終盤勝負粘れず6連敗

強みだった終盤のリリーフで後半戦3タテスタートを食らう。前半戦3タテフィニッシュと合わせて6連敗。夢の球宴はまさに夢でしかなかった。
いまのところ優勝争いに絡む力はないのだが、2位争いに絡む力がないというほどではない。「抜本的な対策」という特効薬などないのだ。あったように思えても、その効果は続かない。逃げるのではなく、惨めでも情けなくてもかじりついて食らいついて、闘志を持ち続けること。辛抱することでしか本当の力なんてつきゃしない。
実力者が打たれて負けたのであればしかたない……というセリフは勝ち越しがたくさんある状況でなければピンとこない。私はむしろ、成長盛りの選手たちが原因で負けるのなら仕方ないと思える。
自分の責任と重ねて言及した矢野監督。言わずもがなだ。内なる可能性を引き出す、「ポジティブお化け」の能力をいかんなく発揮する局面だ。
プロ初先発だった望月は、ほろ苦い内容だったが、強い気持ちで投げきったのは合格ラインクリア。慣れない状況下で望み通りの結果を出すのは難しいことなのだから、着実に進歩していけばいい。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

7 コメント

  1. Posted 2019年7月18日 at 09:51 | Permalink

    連敗中に初先発の望月を立てたのは矢野監督ならではか。私は評価したいが少し本人にはにが重かったのかも知れない。全39/82がボールゾーン(yahooの表示拾いました)でストライク率52%では苦しいですね。化ける可能性は十分にあると思いますが、それは近いうちでなくもう少し先ではないでしょうか。ストレートを高低に投げ分ける技術を磨いてほしいと思います。

    梅雨の大山が打ったのになぁ。ここ最近畳みかける攻撃ができていない。連敗中のチームの雰囲気が邪魔をするのかビッグイニングがないと勝てそうな気がしません。試合ごとにチームオーダーの徹底ができているのか。元来打力の低いチームなのだから選手任せでは打開策は出てこない。スコアラー、打撃コーチが寝る間を惜しんで研究しているのか。もっと他にもやり様があると思います。

    6連敗で今日はゲームなしは辛いですが、ファームは2連勝で、昨日投げた秋山が次は上がるかもとの報道が。9勝1敗2.70の無双ぶりを一軍でも発揮してくれることを妄想しながら今日明日を穏やかに過ごそうかと思っております。

  2. こうさん
    Posted 2019年7月18日 at 10:47 | Permalink

    昨日の試合で優勝は諦めた(もちろん勝負は諦めない)。そう思ったらワクワクしてきた。まさに今、来季以降に優勝争いをする為の「手術」を見せられている段階なのだ。手術なら外で願うしかないのだ。祈るしかないのだ。

    矢野監督の頭の中では秋や冬に「やるべきこと、やらなきゃならないこと」が山ほど浮かんでいるはず。その為には「指導者の見極め」も必要。誰が打線を立て直せるのか?なぜシーズンの頭から活躍する外国人打者を取れないのか?「投手は頑張っている」と言うなら、打者の頑張ってない理由は?捕手目線の監督として優しすぎないか?嫌われることを恐れてないか?

    データは調べてないが初回に三者凡退で終わると「今日もヤバいか…」と思ってしまうのは何故だろう。昨日みたいな日は久しぶり。それでも勝てないんだな。

    けどスタメンは来季以降に繋がるスタメン。こうなったら福留には「自ら」下で見守ってほしい。CSの為に無理するよりも来季「最強の代打」になってくれる方がいい。

  3. 西田辺
    Posted 2019年7月18日 at 10:58 | Permalink

    久しぶりに4点も取ったのに(笑)
    思うに、この3連戦。
    タイガースの中継ぎ陣から試合を決める点を奪った中日と、先発投手から
    点を取るものの、相手中継ぎ陣を攻めきれなかったタイガース。
    ただでさえ投手がキツくなる夏場。
    そこへもってきて39才になろうかという藤川の3連投はいかにもシンドい。
    ここに来て中継ぎ投手の運用が雑になってきていると思うのは私だけでしょうか。
    攻撃面ですが、前にも言ったかも知れませんが、点を取った後の攻撃に力が感じ
    られませんね。
    昨日の3回の原口・5回の大山のタイムリーの後の二の矢三の矢が放てると、
    もっと違った展開もあったかも。
    投手への依存度が高いチームが、夏場になって苦しくなるのは当然の帰結。
    お互いさまの精神なら、今度は打線が奮起するしかないでしょ。
    野球チームって投手と野手、どちらかが頑張ればいいって競技じゃないですからね。
    どっちかが苦しければ、どっちかが頑張る。
    そうやってお互いを高めあって行けば良いんじゃないですか。
    まだまだ下を向くには早すぎます。
    ファイティングポーズは解いちゃダメですよ。

  4. yalkeys
    Posted 2019年7月18日 at 12:53 | Permalink

    どうして毎年ASGの頃から下降線となるのでしょうか。確かに得点の後の追加点が少ない。Gが独走態勢となった今、せめてCSへという低い目標に変えざるを得ないと思います。CSの2位→3位→4、5、と目標を下方修正していくのです。今、可能性のあるのは近本の盗塁王、新人王、ベストナイン位ではないでしょうか。(怒)

  5. 虎轍
    Posted 2019年7月18日 at 16:46 | Permalink

    前半戦は終盤勝負で引き分けたり出来てましたが、それもなく、負けてしまいましたね。
    久し振りに4点も取ったのにね。
    切り替えていこう!

  6. 設楽文男
    Posted 2019年7月18日 at 18:16 | Permalink

    この六連敗、一見接戦のようにみえますが、明らかに実力の差。全く勝てる気がしなかった。面白さが全然感じられなかった。なにやら、去年と同じ道をまっしぐらに進んでいるような気がしているのは私だけでしょうか?二軍を見ても救世主になれそうな選手は全く見当たらない。このうえは、遅すぎたが、新外国人野手がかつてのブラゼル並みの働きをしてくれるか(確かブラゼルも途中入団だと記憶している)藤浪が奇跡的に復活してくれるか、祈るだけ。神頼みしているようではプロ野球としては恥ずかしい限り。それにしても、現実問題として、貴重な投手を酷使して潰さないでもらいたい。藤川ももう若くはない。去年の酷使で潰された投手がいるではないか。唯一のの生命線である投手力は大事に使って欲しい。投手陣が潰れたら、本当に去年の二の前になってしまう。そうならないように、願う。

  7. Posted 2019年7月31日 at 12:32 | Permalink

    Superdry men’s Germany Trophy Sequence t-shirt.

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">