優勝決定目前につらつら

ちょいと個人的にバタバタしているうちに、矢野小虎は無事に優勝できたんね。どんなカテゴリーでも、持ち場でいい結果を残したのだから素晴らしいこと。

矢野二軍監督を早めに実現させたのは球団のいい仕事だった。
経営側、矢野氏ともに、金本監督の次をやることが前提だろうから。

金本監督だからできることは、3年間でだいたいできた気がする。
基礎体力、スイングスピードアップさせた。ルーキーだろうが、二軍でくすぶっていた選手だろうが、使えると思えば思い切って使った。今までの阪神で壊さなきゃいけないところのいくつかを壊した。
同時に金本監督の限界も見えてきた。問題を解決するためのノウハウやスキルの向上があまり見られなかったし、運営や采配においては、好結果を残せず、状況判断をしていくプロセスの中にも期待させるものが乏しかった。

監督交代のタイミングは、このオフがいいと私は思っている。が、もう1年準備に当てるのもそう悪くない。矢野氏はもう1年くらい何らかの形で修行を積んで、それから監督になっても遅すぎることはない。その間に、金本監督だからできることを断行すればいい。もともと金本監督は球団の経営方針に不満を持ちつつ、火中の栗を拾うように監督に就任してくれた。だから、やっておかなきゃいけないと思うことがまだあるはずだ。次の監督がやりやすいように……。
そんな気持ちでもう1年やる。そしたら意外と結果が出てしまって、いろいろどうしましょ……みたいなことになったりしてね。まあ、そんな悩みができるようならけっこうなことだ。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

優勝目前のチーム、目前での優勝を阻止したいチーム、優勝へと邁進するチーム、わずかな望みを捨てずに追いかけるチーム……。いい試合してるね。
なんか苦行みたいな連戦になるけれど、自分を進歩させる機会だと思ってしっかりやっていこう。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

13 コメント

  1. Posted 2018年9月26日 at 10:51 | Permalink

    金本監督だから出来た事と金本監督での限界は、確かに見えたように思います。ただ私が思うにコーチ人事次第で、まだまだ金本監督には伸び代があるように思います。3年間の人事でどこまでが監督の意志で、どこからが球団の押し付けだったのかは知りませんが、ヘッドをはじめ他の人に変われば今までより上手く監督をサポートできる可能性はあると思います。生抜きに拘らない起用を球団が先導できれば、今まで足りなかった部分も補えるのかな、と。本人が自身の取巻き採用に拘るのなら別の話ですが・・・

    メッセが帰ってくるようですね。一時は今季絶望みたいな記事が出てたので、復帰できるとなれば頼もしい事この上なし、です。でも本当に回復出来てるのでしょうか?どうも人材不足による前倒し感を感じます。本人は投げたがりですし(笑)安心感より不安の方が大きいですが、出てくる以上は勝てる投球をして欲しいものであります。我々ファンは応援するのみ。ですから。

    • 大和
      Posted 2018年9月26日 at 11:31 | Permalink

      この3年の人事は金本監督の希望のほぼ丸呑みです。
      来年は球団主導の人事になるでしょう。
      とはいえ、来年ダメだったら切られる監督の下に行きたがる人は少なく、コーチ人事は難航を極めているようです。

  2. ばるにい さんのアバター ばるにい
    Posted 2018年9月26日 at 10:54 | Permalink

    個人的には「もう結構です」としか言えないんですよね(^_^;)
    「指揮官」の能力として決定的に何かが大きく欠けているように思え、補完されないままもう1年は見たくないんですよね。ツイッターには悪口を書きなぐっていますが、元々大好きな選手だったので尚更です。このままでは人物さえ嫌いになりそうで・・・。
    ただ監督だけではなく、特に打撃コーチの不出来が最も大きな足かせなんでしょうが。
    矢野監督、早く見たいですわ。

    • 虎ジジィ
      Posted 2018年9月26日 at 11:10 | Permalink

      ぱるにい様
      全く同感です。
      バトンタッチの準備には3年間で十分。
      金本監督は尊敬できる選手だったので、これ以上采配に文句を言いたくないし、叩かれるのを見るのも辛い。
      このオフが、矢野新監督へのベストタイミングかと思います。

  3. 西田辺
    Posted 2018年9月26日 at 11:02 | Permalink

    やってきたことは決して間違ってなかった。
    私はこの3年間について、そう思っています。
    ただ、この方針を維持しつつ勝てるチーム・強いチームへの移行はどうも今の
    体制では難しいと感じているのも正直な気持ち。
    惜しむらくは、金本監督にプロ野球の監督とは、という学習のプロセスを省略
    したままその座に着かせてしまった、そして本人もそれをしてこなかった。
    野球としてのカテゴリーが上がれば上がるほど、単純に投げる・打つ・走るの
    スキルアップだけではゲームに勝てません。
    ただ誰それを見習うだけでは、これはどうしようもない。
    兵法の本を読んだところで、誰もが優秀な軍師にはなれません。
    選手をどう動かす、人をどう動かすという能力が必要になってきます。
    解説者時代、散々批判していた野球を今自身がトレースしている現実を、どう
    捉えているのか。
    勝つ事と育てる事の両立の困難さを、十分に痛感してしまっていると思います。
    ベテランと若手と外国人の扱い、調子を落とした選手の建て直し。
    この辺が3年間で何も成長が伺えなかった。
    勿論監督だけでなく、ベンチに居座る首脳陣全体にも言えること。
    三顧の礼で迎えた球団首脳が、今シーズンの成績でどうこうできるとは思えません。
    ならば、監督に勝てるアドバイスを進言できる参謀。
    若手育成・不調者の建て直しに長けた指導者を配置するしかないと思う。
    ここは、監督ではなく球団のお仕事。
    今のチーム状態を良しとしていたら、近い将来甲子園に閑古鳥が鳴きますよ。

  4. 虎轍
    Posted 2018年9月26日 at 11:15 | Permalink

    金本監督は超変革を旗印に頑張ってきたと思いますが、采配、統率力には陰りが見え出してきたかなぁ…って思いますね。
    監督になっても金本アニキのままで良かったのに、金本監督になってしまったのが采配を鈍らせたのか?
    なんか辞める事を前提としたコメントになってしまいました。すんません。
    14連戦がスタートしますが、今日、明日の天気も心配ですね。
    今日は気合いを入れて野手陣は得点を入れろ!
    岩田は進退問題に関わってくるから頑張れ!
    勝って聖地甲子園に六甲颪の大合唱を!
    今日は聖地甲子園まで観戦に行くから勝て!

  5. 大和
    Posted 2018年9月26日 at 11:50 | Permalink

    トラオさん、さすがです!
    自分が思ってたモヤモヤしたものを見事に文章で表現してくれました。

    金本監督は、私が85年のヨッさんの時にファンになって以来、一番若手の底上げをした監督だと思います。

    但し、人事面や作戦面、調整面ではもう底を見せてしまいました。

    試合後のなぜか他人事のようなコメント、若手を萎縮させるようなコメントなどファンをも逆撫ですることが多かったです。
    外国人の見切りも早く、私はヘイグやキャンベルは我慢すればもうちょっとやれたんじゃないかと思っています。

    キャンプ中継もずっと見ていましたが、大半がただ漫然と投げて打つだけの様子に、今年も個人の力に頼った野球をやるつもりなんだなとガッカリしました。

    とはいえ、中谷や北條、高山、大山、陽川などもう一皮めくれれば10年近くクリンナップを任せられるくらいの戦力は揃いました。

    私も矢野推しですが、彼は頭脳面では申し分ないでしょう。人間性の面では自分でも仰ってましたが意外と短気なところがあるそうなのですが、この点もこの一年でかなり成長したと思われます。

    もう禅譲のタイミングが熟したような気もしますが、金本監督はあと契約が2年残ってるので自分から辞めることはないでしょう。

    残念ですが、来年自分の期待を裏切るような名監督になってくれることを期待しますか、、、。

  6. ジュビロタイガース
    Posted 2018年9月26日 at 12:11 | Permalink

    監督は選手と違って継続してれば成長したり、何かのきっかけで開花することは無いですから、采配が来季から良くなることは考えられませんね。
    ソフバンやロッテのドラ1がいまひとつな状況を見ると、スカウトが適任かも。
    ファーム選手権の伝統の一戦代理戦争は楽しみです。
    今日からの横浜戦は不安です。西武のように臨時特急が出ないかな。

  7. とし虎
    Posted 2018年9月26日 at 12:20 | Permalink

    皆様の金本監督への評価読ませてもらい、思ったのは、金本アニキは育った選手を使うより、育てる方が向いている様な気がします。
    今更2軍監督は無理ですよね。

  8. いわほー さんのアバター いわほー
    Posted 2018年9月26日 at 12:30 | Permalink

    金本監督との契約があと二年残っている段階では、本人からの申し出がない限り監督のすげ替えはないでしょう。
    矢野二軍監督にとっても折角二軍で革新的な指導ぶりを発揮しているだけに、もう1、2年は下で矢野イズムを踏襲してから一軍監督に就いてもらうのが理想かも。
    いずれにしろ来期の金本体制は大幅に球団の手もはいることだろうし、次期監督のためにももう一年辛抱してみる覚悟でいます。

  9. 虎蜂
    Posted 2018年9月26日 at 12:32 | Permalink

    矢野さんには「勝てる」監督を求められるでしょうから、かなりのプレッシャーでしょうね。超積極的野球でウエスタンを制しましたが、あくまで勝敗度外視でやったことが結果に繋がったと思われ、1軍で同じ野球が通用するとは限りません。もう1年2軍で勉強するのも悪くはないと思います。

    しかし、矢野さんへの準備期間を設けたい一方で金本監督の采配をもう1年見るのはしんどいというのが正直な気持ちです。優秀な参謀が付いてもチームの軸となる監督があれだけ野球を知らないのは致命的でしょう。退任となれば、いつかまたユニフォームに袖を通す時の為に外からしっかり野球を勉強していただきたいと思います。

    そして、今季の結果は監督だけの責任ではありません。勝てるチームを作る為に球団には大いに反省して欲しいと思います。

  10. こうさん
    Posted 2018年9月26日 at 12:52 | Permalink

    金本は来季も監督だな。しっかりと「タイガースの底」をフロントに、ファンに、そして自分自身に見せ付けてから辞めるべき。まだまだ「来年こそ金本なら…‼️」と思っている人にも納得させないと。思い出すのは、いつかのnumber。金本、矢野、下柳の揃い踏み。「いよいよ3人がベンチに座るときが来るのか⁉️」と震えたが実現しなかった。金本が辞めたら永遠に実現しないだろう。金本は「2度と監督をしない」だろうから。下柳が金本の監督としての力量を分かっていて入閣しなかったとしたら…矢野が監督になったら下柳の入閣が実現する。

  11. なかっち
    Posted 2018年9月26日 at 19:49 | Permalink

    私も矢野2軍監督の手腕、評価は個人的に高いです。
    しかし、今の2軍の戦い方が1軍で出来るかどうかは別の話。2軍は勝負度外視で采配が出来ますから。

    しかし1軍ではそうはいかない。もし超積極的野球を1軍でして、失敗が続けば、間違いなく
    『他に策はないのか?』
    『矢野の野球は単純。走れば良いものではない』

    などの批判が相次ぐはずですから。

    それに盟友金本監督を辞めさせて、監督依頼があっても受けないと思います。間違いなく一緒に責任を取り、辞めると思います。矢野さんってそういう人やと思いますね。

    もし金本監督が今年で辞任したら、誰かを挟み、その後新たに矢野監督誕生なら可能性はあるかもしれません。

    来季以降も金本野球が続くのは間違いありません。新年を迎え、キャンプが始まっても過度な期待はしないほうが良いと思います。



    後、これは私の予感ですが、今年のシーズンオフFA宣言した選手を見境なく片っ端に取りに行くと思いますね。
    (宣言すればですが、カープ丸、ライオンズ浅村、ファイターズ中田の3人は確実に取りに行くと思います。)

    とにかく打てない打てないが口癖ですから。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">