コーチングスタッフ発表ほか

阪神がお別れムードの試合をいくつかやっている間に、中日は大野雄大残留で早期決着。阪神に来てくれたら最高だったけど、でもプロ野球界を考えたらそれが一番だと思う。かくなる上はなんとしてでも大野を打たないとね。チームを優勝させてからメジャーへ……なんてところまで希望どおりにさせないように。

シーズン終了とともに福留、上本ほか戦力外組はひっそりとチームを去る。2人はご縁があればまたチームに帰ってくることがあるかもね。

そしてコーチ陣発表(公式)
注目は久慈コーチに「バント」、筒井コーチに「分析」とそれぞれ担当が付加されたこと。責任の所在を明確にして特別に強化したいという意図の表れなら悪くないアイディアだ。
エラーの数は確かに問題だ。とくに広島菊地や読売坂本の少なすぎる失策数や読売守備陣のエラー数の少なさは特筆に値する。現実にそれらは素晴らしい守備に裏打ちされた数字だ。

本質的にはエラーの数が少なければいいというものではない。正面の打球だけ上手にさばけるが、守備範囲が極端に狭くてもノーエラーは実現できるからだ。
それに「好転反応」というものもある。一定のレベルからブレークする段階で、もぞもぞと失敗を繰り返してしまう時期もある。今季の阪神がそれだったと擁護するわけでもないが、数字にはなっていなくても守備に長足の進歩があった選手も何人かは認められる。
異常に多い投手のエラーを含めて阪神の選手たちの場合、余裕かましすぎて油断をしたというミスはほとんどなく、大事なところで体がこわばって「ああ、やってしまった……」みたいなエラーが極めて多い。それはどうして起きてしまうのかを考えていけば、エラーを極端に減らせるだろう。
失敗をしないように練習するより、原因の分析と研究を重ね、華麗な守備で観客を魅了してやろうという意識でやっていったらいい。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

10 コメント

  1. 虎ジジィ
    Posted 2020年11月13日 at 08:22 | Permalink

    大野雄大投手、そりゃ欲しいけどタイガースに来て西勇と二人左右のエースがFA補強組というのも何だか切ない。
    讀賣移籍という最悪のシナリオも免れ、大野の中日残留は妥当かと思います。

    コーチスタッフで思ったのは矢野監督の中で「来季はスモールベースボール改革」=久慈コーチ「バント担当」&筒井コーチ「分析担当」にして1点を泥臭く取りに行く!
    って、相手投手が絶対的エースなら分かるけど、毎日高校野球(出る〜送る)のような野球をやるのは違う気がします。

    まずはエラーを減らすのが先決なのに肝心な守備コーチは藤本が担当するようですが、経験不足は否めない。

    オーナー自身の「補強にはお金を惜しまない」発言にしても、全ての方向性がズレているような感じがします。

    個人的には、来季こそ!
    と思っていましたが、このままの方向性(矢野政権)では難しいように思います。

  2. 西田辺
    Posted 2020年11月13日 at 09:35 | Permalink

    まぁ、大野は以前ここで書いた通り。
    故障を抱えた状態でドラフト1位指名され、良い時も悪い時もドラゴンズの一員
    としてエースとして認められた投手。
    FA取ったから、ハイさようならなんてするようなドライな人間じゃないはず。
    良いじゃない。
    来年こそは、打たせてもらうよ。
    来季のスタッフ、正式に決まりましたね。
    ファームの高代・香田氏が退団し、秀太・久保田がそれぞれスカウト部門から異動。
    清水ヘッドがファームへ、井上打撃Cがヘッドへ。
    矢野監督と言うのは非常に仲間意識の強い監督なんだな、という感想。
    結果を出せればそれでよし、出なければ一蓮托生。
    昨日の監督のオーナー報告会見で、来年は泥臭く1点を取りに行く野球に重点を
    置く旨の発言がありました。
    どうして阪神の監督って、年を追うごとに同じ傾向になっていくんでしょうね。
    和田氏然り、金本氏然り、矢野監督然り。
    ドンドン悪い意味でのスモールベースボールに傾倒していく。
    現状のベンチメンバーを見ても分かるのですが、とにかく守備・代走要員が多い。
    途中でそういった選手に入れ替えるもんだから、終盤ビハインドで打力で頼りになる
    選手がいなくなる。
    足の速い選手を入れて、チョコマカさせて点が取れた場面がどれくらいありましたか?
    基本はシッカリ打って、シッカリ守る事じゃないんですか。
    金本時代も、ランナー出て最低限の右打ちとかを意識させ過ぎて、若手全員の打撃が
    ガタガタになった事を忘れてはいませんよね?
    強いチームは全員シッカリ振ってきますよ、シッカリ守りますよ。
    お役所仕事みたいに、看板だけ増やしても仕事した事にはなりませんよ。
    まず野球の基本動作のレベルアップですよ。

  3. DPS
    Posted 2020年11月13日 at 10:12 | Permalink

    バント担当役の設定は的外れとは言いませんが、バントの実行タイミングの方が課題かと思います。それとtoraoさんもコメントされたようにレギュラー陣の守備自体は、レベルアップしています。こちらは交代選手のエラーが目立ちますのでベンチ側の課題も大きい。

    やるべきはプロの監督(または相応のコーチ)を連れてくることでは?と大方が思っていましたが、やれませんでしたね(^^;

  4. Posted 2020年11月13日 at 10:45 | Permalink

    来季の陣容は既報通りの「矢野監督と愉快な仲間たち」ですか。お友達内閣が悪いとは言いませんがキズの舐めあいに終わらないのかが心配です。せめてヘッドには監督に物言える人材の登用を期待していたのですが・・・今季打撃部門で微増ながらも結果を出したピンキーに期待しましょう。

    バントに分析?ふーんって感じですね。責任の所在を明確にする方針はいいと思いますが、逆に今までは担当分け出来てなかったの?って言うか分析ってスコアラー陣の守備範囲ではないの?それに二つだけ追加されてるけど他部門の担当って付けないの?例えば「投内連携担当」とか「挟殺プレー担当」とか「投手守備担当」とか(笑)なんだか言いたくないけど突っ込みどころ満載の組閣に感じる次第であります。

    しかし所詮結果で判断される世界です。決めたからにはブレずに優勝目指して頑張って下さい!

  5. 虎轍
    Posted 2020年11月13日 at 12:04 | Permalink

    バントを、分析を今までしてへんかったんか?って話ですよね(笑)
    来年は担当が出来たならしっかりとして貰いましょう!
    守備強化担当も作るか?
    江越の打撃担当もお願いしますよ!(笑)
    大野雄大はやっぱりね。って感じですが、広島のジョンソンを獲っとく?
    年齢が高いから辞めとく?
    左の先発が欲しいですが、岩貞を戻す?
    及川頑張れ!
    またコロナが増えてますよ!
    頑張ろう日本!

  6. ジュビロタイガース
    Posted 2020年11月13日 at 12:15 | Permalink

    大野は残念ですが、まあ仕方無い。出れば良かったと後悔させてあげましょう。

    確かに、大山や木浪の守備は良くなってると思います。若いし試合に多く出れば、自然と成長するとは思いますが。
    連携プレーや控え組の強化は必要です。

    秀太の後釜は誰がやるんやろ。中田にお願いしたいけど。

  7. いわほー さんのアバター いわほー
    Posted 2020年11月13日 at 12:28 | Permalink

    タイガースにはコロナ担当コーチも必要かも。
    あと、星一徹コーチと鉄壁守備養成ギブスもぜひ。

  8. with虎
    Posted 2020年11月13日 at 12:49 | Permalink

    こんにちは。
    阪神は良くも悪くも入った人を大切にしますよね…
    選手も2〜3年で解雇したり、大量に取ったりしないし。トレードの選手も1年でクビとかまずしないし。引退後も雇用して手厚く?働いてもらおうとするし…
    そのメリットとデメリットはあるので、来年は是非ぬるま湯だと言われないように結果につなげて欲しいです。
    スカウト組がファームのコーチになるのは賛成!思い入れのある子たちを自分たちでしっかり育てて欲しいなー。

  9. タクロー
    Posted 2020年11月13日 at 14:49 | Permalink

    隗より始めよ、ですか、な?

     矢野曰く、「取れるところで点を取れなかった。泥臭い1点というか、そういうものをどう取っていくかという部分も課題かな」……そうでしたな。無死満塁で点が取れない、チャンスにビビって当てるだけのバッティング。よくありましたねえ。残念な結果、残塁の山が。

     それで、バント担当コーチですか?監督3年目、原点に還る、少年野球に戻る、ですか?
    今季の敗戦分析をされた結果の答えがそれですか?加えて、分析がまだ足らないから、分析担当コーチが必要とされての対応ですか?

     2年連続失策数がダントツ一番、それに加えて、失策数にカウントされていない、挟殺プレーの失敗、併殺が取れない、単打をやすやすと2塁打にしてしまう、これらの分析もされた上での守備コーチ残留ですか?

     せっかく黄金ルーキーが入団するのに、何だかねえ〜。コーチングスタッフは競争相手もなく自由選択なのにねえ〜。
    ン?だからか。お・と・も・だ・ち。

  10. 岩修
    Posted 2020年11月13日 at 17:24 | Permalink

    はじめまして、いつもトラオさんはじめファミリーの皆さんのコメントに癒されまくっています。昨夜プロ野球ニュースでカープ菊地のプレー集を見て、一つの芸術品の完成と思いました。トラオさんが話されたように魅せる守備を目指すのもありかなと…だけど先ずは強いノックが出来る守備コーチ、いわほーさんが言われた星一徹コーチとか(笑)必要なのでは?パワハラとか怪我が怖いなどと言ってても前に進めませんよ、試合では本気の打球が襲ってくるのですから。でもカープ菊地はニンジャのごときで真似したら怪我しそう…

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">