見所も実りも多き初オープン戦

 スカイAも魅力的だったが、とりあえず試合開始後はフジテレビONEに集中することにした。青柳の強い直球は見た。有望。見た限りだと変化球の精度が低く苦労していたが、場に慣れて、そこを越えたらかなり面白いね。特に強打者には左右問わず高めで勝負したい。

高山、板山ともに1安打ずつ。こちらもとりあえず場慣れから。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

ヤクルト1-5阪神 詳細(ニッカン)

浦添でヤクルトと今季初オープン戦。阪神はレギュラー3人衆は帯同せず、一方ヤクルトは腰痛の畠山はベンチだが、川端、山田、バレンティン、雄平が出場。若いのもあるが、決して層が厚いとはいえないチーム事情もある。この時期、必死に競争する阪神と、ケガをしないように調整していこうというヤクルトには、「目の色」に違いがあったね。

ヒットエンドランを試した場面が多数あった。1回表一死一塁に大和、打者今成で右前(大和は三塁へ)。3回表は一死一塁に大和、打者緒方で強い一ゴロ(走者は二進)。6回表は一死一塁に北條、打者上本で三ゴロ(北條は二進)。中継でわかったのはそれだけだが、他にもファウルになったようなのがあったかも。一発であわよくばヒットというゴロを転がすという課題は、集中してクリアできていた。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

審判のジャッジもまだオープン戦初戦段階ということで、「可変式」&「巨大」なストライクゾーンだった。割を食ったのはペレスの第1打席、横田の第4打席。自信を持って見逃した球をストライクと言われた。正直この二つは「うーん」という球だったが、それがわかっているのだから振らなきゃいけない見逃し三振が多かったのが攻撃時のガッカリポイントだ。

今打席に入っている打者は、チャンスをもらっているところ。ストライクゾーンが広いというのもわかっているのだから、投手も余裕を持って厳しいところを攻めてくる。強引に狙っていかないといけないよね。陽川の第1打席(見逃し三振)、四球になったが第3打席にも振りに行くべき球を見てしまった。4回二死二塁の好機で見逃し三振の中谷も消極的過ぎた(最後左線二塁打でなんとか取り返したけどね)。

「左投手に対応できない左打者」というシーンも目に付いた。3番手の中澤に対する緒方と今成、5番手岩橋に対した荒木は「感じがないにもほどがある」という内容だった。

結果が出た横田もまた左投手との対戦となった第3打席と第5打席では、タイミングが取れず差し込まれた。
でもそれも乗り越えて行けるんじゃないかと思わせるだけの可能性を見せているのが横田なのだ。失敗はしていても、その「失敗データ」が運動神経に染みこんでいくように思わせる。

1打席目はファウルで粘ってタイミングを合わせてセンター前へ弾き返した。
2打席目は二死一塁にペレスを置いて、右中間深くへ運び、一走ペレスを帰す二塁打。そっと踏み出した右足で地面をぎゅっとつかむように力を加える粘りを感じるスイング。片岡&金本の指導をグイグイ吸い込んでいそうだ。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

打で目立ったのは大和。結果なく、出番なく、二塁スタメン争いでは出遅れていたが、思い切りのよいスイングを見せ左へ右へ左へで3安打。狙い球の絞り方、待ち方を工夫すれば、今の打ち方なら様になってくるだろう。

そしてこの日私が思わず「うわっ!」と叫んだのが3回ウラ、大和の二塁守備。6-4-3のゲッツーを決めた場面だ。無死一塁に代走の比屋根、打者川端の遊ゴロは土のグラウンドをゆっくりコロコロ、北條捕ってアンダートス、一走俊足比屋根に食われ気味なタイミングだが、大和はこのトスを受けると同時に体を軸回転させてサイドから一塁転送!その捕ってから投げるまでの速いこと!一塁、足はそこそこの左打者川端をしっかりアウトにした。あのタイミングでないと一塁はセーフだろうというプレー、大和だから取れた併殺。いやあ、スゴイと思ったけどなあ。

守備では他にもいろいろあって、北條の足の動きがちょっと悪く捕球ミスと悪送球があったり、横田と中谷の声の連携が悪くヒヤリハットがあったり。一方、中谷は前進スライディングキャッチの好プレーが2つ。バレンティンの強烈な打球を見事にさばいた今成のプレーも良かったね。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

投げる方では岩崎4回、秋山3回、歳内2回で自責点ゼロリレーを完成。もっとも目立っていたのはこの日も秋山で、左右には多少ぶれても低め低めの制球ができている。フォームに躍動感はなくても、見た目より球が来るという投球ができている。表情からも「超変革」への意気込みが感じられるので、先入観なしで見てやってほしい。

岩崎も毎回走者を背負いながら良く粘った。苦しいカウントで、抜き球でストライクを取れたところに工夫があった。このあたりは梅野も必死のリードだったね(「必死タイムリーヒット」でもアピールできた)。キャンプで下柳流を取り入れ、体を鍛えていたが結果が悪すぎでは使うことはできない。一つ結果が出せたのは大きいね。

とりあえず先発の頭数がまったく揃わないという状況でないのは確かだから、ええこっちゃね。

歳内はバラバラだったけど、なんだかんだでまとめたね。「結果求めすぎて失敗」の類に見えたので、もう一度真っ直ぐ磨きをやっておきたい。

ということで相変わらずみんな必死で頑張ってるわ。大きな「てこ入れ」はまだなかなかしづらいね。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

10 コメント

  1. 虎っしー
    Posted 2016年2月22日 at 09:45 | Permalink

    大和…!
    彼が打撃でアピール出来たなら、二塁手争いはより混沌としてきますね!
    守備ではもはや芸術の領域と言っても過言ではないです。彼の守備見てるだけで有料チャンネル入ってる元は取れてます。
    阪神ファンに引き込めた嫁さんも大和を1番応援してますね。惚れ惚れする守備なんですって笑
    カープに野性の如き名二塁手が居ますが、僕の知る限り大和の守備は日本一です。個人的には西岡推してましたが、浮気します!笑 大和使ってくれ!

    横田は実戦向きなんでしょうね。練習では雰囲気0と酷評の打撃でアピールし続けてます。結果を出した選手を使うのが当たり前なら、レフト開幕スタメンは横田で良いと思います。金本阪神の真髄はそれのハズなので。

    岩崎、秋山の好投を引き出し、チャンスでタイムリーも打った梅野にホッとしました。明らかなアピールが出来たのは初めてではないですか?捕手争い勝ち抜いて晴れてレギュラー獲得して欲しいです。

    オープン戦が始まり出して、シーズン開幕まで早後一月。やっとです。今年は月1くらいで甲子園行こうと思ってます!

  2. Posted 2016年2月22日 at 09:45 | Permalink

    toraoさん同様、2軍戦も観たい、でもやっぱり1軍初オープン戦も観たいでメインで1軍、時々2軍のゲームを観る忙しい午後になりました。

    試合直後の金本監督の厳しい口調でのミーティングに昨季との大きな違いを感じました。

    先発6番手争いは、岩崎、秋山ともにゼロに抑えましたが、内容では秋山が大きくリードしたカタチ。

    大和が3安打で打撃でもアピール、セカンド争いが更に激化!っていうか北條の守備があまりにもお粗末なので、鳥谷が出て来るまで試しにショート大和、セカンド上本で戦ってみてはどうでしょう?!

    外野手では相変わらず横田の振りがシャープ!最終打席の三振はアレをストライクと言われては仕方ない、でもその日の主審を考慮してアレをカットできるようになれば、また1ランク打撃が向上するでしょう。

    2軍戦でも、高山&板山も活躍しており外野手争いもまだまだ先が読めません。特にダブルスチールでホームをアッという間に陥れた高山の脚は相当な武器になりそうです。

    金本監督が何故試合後に厳しい口調だったのかは分かりませんが、相手スワローズはほぼベストメンバーだったのに対し、レギュラー抜きでもエンドランを多用し上手くランナーを進められた試合運びは、とても良かったように見えましたが、金本監督が目指す野球はもっと高い所にあるのでしょう。
    中谷と横田のあわや激突というプレーも、外野席の歓声がウルサイ中でも大きく声を出し合って、しっかり連携しなければいけませんね。怪我がなくて良かった…

    • 虎っしー
      Posted 2016年2月22日 at 09:48 | Permalink

      北條の守備は、アレでは1軍で使ってもらうのはまだまだ先そうでしたね…
      彼が1番アピールしないといけない部分なので残念でしたが、久慈コーチにシゴいて貰うしか有りませんね。笑

      • Posted 2016年2月22日 at 10:21 | Permalink

        返信ありがとうございます。
        北條は久慈コーチにあれだけシゴイて貰ってアレなので、もしかしたら内野手に向いてないのかも知れません。
        外野では名手の福留も内野では使い物にならず、外野手転向してから打撃も開花しました。
        北條も思い切ってコンバートもアリかと思いますが、いかんせんチームに外野手が多すぎる…
        鍛え直すしかないですね。

  3. ガク
    Posted 2016年2月22日 at 10:08 | Permalink

    昨日はスカイAとフジONEを交互に見てしまいました(^-^;
    1軍は1回2回とチャンスでの見逃し三振や凡打で昨年と変わらないなぁ、と思ってしまいましたがヒットエンドランを何回も試みたり徐々に今年の色が出てきました。
    中谷はスライディングキャッチ決めるなど2年前と比べて守備がうまくなったと思いますが打球判断と連携にまだ課題があるような気がします。
    秋山は過去の経験から「まだ信用できん (-_-;)」と思ったけどトラオさんが先入観なしでみてやって、とのことなのでフラットな気持ちで見ることにしますw
    でも彼が5,6番手先発争いに加わったら大分助かるので今年こそ頑張れ!秋山少尉(早く中佐になってくれw)

  4. 西田辺
    Posted 2016年2月22日 at 11:05 | Permalink

    昨日は所用で全く見れなかったんで、toraoさんの記事とみなさんのコメントで
    ニヤッとしたいと思います(笑)
    セカンド争いがますます混沌としてきたようです。
    どうする?金本監督?
    横田も現状、外す理由がないですね。
    若い、経験不足と言うだけで落としてたんじゃあ何も変わってない。
    結果が出てる以上、使って欲しいですね。
    またその上で何かに躓くかも知れないけど、それは良い躓き。
    梅野がバットで評価アップ。
    意図的かどうかは知りませんが、捕手争い順位を下げられてますが
    打撃と言う武器は大きい。
    「やっぱ俺でしょ!」と中央突破を図って欲しい。
    宜野座組で悪目立ちする選手も見当たらないので、なかなか入れ替えは難しい
    かも知れませんね。

  5. hi64
    Posted 2016年2月22日 at 12:51 | Permalink

    北條は練習では相当上達してるのがよく分かるのですが、昨日はミスを連発しましたね。ファームの植田の方がいい動きをしてました。
    北條の守備に皆さん厳しい見方をされていますが、僕は、体が疲れているのだろうと善意に解釈してもう少し様子を見たいと思います。
    ほんとは疲れてても出来て当たり前のプレーでしたけどね。
    大和のゲッツーはしびれましたね。
    でも、本音を言えばああいいうのをショートで見たい。
    鳥谷は、堅実さを突き詰めたようなプレーで、なおかつ打球判断の良さと身体能力で守備範囲の広さを併せ持った名ショートでしょう。
    それでも大和は、堅実さ、守備範囲の広さに加えて流れるような華麗さがあります。
    抽象的な言い方になりますが、打球に衝突しないというか、常に一番いいところで打球を捌いている印象があって、それゆえ動きに無駄がなく、簡単に処理してるように見える。
    比較して恐縮ですが、上本の守備を見てると打球に衝突してる感じで、いつも危なっかしい感じがしてるのですが、その対局が大和のプレーだと思います。
    まさに内野ゴロに愛された男。
    大和のプレーをショートで見たい
    これがどうしても諦められません。

    • 虎っしー
      Posted 2016年2月22日 at 13:30 | Permalink

      ショート大和、サード鳥谷になることで、様々な諸問題が一気に解決する気がしますね。

      ショートはまた暫く安泰ですし、守備の負担が減る分鳥谷の打撃成績は上がるハズです。何より鳥谷敬の選手寿命がかなり伸びるハズ。セカンドで上本や西岡が使えますし、サードに外国人を使わないで良いことで枠に余裕が出ます。今パッと考えただけでこれだけ有りますからね。

      • hi64
        Posted 2016年2月22日 at 16:49 | Permalink

        返信ありがとうございます。
        名手宮本も晩年はサードで好プレーを連発してました。
        コンバートで鳥谷もまた一段選手寿命が延びるような気がしますが、気持ちの張りがなくなるという面もあるのかもしれません。
        鳥谷はインタビューで、連続試合出場がモチベーションになっていると言っていましたが、ショートを守り続けてるということも本人的には大きなモチベーションなのかもしれません。
        10年安泰を体現したショート鳥谷。
        難しい問題ですが、ポスト鳥谷も、もう猶予はありませんよね。

  6. なかっち
    Posted 2016年2月22日 at 18:11 | Permalink

    岩崎については悪いなりにやっと結果が出てホッとしました。
    それにしても秋山の調子が良いですね。如何せんコントロールが良くなりました。まだまだこれからですが、この好調を維持出来るのか?又、イニングを伸ばしたときどうなるのか見てみたいです。

    北條の守備に関しては、まだまだ目を瞑って見てあげる必要があると思います。あの鳥谷も昔は試合中下柳に怒鳴られていましたから。
    見切るのはまだ早い。ショート大和が見たいとの意見もありますが、鳥谷不調で大和を使うようなら去年の和田タイガースと一緒やと思います。
    名手のカープ菊池ですらシーズン中、前ケン登板時1試合3エラーとかもあったんですから。これからのオープン戦、そして公式戦でも目を瞑るシーンは何回もあると思います。どこまで我慢出来るかでしょうね。


    それにしても落とせる選手が見当たらないってのも凄いですよね。落とす選手が見当たらないなら、そこに板山と高山を合流させ、更に競争を激化させ、フルイにかけるってのも有りやと思います。頑張ってるのは安芸の選手も一緒なんですから。同等ではなくても、チャンスは与えるべきではないかと思います。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">