歳内チャレンジは不発、梅野プロ1号

歳内先発で3タテに挑んだが序盤に失点でKO。一時は追い上げムードに入ったが、3番手筒井が四球連発、そこから守備でも攻撃でもミス連発で連勝はストップ。勝ち負けより内容を重視したい「チャレンジデー」の戦い方としてはイマイチだったが、収穫もそこそこにあった。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
対DeNA 6回戦 横浜

神 | 0 0 0 2 1 0 0 0 1 | 4
デ | 3 0 1 0 4 0 0 0 x | 8

勝:モスコーソ2勝2敗0S
敗:歳内0勝1敗0S
HR:新井良ツーラン6号、梅野ソロ1号
阪神:歳内 – 渡辺 – 筒井 – 金田 – 伊藤和
DeNA:モスコーソ – 大田 – 山口 – 藤江 – 三上
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

岩田に代わって登録された先発歳内の立ち上がりは確かに嘆くべきものだった。ヒット、牽制アウト、ヒット、盗塁、三振で二死二塁。ここから連続四球で満塁とし、バルディリスに走者一掃の二塁打を打たれて3点を先制される。「気持ちで負けている」という和田監督のコメントの通り。2回には投手モスコーソの打席でストレートを修正しようとしたが走らず、入らずで四球。苦しいマウンドだったが1,2番を打ち取ってゼロ。

で、3回ウラ。先頭梶谷へは直球でストライクを取ったあとフォークでボテボテを打たせたがこれが一塁前への不運な内野安打。続くノリへはまっすぐ、シュート系で内角を攻めて追い込むも、4球目のフォークで見透かされたように二盗を決められる。5球目、まっすぐが高く浮いたところを易々と二ゴロを転がされ一死三塁。もっと上を目指すには、この勝負球を絶妙のコースに投げ込みたいところ。でも押し込んでアウトを取ったのだから「まあ良し」。

前進守備の一死三塁。初球はストライクを取るフォーク、真ん中付近だがカーブのように弧を描く軌道。ここは鶴岡がうまく1ストライクを取る。2球目は同じ球でワンバウンド。振らせたかったが、低めは眼中になく見切られてカウント1-1。3球目はスライダー、これが高めに浮いてボールになった。これが悔やまれる1球。まだ勝負に使えていた外のシュート系で腕を振らせておきたかったし、詰まらせたかった。カウント2-1となって、歳内にとってもっとも自信のあるフォークで勝負、しかし遅い球に的を絞っていた筒香が謙虚に左前に返す打球でタイムリー。4点目を献上した。

2回と1アウト。さきほど打たれたバルディリスを迎えたここで投手交代となった。私としては、ここで代えてしまうのはもったいなさ過ぎると思った。結果を恐れて四球を出して返されてしまった1回の反省を踏まえ、バルディリスにどう立ち向かうか。絶好調とほど遠いかも知れないが、歳内にとってはやっと掴んだチャンス。この回はまだそんなに酷い内容の投球をしたワケでもない。ここで「転ばぬ先に」代えてしまっては冒険にならない。私はそう思った。少なくとも四球でバランスが崩れた筒井を引っ張る「冒険」ならぬ「自暴自棄」をするくらいなら、歳内に「打たれて成長」を経験させた方が良かった。

その後は四球連発、タイムリーエラー、走塁ミスなど集中を欠くプレーが続き、ベイスターズの新「勝ちパターン継投」大田、山口、藤江、三上に抑えられて敗戦。ただしそんな試合の中でも収穫は多々。ここまで精彩を欠いていた中継ぎの渡辺が1.2回をゼロに抑え久々に戦力化。金田、伊藤和が着実に場数を踏み、ギリギリのところでゴメスが連続出塁記録を繋ぎ開幕連続出塁記録を継続(27)、良太は2試合連発で反撃の一撃で好調維持、最後は途中出場の梅野が回ってきた打席で、高い高い弾道の第1号ホームランをセンター左、スタンド最前列に運んだ。しょんぼりしたゲームに笑顔が弾けただけでも大きな一発だった。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿 and tagged , , . Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

19 コメント

  1. 虎一筋50
    Posted 2014年4月28日 at 07:47 | Permalink

    歳内を始めシーズン前は二神、鶴とドラフト上位陣の先発候補だったが皆135キロ前後の何の変哲もないストレートだから変化球を織り交ぜながらも捕手もリードはさぞかし大変かと…同じ135キロでも岩崎のようなスピンの効いた切れのあるストレートなら勝負出来るが…次の谷間の先発候補は岩本みたいだが先発としての要素は持ち合わせた投手だから大いに期待してみたい!

  2. 阿太郎
    Posted 2014年4月28日 at 08:35 | Permalink

    5月の4連休 阪神は全てナイターです。

  3. Posted 2014年4月28日 at 08:44 | Permalink

    前日とは対照的なゲーム、ほぼ自滅ですね。

    コントロールが生命線の歳内・筒井、ストライクが入らないと話になりません。これは単に鶴岡と匕首が合わないとかそんな問題では無いと思います。
    歳内は残念ですが、今回でで「チャレンジ枠」登板は降格でしょう。

    ちょっと、いわほーさんとも話したのですが歳内や秋山、普通高卒投手がプロ入りすると、身体が出来上がり球速が増すものですが、彼らは何故か球速が落ちて「こじんまり」としまった。これは指導法に問題があるのか、本人のポテンシャルなのか所以は定かではありませんが、とても残念です。
    金田・伊藤和のような「荒々しさ」も少し欲しいところ!

    前日テンポのいい岩田の時は守備・攻撃も素晴らしく安定していたのに、投手テンポからの悪循環で守備・攻撃の乱れまで出てしまいました。

    最後の最後ルーキー梅野の待望の一発は「希望の光」、明日からの大切な連戦に繋がると信じています。

  4. ガク
    Posted 2014年4月28日 at 09:44 | Permalink

    歳内の交代時は私はあれでよかった気がします。
    制球は定まらないしアップアップでしたし、ただ筒井を引っ張ったのは?です。
    どうせ後で伊藤を使うなら筒井のところで使って欲しかった。3者三振痺れました!
    ミス連発の試合、やはりまだまだ強いチームではないということを認識できたので気を引き締め直すきっかけになればこの敗戦も意味があるものになります。
    梅野の1発は明るい希望です。

  5. トラ11 さんのアバター トラ11
    Posted 2014年4月28日 at 09:53 | Permalink

    もしかして勢いに乗っていけるかと期待していましたが甘くはなかったです。
    歳内は家族を守るためには、もっと攻める投球ができたら良かったのですが。
    筒井は以前の最悪の状態が出てしまったように思います。

    金田、伊藤和、梅野の若い選手の活躍に光明も見えてきます。
    田上も頑張れ!

  6. 西田辺
    Posted 2014年4月28日 at 10:28 | Permalink

    歳内はねぇ・・・
    悪い投手のパターンで「ベンチの方を向いて野球をやってる」んですよね。
    打者と戦っていない。
    結果を恐れ、降格を恐れ、ストライクゾーンで勝負することを恐れて良い投球
    なんか出来るわけがない。
    ベンチにしても、チャレンジさせるならチャレンジさせないとね。
    中途半端に色気を出して、何点取られたからハイ交代!では下から上げた意味がないですよ。
    10点取られようと、20点取られようと、お前は5回まで降ろさないよ、位で送り出さないと。
    打たれたら、点を取られたら交代を繰り返してても、何も発展的な課題が残りません。
    「甘えるな!5回まで何球投げようと、自分の力で切り抜けてこい!」という起用をして
    行かないと、誰を上げても同じような結果しか出てきません。
    ゲームとしては先発が試合を作れず、中継ぎで壊れてしまったので「負けて止む無し」ですが
    余りゲーム運びとしては上手くない試合でしたね。
    こういう試合を「使って」いかないと、夏以降にシンドくなってきますよ。

  7. Posted 2014年4月28日 at 10:34 | Permalink

    歳内は初回からストレート走らず、コントロール定まらず、全然抑えられる感じしかなかった。相手の打ち損じを期待するだけ。もう一度ファームでもっとストレートに磨きをかけて欲しい。
    いいフォークを持ってるんだから。

    梅ちゃん、初ホームランおめでとう。

    大和の初ホームランはいつだろう。

  8. 大虎真弓
    Posted 2014年4月28日 at 10:56 | Permalink

     中西コーチの役割ってあれでいいの?
    悪くなってから偉そうにマウンドへ行き激を入れて帰ってくる。(笑)
    去年まで横浜にいた無能のピッチングコーチと同じじゃないか!
    もっと選手の癖を知っていなければ出るタイミングも交代のタイミングも違うはず。
    歳内は論外だったとして渡辺を出すタイミングは早い!あそこは金田にして欲しかった
    ナベはダメな時は必ず先頭に四球を与えるし筒井のボールが来ていなかったのも見逃している。伊藤和と金田で一点差まできたチャンスを生かせなかったのはベンチワークの不手際だと思う。二軍の選手と順番に入れ替えても中西に選手を見る能力がない以上無駄な配置転換になってしまう。
    山田バッテリーコーチに権限を移譲するなりしないと選手の無駄な消費ばかり目立ってしまう。玉置や島本など二軍で力をつけている選手を引き出しにしまっていないで使ってもらいたい。

    • 大虎真弓
      Posted 2014年4月28日 at 12:37 | Permalink

      追伸失礼です。
      どなたも触れていなかったので上本バックホーム3度目だぞ!
      しっかり練習してくれや!

  9. 熊虎
    Posted 2014年4月28日 at 11:17 | Permalink

    久々に試合開始から終了までフル観戦でした。
    歳内の序盤4失点降板は、そりゃあ残念。でも、それは想定の範囲内の出来事だし、経験が少ないゆえの失敗は寧ろ失敗しておくべきで、岩崎みたいにスイスイ行くほうが寧ろ稀少だと思いますし今後の起用にも寛容の気持ちを持って欲しいですし、歳内本人もこのショックを克服することが成長につながるでしょう。
    「鉄は熱いうちに打て」ですから、本来は直ぐに登板機会を与えるのが育成の秘訣だと思います。但し、歳内自身が今期2度目の先発失敗で、内容が私には前回よりも悪化したように見えたし、一軍先発の座を狙う若手目白押しなので、何もフォローせずに2軍行きではなく先発が無理でも楽な場面のイニングはじめから中継ぎ登板させて少しでも成功体験をさせて欲しいところです。

    しかし、昨日の負けは敗戦投手が歳内なのは仕方ないとして、責任投手は筒井でしょう。まさに「筒井爆弾炸裂」。好不調の波が激しいにもほどがある!好投する時もあるので一軍にいる「実力」はあるのでしょうが、この投手の救援失敗については、ただの失点ではなく自滅→ぶち壊しで、球威もコントロールもまるで見るべき所がない「なぜ一軍にいるのかわからないレベル」です。この手の失敗を繰り返す投手は若手なら許されてもこの年齢ならリリースすべき対象だと思います。
    筒井がこの中継ぎ枠に入るのは左投手という事情でしょうが、ワンポイントで使える変則型ならともかく、ビハインド状況で出すリリーバーやイニングイーターは若手の先発投手候補が右左関係なくスタンバイする位置だと思います。(だからこそ実績のある渡辺すら今期開幕一軍から外されたのでしょう)
    まぁ、金田も伊藤も素晴らしかったし渡辺も緊急登板の2イニングを修正能力の高さで結果的に上手くまとめたので中継ぎ枠も筒井以外は隙がなくなっているんですがね。

  10. hi64
    Posted 2014年4月28日 at 12:04 | Permalink

    歳内は,2回チャンスがあって,2度失敗ですから,今後はファームで一から実績作りでしょうね
    残念ですが,しょうがない
    昨日も,試合に勝ちたいと思えばあそこで変えざるを得なかったんでしょう
    やむを得ない決断だったかな

    筒井については,「自暴自棄」というよりは,失点した時点で試合を半ばあきらめ,投手をなるべく使わないという方針にしたのではないでしょうか
    そのあとがあまりにひどかったので,変えざるを得なかったのでしょうが

    近視眼的に見れば,鶴岡を取っておいてよかったですね
    リードは強気でユニークですし,バッティングもそこそこ
    キャッチングとスローイングにやや難ありですが,充分主戦として使える捕手ですね
    とはいえ,鶴岡を固定するのではなく,少なくとも3連戦に1試合は梅野・清水を使ってほしいですね

    さあ,甲子園でカープを迎え撃ちましょう

  11. こうさん
    Posted 2014年4月28日 at 12:33 | Permalink

    止まるべくして止まった勢い
     
    歳内がピンチになったらカメラが捉えた中西さん
     
    「怒ってる顔を映せ!」っていうプロデューサーの指示通りに、怒ってる顔を映されていた中西さん
     
    いかんなぁ
     
    あんなに良い見本がサードにいるのにね
     
    選手はベンチにビビり、コーチは怒り顔で監督にアピール
     
    この負けを生かさないとね
     
    あ、昨日は「非論理的」を「否論理的」と書いてしまった
     
    お恥ずかしい
     
    そろそろ藤浪の勝ち試合が見たいなぁ

  12. なかっち
    Posted 2014年4月28日 at 12:36 | Permalink

    昨日は仕事やったので観戦はしてませんが、歳内は残念な結果でしたね。チャレンジしたい投手はたくさんいるから、歳内には暫くチャンスないのかな?
    次は岩本、鶴あたりが来るのかな?頑張って欲しいですね!

  13. 熊虎
    Posted 2014年4月28日 at 13:50 | Permalink

    そういえば、現在捕手枠2名で、昨日の試合中鶴岡が腰を捻ったのか途中交代しましたが、ベテラン捕手不在となると大丈夫なのでしょうか?
    幸い清水の昇格可能な期間になっており、2軍では満遍なく捕手は試合に出ているようですが、打撃成績が良い(.250以上)のが岡崎(5打数しかないですが)・日高・清水の順。

    梅野は1軍レベルでは低打率で、何より不用意なボールが混じるリードはちょっと怖いし、日高・清水は藤井と似たリード傾向で、しかも一軍経験値が低く、とてもじゃないけど藤井・鶴岡両者の穴埋めには不足を感じるのですが。
    ひょっとして原口の選手再登録とかないですかね?

  14. Yalkeys さんのアバター  Yalkeys
    Posted 2014年4月28日 at 15:56 | Permalink

    バックネット上部から球場全体を俯瞰するポジションで観戦していました。
    それにしても、福留が打席に立つと「変れ」「給料分の仕事をせんかい!」などひどいものでした。
    気持はよーく分かります。俊介や田上をもっと多用して欲しいです。1回あったファインプレーで、先発が何試合も保証されるなんて・・・

    • チームスポーツにはありえないほどの優遇
      Posted 2014年4月29日 at 11:14 | Permalink

      一回のファインプレーで、スタメンが保証されるなんてことはないはずです。この問題は球団の姿勢と、福留選手本人のどんな状態でも試合に出たいという気持ちにつきると考えます。掛布氏も二軍にて調整すべきとする考え方をメディアに出していますが、それが自然であり当然です。最初から田上や俊介では役不足だと決めているような選手の使い方は、彼らのモチベーションを落とし、他選手にも球団や首脳陣にいらぬ疑念を持たせるだけで、チームにとって悪影響しかないのですから

  15. やんちん
    Posted 2014年4月28日 at 16:48 | Permalink

    昨日の試合前4~5人の選手がベイのチアガールに合わせて楽しそうに踊ってるのが映し出されていました。そんな光景は今まで見た事なくて良いムードだなって思ったんですが、これも西岡の影響ですかね?
    試合は負けましたけどやっぱりチームの調子が良ければムードも良くなるわけで、今のうちに福留さんには調子を上げて行ってもらいたいです。
    今はまだまだ秋に高く飛ぶ為の助走期間。そんなにあせって結果を求めなくても良いと思いますよ。

  16. TJ風船
    Posted 2014年4月28日 at 17:27 | Permalink

    初物モスコーソ攻略まであとモスコーシだったんですがね(笑)

    歳内・筒井と残念でしたけどtoraoさんの仰る通りに悪い事ばかりじゃない敗戦でした。

    渡辺・金田・伊藤和と裏リリーバー(WIK)何とかなりそうですし、ゴメスはまたまた出塁するし、驚愕の良太新境地(笑)
    梅野1号!おめでとう!

    筒井の代わりに高宮?…ん〜ドンマイ頑張れ!

    歳内も課題克服、相手に向かって行く闘志を養いましょう。待ってるゾ!

    さてカープとの攻防、非常にこの〜楽しみですね、ええ。

  17. 北のオバサン
    Posted 2014年4月28日 at 22:07 | Permalink

    ハマスタ 狭い!と感じました。横浜から二駅、中華街すぐだし、良いですね!
    三塁内野席で観戦

    早めに入り、練習も見ましたが、 チームのムードは明るかったですよ!

    練習時の高代コーチの笑顔に ヤられました
    腕グルグル見れなくて残念!

    梅野の初ホームラン …8回表終了後、球場出まして 見逃し…
    radikoで 電車の中で聴いてました…

    最後まで 観てれば良かったです…

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">