カットボール冴え、藤浪初完封

藤浪と大竹の投げ合い。チャンスを逃していたタイガースが6回、西岡、マートン、ゴメスの3連打で1点先制。藤浪は中盤のピンチを無失点で切り抜けると調子を上げ、6回以後はパーフェクト。プロ初完封で連敗を3で止めた。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

対巨人 10回戦 甲子園

巨 | 0 0 0 0 0 0 0 0 0 | 0
神 | 0 0 0 0 0 1 0 0 x | 1

勝:藤浪3勝4敗0S
敗:大竹1勝2敗0S
巨人:大竹 – マシソン
阪神:藤浪

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

小嶋抹消で松田登録。中谷にしても小嶋にしても、下で数字を残して上げてきた者に対しては、下でやってきたものが上でどの程度通用するのか、しないのかを体感させる必要がある。ごく普通の選手であれば、「妙な緊張感」から解放されるのに二度くらいは失敗してもしかたない。とにかく「チャンスは1回あるかないか」では、調子良い者まで、ブルってしまって具合が悪くなってしまう。その一方で、早く調子を上げてもらわないと困る…と、調子が悪いとわかっているのに、10回でも20回でも30回でもチャンスを与え続けられて、ときどき好結果が出ると(そらたまには出るがな)、「この調子で頑張って欲しい」……。結果として、上から下までずずずいっと、「世の中なんて、そんなもんか」という倦怠感に覆われる。

ここまで、責任を取らされた人たちを見てみれば、まず大和であり、梅野であり、島本であり、松田であり、江越であり、岩本であり、上本であり…。チームの調子が出ないのは、本当に彼らのせいなのだろうか。彼らが「スター選手」でないのは明確だが、発展途上であることは間違いない。「先はわからないけど、今はまだダメ」を捨てて、「先が細くなるのはわかっているし、いつ果てても不思議ではないけど、今はまだマシのはず(実際はぜんぜんマシでもない)」を大事にし続ける。

これ、どっちにとっても良くないこと。本来なら、若い方を伸ばしつつ、古い方にも刺激を与え、休ませつつ延命、結果、うまく競らせて世代交代というのがベストのはず。今の虎式だと、新しい方の成長機会がないまま、古い方が早く摩滅する。

とにかく「育てながら勝つのは難しい」という言葉は、今後一切使わないでほしい。プロ野球のように、長いシーズンを戦う団体競技の場合は、「強くなっている(上向き)時間」を長くし、「弱くなっている(下向き)時間」を短くすることが肝要。一度負のスパイラルに入ると、動揺が生まれ、求心力が低下し、心がバラバラになる。それを巻き返すのは至難の業だ。

成熟しきったチームを常に上向きにするというのも難しいことだが、強さを維持するというのはそういうことで、挑戦権を握ったものに、しっかり挑戦をさせることで上向きを維持できる。

シーズンに勝つことと成長させること、育てることは同じ方向にある。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

3番マートン、4番ゴメスがともにマルチ。ゴメスのタイムリーは、アウトローのボールゾーン、ようヒットにしたね。とにもかくにも1点取れてよかったよ。情けないけど、どんなにチャンスがあっても1点とれるかどうかというのが、今の虎打線。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

藤浪の対ジャイアンツ戦は、これが今季4試合目。日程のあやとはいえ、登板9回のうちジャイアンツ戦が4つというのもおかしな話だ。これに限らず、どこも同じ投手と当たるケースが多く、それが順位に影響を与えている部分はある。

1回目は4/5の東京ドーム、被安打5、四球1、3失点。試合は0-3で負け投手になったが、8回完投だった。
2回目は4/19の甲子園、被安打8、四死球4と、前回より内容は悪かったが、それでも7回2失点にまとめた。3-5で負け投手。
3回目5/2東京ドーム、被安打5、無四球、10奪三振で8回1失点。しかし試合は0-1でまたも完投負け。

3点すら取れない打線のせいで3連敗だったが、世が世ならジャイアンツ戦3連勝でも、全然不思議じゃない投球だった。

打線は相変わらず3点どころか、1点しか取ってくれなかったが、藤浪、ついに今季ジャイアンツ戦初勝利。しかもプロ入り初完封のおまけつき。四球も3つ出したが、前日ボカスカ打たれたG打線相手に、打たれたヒットはわずかに2本。

球数は137とかかったが、投球はまとまっていた。ピンチの場面や、試合終盤は力みも感じられたが、それ以外ではあまり力感なく、柔らかく直球とカットボールを投げていた。正確無比というタイプではないので、ボール球もあるが、楽にストライクを稼げていた(もっともこの日の球審佐藤の超巨大ストライクゾーンに助けられたところはあるが)。

プロ初完封がかかった9回、あろうことかけっこうな量の雨が降ってきやがって、藤浪には試練だと思った。なんせ四球一つでまたあのいまいましい代走を出されて、盗塁されて、さらにかなりの確率で暴投が絡んでしまいそう。本当にイヤな雨で、恨んだ。
ところが藤浪はまったく意に介していなかった。代打由伸を空振り三振、片岡を押し込んで力ない三ゴロ、最後亀井には一二塁間の強いゴロだったが、スタメンを外された上本が意地の好捕で試合終了。苦手としている左打者に対し、カットボールをひざ元に落とした。8回表、代打橋本へのウィニングショット。CS解説の掛布氏も指摘していたが、この球の精度が高まれば、右よりも左の方が抑えやすいように思う。

2試合続けて完投勝利。そして初完封。ここからは急成長期ゾーンに入ってくれることを願う。ナイスピッチング。初完封おめでとう!


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿 and tagged . Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

35 コメント

  1. Posted 2015年5月21日 at 09:44 | Permalink

    私は浮かれているのに、toraoさんは相変わらず厳しいですね。
    確かに、上本だけを外すよりも、もっと先に外してリフレッシュさせるべき選手がいるはず!

    ゲームの方、シビれました。
    藤浪は完全にエースへの階段を一段登りましたね。
    鶴岡のリードも藤浪の長所を十分に引き出してくれました。

    スタメン抜擢の荒木はチャンスでも機能しませんでしたが、競争の原理が働き、代わった上本が盗塁・最後の好プレーへと繋がった感じがしました。

    9回、代打由伸が出てきた時はテレビ前正座に切り替えました。てゆーか、由伸が怖いというより、もし出塁した時の代走・鈴木尚の影に怯えていましたが取り越し苦労でしたね。

    これでチーム得失点差も59に減り(笑)、マートンも復調気味で、あとは谷の鳥いや鳥谷!なんとかきっかけを掴みよじ登れ!

    • いわほー さんのアバター いわほー
      Posted 2015年5月21日 at 11:14 | Permalink

      toraoさんは勝った時ほど厳しくて負けた時ほど優しいんですよ。
      あ、近頃はどっちの時も厳しかったりしますけどwww

    • とし虎
      Posted 2015年5月21日 at 13:37 | Permalink

      虎ジジイ様
      私も9回は同感でした。
      ベンチ最前列で鈴木が準備している所を

      • とし虎
        Posted 2015年5月21日 at 13:39 | Permalink

        テレビに映った時はドキドキでした。

    • Posted 2015年5月21日 at 15:57 | Permalink

      いわほー様
      今シーズンのtoraoさんのコラムには、いつも以上の厳しさを感じています。「地道にコツコツ」をサボる和田監督への怒りでしょうか?!

      とし虎様
      先日讀賣vsベイで、一人で一点取った(わざと送りバント失敗から?!)鈴木尚を見ていたのでビクビクしていました。今のタイガースには彼を刺せる捕手がいないので、今日も彼を出さない展開にすることが大切です。

  2. グラストン
    Posted 2015年5月21日 at 10:01 | Permalink

    藤浪初完封おめでとう!
    トラオさんの仰る通りです。
    もうとやかく言いません。

  3. 虎一筋50
    Posted 2015年5月21日 at 10:09 | Permalink

    本当トラオさんの仰るとうりですね 首脳陣は昨日の藤浪投手のピッチングを見てもっと感じて欲しい まだ二十歳そこそこの若者が1人冷静かつ最大の闘志で相手をまたチームを救った姿を…古い話で恐縮ですが昔弱いタイガース時代にマウンドで孤軍奮闘してた江夏さんを思い出しました

  4. 西田辺 さんのアバター 西田辺
    Posted 2015年5月21日 at 10:12 | Permalink

    藤浪ナイスピッチング!
    前回のピッチングに続き、今回も成長を見せてくれた。
    まずピッチングフォーム。
    横振りに近かった上半身を、シッカリ縦振りさせてボールを叩くリリースが出来ていた。
    言葉にするのは難しいのですが、下半身から上半身、そして腕肘指への連動がスムーズに見えました。
    悪い時は、この連動がバラバラで制球も侭ならなかった。
    今はそれぞれのタイミングが早過ぎず遅過ぎず、シッカリとした投球動作に繋がってます。
    これを維持できれば、成績は着いてくると思いますよ。
    昨日も3度ランナーを出した場面があったのですが、その3回全て直後に内野ゴロを打たせてています。
    (うち併殺2度)
    勿論鶴岡のリードや配球もあっての事ですが、敢えて三振を狙わずこれを狙ったとするなら凄い進歩です。
    今までなら、ムキになって三振を取りに行き制球を乱して打たれたり傷口を広げてましたが、
    冷静にバックを信じて打たせたのでしょう。
    鶴岡についてもう一つ言うと、昨日初回の先頭打者太田への第1球。
    珍しく変化球から入ってる(126kmカーブ?スライダー?)んですよ。
    これも立ち上がりの力み癖を見越した配球なのでしょうか。
    何より感心したのが、7回裏。
    打者藤浪で、打った打球は平凡なショートゴロ。
    でも彼は1塁まで全力疾走!
    普通完投を目指す投手なら、チョット力を抜いて走っても不思議じゃない。
    その姿は、チームに対する鼓舞にも見えました。
    雨の中のお立ち台では、今日先発のルーキー横山への激励ともプレッシャーともとれる発言(笑)
    わずか21歳、高卒3年目にしてこの中心選手感。
    リーグトップの4完投に加え、中5日が続いてますが、もう少し余裕を持たせてあげたいなぁと言うのが
    正直な感想。
    でも昨日の彼の姿を見て、ニコニコが止まらない(笑)
    「こんな藤浪がまた見たい」

  5. yalkeys
    Posted 2015年5月21日 at 10:13 | Permalink

    昨夜は結果を知らないまま友人と歓談していました。その方が良かったみたい(^O^)。
    藤浪のプロ初完封は前日の菅野完封へのやり返しで超気持イイッ~
    さて第3戦、横山のデビュー登板楽しみです。今夜も別件でテレビ見れませんが、朗報を確信します。
    本日の駄作
    完封でなくていいからG倒せ!

  6. としとまき
    Posted 2015年5月21日 at 10:19 | Permalink

    昨日も現地観戦でした。
    去年西岡が藤浪にチームの調子、雰囲気が悪い時に流れを変えれるピッチャーになってくれ!と言う内容のメールを送ったのは有名な話しだが昨日の試合はまさしくその流れを変えた試合だった。
    ヒーローインタビューでも言ってたが今日は横山がその流れを確実なものにしてくれる気がする。
    後は打線の奮起だけや!

  7. 虎っしー
    Posted 2015年5月21日 at 10:36 | Permalink

    チームの雰囲気がどん底に近い中、高卒3年目21歳が1人気をはいている(他の選手が無気力とは言っていません)ことを他の選手は本当に肝に銘じてプレーしてほしい!
    勿論タイガースが勝てばファンとしては気持ち良いです。
    しかし、本当に望んでいるのはプロの選手同士が全力全霊のプレーでぶつかり合い僕らを痺れさせてくれることなのです!
    昨日の藤浪のヒロインの内容もろパクリですが、「シビれました」!!

  8. 虎蜂
    Posted 2015年5月21日 at 10:47 | Permalink

    技術的なこともあるのでしょうが、昨日の藤浪は表情からして違うなと思いました。何か吹っ切れたようないい顔をしていましたね。

    8回絶好のチャンスで点を取れなかった後に完封の方がドラマチックでいいなと思っていたので、8回の拙攻にはちょっとニヤッとしてしまいました(笑)

    この感覚を忘れないようにね。
    プロ初完封おめでとう!
    完封返し最高に気持ち良かったー!!

  9. hattwun
    Posted 2015年5月21日 at 10:48 | Permalink

    不思議なチームですね。一昨日のような敗戦でファンの怒りが頂点近くになると、昨日のような痺れる勝利で少し鎮静化する。この繰り返しで徐々に望みを失っていく、そんなシーズンになるのかな。

    toraoさんのご指摘は、多くのファンも賛同することだと思います。そしておそらくチーム関係者も気付いているはずです。
    では、それが出来ない理由は何なのでしょう?
    監督個人の資質によるものでしょうか?
    球団の組織に欠陥があるのでしょうか?
    チームの風土・伝統のようなものが阻害している?
    足の引っ張り合いをする関西マスコミ?
    球団よりももっと上層部の企業としての阪神に問題があるの?
    あるいはファン?
    考えると、なんだか絶望的で虚しくなるのは自分だけでしょうか。
    yahooのスポーツナビの球団別掲示板のあるスレで、メッセンジャー投手の2軍降格に関する「Jyapan Times」の記事の日本語訳を読みました。このチームの病理が何なのかの一端が窺がえて興味深いです。
    それでも自分はこのチームが好きです。あなたがたはプロでしょ?言われっぱなしでは悔しいでしょ?勝ち負け以上に価値のあるプレーで、ファンを熱くしてください。

    藤浪投手、おめでとう。9回、マウンドのあなたの姿、とても格好良かったです。
    上本選手、性格的に無理なのはわかっていますが、もっと感情を表に出してください。最後のプレー、意地を見せてもらいました。
    さあ、今日は横山投手です。結果を恐れず、想い切っていきましょう。

  10. ガク
    Posted 2015年5月21日 at 10:52 | Permalink

    昨日は藤浪に尽きますが、攻撃陣何とかならんのですか?
    8回はせっかくマシソンの大暴投のおかげで無死2、3塁で結局犠飛すら打てず無得点・・・
    今日はプロ初先発のルーキーなんだから何とか3点は取ってあげてほしいものです。
    それにしても藤浪はヒロインでプロ初先発の横山に対しでプレッシャーかけるとは、さすがドSエース(笑)

  11. hi64
    Posted 2015年5月21日 at 10:58 | Permalink

    昨日は現地観戦でした。
    たまたまテレビモニターも見られる席だったので、合わせてチラ見してましたが、
    藤浪の左打者へのインコースのカットが抜群に良かったですね。
    シュート回転の球が格段に減っています。
    一般的に言えばシュート回転するということは体の開きが早いということですから、
    体が開くのを我慢出来るようになって、
    球がシュート回転しなくなると同時に、
    リリースが見づらくなり(またはリリースがキャッチャー寄りになり)カットの見極めがしづらくなってるのかなと思いました。
    リードで言えば、初回の初球、外角カットに対する太田の反応を見て、カットボールを多めにしたのかもしれません。
    個人的には梅野を使って欲しいですが、
    鶴岡のリードも見てて楽しいですよね。
    あとはいわゆるYMKの調子ということですが、
    キャプテンは早目にフルイニングだけは諦めてもらった方がいいでしょうね。
    マートンはすごく久しぶりにインコースの直球を引っ張れていたので、たしかに調子は地味に上がっているんでしょう。
    ただ、それでも他の選手も使うべきとは思いますけどね。
    とりとめない長文ですいません。
    昨日も空席目立つ甲子園でしたが、応援は熱かった。
    藤浪へのホームランコールがありましたが、打てない野手への当て付けでしょうか 笑

  12. 英くん
    Posted 2015年5月21日 at 11:35 | Permalink

    藤浪、プロ初完封おめでとう。
    そして、ありがとう。

    昨日の試合は個人的に藤浪と選手達の力で勝った試合の印象です。
    ベンチの采配が勝敗を分けた試合とは感じませんでした。

    これから、ベンチの采配で勝てる試合を作っていってもらいたいです。

  13. 西宮トラキ
    Posted 2015年5月21日 at 11:52 | Permalink

    昨日は掛布解説のほうを観てました、福本&前田の万歳も気になりましたけど(笑) 掛布さんの一言一言に対してテレビに向かって「あんたが監督せえ」って何回も一人で突っ込んでました、一番感慨深かったのは、和田監督がインタビュアーに「鳥谷も頑張ってますよ」って答えということに「監督がそんなこと言ったらだめですよ、選手もそんなこと言われたらたまりませんよ」って言ってたとこです。和田監督は選手とのコミュニケーションがちゃんととれてないんですよね。

  14. れいん
    Posted 2015年5月21日 at 12:25 | Permalink

    これしか無いと言う勝ち方だったな。

    完封と唯一打点上げられそうなゴメスのタイムリー。

    1試合だけでは上昇なんてあり得ないが、凡打だとまともに走らない選手達よ藤浪見習えよ、と言うよりこんな事で褒められるプロ野球選手もダメとは思うが、藤浪に一生懸命走ったなんて言うと当たり前やんと返すだろうな、当たり前やからな、この辺りが褒められている内は上昇は無いやろな。


    解説の話しが今日はいろいろ出ているので私も一言皆さんに乗っかって、岡田さんの解説で見ていたのだが変に的確で笑ってしまった。

    色々なコメントあったけど、高橋の際に変化球が外れてカウント悪くした時に、ストレート投げといたら打たれへんからストレートで行ったらええねんには特に笑ってしまった。


    今日の横山に付いては第一歩なんて思わずに、俺の輝かしいプロ野球人生の中で勝つ事も負ける事もあるから今日はどっちなんやろと楽しんで投げておくれ。

    ピンチを押さえてもガッツポーズなんていらんし、当然と言う顔でベンチに戻っておいで。

  15. なかっち
    Posted 2015年5月21日 at 12:33 | Permalink

    藤浪プロ初完封おめでとう。

    彼には試合を背負える投手になってほしい。今年は後6つくらいは完投してほしい。10完投すればエースの称号を与えても良いのでは?

  16. タイガー・アイ
    Posted 2015年5月21日 at 13:32 | Permalink

    チームに連続試合フルイニング出場を続けるベテラン選手がいると、監督は気を遣ってしまうのでしょうね。岡田監督でさえ金本選手や鳥谷選手の記録更新を重要視し、協力姿勢を示していました。また、和田監督が、連続試合出場を続ける鳥谷選手を外す決断をすれば、ファンからの抗議やブーイングも凄まじいものになるでしょう。監督業は本当に辛いものと察します。

    • yalkeys
      Posted 2015年5月21日 at 17:17 | Permalink

      タイガースを心から愛するファンならブーイングより拍手が圧倒的多数だと思います。僕はそう信じますが、どうでしょうか・・

      • タイガー・アイ
        Posted 2015年5月21日 at 18:12 | Permalink

        yalkeys様、
        私の拙いつぶやきにコメントをいただき誠にありがとうございます。
        タイガースを心から愛するファンなら拍手が圧倒的と信じたいですね。
        しかし、熱狂的なファンがついている人気選手は事情が違います。また、タイガースOBからも「本来の調子ではないとはいえ、故障も怪我もしていないタイガースの顔である選手を外すとは何事だ」と言い出す人も出かねません。人気球団ゆえ、本当に難しい問題だと思います。
        ベテランは適度に休ませながら使ったほうが選手生命が延びると思うのですが、それは素人判断なんでしょうかねぇ。

        • ともやん
          Posted 2015年5月21日 at 19:38 | Permalink

          和田にその大英断が下せるなら名監督への道が開けると思いますね。
          まぁ、言われる様にややこしいファンがおおいのもまた確かですから( ̄▽ ̄;)
          正直阪急時代の西本さんみたいな(信任投票を実行する位)情熱的な監督に指揮してもらいたいと願って止まないです。

    • なかっち
      Posted 2015年5月21日 at 22:24 | Permalink

      鳥谷外して誰使うの?と言いたい。
      おそらく鳥谷の変わりのショートが出てきたら、サードにコンバートしてでも鳥谷は使い続けるでしょうね。


      何故だと思います?
      和田監督は鳥谷のタイガースで優勝しようとしてるからです。
      生え抜きの中心選手。キャプテン!成績云々ではなく、チームの柱として起用し続けると思います。

      これは贔屓ではなく、鳥谷がそれだけの選手になったという事。

      中心選手のいないチームに強いチームはない。その中心選手がたまたまフルイニングと連続試合出場をしてくれてる。

      チームとしてありがたい事やないですか?

      とにかく鳥谷は外すべき選手ではない。
      代打タイプではないので、
      先発から外す=連続試合も途切れると思います。
      すなわち
      モチベーション低下に繋がる→成績が上がらない→出場機会が減る→引退が早まる。

      こういう負の連鎖がおこるだけやと思いますね。

  17. とし虎
    Posted 2015年5月21日 at 13:58 | Permalink

    藤浪あっぱれ!
    しかし、手放して喜べない、だって1点しか取れてないから。
    4〜5点取っての完封なら素直に喜べるのですが、貧打は深刻です。
    本当昨日は

  18. とし虎
    Posted 2015年5月21日 at 14:01 | Permalink

    本当に昨日は藤浪様様です。
    是非とも昨日は点を取って横山を楽に勝たせてあげましょう。

  19. 阿太郎
    Posted 2015年5月21日 at 14:07 | Permalink

    昨日はラジオで矢野が解説でした。 どうか来季は虎ユニ着て下さい‼︎

  20. しまとら爺
    Posted 2015年5月21日 at 14:32 | Permalink

    藤浪の好投に尽きる完勝
    鶴岡、西岡の助けも良し
    G&M頼りの打線にかわりなし
    鳥谷を休ます決断できぬベンチ
    日替わりメンバーと打順何の効果も無し
    G&M以外も打って横山援護を期待する今夜の戦い

  21. 虎一筋50
    Posted 2015年5月21日 at 15:06 | Permalink

    鳥谷選手について少し思い当たる節があったので補足させてもらいます…昨年オフ念願のメジャー移籍を模索したがオファーがなく…マイナー契約ならとの話はあったみたいだが…長年の夢であったメジャーから反故にされ自身の向上心に陰りが見える…結局タイガースに残ってくれた訳だが今年の不振はある意味予想出来た!

  22. こうさん 
    Posted 2015年5月21日 at 16:34 | Permalink

    出遅れた❗ナイス完封❗勝ち越せ❗

  23. 奧虎鳳
    Posted 2015年5月21日 at 17:35 | Permalink

     『もう腫れ物とは言わせない』の気概を感じる藤浪、プロ入り初完封勝利おめでとう(^○^)
     12勝12敗の投手になるのか、20勝5敗の大エースになるのか!藤浪の覚醒であることを祈ります!
     横山、続け(o^-’)b !

  24. TJ風船
    Posted 2015年5月21日 at 18:01 | Permalink

    「この1点で必ず勝つ!と思って投げました」。マウンドさばきとヒロインに完全に参ってしまいました。初完封おめでとう!
    何かコツを掴んだようですね、藤浪は。楽しみですね。
    えー、先日の小島ですが、あそこを何とか乗り切った事で進歩したかなと見ておりました。残念です。
    さあ、横山くんです。彼の気合の入った面構えが好きなので超期待しております!頑張れ!もちろん大援護をお願いいたします!

    • TJ風船
      Posted 2015年5月21日 at 18:26 | Permalink

      小島×→小嶋◎でした。スンマセン。

  25. ken3953 さんのアバター ken3953
    Posted 2015年5月21日 at 21:59 | Permalink

    藤浪が目に見えて成長しているのが本当に嬉しいですね。
    昨日はチームを救う投球だったと思います。
    あとはやはり怪我はしないよう無理だけはしないよう気を付けて貰いたいです。

  26. トラ11
    Posted 2015年5月22日 at 22:40 | Permalink

    家の事情で試合は観ることができていませんが、甲子園でGカード勝ち越しは大変嬉しい!
    それも藤浪、横山の先発で勝てたことはなおさらです。
    横山に勝ちはつかなかったけれど、これから大きな期待が持てそう。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">