救援完璧中谷5安打原口サヨナラ

【おしらせ!】
7月8日(土)夜、大阪市内某所にて「虎バカ決起集会」開催予定!
時間、場所、参加申し込み方法など詳細は追って連絡します。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

阪神はちっとも強くない。これはずっとそう思っている。ただ、一生懸命強くなろうとしている。これもずっとそう思っている。そんな試合だった。

先発はメッセンジャーと十亀。
1回ウラ、一死から大和が粘って四球。髙山の一塁線ゴロはメヒア好捕で二死二塁。ここで右手中指を痛めているという福留がツマリながらも右前へ、二塁から大和が帰って1点先制。中谷も左前ポテンで続いたが、福留が三塁で走塁死してチェンジ。がっくり残念の福留、なぜかヘルメットを外してあげて慰める高代コーチ。

この日の阪神はヒットを打っても得点できないという珍しいパターン。メッセンジャーも思ったところにボールがいかず、走者を出して苦しんだ。それでも西武が得意とする盗塁を許さず、なんとか踏ん張る。
ところが4回表、四球の走者を置いてメヒアにガツンとやられる。アウトローに決めにいった球がインハイに抜け、それを叩かれた。1-2。

4回、5回とチャンスを逃したが6回ウラ、中谷の3本目のヒットから一死一二塁のチャンスを作ると梅野への代打伊藤隼が一二塁間をしぶとくゴロで破る右前ヒット、中谷帰って2-2同点。いい場面で使ってもらって、結果を出した。気合い入っていたね。

なおも一死一三塁でメッセへの代打は荒木。すると西武ベンチ動いて左の武隈にスイッチ。すかさず阪神は代打の代打に新井良太。隼太と同じ、二軍の推薦で上げてきた男に託したが、犠牲フライ未遂の浅い右飛。糸原もいい当たりだったが右正面へのフライでチェンジ。
ここで勝ち越せないのが「強くない」証明だ。メッセに勝利投手の権利をプレゼントして、相手のリレーを負け投手パターンにすることがいかに重要か。良太の一打は狙い、仕掛けたボールともに間違いなかったが、一発で仕留めなきゃいけない。ほんの少しのことなのだろうが、残念だったね。

メッセンジャーは納得いかない投球ながら、2ラン1本の他はなんとかしのぎきった。メッセにしたは「ひどい内容」に近いのに終わってみれば6回2失点。やっぱり大したもん。
休みも入るので、そろそろ不調期を抜けてほしいところだ。

ここからは両チーム好調なブルペン勝負。阪神は桑原、マテオ、ドリスとほぼ完璧なリレー。西武は7,8回を牧田、9回をシュリッターへとつなぐ。阪神は7回一死からちょっと当たりの戻ってきた髙山が2本目のヒットで出たが、福留遊併打でチェンジ。8回は先頭中谷が4安打目の右前打で出るも、続く鳥谷が一塁正面へのライナーというハードラックで併殺。9回も先頭代打上本が疲れ、発熱を感じさせない右前クリーンヒットで出塁し、岡崎がバント成功でお膳立てしたが、糸原、大和倒れてサヨナラならず。延長へ。

10回表は髙橋。ここで先頭の途中出場ラストバッター炭谷に四球という「エラー」をしてしまう。きっちり送られて一死二塁。辻西武は、足あり小技あり長打ありで、昔の西武っぽい。源田二ゴロで二死三塁。緊迫の場面だったが、髙橋が真っ直ぐでグイグイ攻めて秋山を空振り三振。自分のミスを自分で解決。カッコイイ!
それにしても阪神のリリーフ陣の素晴らしいこと。4人で4回、被安打1、与四球1、奪三振が毎回の7!すごいよ。

10回ウラ、牧田に続きシュリッターも回またぎ。今季初の起用法にとまどったか、先頭髙山が粘って四球。この打席の四球は調子が上がってきたことを示していた。これから上げていってほしいね、髙山。4番福留、初球を三塁方向へセーフティバント。意表をつかれ、捕手が捕るしかなく、一塁ギリギリでアウト。微妙なタイミングにガッカリの福留、ベンチで大口開けて残念がる金本監督。
これは相手以外、みんな「やると思った」攻撃だった。なんせ引っ張り込めず、強く叩けず、打球が二ゴロ、遊ゴロになる可能性が高いのが今の福留。走者を確実に二塁に進め、なおかつ意表をついて自分も生きる可能性が高いコレで勝負した。しかもコレは、若い選手たちを奮い立たせる。コースケさんが自分にチャンスを回してくれたんだから、自分が決めるしかない!
一死二塁で、打席は4打数4安打の中谷。はやる気持ちを抑えて、しっかりボール球を見逃して2ボール。微妙に球を動かしてくるシュリッター。シュート2つで追い込まれ、カットを捉えきれずファウル。6球目、中谷の課題まっすぐがアウトコース高めボール気味に、しかしリーチのある中谷にとってはヒットゾーン。広く空いた一二塁間に弾き返す。当たりも強くなかったので、二走をどうする?止めた。一死一三塁。中谷は5打数5安打の大当たり、できればこれがサヨナラタイムリーになってくれれば手柄は総取り、でもそうならないのが面白いところ。

ここは当然の満塁策で鳥谷が歩き、一死満塁。西武はライトに強肩の木村を入れる。
さあ、満塁で7番原口。この日は序盤のチャンスでらしくない打撃をしていた。ここで同じような情けない打撃をしたら、ライバル中谷との差が広がる。

初球、真ん中真っ直ぐを平然と見送る。いや、見送っちゃダメだろうよ!しかしなぜか余裕すら感じさせる原口。2球目、内角厳しいところを振ってファウル。巻き込んで、自分の足に当たる。あっさり追い込まれた。ここからはなんとか粘って、カウントを整えて、勝負に持ち込みたい。
3球目、2球目と同じようなインコース速い球、しかしこれをコンパクトなスイングできっちり捉えてショートの頭の上、越えた、落ちた、サヨナラ!
走りながらそれを見た原口、ベンチに向かってガッツポーズ!おなじみの水攻め。そして金本監督への抱きつき。
追い込まれながら、相手投手の苦しさを十分わかっていたような冷静さ。この男は結果を怖がらない。なぜなら、何度も死んだ身なのだからね。それが勝負強さの秘密だろう。

サヨナラ勝利で西武に勝ち越し。まあ、「勝ってなお弱し」とも言える阪神タイガースだが、監督もコーチも選手たちも、どんどん成長している。成長率で言えば、12球団でもトップクラスだ。
この調子でもっと強くなろう。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

20 コメント

  1. Posted 2017年6月16日 at 10:00 | Permalink

    正直原口の前4打席の内容だけでは、サヨナラの場面は全然期待できませんでした。外の変化球に腰が引けてるしタイミングも取れてないし、3打席目のヒットも及び腰で引っ掛けたら上手く掛かったって感じだし。

    でもあの打席だけは違いました。何かスイッチが入るんでしょうね。昨年の良かった時の原口が戻ったようで頼もしい限りです。あとは、通常時もあのバッティングができる様になればなぁ。

    スイッチが入ると言えば高橋も凄かった。炭谷、金子の打席ではなにか体が重そうな感じが、得点圏にランナー言った途端の別人投球!秋山から三振を奪った時の飛び跳ねるフィニッシュと後ろを向いての雄叫びは熱い!そして格好いい!今更ながらよくぞタイガースに来てくれました。

    他の鉄壁リリーバー陣も言わずもがなですが、中でも桑原がやはり凄い。結構コントロールミスが多くなってきてるし、昨日も全体的に球が高かった。にも関わらずバットに当たらない。

    おそらく独特のカット軌道に付いていけず空を切るのでしょうが、あの制球で強力ライオンズ打線を抑えられるのというのは、もう魔球レベルなの?って思います。桑原は制球に重きを置くよりひたすら腕を振る事に専念した方が好結果につながりそうですね。



    今日は交流戦ラストカードのイーグルス戦。強敵ですがホーム甲子園での戦いでやられる訳にはいかない。3つ行っちゃいましょう!

    最後に中谷5安打おめでとう。今日が大事やで。

  2. 虎ジジィ
    Posted 2017年6月16日 at 10:03 | Permalink

    コラム中の「がっくり残念の福留、なぜかヘルメットを外してあげて慰める高代コーチ」フット岩尾なら「○○とるやないかっ」とツッコまれそうな場面で、ほっこりしました。積極走塁 積極的バント福留はやるべき事はやっています。

    ゲームの方、「タイガースのリリーフ陣は日本一やー!」なゲームでしたww。
    ライオンズ自慢のリリーフ(勝ちパターン3人)も凄いけど、こちらは頭数も揃っているので「1回をきっちり抑えろ」で集中できる。
    回跨ぎをさせざるを得ないライオンズは、リリーフ勝負になってからは あきらかに後手後手に回るカタチになりました。

    中谷5打数5安打(3ポテン)固め打ちで打率も「レギュラークラス」まで急上昇!ポテンヒットも解説の次郎さんが「しっかり振り切っているから」との事で、決して偶然ではないでしょう。ヒーインのニヤケ顔もイイ個性ww

    サヨナラ勝ちを決めた原口はなかなかチャンスで打てない中、最後の打席も追い込まれ 三振かホームゲッツーの臭いをプンプンさせておいて(ジジィに正座までさせておいて)「一番おいしいトコロを持って行く」のは、さすが千両役者。

    中谷vs原口の「金本チルドレン」ライバル関係は、良い意味で続いて欲しいです。

    心配なのはメッセンジャー。
    交流戦に入った頃から奪三振が激減=粘られ球数過多が続いています。
    まあ、梅野バズーカに救われたりで悪いながらも6回2失点は立派ではありますが…

    6/4以降チームは○●オセロ状態が続いていますが 最後何とか○を増やし、楽天戦は勝ち越して終わりたい!

  3. ガク
    Posted 2017年6月16日 at 10:36 | Permalink

    西武打線のように一発はないが投手野手みんなで勝ち取った勝利!喜びもひとしおです。
    中谷のヒーインは初々しいけどなぜかニヤニヤしてて味があります(インタビュアーのアナも噛みすぎやけどw)
    あそこで「コースケさんを手ぶらで帰らせるわけにはいかない」くらい言って欲しかった(^-^;
    今日も誰かわからないが楽しいヒーイン聞かせておくれ!久々の岩貞だったらいいな~

  4. 虎番地
    Posted 2017年6月16日 at 10:46 | Permalink

    いやぁ〜確かに弱いですけど、なんか実はちょっと強くない?と思わせる今年のタイガース。
    試合は観れませんでしたが、リリーフ陣がしっかりしてると試合が安定しますね。

    疲れもピークでしょうが、それはどこのチームも同じです。
    あわよくば3つ。最低でも2-1で交流戦を締めましょう!
    土曜は今季初聖地観戦してきます!

  5. ジュビロタイガース
    Posted 2017年6月16日 at 10:48 | Permalink

    鉄壁リリーバーの活躍でモノにした勝利。桑原はリベラを超えたんじゃないかと思うくらい。メッセも何とか後ろに繋げようと粘ったんじゃないかな。ドリスは跨ぐかもと思いましたが、大事に使いたいし、他者も信頼してるってことでしょうか。
    原口は今季2度めのサヨナラ。6/4も一死満塁で岡崎がサヨナラでしたので、今回もとの期待通り、勝負強い。中谷の単打ばかりの5安打も珍しい気がします。
    今日はプロ初登板の藤平にプロの厳しさを教えたいけど、一抹の不安アリ!?

  6. etc虎
    Posted 2017年6月16日 at 11:02 | Permalink

    俊足巧打と長距離砲が並ぶ西武のそれは、個人的に交流戦で最も恐れていた打線。
    そうなると一発のある打者の前にいかにランナーを出さないかがセオリーなわけだが、四球だけでなく内野安打も含めると、実にこれを防ぐのが難しい。そんな中でやはり、大和の守備は効いていたように思う。ありがとう大和。今日も俊足・茂木の内野ゴロをいかに確実にアウトに出来るかが鍵にになりそう。サード、ショートゴロなんて本当にセーフにしてしまいそうだから鳥谷はいつも通り、糸原は焦りながら落ち着いて頼みます。
    再び話を昨日のゲームに戻すと、先頭フォアボール或いはヒットで出たランナー。
    これは、ケースバッティングなどの進塁打さえきっちりしていければ、二つのアウトを使って高確率でホームに迎え入れる事が可能だと教えられた試合。
    それまでの拙攻でノーアウトのランナーを散々、不意にしてきたが最後の最後で福留のセフティ、中谷の右打ち。見事なケーバでランナーを進められた。ここが大きい。トラオさんのおっしゃる一生懸命強くなろうとしているという表現が、このあたりから見て取れる。そして金本監督に100勝目をプレゼントしたのは、監督が見い出し我慢して使い続けた原口。アカン泣けてきた。

    • Akira28
      Posted 2017年6月16日 at 17:03 | Permalink

      etc虎 様、おっしゃる通り、確かに、打撃陣の調子が少し下降気味な中、先頭バッターが出塁したなら、コリジョンルール採用の現在、進塁打をこころがけるバッテングで繋ぐところに、得点の可能性が強まると、私も思います。
      そう言った点では、左打席の大和は、右に引っ張らないと、いけませんね。

  7. setta
    Posted 2017年6月16日 at 11:34 | Permalink

    先週からちょくちょくコメントし出しましたが、なかなか出来ません。昼の試合なんかになると、遅れた感じで二の足を踏みます。更に出張とか入るとサイクルが乱れ、torao 様の記事を読むのが精一杯になります。改めて、毎日ずっと記事を載せられるtorao 様と毎日コメントされる皆様は凄いと感じます。
    昨日はメッセンジャーの粘りと中継ぎの強さが勝利を呼び込んだと思っております。
    ドリスの159 km には感心しました。
    9回の大和に決めて欲しかったんですが、原口がしっかり決めてくれたので安心しました。
    最近、中谷の打撃が変わってきた気がします。右に強く打とうとしてるような…。
    詳しい方、ご教示下さいm(__)m
    今日の楽天戦はテレビもラジオも無理ですが、期待しています!

  8. トラ11 さんのアバター トラ11
    Posted 2017年6月16日 at 12:02 | Permalink

    ヒリヒリする試合を最後にものにした選手が、待っている監督に思わず抱き着くなんて他のチームにあるやろかと、昨日の原口といい先日の岡崎といい、胸が熱くなります。
    星野監督の時のようにチーム内は個々に競争しながらも一つになっている感があります。
    決して強いチームとは思わないが、皆一生懸命戦っている。その結果、今の地位にいるのかな。

    福留の意表を突くセフティーバントは阪神ファンなら誰でも知っていた(笑)
    さすが技巧派の福留、きれいなバントで自身も生きようとしている頑張りは微妙にアウトになりましたがイニング跨ぎの相手投手をビビらせるには十分だったように思います。

    桑原、マテオ、ドリス、高橋と完全継投リリーバーに恵まれています。
    でも今日の先発岩貞、調子は戻っている。できるだけ長いイニングを抑えて欲しいです。
    相手は谷間のルーキー、ガンガン打って欲しい…

  9. 岩国の虎
    Posted 2017年6月16日 at 12:10 | Permalink

    阪神はちっとも強くない。これはずっとそう思っている。ただ、
    一生懸命強くなろうとしている。 全く同感です。
    今日もチャンスで初球の絶好球を見送り
     ①代打新井 6回の攻撃一死一三塁
     ②原口   10回の攻撃一死満塁
     6回の攻撃で代打新井は疑問の采配
     確かに新井は左腕に強いが、緩急に
     弱く、臨機応変な打撃が出来ない
     私なら「上本>北条」で勝負する
     相手はスクイズを警戒しながらの守りとなり
     色々と攻撃の幅が拡がる

    阪神タイガースの将来像が見えてこない
    外野手:福留、糸井 の後継者
    内野手:鳥谷 の後継者
    投手陣:素質∞の「藤浪と望月(故障)」の伸び悩み
    野手陣:高山、北条、原口 の伸び悩み
    リスク管理の観点から外国人助っ人の補強を
    大至急お願いしたい。

  10. こうさん 
    Posted 2017年6月16日 at 12:25 | Permalink

    しかし最強中継ぎ陣を見てると頭がCSや日本シリーズに飛んでしまう。そうなると、やはり打撃陣の奮起が足りない。「たまには楽に投げさせてやれよ。」と思うけど本当に「たまに」だ。

    高山は左右関係なしになってきたかな?糸原にも、それに続いてほしい。「守備位置を決めないキャンプ」だったが少しずつ固まってきたかな。開幕から休まず同じポジションを守り続けてる野手がいないという、かつてないタイガース。逆に不調の選手が休める状況。けど「休みすぎる」とヤバイ。 いいねぇ競争。

    ある選手が球団の上層部に意見を言ったらしく、球団上層部はメーカーに1本のメールをしたらしい。その内容は「今、2軍で自分を鍛え直しています。1軍に戻れるまでCMを流すのは控えてもらえませんか?苦しみを乗り越えて必ず堂々とCMを流してもらいますから。 」ということだった。

    このメールが届いたメーカーは緊急会議をしたらしい。「彼が苦しんでいるんだ。私たちも彼と一緒に苦しまなければならない‼彼が1軍に戻るまで会社の名前を変えて応援しようじゃないか‼」…そしてメーカーは名前を変えた。








    上申。

    • 西宮トラキ
      Posted 2017年6月16日 at 14:03 | Permalink

      すいません、この話どこまで本当ですか?(笑)

      • こうさん 
        Posted 2017年6月16日 at 19:40 | Permalink

        西宮トラキ様、ありがとうございます。今、見ました。ケンシロウに秘孔を突かれて指が勝手にw。打ってる途中に急用が出来てしまい「この物語はフィクションで云々…」を打てませんでした。藤浪は悪くないのですが試合中に、あのCMが流れると複雑な気持ちになってしまう自分を表現してみました。藤浪が2軍のコーチに、しっかりと上申して気持ちを伝えていることを願ってます。

  11. 虎轍
    Posted 2017年6月16日 at 12:45 | Permalink

    強くはないが、強くなろうとしてるタイガース。実に良いですね。
    原口は簡単に追い込まれて、アカンって思ってましたが、何故かのサヨナラタイムリー(笑)
    強くなろうとしてる(笑)
    高山も粘って四球が取れたのは良かった。状態は上がってきたかな?悪い時なら空振り三振でしたからね。
    中谷はポテンのテキサスヒットが多かったですが、昨日に限っては野球の神様が完全に中谷に微笑んでましたね。
    最後は原口にも微笑んで、この二人には、これからも切磋琢磨しろって暗示なんかな?(笑)
    メッセンジャーも逆球が多くて、投球数も多かったですが、6回を2失点QS出来るのは流石ですね。
    今日はルーキー藤平が初登板ですが、なんでもかんでも止める阪神は何にもないルーキーに白星をあげる事も多いけど、今日は逆にプロの厳しさを教えてあげよう。
    交流戦最後のカードは白星3つのパンチアウトで終わりたいですね。
    岩貞投げ勝て!勝とうぜタイガース!

  12. 虎友
    Posted 2017年6月16日 at 14:05 | Permalink

    トラオさんみなさんこんにちは。
    昨日はテレビ観戦でしたが同点になれば不思議と負ける感じがしませんでした。
    やはりリリーフ陣のおかげですよね。
    ところでしんどい時代にマウンドを支えた安藤投手はどうしてるんでしょうか。

    • 虎轍
      Posted 2017年6月16日 at 15:33 | Permalink

      虎友様こんにちは。安藤投手は先週金曜日の二軍ソフトバンク戦で投げてましたよ。防御率0.56と安定感はありますが、今の最強リリーフ陣に入ってこれないんでしょうね。二軍では左腕山本もよく抑えてますが、岩崎、高橋が良すぎて上げれないんでしょうね。
      ちなみに伊藤和はいまだに二軍では防御率0.00です。

      • 虎友
        Posted 2017年6月17日 at 13:10 | Permalink

        虎轍様
        コメントありがとうございます。
        優勝もしんどい時代も修羅場も経験豊富な安藤投手の出番がいつかありそうですね。

  13. なかっち
    Posted 2017年6月16日 at 14:41 | Permalink

    確かに弱いタイガース。でも強くなろうとしてる。良いですね。
    私は開幕前に今年は最下位予想をしてました。しかしこの2ヵ月半でそこそこ戦える戦力が整いつつあると思います。後3ヵ月半でどこまで戦える戦力が整うのか?楽しみで仕方ないです。今すぐ外国人の補強をしてほしいとのご意見もあります。戦力強化をする上での補強は賛成ですが、あくまでも競争ありきなら。外国人補強をしてレギュラーありきなら穫るべきではない。2軍で結果を残し、今頑張ってる若手より活躍する見込みがあれば使うって事なら外国人補強は賛成です。

  14. 信州力
    Posted 2017年6月16日 at 15:06 | Permalink

    今朝の朝日新聞「天声人語」
    筆者は阪神ファン?という冒頭でした

    • いわほー さんのアバター いわほー
      Posted 2017年6月16日 at 15:47 | Permalink

      『メッセンジャーを見殺しにすな』

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">