大山逆転サヨナラ3ランホームラン

後日、ちゃんと全部見てから書く。
m(_ _)m


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

15 コメント

  1. 虎轍
    Posted 2019年8月11日 at 07:45 | Permalink

    最後に大山の笑顔が見れて良かった。

    まさか、ここにきて4番を外すとは思いませんでしたね。
    良く言えば英断。悪く言えば打線を弄りすぎて何がしたい?ですがね。
    今年の一年間でずーっと4番打者として使い続けて、4番打者として成長さすと思ってたんですけどね。
    最後の最後に意地のサヨナラホームランは良かったよ!
    ありがとう!

    ソラーテの守備ねぇ…
    レフトでならバレンティンより下手やね…
    陽川より下手かも(笑)
    笑ってる場合でもありませんがね。

    糸井の抹消は痛いですが、元気な選手で戦わんとしゃあないですね。やってもうたモンはしゃあない。

    今日はエラーの無い試合をして勝とう!
    たまにはエラーの無い試合でファンをスッキリさせて勝って欲しいですね。
    頑張れモッチー!
    このカードを勝ち越そう!タイガース!

  2. yalkeys
    Posted 2019年8月11日 at 07:46 | Permalink

    最高に嬉しい勝利でした!
    4番を外された意地・・などとスポーツ紙は書き立てているようですが、ファンとしたら理屈抜きでバンザイです。正直、9裏にここでサヨナラ3ランを願望はしましたが、まさかまさかの一発でした。やれば出来るじゃありませんか(笑)。助っ人2人のヒットとねばりが効きました。

  3. ぴゅあらっく
    Posted 2019年8月11日 at 08:59 | Permalink

    まず私は大山選手に謝らなければなりません(笑)。サヨナラスリーランが出た瞬間、私は帰り支度をして通路のモニター前にいました(^^;。最後まで信じきれなくてごめんなさいm(._.)m。
    7回裏の無死1、3塁のチャンスを無得点で終わった時に負けを覚悟したのですが、まさか9回裏にあんな劇的なドラマが待っていたとは(笑)。
    大山選手が4番を外されたことには正直驚きました。前日の大敗からチームの雰囲気を変えなければならないと感じた首脳陣が決断したようですが、矢野監督も苦渋の決断だったことが試合後の談話から伝わりました。
    個人的には大山選手に色々と背負わせ過ぎてるとは思っていました。前後を固める糸井選手、福留選手はケガがちで欠場が多く、外国人選手は出たとこ勝負で安定しているとは言い難い状況。どうしても4番を打つ大山選手に負荷がかかっていました。
    大山選手が苦しんでいたことは、ヒーローインタビューの表情からも伺えました。大山選手を応援しているファンが沢山いることを昨日のお立ち台で感じてくれたと思います。
    また4番に返り咲けるように頑張って欲しいですね。

    • 虎ジジィ
      Posted 2019年8月11日 at 09:19 | Permalink

      まいどの遠征ご苦労様です。
      酷い試合ばかり見せられても遠くまで「出勤」する姿勢には感服させられます。

      「大山に謝る」いやいや、帰路に就いてないのは偉い!
      私はテレビを消して「ふて寝モード(最近よくある)」に入ってました(汗)。

      「今更大山四番外すならむにゃむにゃ」とか「ソラーテどこでも守れる→どこでも下手くそやん」とか突っ込み処はたくさんありますが、この時期は勝利が全てなので良かったですね。

      リリーフサウスポートリオもヒーロー!

      結果的には最高の勝利でした。
      おめでとうございます。

  4. こうさん
    Posted 2019年8月11日 at 09:26 | Permalink

    冴えに冴えてる俺の「逆張り力」。昨日のコメント霞む霞む。

    遂に大山を4番から外した。試合後の演説の次の日に敢行したから正直、気分が悪かった。優勝の可能性が日に日になくなる今、大山を外したら「責任は大山に有り」と決めつけるようなもの。確かに打てないのは大山個人が悪い。けど勝てないこと、優勝が難しくなった責任は大山にはない。矢野監督が背負わなければならない。大山を6番にするなら、もっと手を下さなきゃならない選手がいる。だから気分が悪かった。

    6番にしたから打ったんじゃない。これで4番に戻しづらい状況を作ってしまった。…あんまり書きたくないけど(みんな平等に応援したいから)茨城県出身の大山が好きなんだよ。真の4番になってほしいんだよ。早まったな、矢野さんよ。

  5. 虎番地
    Posted 2019年8月11日 at 09:44 | Permalink

    西は相変わらず先取点を与えてしまう投球ですね。勿論そこを責めたりはしません。今まで勝ちに等しい投球をしているので。。
    ただ、西に求めるところはそんなもんじゃないので次回はビシッと頼んます!!

    サヨナラではなくもっと早い回に点取らなきゃいけない試合でしたが、打った大山は勿論凄いが、昨夜の勝利はサウスポートリオが試合を壊さなかった事が大きいと思いますね。

    さて、セ界をもう一波乱起こす為には本日の勝利は必須!!頼むよタイガース!!!

    しかし、藤浪。。。

  6. Posted 2019年8月11日 at 09:49 | Permalink

    まさか、でした。諦めモードで半分寝かけてましたが目が覚めました。

    4番のプレッシャーがずっとのし掛かってたのでしょうね。潤んだ目が物語ってました。あの打席は軸足が動かずいい打球が飛んでいきました。欲を言えば引っ張って欲しかったけど、来年からの課題にして欲しいものであります。

    左腕トリオが呼び込んだシナリオだったように思います。特に岩崎の安定ぶりは凄い。ドリス不在を感じさせません。継続して欲しいでふ。

  7. 西田辺
    Posted 2019年8月11日 at 11:38 | Permalink

    テレビでも現地でも、贔屓のチームにとって最高の結果を少なからず想像
    しながら観戦してる事が多いと思う。
    ここはダブルプレーでピンチ切り抜けたいなぁ、とか。
    ここで一発打ってくれたら逆転やん、とか。
    ある程度の比率で「そんなに上手く行くはずはない」と言うネガティヴな
    思考を抱き合わせながら。
    昨日の9回も始まる前は「3点取ればサヨナラか」と思い、先頭マルテが
    センター前に運んだ時には「ソラーテがドカンで同点や」。
    ソラーテが四球を奪えば「大山ホームランでサヨナラやん」という楽天的な想いと
    「最悪ランナー進めてくれれば」という弱々しい想いが同居。
    4番から6番に降格させられた大山の悔しさとか、意地とはどうでもいい。
    そう言う場面で打ったと言う結果だけがあれば、それで十分。
    願わくば、暫く大山を4番から離して打たせて欲しい。
    1度打ったからと言って、また戻しても同じことを繰り返すだけ。
    ホームラン以外の打席を見ても、やっぱり打つ形自体はあまり良くない。
    腰が早く開く癖が治らないと、厳しいのには変わりありません。
    何番を打たせるかと言うよりも、悪いフォームの癖を直す方が先決でしょうね。
    まぁあの場面であの打球が飛ばせるんですから、中軸を打つべき打者なのでしょうが
    先を見た起用で育て上げて欲しいですね。

  8. 設楽文男
    Posted 2019年8月11日 at 12:09 | Permalink

    昨夜の大山の一発でほんの少しこれからの試合で大山も肩の力が抜けてくれたらいいな。最近の大山は意識して右の方を狙っていた。それが当ったということでしょうね。ただ本来の中堅から左に振りぬく事を忘れてはならない。真ん中やや内側の球を見逃し三振していた。恐らく球が見えなかったのでしょうね。大山はホームランバッターではないと思っているが、ホームランも今の倍くらいは打てるはず。入団時期の大山は取ってしまえば素晴らしい送球をしていた。それがグラブ捌きが悪くてエラーが重なると送球まで悪くなってしまった。秋季キャンプで強烈なノックをしてもらって、直して欲しい...若い時の長嶋はショートの領域まで手をだしてショートの広岡を怒らせていたものです。そのくらいの気持ちで練習して欲しい。西は味方の酷い守備で足を引っ張られていたが、腐らずに追加点を与えなかった。やはり、頼れる投手ですね。ただ、昨夜は持ち前のコントロールが少し悪かった。何といっても三人の中継ぎ、特に岩崎は素晴らしかった。40歳の能見は休養さえ与えればまだまだ、威力の有る球を投げられる。昨日の試合藤川とジョンソンを使わないですんだ事は良かった。能見を負け試合には使わないで適度な休養を持たせて使って欲しい。福留ですが、本来速い球には強いはずだが42歳で夏の疲れか、早い球には全然合っていなかった。ここは復調の気配が有る高山に任せていざという時のピンチヒッターとして使ってはどうか。ソラーテの守備はどこを守らせても不安だらけ、。メジャーに残れなかったのはそんなことが原因なんでしょうね。ただ、あの速いスイングしかもスイッチヒッターはやはり魅力的で打ちまくってくれることを期待して使っていくいかないと思う。ただでさえ打てない打線なので。

  9. ジュビロタイガース
    Posted 2019年8月11日 at 12:36 | Permalink

    大山外しはいまさら感もありますが、よう打ちました。だったら、4番でも打てよと思いますが、どういう気持ちであの打席を迎えたのかな。

    ソラーテはどこを守らせましょうか。もっと打つなら多少は目をつむりますが。

    リリーフ陣は完璧ですが、先発陣はなぜか連打を浴びるイニングがある。オープナーを採用するかw

  10. Akira28
    Posted 2019年8月11日 at 13:55 | Permalink

    大山、おめでとう!
    よく打ってくれました。
    7回、ソラーテの二塁打に大山が繋いで、期待の梅野が三振に倒れるも、最近急にスイングが良くなった北條で、絶対点が入ると期待してたら、内角攻めに当てるだけのバッティングでゲッツー取られ、負けを覚悟してました。
    あの場面でスリーランとは、御見逸れ致しました。
    決して素晴らしいとはいえ無いスイングなのに、広い京セラドームの右中間に運べるだけのパワーに驚きました。
    しかし昨日は感動と逆転勝利を与えてくれましたが、そのスイングはまだまだよくありません。
    西田辺様も仰っておられるように、悪いフォームの癖は早く直さねばなりませんが、直ったなら良い4番バッターになると思います。
    だから、4番として使う覚悟とかいう前に、フォームを直してあげることが、ベンチとしては大事なのでは?
    まぁ、構え自体は少しよくなってきてますから、西田辺さん同様に、私も当面6番あたりで戦っていくほうが良いと思います。
    しかし、ソラーテのレフトは酷いですよね。まぁメジャーでも外野は16試合しか守ってませんし、途中来日でのぶっつけ本番の中ですから可哀想な気がします。
    本職ばサード(メジャー405試合)で、YouTubeで見る限りメジャー時代のサードの守備は良さげですが、大山がいる以上、矢野監督はサードにソラーテを使う気は無いでしょうね。セカンドの守備もメジャー時代はそこそこですが、春のキャンプから連係プレーの練習が出来ているならいざ知らず、ぶっつけ本番のセカンドも厳しそうなので、当面レフトの守備練習を磨いてもらうしかなさそうです。
    しかし、あのパワーは凄い。使わないのは勿体ない。日本の投手に慣れれば30本は打てると見てます。
    だから、やっぱりレフトの守備を磨くしかないのか、、、
    甲子園のレフト、厳しそうやな〜。
    いっそのこと、暫定的にサード ソラーテ、レフト 大山なんてどうでしょう?
    しかし、昨日の留さん、久しぶりのライトの守備なのに上手かったなぁ〜。
    とにかく今日も勝とう!
    望月頑張ってくれ!強気で攻めて行け!
    北條も頑張れ!!
    藤本コーチは、とにかく打球判断と走塁判断を的確にお願いします。

  11. hi64
    Posted 2019年8月11日 at 15:48 | Permalink

    4番から外されても気楽に打てるわけではない。
    逆に、6番になってどういう打撃をするかと注目が集まることもある。
    昨日はまさにそんな打席でしたが、よく打ちました。
    大したものです。

    サヨナラホームランを打ったあと、歓喜の輪の中で大山と抱き合う濱中コーチの姿がありました。
    同じように、右の長距離砲と期待され、少し荷が重い4番に座らされていた濱中選手。
    一番気持ちが分かる存在で、なんとかしてやりたいという気持ちも持っているのでしょう。
    自分が叶わなかった不動の4番に大山を育ててほしい。

  12. タクロー
    Posted 2019年8月11日 at 16:26 | Permalink

    不屈の大山。真夏の逆襲。

    彼には決めごとがあるんだ、と思う。その日のゲーム、初めてサードの守備位置に着くとき、3人の塁審、球審一人ひとりに向き合って挨拶をすることだ。遅れてコーチャーズボックスにやってくる相手チームのコーチにもボール回しの合間を縫って必ずする。それも、帽子のつば先を持って軽くうなづくだけの仕草じゃない。帽子を取り丁寧に頭を下げるのだ。「おっす」ではなく「よろしくお願いします」と心の中で言っているんだと思う。
    ゲームが終わってベンチ裏に引き上げる前に、レガースやミットなど両手に抱えた梅野は、グランドに向かって一礼をする。原口は「ありがとうございました」と聞こえてきそうなくらいの礼だ。
    今季から負け試合でも1塁ベースラインに立って監督選手たちが一礼をするようになった。中には「タラタラしてんじゃね〜よ」と言いたくなる選手もいる。
    昭和人間は応援したい。大山。今日は「タラタラしてんじゃね〜よ」をつまみながらインタビューを受けてくれ。涙目より笑顔がいい。笑顔を見に行ってきます。

  13. 貴仁武藤
    Posted 2019年8月12日 at 00:06 | Permalink

    ボールとバットの当たり方が[nice]なら大山大絶賛ですけどね。
    ホームランボールにバットの端っこボールの下擦り当たりのレフト最前列に届いたホームランですからあれがあたりのイイホームランならともかくねぇ。

    • ぴゅあらっく
      Posted 2019年8月12日 at 14:14 | Permalink

      ×レフト→○ライト 情報は正確に(笑)。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">