最後盛り上がるもいろいろ止まる

私の中で突如としてある欲求が湧いてきて、抑えきれない。相手先発が左腕投手のとき、「6番セカンド植田」のスタメンを試してほしいという欲求が……。
先頭打者なら、なんとか粘って出塁を。無死、一死で走者があれば、進塁打やセーフティー気味バントで梅野、木浪につなぐことを考えればいい。二死走者なしでも出せばうるさいから相手バッテリーはイヤ。二死のチャンスで福留との勝負をさけられても、相手は梅野や木浪に回ると面倒なので、絶対に植田で終わらせたいと思う。思えば思うほど力が入ってボールが先行し、四球とか、甘い球を痛打とか、そんなことが起きやすくなる。気がつけばビッグイニングに……なんてね。7番にイチかバチかの長距離タイプを置くよりも、今の阪神の現状に即して合っているし、相手はイヤなんじゃないかな。

いやあ、メッセかわいそうだったなあ。9四死球ってのは、まあナシだけど(1イニング4四球で0点てのも珍しいよね)。でも、ストライクでもいいような球なのに全部ボール。最高のところに決まったと思った球までボール。
そんでもって、味方はルーキーに抑えられて援護なし。
ゾーンがもう半分ずつでも広ければ、ボールの力で圧倒する上茶谷に対して、緩急、コース、配球、すべてを駆使した投球術で対抗したメッセという、対象的な投手による投げ合いがもっとしびれるものになったのに。かわいそうだったなあ。

無死二塁で梅野にバントさせて、一死三塁とするも点が入らない。7番打者で失点しなきゃいいだけなので、今の阪神の布陣ならば相手にとっては難しくない。
もちろん、試合展開などから導いているのはわかるが、それにしても梅野にバントさせてまで「一死三塁」にこだわるスタイルは理屈に合っていない。なんたって、チームでもっともOPSが高く、守備の負担があるにもかかわらず、わざわざ6番に上げていて、「勝負強い」と定評のある福留と遜色ない打点を稼いでいる打者が、自らアウトになってくれるんだから、たとえ走者三塁になっても相手は楽だろう。
一番肝心なところで、もっともアウトになりやすい代打鳥谷を使うことも同じなのだが、「こちらの希望(都合)」よりも、「相手が嫌がる」を優先させたほうが、結果にかかわらずジワジワ効く。こちらの希望のほうは、結果が良ければ効果絶大だが、いかにも確率が低く、不合理ゆえに求心力低下を招きかねない。

ただ、少し遠くから眺めてみれば、全然悪くない負けだよね。いろんな「連続」を止める、その止め方としてはある意味理想的だったのかも。
谷川はメッセの走者を返されちゃったけど、とても有意義な打者6人、1.1回を経験できた。浜地にとっての1イニングも同様。
打つほうも、抑えの山崎を引っ張り出して、自責点つけてギリギリまで追い込んだのが、今後きっと生きてくる。

さて、ガルシア。昨日の負けを「いい負け」にするためにも、今日は「らしい試合」で勝たねばならぬ。ガルシアの結果次第で、今後の投手運用が変わってくる。なんとか持ち味を出してもらって、なんとか勝ち越そう。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

15 コメント

  1. 虎轍
    Posted 2019年5月26日 at 11:16 | Permalink

    鳥谷!そこは逆転ホームランでアンチ鳥谷を見返すとこやったんや!
    出来なかったのは今の実力って事なんかなぁ…

    メッセンジャーは暑かったし、球数も嵩んでバテたかな?
    あまり言いたくないが、やっぱり球審が下手やとアカンわ。

    得意のDeNAに余裕で勝てると思ったのが、隙が出来たかな?
    褌を締め直して、今日は勝ってカード勝ち越しを決めよう!
    ガルシア頼むよ!
    打撃陣は苦手な浜口かも知れんが、得意のハマスタなんやから、大山のホームランで勝て!

  2. yalkeys
    Posted 2019年5月26日 at 11:23 | Permalink

    toraoさんの言う通りだと思います。一番打率の低い鳥谷を何故あの場面で出すのか!
    誰が残っていたのかはっきりと覚えていませんが、鳥谷よりは可能性は高いバッターがベンチには居たと思います。今、ハマスタに向かっています。ガルシアに期待しましょう。

    • Akira28
      Posted 2019年5月26日 at 11:41 | Permalink

      確か、上本、北條、マルテは残っていたはずです。
      私も、今の鳥谷のスイングでは、山崎クラスのピッチャーの球を打ち返す力はないと思います。
      四球狙いの代打だったのかしら?

      • yalkeys
        Posted 2019年5月26日 at 11:58 | Permalink

        Akira28様 いい選手が3名も居たのですね。よりによって鳥谷とは・・

  3. 虎ジジィ
    Posted 2019年5月26日 at 11:26 | Permalink

    7番の一塁手が機能しない今、toraoさんの6番植田案面白いかも知れません。
    近本が内野ゴロを打っただけで焦る相手内野手や、塁上にいるだけで神経質になる相手投手を見ると、下位にもう一人のスピードスターを置くメリットは大きそう!

    さてゲームの方はまさに
    「負けに不思議な負けなし」
    の言葉通り。

    ▪メッセと球審の相性(四球連発)

    ▪上茶谷に対応できなかった打線

    ▪暑さと球数過多のメッセを引っ張り過ぎた

    ▪課題の一塁手の打撃

    ▪最後の打者.鳥谷のチョイス

    今の鳥谷を使うなら、余裕のある展開で回の先頭とかのファンサービスの時のみ。
    結果論じゃなく、残っていた上本.マルテの方が相手は嫌だったと思う。

    久しぶりに采配で落とした負けでした。

  4. サヨナラ3ラン
    Posted 2019年5月26日 at 11:32 | Permalink

    昨日は1年ぶりの現地観戦でしたが暑かった。
    メッセは審判の判定と噛み合わず2回以降は明らかに
    イライラしていたけど粘り強く投げていた。
    敗戦の理由は いろいろあろうが仕方ない。
    しかし矢野の采配については俺もトラオさんと同感。
    福留2ベースで出塁して6番の梅野に送りバント。
    ここは梅野、中谷、木浪の3人にバッティングさせて
    点を取ることを考えてほしかった。
    中谷で点が入らない時点で木浪が敬遠されることくらい
    誰でも分かることだし、中谷で点が取れない可能性と
    比較しても結果論でなく梅野にヒッティングを命じる
    ことが良かったと思う。
    最後の代打が鳥谷ってのも。。。
    敗戦の原因を鳥谷に被せることはないけど、木浪の
    打席のネクストに鳥谷が入った時点で周りもざわついて
    いたので、それは殆どの人が感じただろう。
    1発の可能性に賭けてマルテか、近本への繋ぎも含めて
    上本や北條を起用した方が確率的にも上だったと思った。
    矢野監督のチーム作りとか非常に良いと思うけど
    時に 優しさなのか、ベテランや功労者に必要以上に
    忖度することは今後のチームに悪影響を及ぼすので
    選手に批判が集まる前に首脳陣が適切な処置をしてほしい。

  5. Akira28
    Posted 2019年5月26日 at 11:36 | Permalink

    確かに6番 植田 海を布陣したスタメンも面白そうですね。
    ただ、そうであれば私は6番 上本押しです。
    守備力は互角、走塁面では脚の速さは植田、野球を知った走塁なら上本、粘って四球の可能性も上本、進塁打の確率も上本の方が高いし、長打力は完全に上本です。
    昨年の怪我の回復の様子を見ながら、矢野監督は慎重に上本を使っているようですが、身体に問題ないなら、マルテを外してファースト大山、サード糸原、セカンド上本の布陣を交流戦を前にして、そろそろ試して欲しいと思っています。
    ただし、今シーズンの上本は、鋭く踏み込み際、頭が少し上がっていますから、どうしても打ち上げる打球が多いようです。この辺をコーチが指導できれば良い結果が続く気がします。
    でも、traoさんの6番植田も試してみて欲しい気もします。とりあえずマルテを守備固めで交代させる場面で、7番植田にして、木浪とのコンビで、近本に繋げれば、後半の相手リリーフ陣にプレッシャーをかけれるように思います。
    それと、やはり今のマルテに期待して、梅野への送りバントは勿体ないというご指摘には、全く同感です。
    昨日はメッセもよく粘ったと思います。あの球審の判定は酷すぎで、特に筒香へのボールの判定が試合を大きく左右させた訳ですから、球審が原だけに腹が立ちました。
    しかし、一点差負けとは言っても追い上げての敗戦でしたから、今日につながると期待しています。

  6. 西田辺
    Posted 2019年5月26日 at 11:43 | Permalink

    そりゃ、ボールストライクは正確に判定してもらえるに越した事はないが、
    昨日の球審原はゾーンが狭かった。
    しかもある時はストライク、ある時はボールとか可変ゾーンがバッテリーと
    しても一番困る。
    まぁ、バッターも困るけど。
    それにしても、審判と勝負しちゃいけない。
    あくまで相手は向こうの打者なんだから。
    時折メッセンジャーという投手は、こういう時がある。
    相手打者じゃなく、球審のゾーンと戦ってしまう事が。
    こうなると、集中力も持続できないし余計な球数も使ってしまう。
    本文の中にもありましたが、5回の福留の二塁打から始まった攻撃で、6番梅野に
    送りバントは疑問の一手。
    中谷というバッターは、比較的攻略法がハッキリしている打者。
    8番木浪の申告敬遠まで見越し、メッセの所で代打を出すなら納得できる。
    でも、詰め将棋で先が見えてしまってる状況で、相手の思惑通りに事を進めて
    しまっては試合のペースも握れない。
    今週は1点差ばかりのゲームをしているけれど、結局ベンチがそういう試合の
    進め方をしているようにしか見えません。
    もう少し取れる時に取る野球をしていかないと、中継ぎの負担ばかり気にする
    ペナントレースになりかねません。
    今日は調整から戻ったガルシアの復帰登板。
    点を取る野球で、投手を援護してやって欲しいですね。

  7. ジュビロタイガース
    Posted 2019年5月26日 at 11:53 | Permalink

    最後は鳥谷かなあ?
    ブルペンを休ませたいから、一気に逆転したいところ。ホームランの可能性が1番高いマルテに賭ける。
    もしくは、4月の再現で近本に繋げば面白いので、上本か北條。
    鳥谷は出塁率が2割も無い。勝負の年なのにこれでは。

  8. 星の輝き
    Posted 2019年5月26日 at 12:06 | Permalink

    メッセについて
    メッセの投球の判定については以前から皆さん大いに疑問を持たれていると思います。
    日本の審判は縦の変化の判定には確固たるものを持っていないか、目が付いていけてないのではないでしょうか?
    ストレートでさえ角度があるために正しい判定をしてくれないことがある。
    もうね、これ球団が主導して動画作るしかないですよ。
    メッセがストライクゾーンという四角い箱をどんだけうまく使っているのか分からせてやらないと。
    来日してからどんだけストライク損してることか。

    中谷について
    中谷は今期代打でホームランを打ちましたが、あの打席の集中力は凄まじいものを感じました。
    それに比べて最近の打席では何か迷っている感があり、捉えたと思った打球も実は体重が乗っていないので失速してしまうという状況が続いています。
    投手との駆け引きが苦手なのはもうしょうがないので、現状結果が100か0くらいの気持ちで割り切って打席に立って欲しい。
    技量を上げたいのは分かりますが、せっかくの良さを消してしまってはどうしようもありません。
    あなたは天真爛漫に思い切り良く振りぬくことが長所なんです!

    鳥谷について
    私は鳥谷擁護派でどんなに調子が悪くても二軍に落としてはいけないと考えてましたが、昨日で考えを改めました。
    正直言って海、江越と同等に希望を持てない代打です。
    相手にしても今の鳥谷は全然安牌でしょう。
    何が悪いのか分かりませんが、衰えが著しいのなら今期で終わりでもしょうがないですね。
    奮起を期待していることには変わりありませんが、もう特別扱いはお釣りがくると思いますね。

  9. 岩国の虎
    Posted 2019年5月26日 at 12:45 | Permalink

    相変らず、スモールベイスボールが出来ないですねぇ
    無死二塁で最も打率が高い梅野に送りバント・・・次の打者中谷ですよ!
      5月22日 ヤクルト戦 近藤 投手  遊ゴロ 
      5月25日 DNA 戦 上茶谷投手  中フライ
    相手ベンチからしたら嬉しい作戦、ただ打つだけの選手
    相手投手の配球を読み切れず、狙い球を待ち続けられない
     ➡次の打者が「福留、木浪、近本」ならこの作戦もギリギリ理解出来る

    私なら代打上本【植田】でスクイズの構えから相手投手を揺さぶる
    スクイズしても良し、ヒッテエンドランを仕掛けても良い 
    阪神タイガースは打てないのだから、考える野球で1点をもぎ盗る野球
    相手から嫌がられる野球をもっともっと推進して欲しい。 

     今日はガルシア投手の粘投に期待したい!
     頑張れ阪神タイガース

  10. 大和
    Posted 2019年5月26日 at 13:13 | Permalink

    昨日の試合のポイントは2点。
    1.メッセの続投
    ラジオの解説の亀山も言ってたが、0-2の場面でメッセはもう100球超えでアップアップの状態。このゲームに勝つ気があるなら守屋か谷川になぜ替えなかったのか?

    2.代打鳥谷
    ネットのコメント欄でも散々言われてたが、ネクストバッターズサークルに打率1割前半・得点圏打率ゼロの鳥谷が出てきた時点でスタンドの虎党からは絶望のため息が聞こえ私も負けを確信。
    ましてや山崎康晃は左よりも右打者の方が1割以上被打率が悪く上本やマルテ、北條も残っていた。

    矢野監督は明日に繋がると言ってたようだが、私にはなんともモヤモヤが残る試合でした。
    相手が完全にベイスボールモードに入っていただけに。
    もしや鳥谷をファームに落とすための最後のテストにするために敢えてゲームを捨てたのか!?
    そこまで思慮深かったら大したものです。

    貴重な一枠を伊藤隼太や原口、陽川のために使って欲しい。

  11. なかっち
    Posted 2019年5月26日 at 15:10 | Permalink

    今年のメッセには正直あまり過大評価をしていない私なので、まああんなもんやろなという印象です。
    審判の判定も辛かったけど、球がお辞儀してるからストライクと判定してもらえないんですよ。

    今までの貢献を考えると、もうしばらく投げさせるとは思いますが、これから暑くなり益々集中力がなくなる時期に入ります。鳥谷同様メッセも見切りを付けないといけない時期にそろそろきてるのかなという印象を持ちました。


    最後の代打鳥谷は皆さん同様疑問でした。

    梅野への代打もですが、あそこで梅野にバントさせるなら中谷に代打上本を送って欲しかったです。

  12. なかっち
    Posted 2019年5月26日 at 15:13 | Permalink

    梅野への代打→梅野へのバントです。

    もう酔うてるかな(笑)

  13. hi64
    Posted 2019年5月26日 at 19:13 | Permalink

    気持ちは分かるが、メッセはそろそろ球審に文句を言うのを止めた方がいいと思います。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">