明暗ルーキーズ

韓国KIA戦は、チラ見。
島田はなんかプロに入ってから打撃開眼しちゃったのかな(笑)。アウトへの食いつき、インのさばき、甘めのしばき、全部すごいやんけ!もちろん投手のレベルが上がったら苦しくなるのだろうが、それにしたって「代走と守備固めの若手」というイメージとはまったく逆で、足速いのに走塁ヘタ、だけどカツンコツンじゃなくてガンガン振るというね。おもろい。「ジグザグ走り」と「止まるスライディング」がなおったらレギュラーあるで。

馬場がほろ苦〝デビュー〟で、谷川が〝持ってる〟デビュー。これもまたおもろい。どっちにとっても、これをいいように使えばいい。「はじめのあの失敗があったから頑張れた」ってのもあるし、「はじめのあの成功で自信がついた」ってのもある。

いろいろ明暗のわかれた練習試合だったみたいね。

続きはみなさんのコメントで!(←人任せイクナイ)
m(_ _)m


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

6 コメント

  1. Posted 2018年2月22日 at 09:35 | Permalink

    昨日の練習試合はルーキー3人が三者三様。馬場は緊張があったのでしょうか。まだチャンスは貰えるでしょうから次の巻き返しを期待したい。その火消しを担ったのが昇格間もない谷川。押出しはあったもののしっかり結果出すあたりは、昇格してきただけの実力通りってところでしょうか。馬場が締めてたら出番がなかったであろう登板でアピール出来た事は、「持ってる」って事なんでしょうね。GJ!

    島田は外野争いに革命を起こしそうな勢い。粗削りな分、逆に将来性を感じさせます。中谷も、うかうか出来ないですね。まだまだ失敗はするでしょうが、これからもどれだけやれるのか観てみたい選手であります。

  2. 西田辺
    Posted 2018年2月22日 at 10:30 | Permalink

    なんとも大味な試合になりました。
    こっちのタイガース投手陣も調整途上なのか、今一つ本来の力が出てなかった。
    あっちのタイガースも、打線で優勝したチームらしいと言えばらしい投手陣。
    馬場は本人の「腕が振れてなかった」と言う言葉を信じれば、まだ猶予あり。
    急遽登板となった谷川は、社会人や国際大会での経験を見せてくれました。
    十分「使える投手」をアピール出来たんじゃないでしょうか。
    全体的にまだまだ感満載の投手陣の中でも、岩田はチョットねぇ・・・。
    打たれるのは仕方ないとしても内容がね。
    大量得点やらもあったけど、昨日は参考程度で考えた方がよさそうです。
    それでも、島田のホームランにはビックリ!
    ツボに来れば大きいのあるよ、と首脳陣にも相手にも思わせるだけでも効果は
    あるでしょう。
    こりゃ中谷・高山・俊介もうかうかしてられない。
    多分監督の中では、島田の評価はうなぎ上りでしょうから。
    今日の練習は、全体的な疲労を考慮してか午前中で終了との事。
    フリーバッティング見ても、マイペース調整のベテラン以外のスイングもどこか
    重そうに感じました。
    明日の休みを挟んで、いよいよオープン戦とキャンプ最終クール。
    シッカリ休んで疲れを取って、ラストスパート頑張れ!

  3. こうさん 
    Posted 2018年2月22日 at 10:31 | Permalink

    馬場はブルペンの時とは違ったな。緊張か?谷川は「こんなオイシイ場面、絶好のアピールタイムじゃん❗」と顔から溢れる強気。押し出しではなくゲームセットをイメージしていたのだろう、首を9回も振った。馬場との苦労と経験の違いが見えた場面。

    可能性を感じる日々だが、1つのポジションの為に各々が「いろんなアピールをしている」のが去年とは違う。青柳には悪いが去年から変わっていないのなら今のタイガースでは生き残れない。凹んでる暇なんかないよ。「荒れ球も持ち味」からの脱却が必要か?

    各ポジション、堂々とベテランと闘う選手が出てくるか?「こいつなら仕方ない」とベテランを納得させる選手。

  4. なかっち
    Posted 2018年2月22日 at 10:32 | Permalink

    ドラフト前から獲得してほしかった選手の一人だった島田。

    その島田選手が本当に素晴らしいアピールをしてます。正直最初は代走要員及び守備固めの選手やと思ってましたが、センターレギュラー争いに割って入りそうな勢いですね。

    ジグザグ走りとスライディングスピードが落ちなくなれば面白い存在になるかもしれません。


    ドラ1の馬場投手はほろ苦いデビューとなりましたが、これで開幕絶望というわけではないはず。次回登板までに課題を克服してほしいですね。

    その火消し役を担った谷川投手は流石の一言。金本体制になってから青柳、糸原とドラ5の選手は1年目から1軍で頑張ってます。谷川投手にも60試合クインテットに挑戦状を叩きつけてほしいです。



    昨日の練習試合。見どころ満載でしたが、やはりロサリオがいると打線が活性化しますね。オマケに三盗て(笑)ロサリオは塁に出ても相手にプレッシャーを与えられそうですね。

  5. 虎轍
    Posted 2018年2月22日 at 10:59 | Permalink

    ロサリオの三盗に驚き、島田のホームランに驚き、谷川の急な登板でも強心臓ぶりにも驚きでしたね。
    ロサリオが打線に入れば打線が活性化されるのか?(笑)
    岩田はランナーを出してから崩れましたね。キャンプ中に砂場で裸足で何の練習をしてたんや?
    岡田はんが馬場はセットポジションからの投球で155キロも出してたんか?って言ってましたが、そう思ってしまうような投球でしたね。緊張もあったとは思いますが、これからに期待しときます。

  6. 虎蜂
    Posted 2018年2月22日 at 14:14 | Permalink

    お久しぶりです。

    島田の打席での躍動は嬉しい誤算ですね。シーズン終盤には背番号53が甲子園のセンターを掴んでいるかもしれません。他の選手も負けるな!

    馬場に関しては監督も最初から言っていた通り、期待しすぎは禁物でしょう。交流戦や後半戦を睨んでじっくり育てても悪くはないと思います。

    谷川は押し出しを与えたとは言え、勢いのついた相手をよく抑えましたね。社会人出身ならではの味のある投球にこれからも期待大です。

    最後にロサリオは打席のみならず、走塁、若手への指導など、チームにどのような相乗効果をもたらすのか、今から楽しみでなりません。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">