あと1球からの痛快逆転劇……でも冷静に

9回二死、いわゆる「あと1球」という状況が打者江越で1回(死球で満塁)、打者中谷でも1回(あとほんの少しでホームランという左フェンス直撃・逆転2点二塁打)。よう粘って逆転勝ちした。

0-4ビハインドという試合終盤、逆転ののろしとなったのは髙山の一発。長身でクロスステップの左腕アラウホから会心の一撃だった。ジャパンでいえば筒香や中田の一撃よねぇ。つまり髙山は4番を打てるヤツってこと。

それと反撃の8回、逆転の9回ともに糸原の打撃からいい流れを作ったことも見逃せない。状況を変える刃先を持っているヤツ。

そして中谷の決定力。これは急造サードで鳥谷と併用させる可能性も出てきたんじゃない?ここまで自分のポジションを上げてきたのは大したもん。もうあとはコンディション整えて、本番で一発ツモればレギュラー獲りだ。

原口ナイスどさくさ。大事だよね。

ベテラン引っ込んで、若いやつらで試合をまくったのは胸がスッキリするけれど、中日の投手が「あんまり」だったことも忘れちゃいけない。
この試合は相手が「打てるところはどこか」とデータをとってきただけのことだと思っておくべき。ふだんのリリーフを出されれば8,9回抑えられておしまいの試合だから。
1点ずつ取っていくという明確な方針を見せた中日の攻撃。うかうかしてるとせっかくコツコツ取った点をまくられてしまうんだと学ばせたことも含め、森監督の最下位脱出教育は着々と進んでいるように見えた。

こういう試合は若い連中は喜んだらいいし、自信を持てばいい。
首脳陣は7回までの試合展開から反省と対策をしていかないといけない。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

8 コメント

  1. 虎ジジィ
    Posted 2017年3月18日 at 07:39 | Permalink

    大逆転が痛快過ぎて忘れがちですが、確かにドラゴンズの「好投手からは小技でコツコツ」の明確な戦いが見えていました。

    最終的には助っ人リリーフ投手の差が出ましたが…

    8回、糸原が脚で稼いだ内野安打で出塁し高山が完璧なHRで返す素晴らしい反撃のノロシを上げてくれました。
    そして9回もまた糸原がチャンスメイクし、ビハインドの2死から見事な逆転劇でした。
    逆転打が中谷、ダメ押し打が原口という「若き右の大砲」で勝てたのも大きな収穫。

    糸原・中谷は、もはやベンチに置いておくのは勿体無い程の活躍で、内野レギュラー争いが悩ましい!どうする?金本監督??

  2. 虎蜂
    Posted 2017年3月18日 at 08:06 | Permalink

    土壇場からの逆転。監督が今のチームに求めていることが実現できた試合でした。開幕してから同じように逆転するのは難しいかもしれませんが、諦めない姿勢だけは継続して欲しいですね。

    逆転打の中谷を何とかしてスタメンに捻じ込んでやりたいものですが、今日も三塁で一つエラー…しかし、やっぱり使ってやりたい。開幕は左のジョンソンでしょうし、鳥谷の状態次第でスタメンも考えてもらいたいですね。それに値するだけの結果は残してきていると思います。もちろん、左ですが糸原も。

    勝ちはしましたが、中日から去年とは違う雰囲気を感じます。ウチと同じく、変革途上のチームですから、下馬評は高くありませんが注意が必要ですね。油断していると足元を掬われそうです。

  3. 虎轍
    Posted 2017年3月18日 at 08:18 | Permalink

    終盤のベテランが退いた後に若虎で逆転勝ち出来たのは、これからの野球人生に絶対プラスにはなりますね。
    メッセンジャーは1回調子が落ちて、上げてくれるでしょう。

  4. 西田辺
    Posted 2017年3月18日 at 09:07 | Permalink

    高山4番
    以前から主張してきましたが、今の若手で4番打たせるなら
    高山が一番の適任。
    原口も良いんですが、高山の後ろの5番が面白い。
    とは言え打球が上がらずフォームのマイナーチェンジに
    悩んでいた原口に大きいのが出たのは良い兆候。
    打線のバリエーションに幅が出てきましたね。
    仰るように、本来なら岡田や田島が出てくる中日ブルペン。
    やっぱり先発投手の攻略が勝ちへの常套手段になる。
    今日は今シーズンペナントの鍵を握るベイスターズ戦。
    ぼちぼち締まったシーズンを見据えた闘いが見たいですね。

  5. Posted 2017年3月18日 at 09:43 | Permalink

    勝ったとは言え課題もあった試合。もう少し開幕までは時間があるし、選手は反省・修正し、首脳陣は起用法・指導方針の変更を考えたらいいでしょう。その為のオープン戦なんだし。

    先発陣が最近打たれ始めましたね。調子が落ちてるのか、対戦相手に主力が出て始めたからなのか。そんなにうまい事行くことはない、って思ってたけどシーズンではネジ巻き直して頑張って欲しいものであります。

    岩崎はどうなんでしょう?使えるのでしょうか?リリーフに転向してまだ日も浅いし、経験不足が悪い方に出てるのかも知れません。彼が終盤の1イニングをバチッと抑えられたら継投が楽になるしクローザーにいい流れを持って行ける。彼が重要なポイントになってくると思うだけに、こちらも頑張って欲しいものであります。

  6. なかっち
    Posted 2017年3月18日 at 10:50 | Permalink

    山井を攻略出来なかったのは今後の課題ですね!しかしあの展開を逆転したのはある意味収穫。若手は自信にしてほしいです。

    原口にようやく1発が出ました。が、大きいのを意識し過ぎるとまたフォームを崩しかねないので、ヒットの延長がホームランって意識があった方が結果は良くなると思います。

    そろそろ細かい野球をしてる所も見てみたい気持ちもあります。


    中日は今年は侮れない存在になりそうですね。落合野球が復活するかもですね!

  7. ken3953 さんのアバター ken3953
    Posted 2017年3月18日 at 11:04 | Permalink

    高山4番説がトラオさん他みなさまから出てますが、個人的には
    3番で使って欲しいと思ってます。

    高山4番となると誰を3番にするかとなります。
    鳥谷・福留は調子が上がっておらず、原口や中谷では併殺が
    気になります。上本はメンタル、糸原は経験で少々懸念があり
    何よりもせっかくの脚が生きないかなと考えます。
    糸井もまず脚を最大限に生かさないと、そもそも獲った意味が
    無くなると思ってます。
    結果的に今すんなり当てはまるのが高山3番なのかなあと。

    それにしても、高山達成長しましたねえ♪

  8. こうさん 
    Posted 2017年3月18日 at 12:39 | Permalink

    バタバタして観れなかったが今日はビールを準備して観戦態勢OK。皆さんのコメントを活用しながら観たいと思う。筒香のいないベイには勝ちたいなぁ。けど本心は「どこまで通用するか」だけどね。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">