竹安○、才木Hデビュー

甲子園では竹安と才木が1イニングずつ。竹安は試合展開の幸運に恵まれて1勝をあげた。これはついている。才木も思うように投げられなかったが、堂々とした投げっぷりで1回無失点デビューでホールドを記録。たかが1イニングでも、必ず来季のローテ争いに繋がる。とっても大事。首脳陣グッジョブだった。
鳴尾浜では今季故障に悩んだ望月がいい内容の投球をしたようだ。本来、後半戦で数試合投げてほしかったところだが、このあとしっかり作ること。秋から攻勢をかければ、望月も来季のローテ争いに食い込めるだろう。

とりあえず甲子園で点が入って、勝てて良かった。
だがしかし、甲子園の予報は冷たい雨?うーん、今季最終戦、安藤引退試合。降らないといいなあ。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

13 コメント

  1. 虎ジジィ
    Posted 2017年10月6日 at 08:46 | Permalink

    竹安、才木、望月、来季が楽しみですねぇ!
    昨夜は試合の楽しさで表現するなら「満点(大和負傷以外)」のゲームでした。

    秋山の安定感、糸井のパワーそして脚、ドリスの単独セーブ王、一番嬉しかった竹安、才木、長坂の堂々とした初出場は、ホントに来季が待ち遠しくなる内容でした。

    久々にピュアな気持ちで観戦出来ました。

    途中交代した大和の状態だけが心配ですが、CSまでには完治して来ると信じています。

    さて、今日は功労者 安藤投手の最後の勇姿を 目に焼き付けたいと思います。

  2. 西田辺
    Posted 2017年10月6日 at 09:21 | Permalink

    竹安、初勝利おめでとう!
    相手も持ち球が分からないのもあってか、落ちる球が有効でしたね。
    球速表示はそれ程でもなかったけど、シッカリ相手バッターを押し込めてた。
    長いイニングを投げさせたいタイプかな。
    苦労して野球を続けて、故障を克服しての1勝。
    支えて頂いた方々への恩返しになりましたね。
    田中秀太スカウトは一番嬉しかったかもしれませんね。
    才木も持ち味発揮。
    彼ももっと球速は出るはず。
    平気な顔をしていたけど、力みがあったのでしょうね。
    ピンチで香田コーチがマウンドに行ってもニッコリ笑って「大丈夫ですよ」
    って表情を見せていた。
    かなりの強心臓かも。
    望月・濱地と共に数年後のタイガース投手陣の中心になって欲しい素材。
    一塁側ベンチの上で観戦してたお母さんも、息子の初登板に大はしゃぎでしたね。
    体作りと変化球の精度を磨けば、凄い投手になりそうです。
    終盤マスクを任された長坂は、生きた心地がしなかったでしょうね。
    8回満塁のピンチに、9回は恐らく初めて受けるドリスの球。
    ウイニングボールを初勝利の竹安に渡す事も忘れるほど試合に没頭。
    矢野コーチに頭ドツかれてましたが(笑)
    まだまだ道のりは長いけど、一つ一つ克服して行って欲しい。
    秋山も完投を考えず、行けるとこまで行くポストシーズン仕様の投球。
    真っ直ぐもかなり良かったですね。
    変化球も持ち球全てを確認するように使ってました。
    ただ、盗塁したランナーを梅野がせっかく刺してくれたのに、そこから高橋に
    四球・福田に長打はいただけない。
    二死ですから勝負するのは構わないんですが、次の井領が全く合ってなかった事も
    考えて勝負して欲しかった。
    この辺もCSに向けての良い予行演習になりましたかね。
    昨日敢えて書かなかったんですが、昨日まで29イニング甲子園での得点がなく、
    9月12日の読売戦から甲子園7試合で5敗2分と、とても本拠地とは思えない
    成績を続けていました。
    一応、点も入りましたし連敗も止まりましたが、打線の不安は解消されないまま。
    おまけにショートで堅実な守備を見せてくれていた大和が途中交代。
    何でも足首の故障とかで、今日病院での診察を受けるとか。
    俊介・上本と共に中堅センターラインが良い感じで機能してただけに残念。
    まぁ、不安や懸念ばかり掘り起こしてもロクな事はないので、居る選手で必死に
    戦うしかないでしょう。
    昨日ファームは関西独立リーグとの練習試合。
    相手先発は井川。
    やっぱり彼も野球が好きなんですね。
    その井川から、左わき腹痛で戦列を離れていた原口がヒットを放ち回復をアピール。
    糸原も順調な回復を見せているとか。
    この二人がCSの打の秘密兵器になってくれないかと思ってるんですけどねぇ。
    今日の関西地方は雨予報。
    出来るだけ良いコンディションで、安藤を送ってあげたいですよね。

    • いわほー さんのアバター いわほー
      Posted 2017年10月6日 at 12:23 | Permalink

      井川ももう38歳か。
      相変わらずの野球少年っぷりがほほえましかった。
      家帰ったら相変わらずサッカーゲームに熱中してるんだろな。

      • 西田辺
        Posted 2017年10月6日 at 13:21 | Permalink

        いわほーさん、毎度です。
        何回見ても井川と能見が同い年には思えない(笑)

  3. yalkeys
    Posted 2017年10月6日 at 09:32 | Permalink

    秋山がラストゲームで勝てなかったのは残念ですが、竹安、才木の登板機会があったのは良かったです。共に数字(勝利・ホールド)が付いたのもラッキーでした。いよいよ本日でレギュラーシーズンも終りですね。兎にも角にも頑張ったシーズンでした。あの球団も久々にBクラスになったし。
    来季に向けて、目指すべきは広島カープのチーム作りではないでしようか。
    本日は安藤選手、狩野選手の引退ゲーム、天候が心配ですが、無理な強行は止め、晴天での実施を期待します。メッセの復帰登板も嬉しい限りです。

  4. こうさん 
    Posted 2017年10月6日 at 10:23 | Permalink

    メッセの「お抱え捕手(違うか)」だった梅野との久し振りのコンビ。それさえも坂本に奪われていた梅野、ここで打たないと❗アナウンサーは「昔はどうの、ルーキーシーズンのホームラン7本」と古い話ばかり情報として出していたが「なぜ春と比べると打てなくなったのか」しっかり話してほしかった。秋山、メッセ、能見の方が打撃に期待できるなら梅野で途切れる現状をなんとかしなければ。二軍の監督という噂もある矢野さん、梅野には興味がないのかな。本気で育ててほしいんだけどな。

    広島のコーチが相次いで退団。「家族との時間を大事にしたい」というコメントがフェイクで読売に流れたりしないだろうな?重要なコーチが抜けても大丈夫な下地が完成してるなら来季も広島は強いな。

    しっかし金本監督の試合後の受け答え、星野さんに似ている。「こう言えば喜ぶんだろ?」というサービス精神で答えている。だから本音が分からないんだけどね。

    安藤の為の試合が終わったら監督同士、チーム同士の真剣勝負が待っている。ここまで来たんだから「2位の主催権だけで充分」という考え方を捨てろ。ラミレス監督を侮るな。

    • こうさん 
      Posted 2017年10月6日 at 10:31 | Permalink

      なんてコメントを書いたら「ヤクルト入閣濃厚」というニュースが。う~ん、とりあえずホッとした?複雑?1つ書き忘れた。昨日の若手投手の躍動。いつか「ウチも投手王国になったもんだ。」と言える日が来るのかな。

  5. 虎轍
    Posted 2017年10月6日 at 10:49 | Permalink

    まずは竹安プロ初勝利おめでとう。
    才木もプロ初ホールドおめでとう。
    ドリス最優秀セーブ王おめでとう。
    竹安のプロ初勝利に秀太のスカウト人生がかかってたが、竹安の活躍で将来は秀太スカウト部長が誕生か?(笑)
    才木も長い手足を生かして投球は良かったですね。順調に成長して、来年はローテーションに入ってこいよ!
    濱地も望月も負けるな!
    長坂は前に二軍戦を見に行ってた時も捕手としては良かったんで、期待して見てましたが、非常に良かったと思いますね。
    梅野、坂本を追い越して正捕手争いに来年は割って入ったれ!
    甲子園で得点出来て勝てたのも良かったですね。
    今日の最終戦は観戦予定でしたが、この土砂降りでは中止順延になりそうですね。
    発表を待ちましょう。

  6. 熊虎
    Posted 2017年10月6日 at 11:57 | Permalink

    祝!竹安投手初登板初白星!!
    昨年、肘の故障持ちを承知の上でドラ3で熊本ゴールデンラークス(鮮ど市場)から入団し、今年は夏場以降2軍でも好調を伝えられており、もう、めっちゃ期待して応援してたんですよ。
    2軍では先発の役割で投球回も最多、防御率も2.76で比較するのはどうかと思うけど同じ年の藤浪の2軍での防御率2.66に次ぐ好成績。2軍レポートの岡本さんも成長株として取り上げていました。

    熊本のチームからの阪神の指名選手とくれば、一昨年の冬は毎週のように隣町のラークスの練習場に愛犬と一緒に通いましたよ。今は元ロッテの香月投手も現役で復帰していて硬球の音がする散歩コースは今や定番化しています。
    TVで見る彼は2年前と比べるとやや体が大きくなっていて(頬肉もちょっとついて)、普通にあっさりと三者凡退に終わったたった一イニングに『これが見たかったんだよぉおおお!』と興奮してしまいました。昨年入団組で唯一、一軍経験がなかった竹安投手が怪我を克服して棚ボタでも一勝を挙げたことに歓喜ひとしおです。

  7. トラ11 さんのアバター トラ11
    Posted 2017年10月6日 at 12:10 | Permalink

    竹安、才木、ドリスおめでとう!

    長坂もワンバウンドをよく止めていました。
    才木は度胸がありそうで強気の投球が頼もしかったです。
    竹安は持っていますね。1イニング9球でお立ち台です。
    長坂がウィニングボールを誰に渡すのか分からず矢野コーチに頭を2回も叩かれていじられていたのには笑ってしまいました。

    とにかく、秋山、竹安、才木と投手陣は来季への夢が膨らみます。

    朝、テレビで湯舟さんが言っていましたが、今日は雨で試合は中止で、次の試合は10日火曜日になるとのこと。残念ですが、ちょっと先になりますね。

  8. なかっち
    Posted 2017年10月6日 at 14:08 | Permalink

    長坂ひょっとしてウイニングボール欲しかったんやないですかね(笑)長坂にとっても記念の試合になりましたから。

    それにしても竹安、才木とも素晴らしいピッチングでした。初登板としては上出来。このオフしっかりトレーニングして来季にはローテーション争い出来る投手になってほしいですね。



    来季は藤浪が復活して、秋山、才木、望月、濱地、小野、岩貞、横山、島本、竹安、青柳+まだ見ぬドラフトルーキー等でローテーションが作れる状況になればいいですね。

  9. ジュビロタイガース
    Posted 2017年10月6日 at 14:57 | Permalink

    3人のデビューが無失点で良かった。来年への飛躍にしたいね。
    大和の怪我が大したことないと良いけど。ニ盗時の植田のタッチは怪しかった。怖くてもスパイクへ行かないと。

    • 西田辺
      Posted 2017年10月6日 at 16:22 | Permalink

      ジュビロタイガースさん
      新聞記者のツイート情報ですが、大和の診断結果は左足首の軽い捻挫で
      登録抹消はせず、とのことです。
      試合出場は見合わせるでしょうけど、一軍帯同でCSに向かうでしょうね。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">