。

福留 打率.222 得点圏.141 出塁率.322
今成 打率.267 得点圏.243 出塁率.313

2番福留、6番今成、8番大和が、実はしっくりはまりそうだなぁ。

で、ここからの代打攻勢がまた難しいところだった。結果は7番鶴岡に代打新井で敬遠。一死満塁で8番大和に代打関本で空振り三振、二死満塁となって9番岩崎に代打坂でショート内野安打、同点。さらに上本にもタイムリーが出てこの回3点。結果は満点だったが、新井を無駄にしたという感じが残るし、坂はなんとなく「仕方なく出した」という感じだったところを見ると、結局関本一人に頼っていたように見える。でもこれもツキだ。

当たりが悪かっただけにイマイチな印象だが、この日、和田監督に勝利のツキを呼び込み、チームを救ったのは二死満塁から同点のショート内野安打を打った坂だ。二塁でセーフになった新井もよく走ったが、追い込まれながらも粘ってカウントを作り、フルカウントまで持っていったからこそ、投球と同時に走者が一斉にスタートできた。上本の勝ち越し打は、もう同点からの流れだ。
空振り三振、見逃し三振の山を築いていた三浦に対しては、バットに当てること、投手にイヤな予感を与えることがこよなく大事だ。いい仕事をした。

8回は石川のスーパープレーにやられたね。先頭代打隼太が久々の快打で出塁し、上本きっちり送りで、今成。センターオーバーと思ったら、背走ダイブでナイスキャッチ。これは凄かった。ただあの隼太の走塁はどうなん?抜けてからでも十分帰れるだろうし、打球見ながらタッチアップで三塁へも十分行けただろう。ま、とにかくあの石川のは凄かった。

3回ウラ、追いつかれてからのホームランを放ったゴメス、素晴らしい。初球、カウント球すらほとんど甘く来ないこの日の三浦だったが、わずかに中に寄ったインコースをやや詰まりながらも上手くさばいた。3点になった6回は先頭で全力疾走の内野安打。またゴメスのひたむきさが、チームを明るくしている。

23年目「元トラキラー」三浦とのマッチアップで苦戦が予想されたが、ルーキー岩崎の投球は堂々として素晴らしいものだった。二軍調整が続いていたが、球の回転、制球をしっかり取り戻していた。とにかくこの投手は大きな舞台で力を発揮できるのがスゴイ。メンタルの強さだろう。インハイに直球、アウトローに変化球という基本的な組み立てだが、それぞれストライクにする球、ボールにする球をきっちり投げ分けることで、打者の注意をよりそらすことが出来ていた。ルーキーの今、課題は3つ。打席でのバント、バント守備、外国人への投球。ブランコに打たれたあの打席以外は外国人打者への投球も完璧だった。インサイド直球(ボールでもOK)でカウントを稼ぎ、遅い球を外に見せておいて、やっぱり内角高め。「遅いのに浮き上がるほど速い直球」は威力十分だっただけに、あの届かないところに投げるはずだったチェンジアップが悔やまれる。でも素晴らしい投球だった。強打者にも臆せず向かっていく姿にバックが発奮し、失投を打たれたことを一緒に残念に悔しく思い、なんとかすぐに逆転しようとまとまった。すべて岩崎の投球がもたらしたものだ。

春先、チームが落ちていきそうになって、投げる投手がいない危機でチームを救った岩崎。また連続負け越しになりかねないピンチを救った。今季この位置にいる新チームを形成した重要な投手が戻ってきてくれた。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿 and tagged , , , . Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

12 コメント

  1. ガク
    Posted 2014年9月5日 at 10:20 | Permalink

    質量ともに最近のトラオさんの熱い思いが詰まった記事ですね!(^^)!

    ブランコの判断ミスも桑原の落球も打つべく手を打ったから起こったこと。
    よく勝ちました。
    でもトラオさんも指摘されてますが8回のハヤタの走塁はいただけません、あれはタッチアップしなきゃ。ランナーが3塁と2塁じゃえらい違いです。ましてや終盤8回で2点差。
    せっかく代打でヒット打ったのに帳消しのプレーになってしまいます。
    今後ますますギリギリの戦いが続く中で当たり前のことをきっちりできるかがものすごく大事になると思います。
    今日からのナゴド3連戦、リアル岩田鉄五郎マサもなめてかからず全力でぶつかりましょう。

  2. Posted 2014年9月5日 at 10:22 | Permalink

    私も昨日の打順、いいと思います。

    また上本の「固まった時の猫」みたいなヒーインが見られて幸せです。

    岩崎が頑張ってくれました。
    ブランコの一発はアウトローにコントロールされており、あれをあそこまで運ばれたらもう「しゃーない」。解説者は「バットが届く所に投げてはいけない」と言いますが、暴投以外たいがいバットは届くでしょw

    和田監督もエンドランやセーフティスクイズ、福留にバントなど良く動きそれが機能しました。
    6回の代打攻勢、坂の打球では新井がよく走りました。新井さんはちょっとセーフのアクションは大袈裟でしたがとにかく全力プレーをしてくれる事が素晴らしい、あの走塁が「上本の決勝打を生んだ」と言っても過言ではないでしょう。

    あとは「勝ちパターンの三人」、誰か一人は「小劇場」があるのはお約束!休養十分の福原と呉はめちゃくちゃキレが良かったです。

    さあドラゴンズ戦、先発「元トラキラーpart2」は昨日のオジサン・三浦から今度は初老・山本昌に代わりますが、こちらも30年分の手荒い恩返しをしてやりましょう。

  3. 大虎真弓
    Posted 2014年9月5日 at 10:31 | Permalink

     あまり好きな言葉ではないがラッキーボーイ岩崎健在でした。
    二塁悪送球、ブランコへの外すつもりのボールが内に入ってのホームランなど
    やってもうた!も随所に出ながらも直向きで寡黙なピッチャーに何とか勝利を
    女神様がプレゼントしてくれたのでしょう?
    それでなければ何でもないセンター前のフライをグラブに触ることもなく落球する
    事など100回のうち1回も無いようなミスなど出るはずがない。
     広澤氏曰く不思議なストレートを持っているピッチャー岩崎がまたチームの危機を
    救ってくれた。
     この試合でバットの軌道のおかしいバッターはことごとく打てなかった!
    この反省を練習で修正し中日戦に生かしてもらいたい。
    錦織はテニスの振り方で野球のバットのスイングではないのだ。
    下からバットを出しても打てませんよ!上本、関本、鳥谷、福留さん

  4. としとまき
    Posted 2014年9月5日 at 10:45 | Permalink

    昨日は最高の試合でしたね。ナゴドで阪神が3連勝して、巨人がヤクルトに2勝1敗か1勝2敗で2.5ゲーム差か1.5ゲーム差で甲子園で直接対決なら最高ですね!

  5. 夢 さんのアバター 寿
    Posted 2014年9月5日 at 11:27 | Permalink

    いやはや、和田ちゃん遠慮っぽいからネ、やっぱり阪神は2位が良く似合う(笑)

    今日 中日は 山本昌、49歳いまだ現役に拘る姿、今日の結果はどうであれ楽しみだ。
    ガンバレ昌!!

    でも今日は能見で勝つ!!・・・複雑な心境(笑)

  6. とし虎
    Posted 2014年9月5日 at 11:33 | Permalink

    昨夜、広島の最後のバッター鈴木は一塁にヘッドスライディングしてましたね。
    熱いデス!

  7. 西田辺
    Posted 2014年9月5日 at 11:33 | Permalink

    岩崎、本当に孝行息子。
    シッカリ自分のカラーを持って、QS達成させる。
    まぁブランコのアレとか、フィルディングのソレはあったけど、
    なかなか新人投手が毎回出来る芸当じゃありません。
    しかし、こんな事言うのもどうかと思うんですが、和田監督って、
    悪運強くないっすか?
    5位に終わったオフの藤浪の引きといい、崖っぷちになると、ひょこっと幸運が舞い込んでくる。

    今日の相手は「投げる日本記録」山本昌。
    あれあれと言う間に抑えられるのだけはご勘弁。
    シッカリとチームオーダー出して、序盤から攻め込みましょうぞ。

  8. こうさん
    Posted 2014年9月5日 at 11:41 | Permalink

    キタキタ福留バント職人!
    以前も書いたが福留には「なんでも屋」になってほしい。
    ただ決断が遅ぇよ和田氏。
    「あの福留さんがバント…!!」ってスタメン外の選手に思わせれば、控えの選手も納得するし、俺も納得する。
    「ベテラン2人にヤられる」という最悪のシナリオを回避。
    梅ちゃんが途中からだが最後まで守ったのはデカい。
    「梅野でも大丈夫だな」って、改めて首脳陣は思っただろう。
    ただ安藤は投げづらそうだったなぁ。
    首脳陣がホームランを怖がってるから(もちろん俺も怖い)、梅ちゃんは、ほとんど外角に座る。
    梅ちゃんとベンチの配球が合致していることを祈るしかない。
    じゃないと梅ちゃんもストレス溜まるからね。
    雨で流れなければ9連戦。
    ここでハッキリするだろう。
    能見・藤浪には「勝利」だけを目指してほしい。
    そろそろメッセが背負う荷物を軽くしてやろうぜ。
    一年目から幸せだね梅ちゃん。
    ナゴドで3タテ!
    勝とうタイガース!!

  9. 阿太郎
    Posted 2014年9月5日 at 12:07 | Permalink

    とっくの昔に尼崎市の商店街で阪神にマジック点灯してるんや〜‼︎

  10. トラ好きおばちゃん
    Posted 2014年9月5日 at 14:26 | Permalink

    >坂はなんとなく「仕方なく出した」

    得点圏打率は悪いしこの頃良いとこ無しだけど
    隼太だしてほしかった。
    プロ入りして今まで無併殺だそうな。
    打てたら自信にもなるし、結果は神のみぞ知るだけど。
    まっ、大事な試合だし和田さんの頭の中には無かっただろう。

  11. hi64
    Posted 2014年9月5日 at 14:51 | Permalink

    岩崎はちょっと見ないうちになんかすごい風格が出て,
    こりゃなかなか打てんな,という感じのピッチャーになってました。
    ブランコの一発は,真ん中には行ったけど低めのボール球で失当とまでは言い切れないような球でした。
    ただ,外そうと思って投げてるから腕の振りが緩かった。
    誘い球の変化球こそ腕を振らなきゃ。
    この点については能見といういい手本がいるから勉強,勉強。
    次もチャンスあるだろうから,頑張れ。

  12. TJ風船
    Posted 2014年9月5日 at 20:40 | Permalink

    トラオさん、本日も記事が熱いです。読みながら自然とウルウルしてしまいます。
    ブランコはローボール好きですもんね。ただ打たれて岩崎がマウンドにしゃがみ込んだ時に野手達はハッとなったかも知れない。負けさす訳にはいかない、俺達が打たせたようなもんだと。でも能見さんの時はカラ回りする打線だもんなあ(笑)。まだツキがある、捨てたもんじゃあない。きざみ納豆のようなネバリの選手会長!良い食らい付きでした!繋いだ坂もシブイ。新井さんの必死のスライディングからのゼスチャーに拍手! 岩崎に星が付いて良かった。大舞台に強い精神はルーキー離れしている。今日は直球の回転は素晴らしかった! そしてマサ山本です。そら随分イジめられましたけどここまで来たら、いちプロ野球ファンとして尊敬せざる得ないお方ですわ。三浦番長といい、頭が下がります。やりにくいけど頑張れタイガース!

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">