今季初のカード3タテが今このナゴド

ドラゴンズが2回ライトスタメン狩野の落球などで進んだ走者を返して先制。タイガース先発岩貞は成長を感じさせる粘りの投球で7回を2失点でまとめた。しかし打線はドラゴンズと同じ6安打を放ちながら1点が遠く、最後も二死二三塁の好機を作ったが実らず。見逃し三振の後「侮辱行為」でゴメスが退場するなど、スッキリしない敗戦で今季初のカード3タテを食らった。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
対中日 21回戦 ナゴヤドーム

神 | 0 0 0   0 0 0   0 0 0 | 0
中 | 0 1 0   0 0 0   1 0 x | 2

勝:雄太6勝6敗0S
S:福谷0勝3敗5S
敗:岩貞1勝3敗0S
阪神:岩貞 – 金田
中日:雄太 – 祖父江 – 福谷
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

あと少しで「やりかえし」の逆転優勝にも手が届こうかという状況で、特に何のモチベーションもないドラゴンズとの戦いで、まったく打てず飛ばずの3連敗。こともあろうに今季初の3タテをここで喫するとは。

見方を変えてみる遊びでもするか。今目の前でやっている野球は、14年シーズンの優勝争いではなく、15年シーズンへの戦力を見定めるためのテストマッチなのだと思ってみる。不運にも3敗目となったが、岩貞は勝ち投手に匹敵する粘り強い好投を見せた。当然、先発ローテに入れていい投手だ。金田の成長は頼もしい。この1回をなんとか守って欲しいと思って送りだしたビハインドパターンのリリーフが何人打ち込まれてきたことか。今季ですっかり存在感のある投手になった。
…「そんなアギーレジャパンみたいな見方ができるか!」って?そらそうよなぁ。どう考えても勝たなきゃいけない試合だもんなぁ。

しつこく揚げ足を取ると、ベイ山口に手も足も出ず完投され、「こんな試合はきょう限りにしたい」と和田監督が言った後、4試合戦って2試合がゼロ負けだ。きょう限りどころか、「いつまで続く?」だ。「秋に失速しないよう」にしても「勝負の9月」にしても、結局現状分析と目標設定まではできるけれど、それでおしまいだったということか。まあそうなのだろう。

しかし今年の和田監督には何がなくともツキがある。勝負所でチーム状態を最悪にするという、「究極の下手」を打ったというのに、ライバルが足踏みをして、致命的なエラーにまではならなかった。やろうとしたことがことごとく上手くいかず、最後に選んだものがスマッシュヒット、そんなこんなでここまで来た。エース良し、4番良し、抑え良し、守備良し、代打良し、3塁コーチャー良し、若手良し、怪我少なし。ここまで好条件が揃って、ツキもクソもないんだけどね。

確かにもう結果だけが問われる時期だ。でもそんな時だからこそ、体が固くならないように、ノリノリでプレーする空気が欲しい。「結果はいいから思い切ってやってみな」という雰囲気がなくなると、すべてを重荷として背負い込み、重さにつぶれてしまう。例えばの話、勝負の場面で2番なり、8番なりに入っている大和に回ると当然のように代打が送られる。なぜなら大和は打撃が悪く、勝負所では荷が勝ちすぎているから。でも本当にそうだろうか。今年前半、大和は勝負強さを発揮した。満塁での成績が意外なほど良いという性質もあった。そういう過去に「できたこと」を単に「まぐれ」として扱い、金輪際あんなことはないと決めつけてしまうかのようなことでは、伸びるものも伸びないだろう。ちなみにこのドラゴンズ3連戦、大和は7打数3安打1犠打だった。調子が悪い、どうせ打てない、打ってもマグレと決めてしまうにはもったいない状態なのかも知れない。「打てなくてもいいよ、こっちもそのつもりでいる。でも思い切ってやって来い」ギリギリの勝負の時には、こういう気持ちで送りだしてやりたい。

スタメンで使う選手も、先発させる投手も、途中から投入する選手たちも、みんなそう。生活をかけてプレーしている以上、結果が欲しくない選手なんているワケがない。結果が欲しいという気持ちが焦りや固さにならないようにするには、どんな準備、練習が必要か。起用法、アドバイスもあるだろう。今までのそれが間違っていたという認識を持って欲しい。

もはや今季の残りを考えれば、今できることは、明るく開き直った雰囲気作りだけじゃないだろうか。ロングスパート期間の本番、9連戦。見せてくれる成長を楽しみにしたい。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿 and tagged . Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

27 コメント

  1. 駒トラ
    Posted 2014年9月8日 at 10:26 | Permalink

    3試合で合計2得点、1試合平均1点に満たず・・・
    1点もやれない、1点やってしまったら、勝つチャンスはない。
    この3連戦、ピッチャー連中は、そんなプレッシャーの中で、投げていたのだと思います。
    逆に野手陣は、昨日などは、ほとんどチャンスも作れず、誰が、打てなかったからという責任論も出ないでしょう。(走塁ミスが2回ほどありましたが)
    ただ、初戦などは、ノーアウトのランナーが出ても、無策で打たせ、フライアウトやゲッツーになる場面が何回かありました。
    今までは、結構早い回でも、バントをさせる場面がありましたが、采配にあせりがあるのか、連打や一気に逆転を狙っているように見えました。
    toraoさんも以前、先手を取られると地道に1点ずつ取ることをしないとおっしゃっていたかと思います。それが原因で、特にナゴヤでは、相手の術中にはまっていく感じが否めません。
    勝負強さ云々は、所詮、小さいことの積み重ねの結果のような気がします。
    一番の勝負所でこの打線が低調な時に、クリーンナップでも進塁打優先を指示できないのでは、今後も、あっさり、さっぱりの試合が続くような気がしてなりません。

  2. ガク
    Posted 2014年9月8日 at 10:29 | Permalink

    せっかく広島も読売も負けてくれているのにこの体たらく・・・
    いかにも阪神らしいですがもうそういうのは去年までで止めにしましょうよ。
    わざわざ休みにナゴドまできて応援している「信じているよ」わらし姉妹が不憫です(>_<)

    鳥谷がらしくないので心配です・・・

  3. Posted 2014年9月8日 at 10:32 | Permalink

    とうとう、あの「ぶれないデイリースポーツ」にも見放されましたね(涙)。
    やるせないゲームで、自分の中でも糸がぶつんと切れる音が…….、ショックで20時過ぎには床に就いてしまいました。

    岩貞はナイスピッチングでした。これからも我慢して投げていれば、先日の岩崎のように打線が助けてくれる事もあるし、岩兄弟長男・岩田などはもっと打線に見殺しにされた時期もあったけど、今年少し我慢が報われた。
    とにかく腐らず、これからも自分のピッチングをして欲しい。

    打撃陣、全く元気ないですね。
    こんな時こそ一番引っ張って欲しい鳥谷が不調、そして表面的にも元気がないのがとても残念です。
    こんな時こそ、明るい西岡や陽気な(イメージ)陽川、元気のいい松田や岡崎など上げて、ガラッとシフトチェンジしてみるのも「アリ」かと思います。

    とにかく「気持ちの入ったゲーム」を見せてくれ。

    • タイガー・アイ
      Posted 2014年9月8日 at 13:12 | Permalink

      虎ジジィ様
      ガラッとシフトチェンジして活性化を図る提言はよろしおすなあ。そやけど西岡選手や陽川選手を引き上げた場合、誰をファームに落としたらええんやろ。また、西岡選手や陽川選手がスタメン出場やと、上本選手や今成選手がベンチを温めることになりますなあ。ほんまに難しいところですわ。

      • Posted 2014年9月8日 at 14:30 | Permalink

        こんにちは。
        確かに難しいですが、ファームに落とせそうな選手は数名いますし、上本・今成もリフレッシュする意味で連敗した時ベンチに置くのもアリかと..!
        とにかく「何か」をしないとこのままズルズル行きそうな気がします。

        ちなみに私、毎年「月見バーガー(阪神落ちるイメージ)」のCM見ると切なくなります。

  4. トラ好きおばちゃん
    Posted 2014年9月8日 at 10:42 | Permalink

    土曜の試合、一度目の好機で隼太に回り失敗。
    その後もう二度と訪れないかも知れない好機でトリが併殺でTHE END!
    試合後の和田さんのコメント、隼太に対しては厳しく叱責。
    それは当たり前のことをできなかったので良いのだが、トリに対しては
    「うちのパターンで取れなかったから仕方がない。」
    いつでもベテランにはやさしいなと思った。
    鳥谷は実績十分しかもキャプテンなんですよ。
    どうしてもトリは例の通り情熱が表に現れないタイプのようで難しいが。
    チームが一つにまとまらなきゃならない時期に、ここは主将に
    矢面に立ってもらって若手に「鳥谷さんでもダメ出しされるんだ。尚更
    自分たちも頑張らねば!」と思わせなきゃならないんじゃないの?!
    やっぱり人心掌握に長けてない。人の上に立つ器には見えない。
    ここにきていつものごとくだが悔しいね。
    応援はするけど。

  5. サヨナラ3ラン
    Posted 2014年9月8日 at 10:43 | Permalink

    明日の甲子園にどれだけの観客が入るのか
    それが今一番の興味だ。
    このヤクルト、横浜、中日と戦った9試合の結果や内容時代では
    明日からの巨人戦チケットもプラチナの
    価値があっただろうに。
    持ってる人が気の毒だよ。

    • トラビトー
      Posted 2014年9月8日 at 18:30 | Permalink

      サヨナラ3ランさま

      私、チケット買ってしまって持ってるのですが、行くのやめようかと思ってます。交通費5千円もかかるし。
      買った時は、すごい試合になるかとドキドキしてたんですけどね。
      あ〜ぁ、ですわ。

  6. 虎世界一
    Posted 2014年9月8日 at 10:52 | Permalink

    雰囲気作りが全く苦手なあの監督。甲子園6連戦で前回のヤクルト戦のような空席はないと思うが、選手に覇気がない、監督が熱くない、悪い采配にも変化がない、選手に戦略が伝わってない、チーム一丸もない、では仕方がないかもしれない。しかし球場に行って前監督に「不信任案」を提示したような行動を阪神ファンには起こしてほしいものです。

  7. 大虎真弓
    Posted 2014年9月8日 at 10:57 | Permalink

     鳥谷が心配だ。
     バットの軌道がまるでフラフープの様に遠回りして出てくるので
     ボールに差し込まれてろくに飛ばないし、力がバットに伝わらない。
     多分背中か腰を痛めているので体重の移動やヘッドを最短でボールに当てる事が
     出来ないのだろう?
     こんな時は先輩の長崎のバッティングを参考にして欲しい。
     バットを立てたままグリップエンドをボールにぶつける様な独特の叩き方だが西武と
     日本一を争っていた時に腰を痛めていた長崎がこのスイングでインコースのボールを  ホームランを打ち優勝を決めた。
     一年間プレーすれば必ずどこかを痛めるだろうが、そのまま出てもチームのために
     なるとは思えない。少しでも参考になることがあれば取り入れてもらいたい。

  8. 夢 さんのアバター 寿
    Posted 2014年9月8日 at 11:04 | Permalink

    いやはやいやはや、岩貞くんよく投げたよ、でも得点できなきゃ勝てないよ。
    狩野の落球と走塁ミス、それと選手たちは頑張ってるが繋がらない焦りと諦め、
    そう感じるのは私だけ?

    夜は広島が気になり7回から観始めた、裏攻撃3対4で負けていたDeNAの
    猛烈な攻撃で5点追加、8回も3点追加11対4で快勝!!
    毎年Bクラス、今の阪神に感じないチームの意地をみた。

    監督と選手コーチと一体感、全員が勝とうという意識、ヒットの選手にベンチから
    身を乗り出し拍手の嵐。中畑監督の天性の明るさがきっとチームを引っ張ってる
    んだろうね。 4位DeNAとゲーム差5.5、うかうかしてられないよ!!

    明日から巨人広島6戦、TV消したくなるようなゲーム止めてくれ!!

  9. あつし
    Posted 2014年9月8日 at 11:10 | Permalink

    昨日はナゴドで観戦しました。
    ベンチも選手も重~い雰囲気でした。

    このジャイアンツ3連戦、3連勝しか道はないんだから結果考えずに今シーズンの集大成にしてほしい。

    どうせダメなら悔いなく終わって欲しい…

  10. 西田辺
    Posted 2014年9月8日 at 11:14 | Permalink

    あの9年前、時の将はこう言い放った「ムチャクチャしたれ。責任は俺が取る。」
    時は流れて、勝てるはずの戦力を持ちながら「ムチャクチャになってもうた。責任?知らん。私は来年も指揮をと言われとります」
    ってな感じですか?
    何も特別な事をしろと言っている訳ではありません。
    さぁこれからと言う時に、なんでこうなるの?
    本当ならこの時期、優勝争いをできる幸福を感じなきゃいけないのに、何故重さばかりを感じてるの?
    マイナスイメージを先行させてちゃダメ。
    このまま優勝逃した時、「一年間頑張りました」と胸を張ってファンに言えるんですか?
    ファンも、「よく頑張ったね」と心からの拍手を送れますか?
    あの時の言葉をもう一度胸に刻んで出直して欲しい。
    「ムチャクチャしたれ」

  11. こうさん
    Posted 2014年9月8日 at 11:31 | Permalink

    キヨシが何年目の監督かは分からないが「CSが目標!」と選手に道を示している男と、「優勝が目標」という大風呂敷を広げたが破れた風呂敷を直す方法も知らず空ばかり見上げて飛ぼうとしてる男…。
    優勝を目指していたと思われるゴメスが「お絵描きタイム」に突入。
    「ワダサン?シッタコッチャナイネ」モード突入だ。
    マートンの為に抗議に行かなかった和田氏を見て、心が切れたのかな。
    それとも師匠マートンと2人で「流しモード」に突入したのかな。
    「左右病が全ての原因」と、なぜ気付かない?
    なぜ周りのコーチは反論しない?
    保身に走るのは、なぜ?
    選手を見ないで上層部の為に野球をするのは、なぜ?
    毎日ネガティブでアホなことを書く俺だが、打ちながら涙が出そうになっている。
    こんなに戦力が揃ってるのに「適材適所」が出来ないのは、なぜ?
    高代コーチが諦めていないことを願うしかない。
    今年、優勝できないのは、なぜ?
    抜かれてしまえよベイに。

    • こうさん
      Posted 2014年9月9日 at 04:46 | Permalink

      能見が、いよいよ讀賣戦に登板かぁ。
      菅野も阪神戦で復活。ゴメスは満を持して制裁金…。

  12. としとまき
    Posted 2014年9月8日 at 11:31 | Permalink

    和田批判のコメントが多いですが、もっともですね。やはり阪神という球団は星野や岡田のように熱くなる監督が向いていて真弓、和田の様な選手との摩擦をさける人間的にはよさそうな監督は向かんな!ここ一番で力発揮できないのはオフの練習量と質の問題もさることながらキャンプでの全体練習の少なさ、質、それと監督の采配ですな!

  13. 南の虎
    Posted 2014年9月8日 at 11:57 | Permalink

     いつも思うことですが、トラオさんの文章にはタイガースの選手たちへの大きな“愛”を感じます。
    タイガースのテレビ中継など年に数試合しかなかった地域に住んでいた小学生の頃、少しでも電波のいい場所を探し、星空を見上げながら屋根の上でラジオの実況を聴いていました。俗に言う暗黒時代とよばれた時期も、周囲にバカにされながらも必死に応援していました。
    トラオさんの文章を読ませていただいて、ここ数試合で諦めてしまった自分を反省し、もう一度、本気で応援しようという気持ちになりました。
    頑張れタイガース。

  14. 英くん
    Posted 2014年9月8日 at 12:14 | Permalink

    昨年の宿題であった優勝するためにはの問題に終盤に失速すると監督は分析したが、トラオさんが書かれているように今のところ問題の解決策はみられていないですね。
    皆さんのコメントで外国人選手の方が勝利に真剣に見えると記憶しているのですが、マートンやゴメスが退場になった行為はよろしくない行為ですが、それだけ勝負に必死であるという見方もできるわけで。勝敗よりも選手の姿勢が気になります。
    熱くなれは選手にはあまり浸透していないようですね。
    監督自身が熱くなってるようには見えないので仕方ないのかな。

    • 英くん
      Posted 2014年9月8日 at 18:17 | Permalink

      私は関西在住なのですが良いかどうかわかりませんが勝っても負けてもタイガースの話題が多いです。オリックスのことは、ほとんどと言っていい程、聞きません。
      以前に金本氏が入団直後の藤浪に、まだなにもしてないのに話題にされて恥ずかしいやろと言い今年、活躍中の上本に当初は関西以外では、お前のこと知ってる人はほとんどおらんと言ってました。
      こういう厳しくも愛情があることを言ってくれる人が首脳陣にいてくれることを願います。

  15. いわほー さんのアバター いわほー
    Posted 2014年9月8日 at 12:19 | Permalink

    唯一、岩貞の奮闘ぶりが目を引いたね。よいぞよいぞ岩貞。
    岩田、岩崎、岩貞の「岩三兄弟」にファームの岩本までも一軍ローテ入りできたら
    そん時、私「岩フォー」に改名するよ。(笑)

  16. ken3953 さんのアバター ken3953
    Posted 2014年9月8日 at 13:09 | Permalink

    ほぼ終戦w
    ですが開き直るチャンスであるとも言えます。
    広島も巨人も中継ぎが打ち込まれての敗戦。
    満身創痍なのは同じなので、ちょっと気合入れて明日に臨んで欲しいです。
    この3連戦は岩田がキーになりそうですかね。

  17. とし虎
    Posted 2014年9月8日 at 13:40 | Permalink

    3タテされたからお返しに6タテヤ❗️

  18. Yalkeys さんのアバター  Yalkeys
    Posted 2014年9月8日 at 14:25 | Permalink

    昨日、一昨日は映像を見るチャンスがありませんでした。
    それでも、皆様のコメントなどで試合の状況は推測出来ます。
    マートンのホームスティール(見てないですが微妙な判定だったようです)で、全く動かない和田監督を見ると、ナインはがっかりしたでしょう。それだけクールな監督なのか?イヤ単なる無策なだけでしょう。
    いろんな場面で「不作為の罪」という言葉を耳にしますが、今の和田監督などはその典型だと思います。
    監督続投が報道されたのと時を同じくしての急転直下・・・無関係という人も居るでしょうが、私はそうは思いません。どうしても関連づけて考えてしまいます。
    心の中では「今季は終わった。CSでも負けるだろう」と思っていますが、友人仲間の前では、ファイティングポーズを取り続けています。

  19. TJ風船
    Posted 2014年9月8日 at 14:43 | Permalink

    ユタカが来たりて笛を吹く。あら不思議!踊るどころか青菜に塩。短期なら浅漬けの元よ、和田ちゃん。すぐ美味しく食べられるよ! 「ダメだコリャ」と吐きたくなるを必死のパッチで歯の裏側で押し止めております。支離滅裂はいつもの事ではありますが…
    そんな和田塩を盛られても、岩貞は健気さの中にも猛々しく腕を振っていましたね。ナイスピッチングですよ。来季ローテの5番手確定かな。さて炎の!になる予定の9連戦ですがね、もう少し楽しませて欲しいなあ。オート野球だろうが何だろうが知ったこっちゃあない。選手の溌剌とした姿が見たい。こちらは全ての結果の受け入れ態勢はOKだ。
    皆で覚悟を決めたら後は無茶苦茶やったれだ! 頑張れタイガース!

  20. 阿太郎
    Posted 2014年9月8日 at 15:17 | Permalink

    3連敗したおかげで明日から変に力まずエエ〜感じで試合出来るわ。

  21. hi64
    Posted 2014年9月8日 at 18:57 | Permalink

    おおよそ2007年以降というもの、ほぼ終盤には失速して、その勢いのままCSでも押しきられるというシーズンが続いています
    監督が変わってもこの傾向はほぼ同じといっていいでしょう

    こう考えると和田監督を含めた現首脳陣だけを責めてみてもしょうがないような気がします
    じゃあ誰のせいなのかといっても分かりませんが

    結局プレーをするのは選手
    せめて僕らから見て、必死でやってるなと思えるようなプレーを見せてほしいものです

    • ぴゅあらっく
      Posted 2014年9月8日 at 21:04 | Permalink

      土日はナゴドで観戦していましたが、チーム全体が元気がなくてガッカリしてしまいました(;o;)。昨日はルーキーバッテリーが必死に頑張っていたのに、先輩連中は何も感じないんですかね(-_-#)。
      監督、コーチ云々ではなく、試合でプレーするのは選手たちです。優勝だのCS だのは忘れて、自分が持つ力を最大限発揮して欲しいですね。
      私もあと数試合は現地観戦するので、最後まで力一杯応援します。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">