雨試合制してカード先勝3連勝

気がつくの遅れたけど、これいい記事ね。

【内田雅也の追球】なぜマルテは生還できたのか 6秒79 阪神決勝点の背景にあった走塁技術(スポニチ)


審判団は手際の悪さを指摘されてもしかたない。砂を入れている段階で、なんとか5回まではやれるようにするが、それ以後は予告なしで打ち切るよとだけ伝えていれば、なんてことない話。べつに両監督の許可がいるというものではないのだから、ちゃんとコミュニケーションをとっていればもめることはなかった。

とにかく予報になかった(?)雨が降り続ける中での試合。ちょっと野球をやれるようなコンディションではなかったが、集中力の勝利だったね。
甲子園を本拠にしているのだから、「天然の悪条件は自分たちに有利」くらいに思えるようになればいい。その一発目で、多くの選手がいいパフォーマンスを見せられてよかった。

この調子で、今年は読売に一度も対戦成績で先を行かせないように、リード、リードで押し切っていこう。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

12 コメント

  1. 虎ジジィ
    Posted 2021年4月7日 at 08:28 | Permalink

    確かに「ゲーム終了」が突然宣告され、
    「急に雨足が強くなったのになぜ今?」
    「終了前にベンチへの通達はしなかった?」
    「そもそも試合開始時から強く降っていたのに何故中止にしなかった?」
    など、コチラの立場から観ても??なゲームセットではありましたが、それは審判団が決める事。
    田んぼのようなグランドで怪我人も出ず、結果的には「西勇完投勝利」&「リリーフ投手温存」という、タイガースにとっては雨を味方に最高の勝ち方(現地応援の方すみません)になりました。

    グランドコンディションの悪い中、両先発投手の「集中力」の差がハッキリと出たゲーム。
    西勇は何度も足を滑らせながらも粘りのピッチング。
    奪三振は少ないけどリズム良く撃たせて取るエースの責任感溢れる投球が出来ていました。

    一方、讀賣のサンチェスはぬかるんだマウンドにイライラ爆発。
    いかにも「こんな状態で投げるのは嫌だ」という態度が出ており自滅、撃たれるべくして撃たれたように感じます。

    タイガース打線もそんなサンチェスをしっかり捉え効率良く得点、連続タイムリーの梅野は勿論ですが、連続犠飛の木浪の「もう1点」は敵の心を折る素晴らしい働きでした。

    最後、佐藤輝の「甲子園以外なら」の大飛球は惜しかったけど仕方ない。第一打席のセンター返しは見事でした。

    さて今日先発のルーキー伊藤将、いかにも讀賣が嫌がりそうな投手!
    讀賣キラー誕生の予感がします、楽しみ。

    • 虎ジジィ
      Posted 2021年4月7日 at 08:43 | Permalink

      訂正
      最初のとこ「急に雨足が強くたった訳でもないのになぜ今?」でした。
      すみません。

  2. 岩修
    Posted 2021年4月7日 at 09:01 | Permalink

    雨中での対読売初戦。改めて西の凄さを知りました。最初は広澤さん、川相さんの解説で見てましたが(勿論良い解説)Bsで球児さんが解説しており、熱く解説されてたけど、「西投手はここぞの時に第3の球が…」とか虎に詳しすぎてちょっと心配になりました。
    得点圏の鬼、梅ちゃんにホームラン性の犠飛の木浪。大山だってホームラン性の大ファールあったし。そして何と言っても最後のテルの一撃。改めてロマンを
    感じた一瞬でした。

  3. ジュビロタイガース
    Posted 2021年4月7日 at 09:59 | Permalink

    ホント、マルテはよう還ってきましたが、そんな走塁意識があったとは。
    昨日も違う意味で、みんな三塁を慎重に回ってましたけど。

    いきなりコールドはびっくりしましたが、試合が始まれば審判の判断なので。いや、阪神園芸の判断もあるかな。

    まずは完勝で気持ちいい。

  4. 西田辺
    Posted 2021年4月7日 at 10:06 | Permalink

    前半雨が強くなって、読売先発のサンチェスが頻りにマウンドの砂を入れる
    ように要請し、そのたびに阪神園芸さんがベージュ色の砂を撒いてました。
    中断前に審判団と、阪神園芸の金澤部長とが協議してました。
    「もうマウンドに敷く砂が、前半使い過ぎてありませんわ」とでも言ったのだろうか(笑)
    甲子園だから7回までで来たものの、本当なら5回で打ち切られても仕方のない
    グラウンド状況。
    ピッチャーが足元を気にする様子を見ていても、続行が厳しいのは分かるはず。
    日本一の水はけと、日本一のグラウンドキーパー技能集団を抱える甲子園ですが、
    ものには限度があります。
    本文中でtoraoさんが仰るように、一々両監督にお伺いを立てる道理もルールも
    ありません。
    Why?とゼスチャーしていた監督さん。
    グラウンド状態見れば分かるでしょ?
    けが人出てからじゃ遅いんですよ?
    前半散々時間稼ぎして、5回成立を先延ばしするからこうなるんですよ。
    あの時間から30分待っても9時を過ぎるし、今の時短要請のご時世で観客の事も
    考えて欲しいです。
    今シーズン、屋外球場ではこんな試合展開も考えられます。
    ましてや甲子園以外だと、もっと早くコールドゲームになる可能性も高い。
    いかに先制点が大事か。
    今日も先制~中押し~ダメ押しで、伊藤を援護して欲しいですね。

    • 虎轍
      Posted 2021年4月7日 at 15:19 | Permalink

      西田辺様こんにちは。
      あちらの監督のジェスチャーは「今年のタイガースは強いからお手上げや~」に見えましたね(笑)
      同じ条件で戦ってる以上、西勇やタイガースの選手の集中力の勝利でしたね。

      • 西田辺
        Posted 2021年4月7日 at 16:08 | Permalink

        虎轍さん、返信どうもです。
        あちらのピッチャーは、明らかに集中力が失せてましたね。
        だらだらと時間稼ぎしたのが、最後に仇になりました。
        今日も現地観戦との事。
        まだ夜は肌寒いですから、風邪とか召されませんように。

  5. なかっち
    Posted 2021年4月7日 at 10:19 | Permalink

    あれ以上続行したら今日の試合にも影響しかねないとの阪神園芸さんの意見を聞いて審判団も判断したんやと思います。
    ある意味あの雨で7回まで試合が出来たのはまさしく阪神園芸さんの努力の賜物。読売ファンからしたら何故?と思う判断かもしれませんが、私は素晴らしい判断やったと思います。

    試合は両軍の集中力の差が出た印象でしたが、西は本当によく投げました。流石エース。
    梅野との呼吸が会わない場面も何度かありましたが、梅野を信じて投げ込んでましたね。
    (西の口元からダメ?って動いてたのが印象的でしたね。)

    今日はルーキー伊藤が先発します。相手は畠かな?
    とにかく援護をしっかりしよう。
    伊藤はとにかく5回を投げきる事を念頭に立ち上がりから全力で投げて欲しいです。リリーフは休養出来てます。勝っていたら誰を行かせるのか?
    もう一度石井にチャンスをあげても良いかも。加治屋を投入するなら小林を投入して欲しい。
    ビハインドなら小野や桑原、加治屋を投入する。
    そろそろ役割分担をしても良いかも。
    私はこの3連戦全部勝って去年の借りを1つ返して欲しいです。

    まだまだ借りはたくさんありますが、先ずは甲子園で3つ勝とう。今日は打撃戦覚悟で試合を見ます。

  6. いわほー さんのアバター いわほー
    Posted 2021年4月7日 at 12:29 | Permalink

    「あれ、先発青柳に代わった?」
    そう思えるような予想外の雨。
    さすがに昨日はお天気キャスターも想定外だったようで、しきりに頭をかいてました。
    今日は雨の心配もなさそうだし、原さんに有無を言わせず9イニングしっかり戦って勝ちましょう。
    確かに今年のマルテ、サンズの走塁意識が高いことが見て取れます。
    もはや「外国人選手のくせに」というのは、タイガースには当てはまらない表現ですね。
    ロハスの来日も意識を高めている部分もあるかもしれませんが、監督・コーチによる走塁に関しての意識付けは、他球団に比べて徹底しているように思います。

  7. 虎轍
    Posted 2021年4月7日 at 12:43 | Permalink

    昨日は現地観戦でしたが、試合開始直前からの雨が降り続けるとは…
    予報では雨は無かったんですがね。
    びちゃびちゃに濡れてしまいましたが、勝ってくれたから良かったです。
    昨日に限っては審判団の判断も時間的に良かったと思いますね。
    あの時間から中断やと時短を呼び掛けてる人たちに悪いからね。
    最後の佐藤輝明の打球は雨風が無ければ入ってたね。
    ええヒットがあったから今日はホームランあるよ!(笑)
    今日は伊藤将司のプロ初勝利を現地で見届けたいと思います!
    疫病退散!
    頑張ろう日本!

  8. 星の輝き
    Posted 2021年4月7日 at 14:41 | Permalink

    天候による試合の打ち切りは四の五の言ってもしょうがありません。
    そんな大騒ぎすることではないと思う。
    マスコミは小さなことを大きく報じるのはやめて欲しい。

    • 泰彦
      Posted 2021年4月7日 at 22:44 | Permalink

      確かにそんなことを取り上げて2021G戦初勝利にケチを自ら付ける必要は無いのでしょうね

      1~9番はもちろんベンチもスタンドの方も、私たちもみんなで頑張った結果なんですから!

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">